近年歴史小説のブームもあるのかと思いますが、以前は全くちがったジャンルで活躍されていたのに、歴史小説を書くようになる作家の方が多数いらっしゃいます。
北方謙三、逢坂剛、佐伯泰英、宮部みゆき、服部真澄、川田 弥一郎、内田康雄、平岩弓枝(彼女は昔から書いてはいたけど)などなど、

この中には特異な分野をもっていて、それが好きだったのに時代劇小説に転向されて残念な方もいます。
松本清張さんも推理小説と共に時代小説を多数書いていましたが、それにしてもここ近年時代小説に挑戦する人気作家の多さは驚きます

そこで質問なのですが
1.何故最近、多くの作家が時代劇小説を書くようになったのでしょうか?
2.時代劇小説は時代考証や風俗、歴史考証が大変なのに、そんなに簡単に書けるものなのでしょうか?
3.様々な分野の小説を書く作家で、藤沢周平、司馬遼太郎、山本周五郎なみの評価を後世得れるとしたら誰でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1.何故最近、多くの作家が時代劇小説を書くようになったのでしょうか?


1)歴史・時代小説は読者層が最も大きなジャンルで商業性が高く編集者も狙っている。
2)最近、メディア・ミックス(TV・映画・漫画・アニメ・TVゲーム)によって、ファミリー小説やスーパーチャンバラものなど、なにもその時代考証などの専門性や素養が問われない、急速に新しい歴史小説(もどき)に対する若い世代層の浸透と拡大が著しくなった。
3)有力作家の物故が相次ぎ、大きな穴があいている。
 吉村昭、村上元三、久世光彦、杉浦日向子、佐竹申伍、南条範夫、白石一郎、新宮正春、水上勉、戸川幸夫、都筑道夫、戸部新十郎、谷恒生、黒岩重吾、笹沢佐保、山田風太郎などなど。

2.時代劇小説は時代考証や風俗、歴史考証が大変なのに、そんなに簡単に書けるものなのでしょうか?
 長谷川伸が肝煎りの時代小説の勉強会「新鷹会」の及ぼした影響力には甚大なものがあったのでしょう。http://www.geocities.jp/shinyoukai2000/sakkatach …
しかし、今や1.の2)で触れたように、TVアニメや漫画、それにゲーム機の産んだネオ時代劇や、時代劇風ファミリー劇や昼メロ調の江戸世相小説などとして、いわゆる高齢化しつつある時代小説ファンとは別の若い世代の関心が高まっているのではないでしょうか。
 明治も中期以降になって政策的に使われだした「お父さん」が文中から飛び出てくるなど、およそ時代考証のレベル以前で、そもそも日本語の時代性が無批判にチャンポンにされた「江戸期恋愛小説」に驚かされたものでした。

3.様々な分野の小説を書く作家で、藤沢周平、司馬遼太郎、山本周五郎なみの評価を後世得れるとしたら誰でしょうか?
 時代歴史作家として思いをめぐらしてみて、今後絶対出てこないと断定できるとしたら、少なくとも森鴎外、幸田露伴、中里介山、白井喬二、国枝史郎、長谷川伸、井伏鱒二、井上靖、子母沢寛、五味康祐、山田風太郎あたりが浮かんできます。
 現役で気に掛かるとしたら、佐江衆一、北方謙三、東郷隆、酒見賢一、杉本章子、森雅裕、和巻耿介、牧秀彦、逢坂剛、花村満月あたりでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご自身の視点や考察を加え回答いただきありがとうございます。
お蔭様で、現在の文壇や作家のおかれている状況、最近の時代小説ブームの要因なども知る事ができました。

ご推薦頂いた作家の方の小説も読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/03/19 10:10

幾つか疑問があるので、それを先に述べます。


まず、質問者さんは、近年、とか、最近、などとおっしゃっていますが、それは、ここ、二、三年の話なんでしょうか。それとも十年位のスパンで見ての話ですか。北方謙三などは十年以上前から時代物は書いていますし、宮部みゆきも、ここ、二、三年で時代物を書き始めた訳ではないです。
私の目から見て、他ジャンルから時代小説へ参入する作家が多数いるようには感じません。むしろ、圧倒的多数の作家が時代物を書いていないんじゃないでしょうか。

さて、以上のことを踏まえて質問者さんの質問に私の「推測」を回答として書きます。
質問1 ただ単に時代物が好きだから、書きたかったから、という人。あるいは今までのジャンルでは書けなくなって来た。つまり、才能の枯渇という人。あるいは今までのジャンルでは食えなくなってきた。つまり、経済的事情の人。もう一つは担当編集者に、その素質あり、と見抜かれて書くように唆された人。
質問2 相当、大変だと思います。少なくとも「簡単に」書けるようなものではないでしょう。しかし、ここにも編集者という影の存在がいます。彼らは複数の作家を担当するなかで培ってきた、時代物の書き方、というものを持っているはずです。作家個人で出来ることなど高が知れています(かなりの努力をしているでしょうが)。映画に例えれば、編集者はプロデューサー、監督は作家です。プロデューサーは作家のためにありとあらゆる努力をし、持てる力を注ぎ込みます。これは大手出版社ほど、歴史、経験、ノウハウ、など多くの有形無形の力を持っているでしょう。作家の背後には、たくさんのバックアッパーが控えていると思われます。
質問3 いないでしょう。そもそも、当代を代表する時代物作家、というのが存在しません。いますか?それに国民的時代物作家というものが必要とされる時代ではない、と思います。 

以上です。私はただの本好き、読書好きなので今まで述べた事はあくまで「推測」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。とても参考になりました。

特異の分野をもっていた作家、たとえば国際犯罪を書いていた服部真澄さん、医学ミステリーの川田さん、スペインものの佐伯さん、など近年は時代物に走ってしまうケースが多くて、ここ何年かはその特異分野での新作が出てなくて残念に思っています。

時代小説が人気を博しているこのご時世、人気作家の方たちにも「時代物をかけなきゃ作家じゃない」というような風潮があるのと、出版社の意向なのかもしれません。
作家の方も大変ですね。

お礼日時:2007/03/17 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代の日本で新作の小説を職業作家が書く意味はあるの???「一億三千万人の小説教室」を読んで

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている人こそ小説を書く資格がある、とあります。(補足しますと、この本の中では小説とエッセイのようなものの区別はなく全部小説という言葉でくくっています。)

そういう意味ではこの前までテレビでやっていた「1リットルの涙」は日本に残された財産だと言ってもいいくらい本当に価値のある闘病日記だと、僕は思っています。

そこまでは高橋氏と同意見なのですが、氏はそこから、自分が体験した本当に知っていることを書きさえすれば、誰でも小説を書く資格があるし、ぜひ書いて欲しいと本を結びます。
が、僕はそういう風に思えません。自分の体験した本当に知っていることを書いたとしても、膨大な量の小説が出きっている現代の日本で、その新作を読んではじめて知ることや人の気持ちなんて、まずもってないんじゃないかと思います。だから新作小説を書く意味も殆どないんじゃないかと思います。

それから、高橋氏の言っていることから考えると、小説よりも、ドキュメントやノンフィクションにこそ意味があるように思います。

それでも作家が新作を書く意味があるのでしょうか。娯楽じゃない小説を書く意味があるのかという意味です。もしくはどんなに文学サイドのつもりで小説を書いても、小説である以上は娯楽の要素がゼロではないのでしょうか?

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている...続きを読む

Aベストアンサー

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切だと思うのが「ノンフィクション」でした。
 
 膨大な量の資料とたくさんの人の証言に支えられる「ノンフィクション」は、時間がかかる上に人手も必要なため、一般に敬遠されがちです。しかし、現在の社会に巣食う悪に対する訴えというのが最も身近に感じられる作品です。
 また、人を訴えるということはその背景には「自分も訴えられる」可能性ものあるので、そう簡単には出版できません。出版するために付随する責任感が並大抵のものではないのです。

 そう考えると、今現在でいえば、社会に流通している読み物で必要なのは「ノンフィクション」ではないでしょうか。

 小説に関して言えば…空想の中で考えられたのか、経験上の事実があるのかがわからない作品がたくさんありますね。中でも楽しいのみの娯楽作品が大変多いですよね。
 村上春樹氏がそういうを読み物を確立してから、簡単で楽しい「娯楽作品」が増えましたね。
 パソコンの登場がそれを助長しているのではないでしょうか。

 昔の作家が書いた原稿用紙を神保町の古本屋で見た事がありますが、恐ろしいほどの推敲をこなしていて、しかも手書きで…本当に頭が下がります。

 あれだけの手直しをして出版された本なら、中身も濃く、素晴らしいですよね。

 今は、なかなかそういう作品に出会えない世ですね(ノンフィクションは別です)。

 それだけに手書きで自分の経験を書くという作業が重要になってくるのではないでしょうか。
 長文になってすみません。

 

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切...続きを読む

Q歴史上最も本が売れた作家はさいとうたかをでは?

さいとうたかをのゴルゴ13を愛読しています。
かつて三島由紀夫は「現在文学は古典たり得るか?」と問いかけていますが、沢山の人に読まれない作品は内容がどんなに立派でも古典として残らないと思います。(純文学は図書館が税金で本を購入しますが、ほとんど読まれていないのでは?)
さいとうたかをこそ手塚治虫、赤塚不二夫、三島由紀夫らを遥に凌ぐ偉大な作家だと思います。
ところで質問ですが、世界の歴史上最も本が売れた作家は誰ですか?(私はさいとうたかをだと思うのですが?)

