『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

癌原遺伝子であるc-mycが細胞増殖でなく、アポトーシスを引き起こすメカニズムについて、お知りの方におねがいです

マウスにIRBPという遺伝子を強制発言させたとき、SV40を下流に組み込むと癌化するのですが、c-mycの場合には癌化ではなく細胞死が起こってきます。

この違いについて、考察したいのですが、c-mycがアポトーシスを引き起こすメカニズムがわかりません

ぜひ教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

c-myc 遺伝子の転写抑制因子に、FIR(FBP Interacting Repressor)が存在します。


FIR(FBP Interacting Repressor)は、癌抑制遺伝子で有名な【p53遺伝子】と類似の機能性があります。

FIR の転写活性部位のアミノ酸の一部を削除した変異 FIR 蛋白では、c-myc のアポトーシスが誘導されず、細胞は癌化します。

よって、癌原遺伝子である c-myc が、見かけ上 アポトーシスを引き起こしたように見えた現象は、c-myc 遺伝子の転写抑制因子である FIR(FBP Interacting Repressor)が正常に機能した結果と考えられます。



【参考文献など】

以下、千葉大学大学院医学研究院先端応用外科学、分子病態解析学、遺伝子生化学、環境影響生化学、Laboratory of Pathology, National Cancer Institute, National Institutes of Health, U.S.A.の研究論文から引用

米国がん研究所の DavidLevens らは c-myc 遺伝子の調節に関して、DNAconformation や DNA topology を考慮したユニ-クな考え方を提唱している。即ち遺伝子の転写が RNA ポリメラーゼにより開始されると、転写開始部位より上流には2本鎖 DNA に物理学的に負のねじれ(negativesupercoiling)が起こり、逆に転写開始部位の下流では正のねじれ(positive supercoiling)が起こると考えられる。この supercoiling の状態を感知・補正するのが DNA melting(2 本鎖 DNA が 1 本鎖 DNA にほどけること)であり、FUSE は c-myc 遺伝子の転写により DNA melting を起こしている部位と考えられている。転写に伴って起こる DNA の物理的変化は蛋白合成を伴うフィードバックシステムよりもずっと早い転写調節を行い得ると考えられる。また FBP は DNA melting した 1 本鎖 DNA に結合することができる single-strandDNA binding 蛋白であり、強い c-myc 遺伝子転写活性を持つ転写因子である。 このように FBP は c-myc 遺伝子の転写を、転写に伴う DNA の構造変化を感知することにより調節しているのではないかと考えられている。


Yeast two-hybrid 法により HeLa 細胞の cDNA ライブラリーから FBP に結合する蛋白質を探したところ、FIR(FBP Interacting Repressor) が同定された。
FIR は TFIIH の機能を抑制することにより c-myc 遺伝子を転写抑制することが示された。TFIIH は 2 本鎖 DNA を 1 本鎖にほどいて(heicase活性と呼ばれる)転写開始に関与する一方で DNA 修復(DNA repair)にも関与している。FIR は TFIIH のheicase 活性を抑制することにより遺伝子の転写抑制をしていると考えられている。


ヒト白血病細胞における、グルココルチコイドを用いた実験ではアポトーシス誘導に c-myc 遺伝子の抑制が必須である。また B 細胞を用いた系ではアポトーシスを誘導する化学物質はいずれも c-myc 遺伝子の発現抑制と深くかかわっている。c-myc のアンチセンスオリゴヌクレオチドをいくつかの種類の細胞に導入してもアポトーシスが誘導される。

一方 IL-3依存性の骨髄細胞において、IL-3 を枯渇させると同時にc-myc 遺伝子を強制発現させるとアポトーシスが誘導される。また血清を取り除いた培地で Rat1 線維芽細胞に c-myc 遺伝子を強制発現させるとアポトーシスが誘導される。これらの実験結果から c-Myc の細胞内の不適切な発現はいずれもアポトーシスを誘導することが示されたが、その詳細なメカニズムについては不明な点が多い。 我々は FIR が人工的に遺伝子導入された c-myc プロモーターからの転写抑制のみならず、細胞内に存在する内因性の c-myc 遺伝子を直接転写抑制することを示した。

さらに FIR を HeLa 細胞に遺伝子導入すると細胞死(アポトーシス)が誘導された。このことから、FIR はc-myc を抑制することによりアポトーシスを誘導していることが示唆された。一方ヒト大腸癌および種々の癌で c-myc 遺伝子が発現増大していることが知られている。そこで我々は、種々の癌でみられる c-myc 遺伝子の発現増大に FIR の異常が関与しているかを調べるとともに、この FIR を用いた遺伝子治療の可能性について検討した。(方法は省略)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。

参考になりました。先にいただいた文献とあわせて、考察の参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2007/05/21 16:09

もっと新しい論文もありますが、


とりあえずこのあたりを読んでみてはいかがでしょうか。
http://www.nature.com/onc/journal/v17/n25/abs/12 …
http://www.nature.com/onc/journal/v18/n19/abs/12 …
http://mcb.asm.org/cgi/content/full/19/1/1?view= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ぜひ読んでみることにします。

お礼日時:2007/05/18 23:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺伝子に関するしつもんなんですがmyc遺伝子って・・・

遺伝子に関するしつもんなんですがmyc遺伝子っていったい何ですか?腫瘍マーカーか何かですか?よろしくお願いします!

