最近読んだ本で夢中になった本は何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

1年ほど前なのですが、京極夏彦先生の「妖怪シリーズ」です。

受験前だったのにどっぷり浸かってしまいました…。お勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も怪奇物は大好きです。早速本屋へ行って見ます。

お礼日時:2007/03/20 19:26

■シリーズ物をノンストップだったら(青春物)


・「一瞬の風になれ」佐藤多佳子著 1~3巻(完結)
・「バッテリー」あさのあつこ著 1~6巻(完結)
・「The MANZAI」あさのあつこ著 1~3巻(未完)

■単独で面白かった本だったら(コミカル系)
・「ハードボイルドエッグ」荻原浩著
・「笑う招き猫」山本幸久著
・「死神の精度」伊坂幸太郎著

ですね、最後まで止まらずに読み切りました。
    • good
    • 0

北方謙三ですね。


三國志もおもしろかったけど。
水滸伝がすごい。
文庫本がまだ、5冊目しかでてない。
待ち遠しい。
    • good
    • 0

そんなに最近でもないんですが、みやたけいじさんという方の「さばくのおうさま」という作品が、私的には大ツボでした。

ジャンルはギャグなんですが、かなり破壊的な試みの小説(ですらあるかどうか?)です。
かなーり好みの分かれる作品ですので、あまり強くはお薦めできないですけど(^^;

ちなみに筆者のみやたさんはブログもやってらっしゃるので、よろしければ1度ご覧くださいませ。(最近は何故か4コママンガブログと化しておりますw)

「すなのかんむり」
http://sunakan.exblog.jp/
    • good
    • 0

新・地底旅行(奥泉光)


5年くらい前の朝日新聞の連載小説に加筆などを加えたもの。
そのころは毎朝楽しみでした。本になってからもすぐ買って、
何回か読みなおしてます。500ページ弱ありますが、とにかく
基本的に笑えるし、不思議感も満載です。文体も漱石の吾輩は猫である
みたいな独特で歯切れよく、どんどん先に進めます。
長編小説で面白いと思ったのはダントツにこれです。
    • good
    • 0

最近では


「光の山脈」樋口明雄
「光の雨」 立松和平
最近でないのなら
「孤高の人」新田次郎
「ウェンカムイの爪」熊谷達也
    • good
    • 0

最近ではないのですが…


ラルフ イーザウの『ネシャンサーガ』シリーズです。
あの『モモ』や『はてしない物語』(ネバーエンディングストーリー、のもとのお話)を書いたヒャエル・エンデが、自身で出版社にもちこんだという巨匠お墨付きの冒険ファンタジーです。最近流行りのファンタジーものですが、基礎がしっかりと作られている分、最近の流行の中ではぬきんでている面白さだと思います。
車椅子の少年ヨナタンが、夢の中の国の争いに巻き込まれ、ついには自分こそが鍵であることを見つけ仲間と共に『裁き司』を探しに行くというストーリーです。こんな高い本1日で読み終わるな!っと怒られてしまいましたが(苦)のちに母もはまっていたので万事上手くすんだ♪と思っています笑
    • good
    • 0

"最近読んだ本"ならば


真山仁「ハゲタカ」「バイアウト」
(図書館から借りてきた後に、ドラマ化を知りました)
    • good
    • 0

小野不由美さんの(漢字が間違ってるかも・・)


「屍鬼」全4巻 です。
    • good
    • 0

垣根涼介「ワイルド・ソウル」


http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング