質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

解糖系阻害薬で何かいい試薬をご存じでしたら教えて
下さい。私の今行っている研究を進めていく上であったら
いいなと思い探しています。一応、2-デオキシグルコースを文献で見つけたのですがそれでいいのでしょうか?
何かいい情報があればお願いします。

A 回答 (3件)

 既に御指摘がある様に,rip123 さんの『私の今行っている研究』の内容が判らないと『いい試薬』の判断ができません。



 「目的が何か?」,「対象はどの酵素か?」等を補足された方が良いと思います。

 なお,次のハンドブックは種々の酵素の阻害剤を纏めたものですので,参考になるかと思います。

「Handbook of enzyme inhibitors 3rd, revised and enlarged edition」
 著者名:Helmward Zollner
 出版地:Weinheim, Federal Republic of Germany;
     New York, NY, USA
 出版者:Wiley-VCH
 刊行年:1999
    • good
    • 0

naoO_Onaoさんの回答と同様に解糖系のどの酵素の阻害剤をターゲットにしているのか不明ですが・・・?



以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「翻訳後に事象に対する抑制剤」
この項に記載のある「糖質化抑制剤」と同義であるか分かりませんが・・・?

http://www.agr.yamaguchi-u.ac.jp/users/nasu/p.html
(研究内容の紹介)

補足お願いします。

参考URL:http://group.lin.go.jp/jsla/kaigai-tehc/af24-2.htm
    • good
    • 0

どのような研究を行なってるか分かりませんので参考までに。

。。

NaF(解糖系の酵素であるエノラーゼの活性を阻害します)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフルクトースはアルコール発酵をするのですか?

よろしくお願いします。

なんとなくアルコール発酵をするものはグルコースという印象が
あるのですが、果実酒はフルクトースからの発酵ですよね。

化学式が同じですしフルクトースも問題なく発酵するということで
良いでしょうか?

Aベストアンサー

もともとグルコース自体
グルコース→グルコース-6-リン酸→フルクトース-6-リン酸→フルクトース-1,6-二リン酸
と変わって解糖系に入るので, フルクトースからでも解糖系に入ることはできます.

Qグルコースとスクロースの反応速度の違い。

こんにちは。

この前、学校でアルコール発酵の実験をしたのですが
まとめのレポートの課題がなかなかわかりません。
よかったらご協力お願いします。

1.グルコースとスクロースの反応速度の違いについて、どうして速度が違うのか。

2.実験で用いた乾燥酵母でもやや能力は落ちるが
発酵は行われる。このことから発酵に関する化学反応は
何により進行していると考えられるか。

Aベストアンサー

課題の丸投げはダメらしいので、ヒントだけ・・・。

1.グルコースとスクロースそれぞれの構造式を調べ、どのような反応を経てエタノールとなるのか調べてみましょう。

2.生きていても死んでいても、アルコール発酵が行われるということは、酵母の増殖はアルコール発酵には必要ない、ということです。ということは、生死に関係なく酵母の細胞内にあるモノが発酵に必要ということです。
もっとぶっちゃけて言えば、生体内で物質の変換反応を担っている触媒は・・・?

Qアルコール発酵の基質に関与する糖

酵母菌により、アルコール発酵の基質として使われる糖と使われない糖を調べる実験で、マンノース、ブドウ糖、果糖、ガラクトース、キシロース、アラビノースを使いました。
使われる糖と使われない糖にはどのような違いがあるのですか?

Aベストアンサー

酵母が解糖系にもっていく為の酵素を持っているかどうか

QLineweaver-Burkプロット

基質濃度と吸光度は分かっているんですがここから
Lineweaver-BurkプロットによりKm値とVmaxを求めるやり方がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

ミカエルス・メンテンの式は、基質濃度[S]が一定の場合に成立します。
しかし、実験では酵素によって基質が分解されて、経時的に減少するため一定に保つことができません。
参照サイトの説明にあるように、実際は基質の分解が10%以下の条件を便宜的に用います。
たぶん実験に用いた反応時間は、基質の分解が10%以下という設定になっていると思います。
生成物のモル吸光係数がわかれば、その濃度がわかるので、基質濃度と比較すれば分解率が何%か計算できます。

で、反応速度の実験では基質の分解が10%以下の時の吸光度の増加(ΔAbs)を便宜的に「初速度」と扱います。
真の初速度は求めることができないからです。
速度には、○○/時間、の単位が必要ですから、得られた吸光度が測定時間内に直線的に増加したと考えて、
吸光度÷測定時間=ΔAbs/min (sでもhでも良い)となります。
また生成物の濃度が吸光度から計算できるなら、M/minの方がベターです。

さらに聞きたいことがあれば、遠慮なく質問して下さい。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q添加回収実験とは??