Aベストアンサー

mycの産物はDNAに結合する蛋白質で、正常では転写因子として働いています。変異すると細胞ががん化することがあります。バーキットリンパ腫におけるmycの変異が代表的。

変異によって細胞ががんになる遺伝子を癌遺伝子といいます。mycは癌遺伝子のひとつでもあります。

細胞ががん化にしたときにだけ、細胞の性質が変わることによって特に多く産生する分子(蛋白質やペプチドなど)を腫瘍マーカーといいます。癌遺伝子とは違います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/癌遺伝子

QOct3/4、Sox2、Klf4、c-Mycはどんな機能を持った遺伝子ですか

○再生誘導研究 教授 山中 伸弥
http://www.med.kyoto-u.ac.jp/J/grad_school/introduction/1517/

ここで質問ですが,iPS(induced pluripotent stem)細胞は Oct3/4、Sox2、Klf4、c-Myc の4種の遺伝子を導入して作出したようですが,この4種の遺伝子の元々の機能はどんな機能なのでしょうか。ご教示下さい。

Aベストアンサー

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/post_46.php
転写因子Oct3/4 (POU domain, class5, transcription factor 1; Pou5f1) はマウスES細胞の未分化能維持に重要な働きをしていることが知られている。つまり未分化ES細胞ではOct3/4の発現量が厳密にコントロールされており、もしその発現が通常量の1.5倍、或は0.5倍に変化するとES細胞は分化を開始する。

http://www.jsdb.jp/kaisai/jsdb2005/programdisp.php?id=he380182
Sox2はSox (SRY-related HMG box) 遺伝子ファミリーに属し、DNA結合能を持つHMGドメインと転写活性化ドメインから成る転写因子である。マウスにおけるその発現は生殖細胞をはじめ、初期胚での未分化細胞集団である内部細胞塊およびエピブラスト、神経系の幹細胞や前駆細胞にみられ、その機能の未分化性への関与を強く示唆することが知られていた。さらに試験管内での解析から、Sox2は未分化性特異的転写因子であるOct-3/4と協調して様々な下流遺伝子の発現を制御しうることが明らかにされており、生体内での機能解析が望まれていた。

http://www.natureasia.com/japan/cancer/highlights/article.php?i=56138
Kru ppel様因子4 (KLF4)という転写因子は、さまざまな癌で腫瘍抑制因子として機能するが、乳癌など、それ以外の癌では癌遺伝子として機能する。Daniel PeeperらはNature Cell Biologyに掲載された論文で、腫瘍形成にみるKLF4のJanus様挙動を説明する分子機序をいくつか特定している。

Peeperらはこのほか、KLF4を介するp53の抑制から、乳癌細胞にみるKLF4の発癌へ向けた動きの説明がつくかどうかを検討し、ヒト乳癌細胞系のKLF4を抑制すると、p53が再び発現するようになり、アポトーシスを来すことを突き止めた。このことから、KLF4によるp53 の抑制は、乳癌細胞の生存に重要と思われ、こうした細胞にみるKLF4の発癌作用はこれによって説明できると考えられる。

http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/events/gakuyukai/post_46.php
転写因子Oct3/4 (POU domain, class5, transcription factor 1; Pou5f1) はマウスES細胞の未分化能維持に重要な働きをしていることが知られている。つまり未分化ES細胞ではOct3/4の発現量が厳密にコントロールされており、もしその発現が通常量の1.5倍、或は0.5倍に変化するとES細胞は分化を開始する。

http://www.jsdb.jp/kaisai/jsdb2005/programdisp.php?id=he380182
Sox2はSox (SRY-related HMG box) 遺伝子ファミリーに属し、D...続きを読む

Qプロモーター領域

ある既知のタンパク質遺伝子のプロモーター領域の配列を知りたいというときにはどのように検索すればよろしいのでしょうか。
タンパク質そのものの配列までは調べられたのですが…その後がよくわからなくて。

Aベストアンサー

実験的に同定するのは結構手間です。
まず、転写開始点を正確に決めておく必要があります。
簡便には、5' RACEの産物の端がどこにきてるかで見てもいいと思いますが、完全に伸びきっていない逆転写産物もPCRで増やしてしまうので、多少のあいまいさがでてきます。
正確に決めるには昔ながらのprimer extensionやS1 mappingが必要でしょう。
で、プロモーターは(発現をmodulateするエンハンサーは話が別です)、典型的には転写開始点の-50 bp以内にあります。たとえば、真核生物では、-20 bp 前後にTATA boxまたはGC box、さらに-15 bp くらい上流に-CAATboxとか。そういう典型的な配列があれば、8割がたそこがプロモーターだという蓋然性を言うことができます(かならずしも典型的なプロモーターばかりではありませんが)。
ちゃんと実験的に証明しようとしたら、候補となる領域にレポーター遺伝子をつないで、in vitroやin vivoで転写活性を調べなければならないでしょう。システマティックに欠失シリーズや、点突然変異を作って、どの配列がプロモーター活性に必要十分であるかを明らかにすれば完璧です。

実験的に同定するのは結構手間です。
まず、転写開始点を正確に決めておく必要があります。
簡便には、5' RACEの産物の端がどこにきてるかで見てもいいと思いますが、完全に伸びきっていない逆転写産物もPCRで増やしてしまうので、多少のあいまいさがでてきます。
正確に決めるには昔ながらのprimer extensionやS1 mappingが必要でしょう。
で、プロモーターは(発現をmodulateするエンハンサーは話が別です)、典型的には転写開始点の-50 bp以内にあります。たとえば、真核生物では、-20 bp 前後にTATA boxま...続きを読む


人気Q&Aランキング