【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

在庫月数は(平均在庫金額÷年間売上高×12ヶ月)によって求められますが、なぜ平均在庫金額を年間売上高で割るのかご説明いただける方はいらっしゃいますでしょうか。
これは公式みたいなものだから、そういうものだと言ってしまえばそれまでなのですが、私の感覚では売上原価で割る方が自然な気がするのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

評価するためには、なるべく変化しない基準が必要です。


上記算出式は、多種な製品をひっくるめて評価するものです。
売上原価でやると、製品により原価率が違います。売れたものと在庫として残っているものは違います。
売上原価でやる方が良い場合は単一の製品の場合でしょうが、そうであれば金額でやる必要はなく台数でやれば良いだけです。
 上記は、経営的指標で、月の売上額に対してどのくらいの金額(何ヶ月分の売上相当)を在庫として抱えているかという目安を出すためのものです。
 個々の製品の適正在庫数を検討する場合は、台数でやるべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 01:57

在庫回転期間を求めるのであれば、平均在庫金額ではなく、期末棚卸在庫金額を使うのが一般的です。


つまり、在庫期間とか回転率は、財務諸表から簡単に求めることができるところに利点があるのだと思います。
売上原価を使わない理由は、損益計算書に記入される売上原価では、正確な原価が反映されないからではないでしょうか。
つまり、在庫増減が売上原価に反映されてしまいますので、出てくる答えは、あまり信頼性の高い数字とは言えなくなると思います。

いずれにしても大切なのは、「在庫月数」の数字を求めて何に役立てるのか、ということです。
管理会計では、計算式よりも、目的を大切にしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 01:56

在庫を見るときに原価で見るか売値で見るかの違いでしょう。



例えばある絵が仕入れ300万、売値400万とします。
400万の値札の付いているものが盗まれたら損害額400万と言いますね。
そんなものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2007/07/15 01:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q棚卸資産回転月数につきまして

棚卸資産回転月数を、計算するにあたって、
分母を「売上原価」、「売上高」、「当期仕入高」のどちらにすれば
一番適確と考えられますでしょうか?

たいへん初歩的な質問で、すみませんが、
どうか、お教え下さい、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1番様の仰られるとおりですね。

経営指標の計算式はその時代時代で変化するために、ご質問の場合であれば「年間売上高で割れ」としている物と、「当期売上原価で割れ」としている物が存在いたします。

では、今回の指標はナニを見ているのかと言えば『何ヶ月分の在庫を保有』と言う点ですから、分母と分子の評価方法は統一すべきです。

そして、棚卸資産の大半は商品だと思われます。この商品は原価で計上(管理)しているのと考えるのが通常であることから、『当期売上原価』の方が適切です。
※以上のことは、数年前に受講した「公認会計士・日簿1級用講座」で公認会計士の先生が述べられておりました。

また、『何か月分を』と言う観点から考えて、「当期仕入高」とか「当月仕入高」は不適切です。

一つの例として、単一の商品を期末に100個[売価120円。仕入れ単価(売上原価)100円]持っていたといたします。(期首繰越高はゼロ)
年間の売上個数が600個だった場合、期末在庫100個は年間売り上げ個数600個の1/6なので、「2か月分」の在庫個数です。
このとき、関係する金額は次のようになりますが、子の数字の中から「2か月分」と言う結果を導けるのはどれなのかを考えれば、ご理解いただけますよね。
 年間売上高は600個×@120=72,000円
 売上原価は 600個×@100=60,000円
 当期仕入高は700個×@100=70,000円
  700個=期末100個+当期売上600個-期首0個
 期末在庫高は100個×@100=10,000円

1番様の仰られるとおりですね。

経営指標の計算式はその時代時代で変化するために、ご質問の場合であれば「年間売上高で割れ」としている物と、「当期売上原価で割れ」としている物が存在いたします。

では、今回の指標はナニを見ているのかと言えば『何ヶ月分の在庫を保有』と言う点ですから、分母と分子の評価方法は統一すべきです。

そして、棚卸資産の大半は商品だと思われます。この商品は原価で計上(管理)しているのと考えるのが通常であることから、『当期売上原価』の方が適切です。
※以上のことは...続きを読む

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Qフォーキャストって何ですか?

普段見積りとかする機会が無かったので、
知らない単語なんですが、

納期を確認した場合に、
「フォーキャストを入れて2ヶ月」との
回答が来たのですが、
フォーキャストってどう訳したら良いんですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

forecastは使い道がいろいろありますよね。weather forecastなら天気予報、動詞で使えば「予想する」などなど。

うちの会社はグローバル展開している製造業なので、フォーキャストと聞くとピキピキ反応してしまいます。「発注計画」と呼んでいます。生産計画を立てるためにはフォーキャストは必須です。

フォーキャストを入れて2ヶ月、というのは、発注計画を前もって提出しておけば納期は2ヶ月ってことですね。逆に言えば、フォーキャストなしの発注の場合は2ヶ月の納期はムリだよ、ということになります。

Qエクセル 0や空白のセルをグラフに反映させない方法

以下の点でどなたかお教えください。

H18.1~H20.12までの毎月の売上高を表に記載し、その表を元にグラフを作成しています。グラフに反映させる表の範囲はH18.1~H20.12の全てです。
そのためまだ経過していない期間のセルが空白になり、そこがグラフに反映され見づらくなります。
データを入力する都度グラフの範囲を変更すればいいのですが、うまく算式や設定等で空白や0円となっているセルをグラフに反映させない方法はありますか?

