最近のパソコンはタワー型が多く、横置きデスクトップは少ないようです。設置面積の少なさをアピールするなら横置きにしてその上にディスプレイを置くのがベストだと思うのですが・・・
特に拡張性の高いものを選ぼうとするとフルタワーやミッドタワーなどの設置面積が大きいものしかありません。
昔のミッドタワーなどは5インチベイを90度回転させて横置きにすることも可能なものもあり、便利でした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

逆に言うと、NECのPC-9800シリーズの方がおかしいのです。


人間が使う道具として、ディスプレイの高さは、作業する時に若干
見下げの、伏し目がちになるようなポジションが最適です。
もしも、パソコンを置くテーブルの天板の高さをキーボードがちょ
うど良くなる高さにすると、その同一平面上に17インチディスプレ
イを置くと大体ちょうど良い高さになります。また、パソコンラッ
クでキーボードが少し低くなっていて引き出し収納の物の場合、今
度は15インチディスプレイがちょうどの高さか、若干高めになりま
す。

ものすごく昔、パソコン本体とキーボードが一体だった頃、(日立
のベーシックマスターやシャープのMZ-80、NECのPC-8001など)その
頃の筐体は5インチベイ3段分よりずっと薄く、しかもディスプレイ
は13インチでした。また、比較的最近でもApple社のビザボックス型
といわれたマッキントッシュも、本当にピザボックス2個分程度の厚
さで、ディスプレイは15インチだったので高さはちょうど良かった
のです。

しかし、1社独占のPC-9800暗黒時代、何をやろうともメーカーの勝
手だった頃、そのような“人間が使う道具”という部分が無視され
ました。その結果、水平から見上げでパソコンを使って、ドライア
イも起こし易いのに何も文句の言えない状況が続いていただけです。
PC-9800もディスプレイは13インチ程度でしたが筐体がでかすぎます。

ところで、最後の方に引き合いに出されているAT互換機ケースの場
合ですが、まぁアメリカ人が考えそうな事だなって事で良いような
気もするのですがどうでしょう?(笑)冗談はさて置き、あれも結
局はデスクトップパソコンであの上にディスプレイを置くというよ
りも、縦横自在で置き場に合わせられる便利なケースという使い方
だったように思います。

あと、最近のコンパクトPCのアプローチは一体型です。
縦置きスリムケースは拡張性を確保したいというだけ。
CRTの下に本体ケースを置くという、無意味なアプローチはもうない
と思います。(私はピザボックスMacはCRTの上に置いてます。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
私の考えが間違っていたようです。
今まであまり気にしていませんでしたが
やはり目線がディスプレイとキーボードを往復する作業が多いと疲れるようです。
やはり、タワー型がベストなのかも…

お礼日時:2001/01/23 18:33

単純に横置きデスクトップが売れなくなったからでは


ないでしょうか?コンパクトタイプが出始めた途端、横置きデスクトップの売上が激減し、またコンパクトタイプが売れ始めた頃からノートPCの売上比率も高くなってきました。ユーザが省スペースを求め、各PCメーカも「省スペース」をキーワードとして営業展開を図った結果「売れないものは作らない」という単純な理由で無くなったのでしょう。また何故拡張性の高いモデルが売れなくなったかと言うのは、拡張性をあまり必要としないPC初心者ユーザが急増した背景があります。
補足ですが、省スペースの次にきたキーワードは「更に低価格」ですので、比較的低コストで作れるミニタワー型が現在普及している理由でしょう。
    • good
    • 0

PC98だけでなく、DOS/Vも横置きはたくさんありました。


IBM300CL、プレサリオ(コンパック)、OPTIPLEX(DELL)
などです。

おそらく、横置きがなくなったのはディスプレイの大型化が主原因でしょう。
横置き+17インチはとてもつらいです。
ディスプレイの重さもありますが、
ディスプレイの高さが高くなり、
ディスプレイの奥行き(17インチは普通のタワー型より長い)も
問題です。

NECが最後まで横置きを出せたのは、自社製(実際はHE)の
ディスプレイが案外小さかったこともあると思います。

dos/v各社はとにかく安価な物を調達して使っていましたから
17インチになったとたんばかでかくなりました。
    • good
    • 0

おそらく、次のような理由があるのではないでしょうか。



・コストがかからない
 パーツのほとんどは海外生産ですので、それらのパーツを使った
 ほうが安くつきます。

・パーツの調達が簡単
 ほぼ、上記の理由と同じです。

・設計に手間がかかる
 オリジナリティがあればあるほど、設計は大変になります。また、 
 最近のPC販売会社で自社設計は外見だけというのがほとんどと思
 います。

むしろ私はユーザ主導で変わったのではなく、低価格化の結果その
ようになったと思います。
    • good
    • 0

私は、一昨年、横置きからタワー型に替えました。


目線が下になり、長時間の使用でも目の疲れが減ったように思います。

会社などは、スペースの関係で、通常の事務机の上にPCを置いていることころが多いようです。
ノート型が多くはなりましたが、価格的にはデスクトップの方が安いので、主流はデスクトップです。

横置きで、その上にディスプレイを置きますと、やはり疲れます。
家庭でも、ラックを使わずに空いた勉強机の上にPCを置いているケースが多いですよね。

こうしたニーズに合うようになってきているのではないでしょうかねえ。
日本の建物は狭い、これが最大の理由ではないでしょうか。

とは、いうものの、建物の狭いのは世界共通ですよ。
欧米の一部の金持ちは知りませんが、友達の家なんかもドラマに出てくるような大きな家ではありません。

旦那様は、狭い部屋のやはり古い机の上にへPCを置いているそうですから。
    • good
    • 0

そういえば、最近少ないですね。



僕の意見は、デスクトップ用の液晶画面の登場により需要が減って
そこから徐々に、机の上には画面とキーボードのみ、
という考えが出たのではないでしょうか。

TFTなどの液晶画面を横置きデスクトップの上に載せて使うと・・・

どうでしょ?
日本特有の小型化、省スペースが余り効果的でないですね。
ですから、パソコン本体は下に置けるように、タワー型になってきたのではないでしょうか。

あくまで推測ですけど
    • good
    • 0

恐らくですが、横置き型が減少した理由は、


1.モニタを上に置いた場合、視線が上向きになり、疲れ易くなる。
2.拡張しようとした時に、いちいちモニタをどかす必要がある。また、この時の扱い方によっては、モニタを壊す可能性がある。
3.最近は、データの保存がFDではなく、HDDやサーバーに移行したため、目の前に本体を置く必要が薄れた。
こんな所ではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビとヘッドホンとヘッドホンアンプ

テレビをヘッドホンを使うことが多いのですが、
最近、ヘッドホンを刺していてもテレビのスピーカーから音が出て困ってます。
常にというわけではないのですが、ヘッドホンでテレビを見てると急にスピーカーから音が出ます。
その時、ヘッドホンから音はしていません。
夜中などはとても困ります。
ヘッドホンを変えても変わらないのでテレビ側の問題だと思います。
そこで質問なのですが、
メーカーに修理を頼むとヘッドホン端子だけの修理は可能でしょうか?
あんまり大掛かりになって修理代がかさむと困ります。

また、ヘッドホンアンプという存在を知りまして、
テレビにヘッドホンアンプを接続できれば問題を解決できるでしょうか。
テレビのRCA端子にヘッドホンアンプをつないで使用すると、
テレビのヘッドホン端子にヘッドホンを繋ぐのと同じ使用感なのでしょうか?
例えば、ヘッドホンアンプにヘッドホン繋ぐとヘッドホンから音がして、外すとテレビのスピーカーから音がするのか。またテレビのリモコンで音量調節はできるのかなどです。

長々と失礼しましたが、一つでも教えて頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

テレビ REGZA RE1

テレビをヘッドホンを使うことが多いのですが、
最近、ヘッドホンを刺していてもテレビのスピーカーから音が出て困ってます。
常にというわけではないのですが、ヘッドホンでテレビを見てると急にスピーカーから音が出ます。
その時、ヘッドホンから音はしていません。
夜中などはとても困ります。
ヘッドホンを変えても変わらないのでテレビ側の問題だと思います。
そこで質問なのですが、
メーカーに修理を頼むとヘッドホン端子だけの修理は可能でしょうか?
あんまり大掛かりになって修理代がかさむと...続きを読む

Aベストアンサー

オーディオ用の接点復活剤でテレビのヘッドホン端子を掃除してみたらどうでしょう。
駄目なら修理でしょうか。

ヘッドホンアンプを繋ぐ場合はテレビの音量を0にしてください。
RCA端子からの出力はテレビの音量と連動しておらず常に一定です。
ヘッドホンアンプの音量はテレビのリモコンでは変えられません。

QDELL Vostro 200 スリムタワー 内蔵用3.5インチベイ

今、この機種を購入しようか考えているのですが、
内蔵用3.5インチベイには、後で自分でフロッピーやら拡張インターフェス
つけれますか?
dimension 9200Cの時は、専用インターフェイスだったのですが。
また、カバーをオープンにしている写真など
見ること出来ないでしょうか?

Aベストアンサー

>内蔵用3.5インチベイには、後で自分でフロッピーやら拡張インターフェスつけれますか?

3.5インチベイが1つしかないのでどちらかを付けることは可能です。もしくは、FDD+カードリーダーの3.5インチドライブもあるのでそちらを付けるかですね。マザーボード上に通常のFDDコネクタとUSB端子のあまりがありますから。

Qドルビーヘッドホンとサラウンド

ドルビーヘッドホンとかバーチャルサラウンドとかあんまり区別が
つきません。それで教えて欲しい事がいくつかあります。

 1.ドルビーヘッドホン、バーチャルサラウンド、プロロジック(2)
これらを利用するにはどの機器が対応していればいいのか?
(DVD,コンポ、ゲーム → スピーカー、ヘッドホンなど) 

 2.今度でるパイオニアのドルビーヘッドホン搭載のヘッドホンと
ソニーのサラウンドヘッドホンはどう違うのか?どちらが良いか?

よろしくお願いします!
ちなみにこのような質問をしたのは上で述べたパイオニアのヘッドホンの
購入を検討しているからです。

Aベストアンサー

お約束の再回答です。
Q/アンプを経由しないといけないということですか?

A/これは、AVサラウンドヘッドホンシステムというもので、専用外部アンプを一緒に装備しています。これを使うことでサラウンドを構築しているのです。この付属専用アンプを経由しないとヘッドホンから音は出ません。


Q/ドルビーヘッドホンはドルビーラボの技術のようですが、ソニーのヘッドホンの方はソニー独自の技術ですか?
A/ソニー独自の機能は、バーチャルホンテクノロジーとヘッドトラッキングシステムの部分ですね。これが、優れています。とくにトラッキングシステムはかなり高性能ですね。
また、ライセンスとしてはvirtual dts、virtual Dolby(virtualAAC)については、dts社のライセンス、Dolby Labのライセンスを取得済みです。
ソニーの製品は独自と他社ライセンスを融合させた製品です。
ちなみに、パイオニアの製品にはこのような特に優れた独自機能はないですね。使い勝手は追求しているようですけどね。

ただ、ソニーにはないVirtualDolbyDigitalEXやVirtualdts-ESなどに対応しているなどDolbyDigitalやdtsの上位サラウンドをサポートしています。サラウンド対応ソース(原音)の種類が広くなっていると言ったところですね。
ただ、EXのサラウンドやESは対応専用アンプでなくとも、再生できますし、元々ヘッドホンが2chスピーカーですから、あまりEXやESと通常のサラウンドの差はない。

Q/ヘッドホンはステレオヘッドホンとしてはどのぐらいのクラスですか?

A/これは、ステレオヘッドホンとは比較にはならないですね。まあ、映像用ヘッドホンとしては最上位に属します。2ch音声用では中の上になるかな?アナログソース向けではなくデジタル用ですから、簡単には比較できない。CDやカセットなど2ch音を主に聴く場合は、ソニーミュージックのプロ用ステレオヘッドホン(2万5000円ぐらい)を買った方が良いです。
(ちなみに、映像用と音声用という違いをご存じなかったのであれば、電気屋さんでヘッドホンのコーナーを見れば、音楽用(ステレオ向け)と映像用(TV、シアター向け)があります。これらは仕様が異なります。

一応用語です。用語の方が長いですが、知っていない項があれば、ご覧になってください。(全部読まれる必要はないです)

<バーチャル技術用語>

Virtual Dolby(バーチャルドルビー)とはドルビーヘッドホンとは異なり、ドルビーデジタルで収録された音を専用スピーカーやヘッドホンを用いて、ドルビーヘッドホンより遙かに臨場感のあるサラウンドを構築するための技術です。こちらは本格的な5,1(6,1)chサラウンドをヘッドホンで聴く場合に用いられます。同等の製品に、Virtual dts(デジタルシアターシステムズ社の技術)がある。

ドルビーヘッドホンは、どのようなヘッドホン、どのような音源ソースでもある程度の定位感を与え、通常のヘッドホンでは頭の中でダイレクトに音が鳴っている感覚となるのを、なくしあたかも外側のスピーカーから聴くような臨場感を与えます。これは、サラウンド効果はvirtualDolbyほどはないですが、通常の市販ヘッドホンを用いて安くそこそこのサラウンドをという場合は良いです。また、ドルビーデジタルなどで収録された音に限らず対応します。臨場感はお世辞にも良いとは言えない。
ソニーの製品にはただ単に、このヘッドホンの項がないだけで、ドルビーのライセンスはvirtual側で得ています。

ヘッドトラッキングとは通常の据え置き型スピーカーで5,1chのサラウンドを構築した場合には、視聴者が横を向いたりすると、後ろ(リア)のスピーカー音が良く聞こえたりしますよね。

ヘッドホンでは、通常そのような機能がありません。簡単に言えば横を見ようが後ろに向こうが常に視聴者が向いている先がフロントとなります。ということは、据え置きでスピーカーが固定されているわけではなく、常に見る側の正面にフロントスピーカーが来るようになるので、スピーカーが移動しているように感じる。

この欠点を低減したのが、ヘッドトラッキングです。
人間の頭の動きを識別し、動きに合わせて音の方向性をコントロールすることで、スピーカーの位置を常に画面のある側に置いているように感じさせるシステムです。

<サラウンドフォーマットについて>

DolbyDigital(DD)は、ドルビーが開発したサラウンド圧縮技術(正式名AC-3)。384Kbps前後で5,1chの臨場感あるサラウンドを構築できる。しかも、5chの全てがCD並の音質で0,1chがウーファーとなり迫力がある。

dtsは、デジタルシアターシステムズ社の開発したサラウンド圧縮技術(正式名APT)。最大8chに対応する。圧縮率が低く原音に近い。サウンドビットレートは1,5Mbps以下(前後)で収録される。ドルビーより圧縮率が低いため音が重厚。ちなみに、ESはエクステンディッドサラウンドの略。dts互換のサラウンドで6,1ch以上のサラウンドに特化した技術。

DolbyDigitalEX(DDEX)は、ドルビーが開発DD互換の上位フォーマット、サラウンド技術。DD(ドルビーデジタル)を発展させ、リスニングポジションが6(7)スピーカーサラウンドの中点でなくても意図したサラウンド効果を与える技術。
最大6,1もしくは7,1ch対応。ヘッドホンでは効果は少ない。

DolbyPrologic1及び2、マトリックス圧縮を用いて4chのサラウンドを構築できる。通常のアナログステレオサウンドと互換しているため、ステレオ対応のビデオデッキなどではステレオで再生でき、専用アンプを使うことで4chのサラウンドに対応可能。
同2は4chを擬似的に5,1chにする技術。
AAC(アドバンストオーディオコーディング)はBSデジタル&地上波デジタルでサポートされたサラウンド、ドルビーのAC3(DDの項に記載)とソニーのATRAC3などの技術を融合した。
ちなみに、これらの技術は全て専用デコードアンプが必須です。

<ハードウェア用語>
AVアンプ(アンプ)=AV入力端子を装備したアンプ。アンプとは、音の元を識別し音質調整してスピーカーに出力する技術で、これがないとスピーカー出力できない。
AVアンプにはテレビなどへの映像入出力端子、通常のアンプにサラウンド機能、上のサラウンド圧縮技術で圧縮された音をデコード(伸張)する機能を有する。このAVアンプの単純な物でラジオなどの機能を持つ物をAVレシーバーということもある。

いかがでしょう。

お約束の再回答です。
Q/アンプを経由しないといけないということですか?

A/これは、AVサラウンドヘッドホンシステムというもので、専用外部アンプを一緒に装備しています。これを使うことでサラウンドを構築しているのです。この付属専用アンプを経由しないとヘッドホンから音は出ません。


Q/ドルビーヘッドホンはドルビーラボの技術のようですが、ソニーのヘッドホンの方はソニー独自の技術ですか?
A/ソニー独自の機能は、バーチャルホンテクノロジーとヘッドトラッキングシステムの部分...続きを読む

Qミドルタワーの並行置きは危険?

