私は数年前に横断歩道を青信号で横断中、左折してきた車に当たられました。
運転手は一度降りてきたものの、どちらも携帯を持っておらず近くに公衆電話も
なかったので、とりあえずナンバーを確認してからどうしようかと思っているうちに、その運転手は「警察を呼びますから」っと言って去ってしまい、戻って
来ませんでした。私は腕を脱臼して気が動転していましたが、しばらくして
落ちついてから自分で警察を呼んで現場で状況説明してから病院に行きました。
はっきりした車種は解りませんでしたが、色・形・運転手の顔・ナンバーは
よく覚えていたにもかかわらず軽傷だったためか、その後警察に捜査の進展を
問い合わせても「該当車両はありませんでした」というもので、それでも
何度も問合すと「ナンバーを見間違ったんでしょう。こちらも忙しいので・・」
と言われました。
その後、私が悪かったのだという思いが強くなってきて、今では外出するのも
怖く、精神的にまいってしまい神経科で安定剤を処方してもらって、
なんとか最低限の生活をしています。
今の状況から抜け出すには「あの事故は私が悪いのではなかった」と思えるように
なることが最善策であり、その為にはどうしてもあの時に運転手に会って、
一言謝罪してもらいたいのです。
でも時効が成立していたら、運転手の前に私が姿をあらわすこと自体、相手の
人権を侵害してしまいそうなので、まずは時効が何年か知りたいです。
それと警察が動いてくれないので、上記の情報から運転手を探そうとしたら
どのような方法またはどのような人に頼むとよいでしょうか?
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

刑事事件の時効は,既に回答がありましたが,民事的にも不法行為にあたり,損害賠償請求すべき相手方が不明な状態ですから,事故後10年間は相手を見つけだしても相手に対する人権侵害などにはなりません。



ただ,具体的には難しいですね。

ナンバーが間違いなければ陸運局で登録情報はわかりますが,違っていたら,それ以外に運転者を特定できそうな情報がありませんものね。

事故現場付近で,はり紙をするとか,ビラをまくとかして,目撃者を探すとか,もしよく通っている車だったら知っている人がいるかも知れないから連絡をお願いするくらいしか方法が思い付きません。

あとは,昨今の不祥事連発で,警察は告訴事件には過敏なほど神経を使っていますので,正式に告訴手続きを取られることも考えられます。手抜きをしていただけで証拠があったのであれば,これで多少は捜査が進展するでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく答えて頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/29 01:44

お答えさせていただきます。



>時効が何年か知りたいです。
一口でひき逃げと言いましても、事故の態様により適用される法律が違う場合があるのですが、貴方の場合は業務上過失傷害罪が適用されようかと思われますので、時効は5年です。

業務上過失傷害罪=5年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金(刑法第211条)=公訴時効5年(刑事訴訟法第250条4)

>どのような方法またはどのような人に頼むとよいでしょうか?
弁護士に相談するなどの方法が考えられますが、まずは「警察庁犯罪被害者対策室」に相談されてみてはいかがでしょうか。警察は信用できないとおっしゃるかも知れませんが、犯罪被害者に対する救援活動の必要性を訴える世論が高まっている昨今ですから、無碍な対応はしないと思いますよ。下記「参考URL」を一度ご覧になってみてください。

参考URL:http://www.npa.go.jp/higaisya/toppage.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/29 01:45

残念ながら交通事故のひき逃げの時効はよくわかりません。



文面から察するに警察の対応はあまりいいものとはいえませんね。軽症とはいえ立派な傷害致傷事件ですよね。しかし警察が嘘をいって犯人をかばうわけはないと思います(そう信じたい)から該当車両がないということはやはりナンバーの記憶違いだったのではないでしょうか?

車の色や形について覚えておられるということですから、どなたかに協力してもらって、まずその車の車種を特定されたらいかがでしょう?その辺を走っている車等で車種に詳しい人に同じ車を教えてあげたらどうでしょうか?

ナンバーから車の持主は個人でも調べられますので陸運局に行って申請すれば教えてくれます。それで本当に該当がないかどうかがわかりますよね。

どちらにしても警察が動いてくれない以上気の遠くなるような作業ですが、気持ち的につらいでしょうが元気をだして頑張ってください。

車と接触をした事故なのにあなたが悪いなんてことは絶対にありません。赤信号だったなら別ですが。だから自信を持ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/29 01:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q当て逃げとひき逃げの差は?

