お酒好きのおしりトラブル対策とは

ふと思いついたことなのですが質問させてください。
例として、9月1日から有効の山陽新幹線(自由席)→小倉駅でソニック号(自由席、乗継割引)を想定します。
自由席特急券は有効期間2日なので、新幹線に乗る日が9月1日だろうが9月2日だろうが乗継割引は適用されるように思います。

質問1:この場合、9月1日に新幹線に、2日にソニック号にという使い方では乗継割引のルール違反ですが、券面だけでは使用可能であるかのように思ってしまうような気がします。
ところで、特急券にこのケースは使用不可能であると明記されているのでしょうか?

質問2:もし新幹線(指定席)→ソニック号(自由席)という使い方ならば、自由席特急券には乗継割引のルールから『9月1日から2日間有効』ではなく『1日間有効』と明記されているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

乗継割引は在来線の特急券の値段を半額とする制度です。

詳細はご存じでしょうから割愛します。

さて、自由席特急券でも乗継割引は当然適用されます。
この時、乗継割引は単に自由席特急券を半額としたに過ぎません。

このため、乗継割引の適用とならない乗り継ぎ、例えば新幹線から翌日の在来線のケースでは、購入時に乗継割引となりません。
しかし、当日乗継の在来線で購入した場合でも、自由席特急券の有効期間が2日間であるため、翌日の利用も可能となります。

このように、購入時には乗継の条件を満たさないと乗継割引として発売しませんが、発売後の乗継割引の自由席特急券は、有効期間を1日としていないため、乗継割引であっても自由席特急券の効力は翌日に及びますから、翌日であっても利用できます。当然、翌日の変更や払い戻しも可能です。

この点については、割引きで発券する条件と、購入後の使用条件に相反しますが、規則上から割引きの自由席特急券の有効期間を制限できませんので、ご質問の場合、翌日であってもソニックに乗車できます。ただし、翌日乗り換えで購入した場合は乗継割引にはなりません。
自由席同士の乗り換えで乗継割引の場合など、先乗列車の利用日の特定が困難であることから、JRでもこのような発売条件と使用条件の相反は仕方のないこととしています。乗継割引の自由席特急券の有効期間を1日に制限するなどはしていません。
また、通常、九州新幹線関係を除き、乗継割引の特急券を1葉で出すことはありません。2枚の特急券の両方に継割と印字されます。

購入時に乗継の日を偽って申告して購入した乗継割引の特急券を利用することは不法行為となりますが、都合で申告日以外の有効期間内に利用することは仕方ありません。
ただし、このような虚偽の申告により購入するケースは相当数あると想像できますし、そのことは正当な購入者に対しての公平を著しく欠くものですから、JRとしては規則を改正すべきでしょう。

ちなみに、旅客営業規則第57条の2についてですが、「有効期間の開始日」と「有効期間」によって利用できる日程が確定されます。従って、「有効期間の開始日」を「先乗列車の有効期間の開始日」として発売した自由席特急券(2日間有効)は、開始日とその翌日に利用できます。「開始日」と「有効期間」はイコールではありません。
なお、この点はANo.7として寄せられた回答に対する議論を要求するものではなく、解釈を説明したものとご理解ください。
    • good
    • 0

自由席→自由席の乗継割引について



新幹線→在来線、在来線→新幹線、
どちらからでも同じで事です。
どちらの切符も2日間有効となっています。
乗継割引は
新幹線→在来線:当日
在来線→新幹線:当日または翌日
となっています。

新幹線→在来線の場合、
自由席だと後から使う方の切符が
2日目迄に使い始めれば
降りる駅が3日目になってもかまいません。

在来線→新幹線の場合、
自由席だと後から使う方の切符が
3日目迄に使い始めれば
降りる駅が4日目になってもかまいません。

これは抜け道でも、間違った使い方でもなんでもありません。
堂々と使ってください。
また乗継特急券は1枚で発行されるは、今のところ間違いです。
近い将来は1枚になるかもしれませんが、
それでも発行形態だけの問題であり効力とは全く関係ありません。

