プレステ2の一人勝ちに対して、独禁法の規制は及ぶのでしょうか?

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=31603
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商工組合中央金庫に対するBIS規制について

なぜ政府系金融機関の中で、商工組合中央金庫だけがBIS規制の自己資本比率の規制を受けているのですか?

Aベストアンサー

他の政府系金融機関は、自己資本比率の規制対象外なのでしょうか?


こちらを見る限り、「国際業務を行っている銀行は全て」BIS規制の対象のように見えます。
http://www.tradition-net.co.jp/door/door_siten/bis.htm


また他の政府系金融機関の資料を見ますと、特に負債部分についてのリスクウェイトに触れられており、低い評価がなされている旨の記述が見られます。
http://www.dbj.go.jp/japanese/investor/pdf/050125IR_soa_sam.pdf (7ページ目)
http://www.jbic.go.jp/japanese/investor/ir/pdf/2002siryou1.pdf (19ページ目)

従って、
「他の政府系金融機関も、BIS規制の対象とはなっているものの、負債(機関債)のリスクウェイトが国債並に低くなっているため、結果、規制をほぼ問題なくクリアできる」
ということではないかと見るのですが、如何でしょうか。


もし不勉強が故、上記理解が誤っているようであれば、お手数お掛けして大変恐縮ですが、その旨補足いただけると幸いです。。。

他の政府系金融機関は、自己資本比率の規制対象外なのでしょうか?


こちらを見る限り、「国際業務を行っている銀行は全て」BIS規制の対象のように見えます。
http://www.tradition-net.co.jp/door/door_siten/bis.htm


また他の政府系金融機関の資料を見ますと、特に負債部分についてのリスクウェイトに触れられており、低い評価がなされている旨の記述が見られます。
http://www.dbj.go.jp/japanese/investor/pdf/050125IR_soa_sam.pdf (7ページ目)
http://www.jbic.go.jp/japanese/investor/ir/p...続きを読む

Q規制と規制緩和

日本における規制と規制緩和について教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

カテゴリーが「経済」で「規制」と「規制緩和」というお題なんですネ。
想像するにレポートか何かなのかなっていう感じもしますが。
とりあえずは概略として述べてみますネ。
「規制」は「許認可」ということですネ。
大臣権限や地方委譲による都道府県知事権限,或いは政令都市の市長権限といった「業許可」や「品目許可」,或いは「承認」というものが必要とされるものが「規制」です。
様々な独占職業;医師・歯科医師・薬剤師・看護士といった医療関係,弁護士・弁理士・司法書士といった法律関係,不動産鑑定士・土地家屋調査士といった土地関係等の国家資格も一種の規制となります。
こういった規制は必要不可欠なものであると言えるでしょう。
許認可が必要な業種は沢山ありますネ。
これらも一定の施設基準や人的要件を満たすものだけが,その業を行なう許可を受けるものですから,ある程度の規制が必要であろうと思われます。
そうでなければ昨年話題となったネットショップで購入した無承認・無許可医薬品による死亡例のようなことになってしまうのですネ。
規制が強くかかりすぎると,業界の発展は阻害されますネ。
規制が強すぎると外部からの新規参入ができなくなってしまい,消費者には不利益が生じてしまいます。
日本は高度成長期以降,許認可の枠組みの中で,いわば独占の保護を国にしてもらって伸びてきましたネ。
けれども,現在の世界情勢から考えると,不必要な過剰な規制は国際競争力をなくし,国力を弱める原因となっているといえるでしょう。
この数年で多くの法律が大改正されていきます。
多くは規制緩和を主眼においたものであり,業界の再編成を促すような内容となってきますネ。
ただ,規制緩和というのは国民が自らの身は自らが守るということが前提となりますので,今後は多少の混乱が起こることも考えられます。
もう少し,どの分野に対するご質問か等を書かれれば,ご希望の回答が寄せられるかもしれませんネ。
以上kawakawaでした

カテゴリーが「経済」で「規制」と「規制緩和」というお題なんですネ。
想像するにレポートか何かなのかなっていう感じもしますが。
とりあえずは概略として述べてみますネ。
「規制」は「許認可」ということですネ。
大臣権限や地方委譲による都道府県知事権限,或いは政令都市の市長権限といった「業許可」や「品目許可」,或いは「承認」というものが必要とされるものが「規制」です。
様々な独占職業;医師・歯科医師・薬剤師・看護士といった医療関係,弁護士・弁理士・司法書士といった法律関係,不動...続きを読む

Q規制緩和と規制改革

規制緩和と規制改革の違いがわからないです。
ご存知の方教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

規制緩和は、規制されていたものを緩めることです。
規制改革は、実情に合わせて規制の内容を変更することです。ですので、必ずしも緩和されるとは限りません。

たとえば、最近の駐車違反の厳罰化、一般に厳罰といわれていますが規制緩和の部分もあり、住宅街などの地域では、一律の駐車禁止を解除したところもたくさんあります。
しかし、逆に主要道路など、違法駐車影による響が大きいところは、問答無用で取り締まるようになりました。これは規制強化ですね。