「点数と罰金はいくらかかったの?」という質問で当て逃げとひき逃げでは点数等が違うらしい?と回答がありました

どこまでが当て逃げで、どこからがひき逃げか教えてください

Aベストアンサー

当て逃げは物だけが対象

ひき逃げは、人間が対象

無人の自転車に当たって逃げたら単なる当て逃げですが

人が乗っている自転車に当たればひき逃げ

Q友達が酒気帯び運転の同乗者で、 運転手の人は、警察に切符(紙)を渡され

友達が酒気帯び運転の同乗者で、 運転手の人は、警察に切符(紙)を渡されたらしいんですが、同乗者の友達は切符を渡されなかったみたいなんです。 こういう場合、同乗者に後日通知が来たりするんでしょうか?

Aベストアンサー

運転手と同乗者が、共に「飲食」していれば当然「飲酒」を知りえたことになります。

もし「飲食」していなくとも「同乗」の時点で「酒気」の匂いがしているはずですから、無罪になるのは難しいでしょう。

同乗者に対しては「後日」に取り調べがあります。

Qひき逃げの取り消し

警察にひき逃げの手配書を出して相手が捕まったんですけど、それから数日たってからの取り消しは出来るんでしょうか?やっぱり一度手配書で捕まったら取り消せないんでしょうか?
そして取り消し出来ないばわい相手は罰金、点数はどうなるんでしょうか?
自分の怪我は全治5日です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「被害届」なら取り下げ出来るとは思いますが、「ひき逃げ」という違法行為であり、警察がそれを認知して逮捕していれば「取り下げ」という話にはならないように思われます。
まして「ひき逃げ」が事実であれば「取り消し」というのは意味不明です。
「ひき逃げされた」と虚偽の証言をしたということであれば別ですが。

Q借金の時効のその後。  その2

質問としては、

 1 他のC、Dが支払ったり、また返済の意思を示している場合、Bの子供に対しては時間的に債権の時効が成立してる場合にも時効成立を主張出来ませんか?  つまり、C、Dに何らかの理由で、債権の時効の主張が出来ない場合、Bの子供にも時効成立は成り立たないのでしょうか?
 2 時効が成立しているの場合、銀行はなぜそのような電話をしてくるのでしょうか?
 3 成立している場合でも、銀行が裁判をするとか、債権が他に移ると大変な事になるとか言う場合は、銀行としては、本当にそんな事をしてくるのでしょうか?

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=390468

Aベストアンサー

とりあえず、Bの子供さんだけが困っているみたいですから一言だけ。

相続放棄というのがありますので、そちらの方で対処してはいかかでしょうか?
たしかに相続放棄の期間は半年ですが、その期間を大きく超えて請求してくる方も問題があると思います。
確実な事は言えませんが、自分の債権を確実に取り立てる輩がいたために家庭裁判所では相続放棄の期間を過ぎて請求してきた債権は認めないという事例もあった筈です。
一度家庭裁判所にて確認をした方が良いと思います。
家裁に行けば書記官・事務官の人が詳しく教えてくれますよ!!

Q北海道小樽市でひき逃げ事故について

北海道小樽市でひき逃げ事故について質問です。
三人死亡、一人重症、ひき逃げ、飲酒
どのような罪になり、どのような刑罰になるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、今までのケースから想定すると、従来の危険運転致死傷罪は適用されないと思います
理由は、事故直後に身柄を拘束されていない為、正常な運転が出来るか否かの
判断出来ない為です

しかし、今年から道路交通法が改正になり、飲酒や病気等で
正常な運転に支障が生じるおそれのある状態で起こした事故の場合
傷害では12年以下、死亡で15年以下の懲役になります

また、もう一つ加わったのが発覚免脱罪で、これは飲酒や薬物使用の
発覚を免れる為、逃亡した際に適用される新法で
最大で12年以下の懲役になります

ですので、飲酒ひき逃げの死亡事故の場合、最高で15年+12年=22年と
合わせ技で危険運転致死傷罪(20年以下の懲役)を超えてしまいます

様は、逃げ得は許さないって事ですね

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no65/oshirase_koho65.htm

私は検事でも裁判官でもありませんので、今回のケースがどの様な罰則になるのかが判りませんが
発覚免脱罪が適用されるのは、ほぼ間違いないと思いますので
某福岡の事故の様に、自動車運転過失致死(あの頃は業務上過失致死だったかな?)
懲役7年弱と言った馬鹿げた判決は出ないと思います

まず、今までのケースから想定すると、従来の危険運転致死傷罪は適用されないと思います
理由は、事故直後に身柄を拘束されていない為、正常な運転が出来るか否かの
判断出来ない為です

しかし、今年から道路交通法が改正になり、飲酒や病気等で
正常な運転に支障が生じるおそれのある状態で起こした事故の場合
傷害では12年以下、死亡で15年以下の懲役になります

また、もう一つ加わったのが発覚免脱罪で、これは飲酒や薬物使用の
発覚を免れる為、逃亡した際に適用される新法で
最大で12年以下の懲役に...続きを読む

Q国道を横断してる警察官に「横断禁止ですよ!!」と怒鳴られた

警察官が国道を横断してたのでいいのかと思ってまねして横断しようと思ったら、でかい声で「横断禁止ですよ!!」と怒鳴られ、非常にトラウマに陥りそこでたたずんでしまいました。警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?法律に詳しい方、ぜひ教えてもらえないでしょうか?
「警官の心配の前にあなた自身が行動を考え直す必要があります」とかいう類の回答以外でお願いします。

Aベストアンサー

No1さんの回答に同趣旨ですが、次のような極端な例がわかり易いでしょう。

・パトカーが急いで赤信号を無視して交差点を通過した。
・これを見ていたドライバーが後をついて行って交差点を通過した。
・このドライバーは後から来た白バイに信号無視の赤切符を切られ罰金を払うはめになった。
・そのドライバーは、信号を横断するたびにトラウマになった。

>警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?

道路交通法の規定は次の通りです

(横断の方法)第12条 歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならない。
2 歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない。

(横断の禁止の場所)第13条 歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。2 歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。

車両については、「緊急車両」の規定がありますが、歩行者については「緊急歩行者」の規定はありません。

よって、法律上は警官がたとえ職務上緊急であるとしても上の道交法12条、13条の規定に反することができません。(ただし、「国内が戦争状態になったときでも、道交法の規定により自衛隊の戦車は緊急車両ではないから、赤信号でも停車しなければならない」というのと同じ位、バカな理屈と言えますが、正論といえば正論になるでしょう)


従って、本件の場合、この警官は道交法12条、13条に違反する警察官は、誰かによってその違反事実の指摘を受けたらそれに従うべきでしょう。

本来それは質問者で、警察官の後についていく前に「ちょっと待て。警官といえども道交法違反に反してはならぬ」と注意すれば一件落着でしたでしょう。

ところが質問者は、警官の道路交通違反行為を見て、自分も道路交通法違反を行ったわけです。

そこで、この状況は「おまえは泥棒するな」と泥棒している警官に言われたようなものでしょう。「泥棒している警官にそれだけは言われたくない」という心情は、私にも理解できます

ただし、警官の立場では、「緊急車両の規定を類推適用して自分は道路を横断したものである」「質問者は、緊急車両の規定を類推適用し得る立場にないのは明らかであるから、道交法違反も明らかである。よって、本官は質問者を注意したものである」という理屈があると私は推測します。

警察官の行為を道徳的に解釈すると「私は、自分の生命を賭けても警官としての仕事を貫きます。だから危ない国道も横断するのです。これで死んでも業務と思うから家族は仕方ないとあきらめてくれるし、国からの補償金もでます。ところが質問者はそうではないでしょう。国道を横断して事故でも起きたら家族が悲しむでしょう。横断歩道意外で道路横断した場合、十分な補償金でるとは限りませんよ。だから、やめなさいと「いうのです。私と質問者は立場が違うのです。」

No1さんの回答に同趣旨ですが、次のような極端な例がわかり易いでしょう。

・パトカーが急いで赤信号を無視して交差点を通過した。
・これを見ていたドライバーが後をついて行って交差点を通過した。
・このドライバーは後から来た白バイに信号無視の赤切符を切られ罰金を払うはめになった。
・そのドライバーは、信号を横断するたびにトラウマになった。

>警察官は横断禁止の国道を横断してもいいのですか?

道路交通法の規定は次の通りです

(横断の方法)第12条 歩行者は、道路を横断しようと...続きを読む

Qひき逃げについて

ひき逃げについて

はじめまして

ひき逃げ犯が逮捕された時、「人をはねたと思わなかった」

とニュース等で報道されることがありますが、

車に乗っていて、体感的にそう感じることはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

意識がしっかりしていれば、ネコくらいであれば必ず気づきます。

ハイウェイ・ヒュプノシス(高速道路催眠現象)で事故を起こしたことに本当に気づかなかったという事例がアメリカでは報告されたという話があります。都市伝説ともされていますから、話半分ですが、実際にハイウェイ・ヒュプノシスで運転中の記憶がごっそり欠如しているという事例は結構あるようで、運転中のUFOによるアブダクション事例の多くがこれでは無いかと指摘されており、有名なヒル夫妻の事件については、ほぼ間違いないようです。