Aベストアンサー

No.3です。
よく見て下さい、下の方にきちんと漫画も載っています。

このデータを信用するか信用しないかはあなた次第ですがね。

Q現代作家の小説論を教えて下さい。

現代作家の小説論を教えて下さい。

 学校の授業で、二葉亭四迷の「小説総論」と自分で選んだ小説論の比較をすることになりました。
 でも、私はどんな作家さんがどんなものを書いているのかなど全く判らないのです。
 比較する論の時代範囲は、できれば現代で、自分の気に入ったのがなければ、昭和も良いということでした。
 「論」と銘打たれていなくとも、作家が自分のエッセーのなかで小説について語っていたりしたものがあれば、それでも良いそうです。
 その他、授業で得た情報としては、
 
 (1)村上春樹、川端康成、大江健三郎は小説論を書いている。(でも私はタイトル等を知りません)
 (2)辻仁成は書いていた、かも。

の2点(?)です。
 私としては、辻さんはわりかし好きなので、これが事実なのかどうか、また事実だとしたら、入手可能か、などが知りたいです。
 辻さんのことに限らず、「小説論」というものを書いている現代作家を知っている方がおられましたら、そのタイトルなどとともに是非教えてください。
 お願いいたします。

Aベストアンサー

自作について語るのではなく、小説家が、小説とはなんぞやと(小説の書き方、作法について)書いた本ということでよろしいでしょうか? (もし違っていたら、補足してください)

その場合、まずは下記URLの検索画面を開いてください。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1

そして、件名欄に「小説」といれ、「検索」ボタンをクリックします。
(もしくは、NDC/NDLC欄に「901.3」と入れて、「検索」ボタンをクリックします)

かなり多くのものがでます。確認したら、戻ってください。

もうひとつ、要素を増やして、絞り込みます。
検索画面に、著者欄がありますから、ここに思う小説家の名前を入れ、検索しなおします。
たとえば、「川端康成」というように。

そうして、ヒットした中に、下記のような本がありました。
あとは、好みで探しなおしてみてください。
(刊行年を選ぶことによって、最近のものだけピックアップすることも可能です)


小説入門  川端康成∥著
出版地 :東京
出版者 :弘文堂書房
出版年月:1970


小説の方法  大江健三郎∥著
出版地 :東京
出版者 :岩波書店
出版年月:1998.9


小説とは何か  三島由紀夫∥著
出版地 :東京
出版者 :新潮社
出版年月:1972

自作について語るのではなく、小説家が、小説とはなんぞやと(小説の書き方、作法について)書いた本ということでよろしいでしょうか? (もし違っていたら、補足してください)

その場合、まずは下記URLの検索画面を開いてください。
http://webopac2.ndl.go.jp/ows-bin/search.cgi?MODE_M=1&SEARCH=1

そして、件名欄に「小説」といれ、「検索」ボタンをクリックします。
(もしくは、NDC/NDLC欄に「901.3」と入れて、「検索」ボタンをクリックします)

かなり多くのものがでます。確認したら、...続きを読む

Q「お坊さん」を時代劇風に言うと

お世話になります。
「お坊さん」を呼ぶときの古い呼び方を調べています。

誰かが名前を知らないけど見た目があきらかにお坊さん、
という人を呼び止めるときにかけるフランクな言葉を捜しています。
時代で言えば江戸時代当たりの言葉がベストですが、
それよりも古くても当然かまいません。

また、相手はどちらかというと「いかがわしい」、いわゆる生臭坊主っぽくて、
かといって適当にあしらっていいほど位の低くはないかもしれないという、
言わば「怪しい霊能力者」的な人を呼びとめるときの言葉を捜しています。

例えば、「聖人」では宗派を限定してしまうし、卑下するイメージもあまりないのでダメ。
「坊主」では逆に卑下しすぎるイメージがあるのでダメです。
「御坊(おぼう)」という言葉も考えたのですが、
この言葉にお坊さんという意味があるかどうかがわかりませんでした。

かなり曖昧な感じですが、ご回答いただければと思います。

Aベストアンサー

御坊 (ごぼう)

で良いと思います。
僧侶を敬って言う言葉です。
呼びかけにも使います。
その場合は、「もし、お坊様…」というように、大変丁寧な呼びかけです。

古い言葉ですので、ご希望に合っていると思います。

尚、「お坊」ではなく「ご坊」と読みます。

Q平安時代の女流作家

平安時代の女流作家、たとえば紫式部や清少納言など、姓名が伝わっていないのはなぜなのでしょうか?少納言とかって役職名ですよねえ??

Aベストアンサー

下記ページで触れられていますが、当時は結婚相手でもないと、女性の本名を知ることは出来なかったそうです。
http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm

参考URL:http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/seisyounagonnitsuite.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報