両方合わせて、規制改革です。

Q中国の勝ち

中国がアジア何とか銀行(AIIB?)ってのを作っててそれにフランス、ドイツとかも加わってて日米のアジア何とか銀行の方が終わりそう。
やっぱ欧は中国寄りか、中国経済は危ないとかネトウヨが騒いでいるが
終わりなのは日本なのでは?
中国は領土問題でちょっかい出してきて嫌いだけどもう経済的には負けだな

情けねぇ

Aベストアンサー

(1) 今年発足予定のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、資本規模が500億ドル、または増額して1千億ドルを目指すという。一方、アジア開発銀行(ADB)のそれは1650億ドルだから、ADBの方が大きい。
アジアは経済発展中で旺盛な資金需要があり、ADBもAIIBも大車輪で仕事をしていくだろう。2つあってもまだ足りないくらいであり、「AIIBが発足したからADBは廃(すた)れる」ということはない。

(2) ご存知のように、ADBは日本と米国が主導している(出資比率はそれぞれ15.7%、15.6%)。総裁は代々日本人(大蔵官僚出身者など)が務めてきた。
米国は中国主導のAIIBを警戒しているようだが、イギリス・フランス・ドイツ・イタリアなどは参加するという。オーストラリアもその方向かも知れない。
これは、米国の制止を振り切ってまで中国主導の金融機構に加わり、中国に恩を売って、「人民元オフショア市場」を自国に誘致したいという思惑もあるらしい。

オフショア人民元 基礎知識 ‐ 三菱東京UFJ銀行
http://rmb.bk.mufg.jp/offshore_rmb/
〔引用開始〕
中国人民元の場合、2009年半ばまでは中国本土内(オンショア)でのみ人民元決済が行われていました(オンショア人民元市場)が、その後、中国本土外(オフショア)での人民元決済が段階的に認められ、香港を中心としたオフショア人民元市場が発展してきたため、現在はオンショア人民元市場、オフショア人民元市場が共存する形となっています。
〔引用終り〕

ロンドンやフランクフルトにオフショア人民元市場が立ち上がれば、チャイナマネーが流れ込んで来るわけだ。オイルマネーならぬチャイナマネーである。

(3) よく知られているように、公経済よりも私経済の方が何倍も規模が大きい。
ADBやAIIBは、いわば半公半私である。資本については参加国政府が出資するので「公」だが、仕入れは主に民間からである。「ADB債」などを発行して、市場から集めたお金を、途上国に貸し出すわけだ。ADB債というのは、私たち一般人も証券会社などで買える。
そして、アジアの貿易や資金需要(私経済)は、ADBやAIIBの資金の何倍も規模が大きい。中国の狙いもそこにあるだろう。AIIBをテコにして、人民元建てで商売できるようになるのが悲願だろう。
自国通貨建てで貿易できるなら、メリットが大きい。たとえば米国はドル建てで外国と取引できるから、外貨準備を持つ必要がない。

(4) 翻(ひるがえ)って日本を見れば、巨額の外貨準備を積んでいることからも分かるように、まだまだドル建てで取引することが多い。それでも、アジア相手の取引では円建て決済も増えて来た。
そこに近々登場しようとしているのが、AIIBである。(1)で述べたように、ADBは廃れないだろうが、(3)で述べたように、円より元の方が幅を利かす世の中になっていくかも知れない。
ネトウヨエコノミクスによれば、円に対する信頼は世界的に絶大だが、人民元などは誰も(中国人でさえも)欲しがらないという。しかし、それはネトウヨの妄想に過ぎず、実社会ではリスクに対してはリスクプレミアムを乗せて、大量に売り買いしているのだ。通貨自体も売り買いの対象である。

ただし、中国にも課題が突きつけられるだろう。AIIBやオフショア市場で西欧との関係が深まれば、中国に対して、人民元政策の透明性を高めるように要求していくに違いない。これは米国の意向とも一致している。
要するに、中国は世界デビューしていくわけである。

(1) 今年発足予定のアジアインフラ投資銀行(AIIB)は、資本規模が500億ドル、または増額して1千億ドルを目指すという。一方、アジア開発銀行(ADB)のそれは1650億ドルだから、ADBの方が大きい。
アジアは経済発展中で旺盛な資金需要があり、ADBもAIIBも大車輪で仕事をしていくだろう。2つあってもまだ足りないくらいであり、「AIIBが発足したからADBは廃(すた)れる」ということはない。

(2) ご存知のように、ADBは日本と米国が主導している(出資比率はそれぞれ15.7%、15.6%)。総裁は代々日本人(大蔵...続きを読む

Q中心市街地活性化法・改正都市計画法・大店立地法が施行されて

中心市街地活性化法・改正都市計画法・大店立地法が施行されて地方自治体・流通業者が上記法案を利用し開発した街・店舗と言うのが有ると思います。

その計画から実施までの計画書のような物を閲覧したいのですが、どこで見られるのでしょうか?

Aベストアンサー

 それらの事業は国の補助を受けて実施している場合があり、都道府県の商工担当が自治体からの事業申請関係の窓口となっています。

 関係書類の閲覧は、都道府県の担当課で閲覧をさせてもらう方法と、都道府県の担当課から自県内の事業実施自治体を紹介してもらい、実際に事業を実施した自治体に出向いて、現場視察と書類を見せてもらう方法があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報