教えてください!!添加回収実験とはどんな実験ですか?わかる方、説明お願いします。

Aベストアンサー

抽出率、または回収率の測定を行うものです。

たとえば、血液中の薬物といった分析の場合、血液と言う非常に複雑な試料(マトリクスと呼ぶこともあります)から薬物を抽出して分析するわけですが、必ずしも100%の回収率で回収されるわけではありません。

そこで、未知の試料を分析する前にその試料中に既知量の薬物を「わざと」加え、その回収率(抽出率)を測定するのです。

未知試料を分析した際にはこの回収率で補正してやるということをやったりします。

QExcelでCVを計算するには

Excelを使ってCV(変動係数)を計算するにはどうすればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

CV(変動係数)=標準偏差/平均

今、範囲(A1:Z1)にデータがあるとして


標準偏差=STDEVP(A1:Z1)

平均値=AVERAGE(A1:Z1)

従って CV=STDEVP(A1:Z1)/AVERAGE(A1:Z1)

で如何でしょう?

標準偏差に不偏標準偏差を使う場合はSTDEV(A1:Z1)にしてください。

QATP産生阻害薬

ATP産生阻害薬が存在するという話を聞きました。どうやら、その薬はミトコンドリアでのATP産生機構を阻害するようです。

ミトコンドリア産生機構は電子伝達系だと考えているのですが、その阻害薬は電子伝達系のどの過程を阻害しているのですか??そして、そうなることによって細胞はどのようになるのか詳しく教えていただけませんか??

Aベストアンサー

NADH脱水素酵素(複合体I)の阻害剤
ロテノン、アミタール

シトクロムbc1複合体(複合体III)の阻害剤
アンチマイシンA

シトクロームオキシダーゼ(複合体IV)の阻害剤
シアン化合物、一酸化窒素

シアン耐性呼吸末端酸化酵素(AOX)の阻害剤
サリチルヒドロキム酸(SHAM)

ATP合成酵素(複合体V)の阻害剤
オリゴマイシン、DCCD(なんの略称?)、オーロベルチン

※電子伝達系ではマトリックス側から膜間腔へプロトンがくみ出され、その結果生ずるプロトン濃度勾配を利用して複合体VではATPを合成しています(プロトンのくみ出しと共役したATP合成)。このプロトン濃度勾配をうち消す働きをもつ脱共役剤も呼吸を阻害します。例をいくつか示します。
脱共役剤:ジニトロフェノール(DNP)、FCCP、CCCP、SF6847(最後の3つはなんの略かしりません)


もっとも有名なものはやはり青酸カリに代表されるシアン化合物だと思いますが、それによって阻害されない代替的な電子伝達経路の末端に位置する酵素がAOXと呼ばれるものです。いずれの阻害剤も呼吸代謝のメカニズムを調べる研究において重要な材料といえます。

参考URL:http://133.100.212.50/~bc1/Biochem/oxidphos.htm

NADH脱水素酵素(複合体I)の阻害剤
ロテノン、アミタール

シトクロムbc1複合体(複合体III)の阻害剤
アンチマイシンA

シトクロームオキシダーゼ(複合体IV)の阻害剤
シアン化合物、一酸化窒素

シアン耐性呼吸末端酸化酵素(AOX)の阻害剤
サリチルヒドロキム酸(SHAM)

ATP合成酵素(複合体V)の阻害剤
オリゴマイシン、DCCD(なんの略称?)、オーロベルチン

※電子伝達系ではマトリックス側から膜間腔へプロトンがくみ出され、その結果生ずるプロトン濃度勾配を利用して複合体VではATPを...続きを読む


人気Q&Aランキング