乗継駅で下車して宿泊を伴う観光に充てる事も可能です。
    • good
    • 0

No.6さんの回答は、解釈を間違えています。



(2) 乗継ぎをする後乗列車の急行券の有効期間の開始日(指定席特急券及び立席特急券にあっては、当該特別急行列車の乗車日。以下この条において同じ。)を先乗列車の急行券の有効期間の開始日の当日又は翌日とする場合。ただし、前号イの場合で、新幹線の特別急行列車を先乗列車とするときは、後乗列車の急行券の有効期間の開始日を先乗列車の特別急行券の有効期間の開始日とする場合に限る。

要約すると、新幹線から在来線に乗り継ぐ場合、「後乗列車の急行券の有効期間の開始日を先乗列車の特別急行券の有効期間の開始日とする場合に限る。」即ち、有効期間の開始日でなければならないと明記されています。
    • good
    • 0

乗り継ぎ割引の旅客営業規則第57条の2 によると、


「新幹線の特別急行列車を先乗列車とするときは、後乗列車の急行券の有効期間の開始日を先乗列車の特別急行券の有効期間の開始日とする場合に限る。」
とあります。
つまり、有効期限の開始日は同じ日にしなければならないと書いてあります。
別に同じ日に乗らなければならないとは書いてありません。

参考URL:http://www.jreast.co.jp/ryokaku/02_hen/02_syo/07 …
    • good
    • 0

乗り継ぎ特急券は、原則1枚券で発券されます。


従って証拠が残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

特急券って通しの料金になる場合以外は列車ごとにあるものだと思っていたので、乗り継ぎで1枚券になるのはリレーつばめと九州新幹線の乗り継ぎだけだと思っていました。
山陽新幹線でも1枚券になっているとは知りませんでした。

お礼日時:2007/09/01 21:55

9月1日乗車の時、ソニックは当日のみ乗継割引があります。


但し、新幹線特急券及び乗継特急券は通用が2日間あります。
9月2日も使用できますが、両方とも当日です。
逆の時もあります。在来線から新幹線利用の時、在来線は前日でも
乗継割引になります。
    • good
    • 0

 切符上の表記がどうあれ、ルール違反はやめましょうね。


 時刻表のピンクページに明記されているとおり(ってか、質問者さんも先刻ご承知のようですが)『新幹線→在来線の乗継割引は、同日のうちに乗り継ぐのが条件』ですから、それに従うのが常識ある人間というものです。
 「切符に証拠が残っていなければ、どんな使い方をしてもいい」といのは、正しく旅と鉄道を愛する者からは到底なし得ない発言です。
 わからなければ平気だと、みんながルール違反を犯すようになれば、青春18きっぷが1券片にされてしまったように、いつJRがルール改正して『乗継割引』制度そのものを無くしてしまわないとも限りませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに購入する時には当日中に乗り継ぐようなことを窓口氏に言って購入するはずなので、それと違う乗り方はできませんね。

しかし、質問2のように、1日しか有効でないのに2日有効と書くのもおかしな話だなぁと思うのもまた事実です。

お礼日時:2007/09/01 21:51

No.1です。

すみません。ご質問を一部見落としていました。

新幹線も自由席なんですね。そしたら自由席特急券は9/2利用開始でも乗継割引が適用されると思いますよ。ただ窓口で「それは適用になりませんねぇ」とか言われることがあるような気もしますけど。
とりあえず新幹線自由席特急券:9/1開始、在来線自由席特急券9/1開始にしておいて、
(1)新幹線を9/1に乗って小倉で途中下車後、在来線を9/2に乗る。
(2)新幹線、在来線ともに9/2に乗る。
の2パターンはOKです。発券後は切符に書かれているルール内であればどのようにでも使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
購入時に経路って指定しますよね、そういえば。
窓口氏に質問1のような乗り方を指定すると乗継割引の特急券を発券しないわけですから、一種の契約違反ということにもなりますね。

お礼日時:2007/09/01 21:11

こんにちは。



回答1&2

営業規則をここに並べると読むのだけでも大変ですから割愛して、今回の解釈の仕方を述べたいと思います。

まず自由席特急券は基本的に2日間有効です。乗り継ぎ割引適用の場合も2日間有効の旨が表記されます。
「新幹線→在来線を指定された駅で当日内に在来線特急に乗り継ぐ場合は特急券が半額」という決まりがあるために、自由席特急券の使用開始日が新幹線の乗車日と一致しなくてはならないだけです。ですから9/2を開始予定日すると割引適用にはなりません。
9/1開始の乗継割引適用の自由席特急券は9/2から使用できます。ただし、その場合は9/2当日しか有効になりません。
ルール違反なのではなくて抜け道があるだけです。切符に2日間有効書いてある以上有効期間内に使えば問題ありません。

よっぽど全車指定の列車に指定券無しで乗り込んで、車掌に510円払ってデッキに立つのといったよくある行為の方がルール違反です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乗継割自由席特急券を車内で指定席に変更する場合は?

いったん乗り継ぎ割り引き特急券を自由席で購入していたとします。その後車内が満席だったので指定席にしたい場合、差額はいくらでしょうか?

510円?その半額?割引無効?どれですか?

Aベストアンサー

まず特急券は指定席が基本で、指定席特急料金=自由席特急料金+指定席料金(510円)は正確ではありません
また割引対象特急が先乗列車か後乗列車かでも変更の扱いが変わってきます

(1)変更が認められず割引自由席特急券を払い戻しの上、無割引の指定席特急券を改めて購入
(2)変更は認められるが乗継割引が認められず、割引自由席特急券から無割引の指定席特急券へ差額精算
(3)変更も乗継割引も認められ、割引自由席特急券から割引指定席特急券へ差額精算(510円の半額ではないので、250円と260円の場合があります)

新幹線→特急乗り継ぎ(後乗列車)の特急車内精算の場合は(1)の扱いを、
特急(先乗列車)→新幹線乗り継ぎの場合は(2)の扱いを受けても文句は言えません

ただし車掌の判断で(3)となる場合はありますし、
特にJR西日本、四国、九州では乗継割引を拡大解釈して行っていますのでその地域の場合は(3)となるでしょう
JR東海や東日本では質問のような変更の経験がないので何ともいえません

なお今回の件で510円の精算となることは考えられませんが、
車掌が割引の自特急券を普通の自特急券と勘違いして指定券変更した場合はそうなるかもしれません

まず特急券は指定席が基本で、指定席特急料金=自由席特急料金+指定席料金(510円)は正確ではありません
また割引対象特急が先乗列車か後乗列車かでも変更の扱いが変わってきます

(1)変更が認められず割引自由席特急券を払い戻しの上、無割引の指定席特急券を改めて購入
(2)変更は認められるが乗継割引が認められず、割引自由席特急券から無割引の指定席特急券へ差額精算
(3)変更も乗継割引も認められ、割引自由席特急券から割引指定席特急券へ差額精算(510円の半額ではないので、250円と260円の場合があ...続きを読む

Q東京→京都1泊→金沢に行く場合、新幹線乗継割引は受けられるでしょうか?

東京→京都1泊→金沢に行く場合、新幹線乗継割引は受けられるでしょうか?


新横浜→(新幹線のぞみ指定席)→京都(一泊)→(特急サンダーバード 自由席)→金沢(2泊)→(特急はくたか、越後湯沢乗り換え 新幹線MAXとき)→大宮→(埼京線)→新宿

のコースで旅行の予定です。

新横浜からその日のうちに金沢に行く場合、乗り継ぎ割引でサンダーバードの指定席券が1410円になるのですが、一泊するので使えません。

「サンダーバードの自由席」は、「有効期間2日間」だったと思うので、次の日も乗れるような気がするのですが。のぞみの指定席を買ったら サンダーバードの自由席は有効期間は1日だけになるのでしょうか。

また、のぞみを自由席にした場合、どちらの切符も有効期間2日間で サンダーバードには1日目に乗ろうが、2日目にのろうがかまわない気がするのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

乗継割引で発売される後乗の在来線の自由席特急券は有効日数2日間と、単独で購入した場合と同じです。

従って、乗継割引は先乗の新幹線から同日に乗り継ぐ場合のみ発売されますが、購入後のきっぷの有効日数は、きっぷ記載の通りになります。
すなわち、新幹線の特急券と乗り継ぐ在来線の特急券は同じ日のものでなくてはなりませんから、「今日の新幹線と今日の在来線特急」といって購入すれば乗継割引となります。このとき購入した特急券の有効期間は、それぞれのきっぷに記載されている日数となりますので、在来線特急は実質翌日であったとしても利用できます。
新幹線・在来線とも自由席の場合、購入した両者の特急券の有効開始日(同じ日です)の翌日に新幹線・在来線特急とも利用することもできます。

この乗継割引の発売条件と購入後の使用条件の不一致は、昔からよく話題にされますが、実際問題としては当日乗り換えと申告して乗継割引で購入し、サンダーバードは翌日の利用でも構いません。

これは、乗継割引だからと行って自由席特急券の有効日数を1日にしないために発生する、いわゆる「裏技」に相当するもので、ここではその扱いの是非を言及することはしません。
実際のご利用の場合、当日乗り換えと申告して乗継割引で購入し、実際には翌日の在来線特急自由席に乗ることが可能です。翌日乗り換えと申告した場合、乗継割引が適用されることはありません。

例えば青森駅から新潟駅まで鉄道を利用する場合、6時4分発の特急いなほ号新潟行きを利用する場合は自由席特急料金が2420円ですが、9時57分発の特急かもしか号秋田行きで秋田でいなほ号に乗り換える場合の自由席特急料金はそれぞれの特急の1680円と1890円の総額3570円が必要になるなど、列車によって特急料金が異なることとなります。
このように、全てが経済的に合理性を持っているわけではありませんので、当日乗り換えで乗継割引を購入し、翌日の「サンダーバード」をご利用ください。

なお、旅客営業規則では新幹線から在来線に当日乗り換える場合で、両方の特急券を同時に購入する場合に、乗継割引として発売すると定められています。
しかし、発売された乗継割引の特急券の有効期間は、それぞれの特急券に記載されているとおりとなりますので、規則上は在来線の自由席の場合、新幹線利用の翌日にご利用になる事も可能ですし、実際に翌日でもご利用になる事ができます。

乗継割引で発売される後乗の在来線の自由席特急券は有効日数2日間と、単独で購入した場合と同じです。

従って、乗継割引は先乗の新幹線から同日に乗り継ぐ場合のみ発売されますが、購入後のきっぷの有効日数は、きっぷ記載の通りになります。
すなわち、新幹線の特急券と乗り継ぐ在来線の特急券は同じ日のものでなくてはなりませんから、「今日の新幹線と今日の在来線特急」といって購入すれば乗継割引となります。このとき購入した特急券の有効期間は、それぞれのきっぷに記載されている日数となりますので、在...続きを読む

Q自由席から指定席への変更

JRの特急で、
車内で車掌さんに申しつけて、
自由席券で指定席との差額を払って、
指定席にのることほできますか?

きっぷは、1回しか変更はできないですが、
1度変更したきっぷでそのようなことは、
できないですか?

Aベストアンサー

出来ます、しかし空いている指定席を指定されると思いますので、後の駅からそこの指定券を持った客がきたら席をゆずらなければならないですけど、その場合はまた空いている指定席に移動してもかまいません

基本切符の変更は一回ですが、一度指定券の差額を払ってしまえば、同じ列車に乗っているかぎりどこの席に移ろうがかまいません。

Q新幹線指定席の時間の前に自由席はOK?

タイトルどおりです。たとえば指定席13時に予約していて、7時の自由席に座るのはOKなのでしょうか?
ルール上OKなのかどうか?というのがひとつと、到着後、乗車時間前だから改札通るときに通れない、なんてことないでしょうか?

Aベストアンサー

問題無いかと思います。
改札を通る際に、どこの席に座っていたかなど分かるはずないし。乗車券と特急券さえあれば出れるはずですよ。

Q特急と特急の乗り継ぎの場合の、特急券購入は常に2枚必要?

 特急と特急を乗り継ぐ場合には、それぞれの列車について、特急券を購入することが必要かと思います。
 しかし、最初に乗った特急が、目的の駅を通過してしまうため、目的の駅に停車する後続の特急に、途中駅で乗り換えた場合にも、
後続の特急のための特急券を別途新たに購入することが必要なのでしょうか?(やむをえない場合なので、何らかの救済措置があるかなと思い・・・)。

具体的には、大阪発の最終列車であるサンダーバード49号で、武生駅に降りたいのですが、当列車が停車しないので、敦賀駅で後続のしらさぎ63号に乗り換えて、武生駅に降りたいです。
そのときには、特急券は2枚、購入が必要なのかなと。詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

特急券はそれぞれに必要です。

残念ながら救済措置はありません。
途中で事故などによる遅れが生じたようなケースではあり得ますが、通常の運転状態では残念ながらしらさぎ号の特急券を別途購入することになります。
地域によっては極めて近距離の自由席特急料金を安く設定していることもありますが、敦賀~武生にはそのようなこともありません。

自力での救済措置は
・京都まで在来線に行きます。
・京都21:19のこだま594号で米原へ(米原着21:41)
・米原21:59のしらさぎ63号で武生へ
新幹線は自由席を利用して特急料金950円(指定は2190円~普通車全車自由ですので参考まで)。
新幹線と同時にしらさぎ号の特急券を買えば特急料金半額なので
自由席は570円、指定席は830円(通常期)。

このように、新幹線の隣駅までの自由席に設定されている特定料金と、米原で新幹線から在来線の特急に乗り継ぐ時に在来線が半額となる乗継割引を併用することで、安くあげることができます。乗継割引の場合は新幹線としらさぎの特急券を同時に購入してください。自由席・指定席の組み合わせは自由に選択できますので、新幹線自由としらさぎ指定でもOK、両方自由でもOK、両方指定はこだま号に指定席がないので今回は選択できませんがOKです。
この方法なら、もう1つ後のしらさぎ65号も利用できます。

京都駅までの在来線の約30分を許容できるかによりますが、新大阪から新幹線で米原に出てしらさぎ号に乗り継いでも割引きとなります。
この場合、新大阪~米原の新幹線自由席は2410円(指定席はこの時間帯こだま号にはありません)となりますので、値段によって検討してみてもいいでしょう。
ちなみに、米原までひかり号でも乗継割引は適用されます。

ところで、敦賀駅から武生駅までしらさぎ63号の8分後に出る普通列車を選択しても敦賀~武生は「30分」かかりますから、京都まで新快速で行っても敦賀から普通電車に乗るのも大差ありませんね。
大阪での滞在時間を延ばしたい場合などに検討してみてください。

特急券はそれぞれに必要です。

残念ながら救済措置はありません。
途中で事故などによる遅れが生じたようなケースではあり得ますが、通常の運転状態では残念ながらしらさぎ号の特急券を別途購入することになります。
地域によっては極めて近距離の自由席特急料金を安く設定していることもありますが、敦賀~武生にはそのようなこともありません。

自力での救済措置は
・京都まで在来線に行きます。
・京都21:19のこだま594号で米原へ(米原着21:41)
・米原21:59のしらさぎ63号で武生へ
新幹線は自由席...続きを読む

Q新在乗継割引適用の特急券の買い方

(1)新幹線の指定席特急券を既に持っている場合、みどりの窓口で
 それを提示(提出?)して連絡する在来線特急券を購入すれば、
 乗継割引が適用された記憶があるのですが、あってますか?
 時刻表には「同時にお求めの場合に限り」とあるのですが・・・
 一旦キャンセルして改めて同時購入した扱いだったのなら、
 払戻手数料がかかるはずですが、そんな記憶はないんです。

(2)上記が可能な場合、その新幹線の指定席特急券がJR東日本の
 えきねっとで購入したものでも大丈夫でしょうか?
 具体的には、はやてとスーパー白鳥(自由席)の乗継で、
 JR東日本のみどりの窓口を利用します。

Aベストアンサー

(1)規則上は質問者様ご認識の通り、乗継割引は特急券を同時購入することが必須条件(本来はその区間の乗車券も同時に購入するか提示する)ですので、新幹線の特急券を提示して乗継割引を適用させることはできません。これが大原則となります。
但し、両者の特急券を同時に購入しようとしたが、満席あるいは発券窓口の事情等で片方しか発売できない場合は、その旨証明してくれ(券面に「乗継請求」と言う印を押す)、その証明があれば単独でも乗継割引特急券が購入可能です。

また、どんな規則でも例外はあり、事情を確認してやむをえず同時に購入できなかったと判断できる場合に限って、単独で乗継割引券を発売することもありえることにはなっています。
しかし、これは規則に無知で一緒に買っていなかったとか、上で乗継請求の証明されるべきケースでされていなかったなどの事例の場合でも救済できるようにする為の「内規」で、誰でもいつでもやってもらえるとは限りません。かつては多くの駅でこれを根拠に乗継割引券単独の発売が横行していたこともありましたが、現在ではこのような発売は本当に「やむを得ない」場合に限定しているようです。
従って、頼んでみることは無駄ではないですが、「不可」と言われることも多いと考え、その場合に逆切れ等をしないようにお願いします。以前可能だったのと同じ状況で今後も同様に扱ってもらえるとは限らないとお考え下さい。

(2)原則が上で述べた通りですので、単独で乗継割引が買えるとは考えない方がいいでしょう。
なお、えきねっとで予約して券売機で引き取った場合は、「えきねっと割引」が適用されているはずです。その場合、えきねっと割引と乗継割引の組み合わせそのもができないことになっていますので、えきねっと割引が適用されていた場合は、どのように交渉しても乗継割引を単独で購入することはできません。
一旦払い戻して、両者同時に購入するか、在来線特急を無割引で購入するかのどちらかになります。
えきねっとの場合は諸条件を確認して購入したという建前があるので、(1)で説明したような例外的取扱はありません。
http://jreast.eki-net.com/guidance/shiteiseki/waribiki/index.html
「えきねっと」でお申込みいただいたJR東日本の東北、山形、秋田、上越、長野の各新幹線指定席特急券を、JR東日本の指定席券売機でお受取りいただいた場合に「えきねっと割引」が適用されます。

http://eki-net.okweb3.jp/EokpControl?&tid=10825&event=FE0006
新幹線と在来線の特急列車を乗り継ぐ場合で、在来線の特急料金に乗継割引をご利用になる場合は、「えきねっと割引」はご利用いただけません。

※ 「新幹線を201km以上+乗り継ぐ在来線特急列車を自由席で50kmまで」でご利用いただく場合は「えきねっと割引」をご利用いただいた方が低額となります。

(1)規則上は質問者様ご認識の通り、乗継割引は特急券を同時購入することが必須条件(本来はその区間の乗車券も同時に購入するか提示する)ですので、新幹線の特急券を提示して乗継割引を適用させることはできません。これが大原則となります。
但し、両者の特急券を同時に購入しようとしたが、満席あるいは発券窓口の事情等で片方しか発売できない場合は、その旨証明してくれ(券面に「乗継請求」と言う印を押す)、その証明があれば単独でも乗継割引特急券が購入可能です。

また、どんな規則でも例外はあり、...続きを読む

Q東京都区内での途中下車(東京を通過する乗車券所持)

例えば、京都~水戸(東京経由)の往復乗車券を持っているとします。
東海道新幹線を東京まで利用し、まず東京駅で途中下車します。
それ以降、東京都区内での途中下車はどのようなルール・範囲で可能になるのでしょうか?

(1)経路が重複しない一筆書きなら可能ですか?
   [例1]→東京→秋葉原→代々木→新宿→上野の順に、それぞれ途中下車。
(2)品川~東京間を1度目は新幹線で(品川→東京)、2度目は山手線(東京→品川)で通って、時計回りに山手線を使い上野まで行くことは可能ですか?
   [例2]→東京→品川→上野の順に、それぞれ途中下車。
(3)もしくは、東京都区内は、上記のような経路の重複に拘らず、自由に途中下車可能なのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #1です。
 補足を拝見いたしました。
 
 東京・品川で途中下車されたいとのことですね。
 そうしますと、東京⇒品川だけではなく、品川⇒東京も必要となります。
 と言いますのは、東海道新幹線で東京まで来た時点で、京都市内⇒水戸の乗車券は東京駅まで利用済みとなるからです。
 よって、東京から品川までの移動、及び品川から上野(東京)までの移動とも乗車券が必要になるということになります。なお、別途品川⇒東京の乗車券をお求めになった場合には、品川から山手線・京浜東北線で上野まで直接移動(新橋・秋葉原経由)することが可能です。

Qサンライズ瀬戸の1階と2階の乗り心地

サンライズ瀬戸の1階と2階の乗り心地は違いますか??
夫婦で3歳と4歳の子供を添い寝で旅行しようと考えています。プランはサンライズ瀬戸に乗車する予定です。予約取りですが、サンライズツインが予約出来れば問題ないのですが、禁煙ツインは2部屋しかなく、無理かも知れません。
そこでシングルを2部屋取り、子供を1人づつ添い寝しようかと考えています。鉄道には詳しくない私ですがシングルには1階2階があるという事は調べました。
そこで、サンライズ瀬戸の1階と2階の乗り心地は違いますか??
1階2階の乗り心地に特徴/クセなどがあればなんでも知りたいと思っています。アドバイス等もあればよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

今年に3回乗車しましたが
1階の方がやはり揺れが少ないです。
ただ1階2階以前にもっと重要なのは台車の上で無いと言うことだと思います。
台車の上だと当然2つの台車の間の部屋より強い横揺れが起こりやすいです。
シングルには1階、2階、平屋(通常の列車の高さ)の部屋があります。平屋は天井が高いですが、車両の端にあるので揺れやすいです。
シングルツインは何人まで使えるかは分かりませんが、2段ベットでしかも部屋が狭い(シングルと同じ)広さのでお勧めできません。
ソロでは添い寝はほぼ不可能です。

たばこのにおいが苦手でしたら、6、13号車の洗面台、トイレの利用はお勧めしません。その車両のデッキ付近は他の車両と違い結構臭いです。
個人的には1,7、8,14号車がお勧めです。
モーターがついているのは3,5,10,12号車ですのでこれらの車両は間に1両は挟んでいるので特に静かです。
よってノビノビ座席の車両のシングル平屋は避けるべきです。

また各へやのベットのサイズは
シングル70cm(足側は立つスペースを確保するため10cmほど狭くなっています。)
ツイン75sm(同様に足側は10cmほど狭くなっています)
ソロ70cm(足側が15cmほど狭くなっています。)

実際に家で、このサイズに寝られるか計ってみてください。
大丈夫だとは思いますが。

なおシングルはベット頭側3分の2のとなりは荷物置き場になっているので、添い寝してもベットから落ちることはないと思います。
ツインはベット幅が少々広いですが通路があるので壁側にお子さんを寝かせると良いと思います。

シングルは部屋数が多いのでお盆、年末年始でない限り指定席発売日に買いに行けば好きな位置をくっついてまたは向かい合わせで取ることができます。

下のページを見ても分かるように番号の振り分け方からサンライズのシングルの2階でといっても駅員の方が分からない可能性もありますので、下のページの部屋の位置を印刷していくと良いかと思います。
(以前車両の中央で2階が良いので25番を指定したところ、これは車両の端になりますといわれたので、駅員の方は番号から部屋の位置を推測するのは難しいのだと思います。)

http://members.at.infoseek.co.jp/pre_m/ec285/clown.html
部屋の番号、位置はこちらで分かります
http://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_285.html
部屋の写真はこちらがよいと思います。

今年に3回乗車しましたが
1階の方がやはり揺れが少ないです。
ただ1階2階以前にもっと重要なのは台車の上で無いと言うことだと思います。
台車の上だと当然2つの台車の間の部屋より強い横揺れが起こりやすいです。
シングルには1階、2階、平屋(通常の列車の高さ)の部屋があります。平屋は天井が高いですが、車両の端にあるので揺れやすいです。
シングルツインは何人まで使えるかは分かりませんが、2段ベットでしかも部屋が狭い(シングルと同じ)広さのでお勧めできません。
ソロでは添い寝はほ...続きを読む

Q特定特急券とは?

特定特急券とは?
本日岡山駅で岡山→広島間の新幹線自由席特急券を買ったら、題字(っていうのかな?)の部分に
「新幹線自由席特急券/特定特急券」とありました。何らかの企画切符でもないし、特定区間でもないと思うのですが、一体この「特定特急券」とはどういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「のぞみ」があるための表示になります。
「のぞみ」には3両の自由席がありますが、
「自由席特急券」では乗車出来ないことになっています。
「のぞみの自由席」には「特定特急券」が必要となり、
この表示がなかったり特急券(指定席利用は単なる特急券と言います)で、
「のぞみ」を指定していなければ「のぞみ」に対しては無効となります。
自由席特急券も特定特急券も同額ですし、
「のぞみ」の自由席にわざわざ「特定自由席」と言うような表現もないので、
混乱してしまいそうですが、
みどりの窓口などで自由席特急券購入に際して、特に説明する内容でもありません。

東海道山陽新幹線の自由席特急券を窓口や自販機で購入した場合は
必ず「特定特急券」の表示があります。


特急券のセットされたフリー切符類はほとんど、「のぞみ」に乗れないことになっていますが、
大衆化されても「のぞみ」はあくまでも特別扱いの考えは継続されているようです。

よく金券ショップで自由席特急券がセットされた回数券のバラ売りがあり、
東海道山陽新幹線用については」「ひかり・こだま自由席回数特急券」など、
「のぞみ」では使用出来ないことを表示しています。
窓口での購入は「のぞみ」の自由席と他の自由席が同額であっても、
乗車出来ないことになり、
誤って乗車した場合は乗車券部分のみが有効となり、特定特急料金を請求されるとそれに応じることになります。

隣の駅同士や、その制度を実施後中間に新設された駅については
その駅をまたいで2駅間で、自由席利用に限って格安に設定した特急券も
特定特急券と表現されますので、非常にややこしいです。

ちなみに時刻表などの料金運賃案内では、東海道山陽新幹線については
「自由(特定)特急料金」「のぞみ自由席利用の特定特急料金」と記載されています。

「のぞみ」があるための表示になります。
「のぞみ」には3両の自由席がありますが、
「自由席特急券」では乗車出来ないことになっています。
「のぞみの自由席」には「特定特急券」が必要となり、
この表示がなかったり特急券(指定席利用は単なる特急券と言います)で、
「のぞみ」を指定していなければ「のぞみ」に対しては無効となります。
自由席特急券も特定特急券も同額ですし、
「のぞみ」の自由席にわざわざ「特定自由席」と言うような表現もないので、
混乱してしまいそうですが、
みどりの窓口などで自...続きを読む

QJR乗車券のみを前もって購入するのは可能ですか?

JRの乗車券のみを乗車する前(3日ぐらい前)に購入することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

 はい.有効開始日の1ヶ月前からの乗車券を全国すべて「みどりの窓口」,各旅行会社で買うことができます.同様に自由席特急券も1ヶ月前から購入できますし.

 また,乗車券のみでも自由席特急券のみでも購入でき,指定席券とセットである必要もありません.
 (原則的に指定券とセットでないと1ヶ月前から買えない,と時刻表等には書いてありますが「原則」ですのでその辺の融通は利きます)

 なお,乗車券には有効期限がありますので,往復・連続・周遊などが使えたら活用しましょう.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報