現在デスクトップPC2台にモニター3枚をPCデスクの上に置いています。
モニタ-の後ろに本体を2台置いているのですが、配線や見た目がゴチャゴチャしてしまっているので、置き場所を変えようと思っています。

PCデスクは高さ28cm、幅150cm、奥行75cmです。

デスク下には高さ的に本体は入りませんので、デスクの脇に本体を2台並べて置こうかと思ったのですが、気になったのが熱の問題。

やっぱり並行して置くのは何か危険性が有るのでしょうか?それとも、大丈夫なのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

その並行というのは2台を前後に…ですか?
その場合、後側のPCは前側のPCから廃熱された暖まった空気を取り入れて冷却しないとなりませんので
廃熱がうまくいかなくなる可能性がある…かと。
廃熱を気にしなくてもいいようなレベルのPCであれば問題ないかも知れませんが。

左右に並べる場合だと、サイドから吸気するケースだったら吸気のためのスペースを空けておけば問題ないと思われます。

ケースに充分に剛性があるのならば積み重ねて…というのもあるかと。
# ウチでは処分していない未使用のSCSIケースが上に乗っていたりします。(20年くらい前に使っていたモノ。4倍速CD-Rドライブついたまま)

Qスカイプ使用時のヘッドホンについて

スカイプでよく友達と会話しています。
ヘッドフォンを付けたまま寝るのですが、
横向きに体勢を変えると、ヘッドホンが出っ張っていて、
耳が痛くて仕方ないのです。

ちなみに、今自分が使用しているのはこのヘッドホンです。
http://www.ecat.sony.co.jp/computer/headset/products/index.cfm?PD=13646&KM=DR-220DPV

画像を見ていただければ分かるのですが、耳のところがかなり出っ張っています。

スカイプをしながら、横になっても痛くないマイク付ヘッドホンがありましたら、
是非教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ事を考えて,探してみました。
でも,ヘッドホンだと横になると耳が痛いのは仕方ないですね。
結局,マイク付きイヤホンにしました。
耳は痛くないですし,よく聞き取れますよ。
私は片耳用を使っていますが,両耳用もあります。
横になるならこれが現実的だと思います。
ちなみに,私が使っているのはダイソーで購入しました。
300円です。

Q5インチベイに2つ以上空きがあるミドルタワー

ミドルタワー程度の大きさのメーカーものPCを購入したいと考えています。

DELL XPS8500が手頃な大きさ、価格なのですが、
5インチベイが2つしかないために、一つは既にDVDドライブで占有されており、
1つしか空きがありません。


5インチベイに2つ以上空きがあるメーカーものPCで小さめものがありましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

HDDを簡単に取り出すというならエプソンダイレクトのPROシリーズです。PC起動中でもフロントを開ければPCが起動していても取り出せます(当然CドライブになっているHDDやアクセス中のHDDはだめですけど)。
ちなみに、HDDは4台刺せますよ。私はPro4700とPro5000を使っていますが、HDD交換は蓋を開けなくても出来るので簡単です。

Qスピーカーとヘッドホンの自動切換

スピーカーとヘッドホンの自動切換

スピーカーとヘッドホンの自動切換方法をお聞きしたく質問させて頂きます。
環境は以下のとおりです。
Windows7 64bit Pro
Creative SB X-Fi Titanium

現在ヘッドホンをPCのヘッドホン端子に、スピーカーをUSB接続しています。
ヘッドホンがメイン使用です。
スピーカーはUSBだけでPCに接続すれば電源もUSBで取るスピーカーです。

動画を見る際には音はどうでもよいのでスピーカーを利用し、
映画やゲームをする時はヘッドホンを利用しています。

現在、ヘッドホンを使用した後にスピーカーを利用する場合、ヘッドホンのコードを端子から抜いただけではスピーカーから音が出ません。
コントロールパネルのサウンドから既定のデバイスをスピーカーに変えてやる必要があります。
逆にスピーカーを利用していてヘッドホンに切り替えたいときもコントロールパネルのサウンドから既定のデバイスを切り替える必要があります。

ヘッドホンが端子に刺さっている時にはヘッドホン出力、
ヘッドホンが端子に刺さっていない時にはスピーカー出力するようにしたいです。

どなたか方法をご存知ないでしょうか??

よろしくお願いします。

スピーカーとヘッドホンの自動切換

スピーカーとヘッドホンの自動切換方法をお聞きしたく質問させて頂きます。
環境は以下のとおりです。
Windows7 64bit Pro
Creative SB X-Fi Titanium

現在ヘッドホンをPCのヘッドホン端子に、スピーカーをUSB接続しています。
ヘッドホンがメイン使用です。
スピーカーはUSBだけでPCに接続すれば電源もUSBで取るスピーカーです。

動画を見る際には音はどうでもよいのでスピーカーを利用し、
映画やゲームをする時はヘッドホンを利用しています。

現在、ヘッドホンを使用し...続きを読む

Aベストアンサー

出力デバイスをUSBスピーカーのみにして、
USBスピーカーのヘッドホン端子を使わないと、
要望の事は出来ません。

Q横置きのPCケースについて

http://www.silverstonetek.com.tw/products-lc04.htm
このケースはおしゃれでいいなと思っているのですが、
ミドルタワーに使うような400ワットや500ワットの電源を搭載できるのでしょうか?
マザーATX915P。ビデオボード6600GT PCI-Eを使っているのですが、このケースに入りますかね?
やはり大人しくミドルタワーを使っていたほうがいいですか?

Aベストアンサー

TFXのサイズは82(W)×150(D)×58(H)mmだから、
ATXの電源標準サイズ140(W)×150(D)×86(H)mmとは合わないから取り付けは無理だし(バックパネルが合わない)、
スリムケースに400Wとかの大容量電源付けても無駄、
スリムケースじゃHDDを6個ぐらい積むとかの電力食うようなパーツ構成にできないし(冷却面でも不安)。

QYamaha THR5Aで自分のギターをヘッドホンで聴く

Yamaha THR5Aで自分のギターをヘッドホンで聴く場合、お勧めのヘッドホンは何でしょうか?
ヘッドホンを接続しないで出てる音そのままをヘッドホンで聞きたいと思います。
今回安物を買ったら全然同じでないのでがっかりしました。
ソニーのMDR-CD900STがモニターヘッドホンで有名ですが、そんなにいいヘッドホンですか?
このアンプにつないだらビックリするんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ヘッドホンを接続しないで出てる音そのままをヘッドホンで聞きたいと思います。
私もTHR10を持っていますがこのスピーカーは小さい割に以外と音が良いのでそう思われる気持ちも分かるのですが・・・
スピーカーから出る音とヘッドフォンやイヤフォンで聴く音が一緒、というのは物理的にあり得ない話です。
もし音作りをヘッドフォンでしようと思われているなら止めた方がいいです。どんなヘッドフォンを使っても、スピーカーで出す音を完璧に再現するのは無理だからです。

CD900がいいヘッドフォンか、というと殆どの人には微妙なヘッドフォンでしょう。殆ど味付けがされていないのでのっぺりとした感じを受けるかもしれません。ただしモニター用途としてはこれ以上に優秀なヘッドフォンはなかなかありません(だから業界標準なんですが)。
普段もリスニングで楽しみたい、という向きにはお勧めできませんがレコーディング等DTMメインで使うのなら持っておかないといけないレベルのヘッドフォンではあります。
個人的にはMDR7506のほうがモニター用途にもそこそこ使えてリスニングもOKなので好きなのですが。

>ヘッドホンを接続しないで出てる音そのままをヘッドホンで聞きたいと思います。
私もTHR10を持っていますがこのスピーカーは小さい割に以外と音が良いのでそう思われる気持ちも分かるのですが・・・
スピーカーから出る音とヘッドフォンやイヤフォンで聴く音が一緒、というのは物理的にあり得ない話です。
もし音作りをヘッドフォンでしようと思われているなら止めた方がいいです。どんなヘッドフォンを使っても、スピーカーで出す音を完璧に再現するのは無理だからです。

CD900がいいヘッドフォンか、とい...続きを読む

Qミドルタワーの横向き

ミドルタワーの横向き
今までミドルタワーPCを縦置きに使用していましたが、
引越しをしましてスペースの問題から横向きにおいています。
マザーボード基盤などが下、ケースのエアー口は上、CPUファン、VGAファンなども上なので、問題ないと個人的には思っていますが、どうでしょうか。
問題ないならこのまま使用していくつもりですが、ご意見ください。

Aベストアンサー

ケースの構造にかなり左右されますね・・・。
一般的エアフローとしては、上部にあがっていった暖かい空気をケースファン+電源で廃棄をする構造なので、冷却効率としては下がります。
ただ、通常の利用ではあまり問題は出ないレベルです。
静音ケースなど、ガッチガチにフローを決めて冷却するタイプだときついですが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報