アメリカのような長距離の直線区間をドライブするような場合、ぶつかった時は朦朧としており、すぐに忘れてしまうという可能性はあるようですが、日本の道路事情でこれが起きるというのはまず無いでしょう。
ただ、よそ見していたり酔っていて衝突し、犬だと思った(というより思いたい)のでそのまま帰ったと言うケースはあるそうです。

Qタクシーの運転手が乗客の忘れ物を、会社や警察に届け出せずに持ち帰り同僚

タクシーの運転手が乗客の忘れ物を、会社や警察に届け出せずに持ち帰り同僚で分け合うことは犯罪でしょうか

Aベストアンサー

刑法第254条

(遺失物等横領) 
遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する。

Qパトカーがひき逃げを目撃したとき、警察官の怪我人への対応と逃走車両の追跡について

 2人乗務のパトカーがひき逃げを目撃したとき、当然逃走車両を追跡しますが、そのときにひき逃げされて倒れている怪我人への対応はどうなるのでしょうか。

 一人の警察官が降りて怪我人を介抱して救急車が来るまで現場に残るのか、それとも、無線で本部にひき逃げ車両の通報と救急車要請をして、二人の警察官共にパトカーに乗ったまま逃走車両を追跡するのでしょうか。

 こういう対応は、現場の警察官に任されているのか、それともあらかじめ決められた対処等があるのか、わかりましたらご回答ください。

Aベストアンサー

電波法に抵触しますので詳しく書けませんが目撃したパトカーはひき逃げ犯を追跡しつつ現場に他のパトカーと救急要請をしているように思います。警官の判断か規定があるのかはわかりません。

Q横断歩道外で横断歩行者等妨害等で切符を切られました。

お世話になります

今日車を運転中横断歩行者等妨害等で切符を切られました。反則点数2点罰金9千円です。

場所は信号のない交差点の横断歩道付近です。

状況を書きます。
私が気がついた時は横断歩道より2メートルほど手前の位置から突然おじさんが小走りで道路を横断してきていた為、止まることが出来ず、最短距離で2メートルほど接近しましたがおじさんは何もなかったように私の車の後ろを駆け抜けていきました。斜め横断で横断歩道外でのことす。

その後それを見ていた警察官2名がパトカーで追いかけてきて停止させられました。
警察官に横断歩道外でも違反になるのですか?と聞きましたらだめだと言われました。学校も近いし、徐行で交差点には進入してください・・・と。
実際のスピードは法定速度以内でしたが。

警察官の言うことを信じ、あきらめてサインをし、反則金も納付しました。

ところが横断歩道外で横断歩行者等妨害等で切符を切ることは出来ないのではないか?と人に言われました。
本当のところはどうなんですか?

もう済んだこととあきらめるしかないのでしょうか?

もし取り締まりをした警察官が違法な取り締まりをしたと言えるのならば、今からでも警察に行って話をしたいという気持ちもあるのですがいかがでしょうか?
今更ですかね?

お世話になります

今日車を運転中横断歩行者等妨害等で切符を切られました。反則点数2点罰金9千円です。

場所は信号のない交差点の横断歩道付近です。

状況を書きます。
私が気がついた時は横断歩道より2メートルほど手前の位置から突然おじさんが小走りで道路を横断してきていた為、止まることが出来ず、最短距離で2メートルほど接近しましたがおじさんは何もなかったように私の車の後ろを駆け抜けていきました。斜め横断で横断歩道外でのことす。

その後それを見ていた警察官2名がパトカーで...続きを読む

Aベストアンサー

法律では、道路交通法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)第一項

車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。

となっています。今回歩行者は横断歩道を歩いていたわけではないことから歩行者の通行の妨げには該当しなかったとしても、
「当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない」
に反しているとして切符を切られたということではないかと思います。
つまり法定速度内ではなく、何時でも直ちに止まれる速度(これを徐行といいます)でなければならないのです。

もちろん例外として
「その進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き」
とあるので、争点はこの解釈になると思います。

判例ではかなり余裕のある安全距離があればよいようです。
ただ2mほど前を横断した歩行者がいるということは、もしその歩行者がちょっとだけ歩道に移動して渡ったときに、十分安全な距離が存在したといえなければ例外には該当しないでしょう。

今回は横断歩道のある交差点ですから第38条の2の適用はないでしょう。

法律では、道路交通法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)第一項

車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができる...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報