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

売上高のセルは数式で求められているのですよね?
それなら
=IF(現在の数式=0,NA(),現在の数式)
としてみてください。
つまり、0の場合はN/Aエラーにしてしまうんです。N/Aエラーはグラフに反映されません。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Qエクセルで重複しているデータの抽出のしかたを教えてください。

エクセルで重複しているデータを抽出したいのですが・・。なにぶん初心者なもので簡単な方法があればよいのですが・・。
A列に日付 B列に企業名このデータが300件ほどあります。

 Å列      B列
1月 1日    AAAA社
1月 4日   BBBB社
1月 8日   CCCC社
2月 1日   BBBB社
2月20日    DDDD社
3月 2日   AAAA社

と、あるとしてB列の企業名が重複しているものを抽出したいのですが・・・。この場合 AAAA社とBBBB社ですが。
これを簡単に抽出する方法はないでしょうか?
教えてください お願いいたします。

Aベストアンサー

企業名がセルB2からセルB300まで入力されていると仮定します。
セルC2に IF(COUNTIF($B$2:B2,B2)>1,"*","") を入力し、セルC300までコピーして下さい。すると重複したデータの二番目以降に "*" のマークが付きます。
(注) 数式を下のセルまでコピーするため、COUNTIF($B$2 は絶対参照にして下さい。

Q安全在庫=安全係数×√(リードタイム)×標準偏差の意味

安全在庫=安全係数×√(リードタイム)×標準偏差の意味

安全在庫=安全係数×標準偏差
で、不定期発注の場合、リードタイムのばらつきを考慮し、
安全在庫=安全係数×√(リードタイム)×出庫量の標準偏差と
と書いてありました。

ここで何故リードタイムという時間の項の平方根と個数という量の標準偏差が掛けられるのでしょうか?掛けた答えが個数の量のディメンジョンだけになり、√(リードタイム)は無次元数の扱いになっています。
なんかディメンジョンが合わない気がして良く判りませんでした。

ここで安全係数は出庫量の信頼精度に起因するものとして、99%の信頼精度から1%の欠品率だと確率密度関数から2.33が得られるとあり、こちらは理解できました。

ただ√(リードタイム)はリードタイムの変動量を表すと書いてありました。
何故、√(リードタイム)がリードタイムの変動量を表すのでしょうか?変動量となるなら標準偏差の方が良いのではないかと思いました。
あと何故これが量の標準偏差と掛け算が出来るのでしょうか?
またこの場合、リードタイムは最大値をとるのでしょうか?それとも平均値を取るのでしょうか?
最大値を取るとしたら、この値は99.7%の信頼精度として3σを用いた方が良いのでしょうか?それとも同じ2.33σ値を用いた方が良いのでしょうか?

でもこの式は非常に多く用いられており、実用面では信頼性はあると思っています。

お手数ですが、判る方いらっしゃいましたらお教えください。

安全在庫=安全係数×√(リードタイム)×標準偏差の意味

安全在庫=安全係数×標準偏差
で、不定期発注の場合、リードタイムのばらつきを考慮し、
安全在庫=安全係数×√(リードタイム)×出庫量の標準偏差と
と書いてありました。

ここで何故リードタイムという時間の項の平方根と個数という量の標準偏差が掛けられるのでしょうか?掛けた答えが個数の量のディメンジョンだけになり、√(リードタイム)は無次元数の扱いになっています。
なんかディメンジョンが合わない気がして良く判りませんでした。

ここで安全係数...続きを読む

Aベストアンサー

その式は、発注点方式の安全在庫の計算式として知られるものですが、
リードタイムのばらつきを考慮したものではありません。
また、実務家からは、実用性に乏しいという評判をうけている計算式です。
最大リードタイムを固定値として入力することを想定しています。
50年以上昔の理論式ですから、在庫は多すぎても問題にならなかったので
過大方向の誤差を容認する考え方がベースにあります。
リードタイムのばらつきを考慮した安全在庫の計算方法は、D.Eppenの論文が知られていますが
これも50年前の確率論の教科書の例題の解法を引用したもので、正しくありません。
現段階で最も正確な解法には、APIMがあります。これは、リードタイム変動を離散確率分布で捉えて
解析解の導出に成功したものです。しかし、APIMについては開発途上の一部分については
論文発表されていますが、完全なものは、市販ソフトを導入しないと利用できません。
APIMのキーワードで検索可能ですから、いちどお調べになることをおすすめします。
なお、私はAPIMの開発者です。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

QexcelのVLOOKUPで検索値を2つにできますか?

excelのVLOOKUPで検索値を2つにしたいです
私の知っているVLOOKだと下記のことは対応できます
例えば、A列に会社名、B列に住所、C列に電話番号 とあった場合
「住所が検索値と同一なら電話番号を表示しなさい」という指示は出せます

そこで質問です
「会社名と住所が検索値と同一なら電話番号を表示しなさい」
というような、複数の検索値を持つ事はできないのでしょうか?

参考になるURLなどでも結構ですので、ご存知の方よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

元の表をA列に会社名、B列に住所、C列に「=A2&B2」、D列に電話番号のようにして
=VLOOKUP(会社名&住所,$D$2:$C$100,2,FALSE)
のようにすれば可能です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング