【お知らせ】カテゴリの見直しについて

目上の人と話す際、その方のお姉さんについて私が話すときは、例えば「お姉様はどちらにお住まいですか?」というふうに言います。
妹さんについて話す場合、「妹様は~」というのでしょうか?
また、文章ではどういうべきでしょうか?お教えください。

A 回答 (2件)

manshuさん、こんにちは。



長く営業職をしているものです。

>目上の人と話す際、

ですよねえ、この場合あくまでも「言葉使い」に気を遣う対象となる「軸」は、その「目上の人」です。

ですので、manshuさんの言葉使いに対してその「目上の人」の心を害さない話し方をしなければならないと思います。

したがって答えは「妹様は~」です。「軸」が目上の方である以上「姉」を「お姉さま」と表現するねであれば、やはり「妹」も「妹さま」になると思います。

立場を変えて、もしmanshuさんが目下の人に、「manshuさんのお姉様は~」と言われたあとに「manshuさんの妹さんは~」と言われたら違和感を覚えませんか?やはり「manshuさんの妹様は~」と言われたほうが自然な気が私はしますね。

こういうことは一旦自分に置き換えて考えると分かりやすいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かにそうですね。
仕事上で、「お兄様」「お姉様」は使ったことがあるのですが、
「弟様」「妹様」は使ったことがなく、かつ聞いたこともなかったので、どんなもんだろうと思って質問した次第です。
難しいところだと思いますが、相手に合わせて使い分けてみます。

お礼日時:2007/09/26 18:06

『妹さん』でいいでしょう。



文章ですと、『妹さんはどちらにお住まいですか?』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
例えば取引先の社長などの、かなり目上の人の場合、
お姉さんの場合は「お姉様」なのに
妹さんの場合は「妹さん」とかなり表現に落差があるのが気になりました。
でも他にないですよね。

お礼日時:2007/09/26 17:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弟の丁寧な呼び方は??

友人の弟が急逝されました。
弔電は送りましたが、あらためてお悔やみのメールを出そうと思いますが、お悔やみの文章での、弟さんの呼び方を
教えてください。

Aベストアンサー

ご令弟様 です。

Q弟の丁寧な言い方

下記のような丁寧な言い方は見ましたが、兄や弟の丁寧な言い方が見つかりません。どうか教えてください。

・父… ご尊父様、お父様、父上(様)
・祖父… ご祖父様
・母… ご母堂様、お母様、母上(様)
・祖母… ご祖母様
・妻… ご令室様、ご令閨様
・息子… ご子息(様)、ご令息(様)
・娘… ご息女(様)、ご令嬢(様)

Aベストアンサー

ご令弟様でしょう。

Q息子・娘を丁寧に言うと

ビジネス文章でその人が扶養している「お子さん」について文章化したいのです

「息子さん、娘さん」とかいうのもビジネス文章っぽくないですし、「ご子息」だと男のほうだけをあらわしてしまいます

ご存知の方、教えてください

Aベストアンサー

男女共通として、お子様ではどうですか

Q姉と弟の場合の呼び方

一般に、兄&妹・兄&弟は「きょうだい」、姉&妹は「しまい」、姉&弟の
場合は「してい」と呼ばれますよね?
でも、現実に(私の周りでは)、「してい」だけはあまり聞きません。

「きょうだい」と打って変換すると、姉妹もでてくるのですが、
姉弟だけでてきません。でも姉弟でも「きょうだい」と呼ぶ人もいますよね?
それって間違いなのでしょうか?もう世俗的に認識されているのでOK
なのでしょうか?(少なくとも私はあまり違和感ないのですが・・

Aベストアンサー

>姉&弟の場合は「してい」と呼ばれますよね?
・失礼ながら初耳です(笑)。たしかに「姉弟」という単語もありますが、文章ならともかく会話の場合、人間関係で「してい」と聞けば、「子弟」とか「師弟」を連想してしまう人が多いでしょうから一般的ではないと思います。

たまたま知っていることを申しますと、「民法第八百七十七条 直系血族及び◆兄弟姉妹◆は、互いに扶養をする義務がある。」など「兄弟姉妹」という用語を持つ法令は98本あるのですが、法令用語としては「けいていしまい」と発音する決まりになっています。

あとは、そうですね、新聞記事などでは、男同士は「兄弟」、女同士は「姉妹」、男女混合は「きょうだい」と平仮名で表記することが多いと思います。一般的にもそれでよいと思います。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/56613/

また、家族関係などのアンケート調査や統計調査において、性別に関係なく広く「同じ親から生まれた者同士」という意味だけに用いる場合は、平仮名で「きょうだい」と表記することもあります。
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/seikatu2/html/html/2-2-1.html

文章の中で「兄妹」「姉弟」で「きょうだい」と読ませるのは、当て字でしょうね。男女混合なので「きょうだい」と発音させるものの、文字で(漢字で)詳細なきょうだい関係を表現し、一度で済まそうということだと思います。
ただ、「兄妹」で「きょうだい」と読ませることはよく見ますが、「姉弟」で「きょうだい」と読ませる場合を私は見たことがありません。

まとめますと、

男同士・・・兄弟
女同士・・・姉妹
男女混合・・・きょうだい
男女不問・・・きょうだい(だたし、法令用語としては「兄弟姉妹(けいていしまい)」)

以上です。

>姉&弟の場合は「してい」と呼ばれますよね?
・失礼ながら初耳です(笑)。たしかに「姉弟」という単語もありますが、文章ならともかく会話の場合、人間関係で「してい」と聞けば、「子弟」とか「師弟」を連想してしまう人が多いでしょうから一般的ではないと思います。

たまたま知っていることを申しますと、「民法第八百七十七条 直系血族及び◆兄弟姉妹◆は、互いに扶養をする義務がある。」など「兄弟姉妹」という用語を持つ法令は98本あるのですが、法令用語としては「けいていしまい」と発音する決まり...続きを読む

Q家族成員の続柄の正式な呼び方

たとえば6人兄弟の場合,親から見て子どもたちは
長男,次男,三男,四男,五男,六男と表現されると思うのですが,子どもが兄弟を表現する場合って何と表現するのでしょうか?長男,次男・・・じゃおかしいですよね?

長男から見て五人の弟は何と表現されますか?
六男から見て五人の兄は何と表現されますか?(1,2番目は長兄,次兄かなと思うのですが・・・)

Aベストアンサー

兄弟の順番の呼び方を統一的に教示している辞書やサイトはありませんでした。個別に検索した結果は、下記にようになります。

長男から見て・・・長弟(次男)→次弟(三男)→三弟(四男)→四弟(五男)→末弟(六男)

六男から見て・・・長兄(長男)→次兄(次男)→三兄(三男)→四兄(四男)→末兄(五男)

この中で、広辞苑に載っていた熟語は、下記の四つです。(意味を併記)
[長弟]弟の中で年長の者。自分のすぐ下の弟。 [末弟]すえの弟。
[長兄]一番上の兄。 [次兄]つぎの兄。上から2番目の兄。
その他は、複数の兄弟関係を表すものとして、ネット検索で各々ヒットした言葉ですが、こちらの方は、あくまでも便宜的な表記かと思われます。

Q兄弟姉妹間の呼び方

 先日、友達との間で兄弟姉妹間でどのように呼び合っているか、という話になり、自分は兄から「君」と呼ばれ、弟を「君」と呼ぶと答えたところ、周りにいていた友達全員がそれはおかしいと言われました。 
 何でも、妹や弟を「お前」や「(下の名前)」で呼ぶのが普通だそうです。

 そこで皆さんは、弟や妹と話をする時、どのように呼ぶのでしょうか。
 また、兄や姉からは、なんと呼ばれますか。

 自分の家のような呼び方は珍しいのでしょうか。気になったので、皆さんの場合を教えて下さい。

Aベストアンサー

3人姉弟の一番上です。

私→弟:「下の名前の省略」 妹:「呼び捨て」「~ちゃん」
弟→私:「呼び捨て」 妹:「呼び捨て」
妹→私:「お姉ちゃん」 弟:「お兄ちゃん」

弟の名前は四文字なので(例:まさひろ)、普段は「まさ」と呼んでいます。
小学生の頃は、私と弟はお互い「~ちゃん」「まあ君」と呼び合っていました。
両親が私達のことをそう呼んでおり、私を「お姉ちゃん」と言わなかったからです。
成人した今は呼び捨てにされておりますが、友達や他人の前では「姉ちゃん」と呼びます。

妹は少し歳が離れているので、妹が言葉を覚えだした時、
すでに私と弟は両親は呼び捨てにされていましたし、
妹の前では「お姉ちゃん」「お兄ちゃん」と呼ばれたので、それに影響されたようです。

私達姉弟の呼び方は、両親に影響されたのですが、
質問者様のお宅では、他のご家族が質問者様ご兄弟のことを「君」と呼ぶことが多かったのでしょうか?

Q「よいお年を」に続くのは「お迎えください」ですか。それとも「お送りください」ですか?

タイトルのとおりです。それとも二つとも間違いでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年末におくる言葉ですね。
「良いお年をお迎え下さい」が正解です。

今、ちらっと検索したら、今年の残り数日を良い年としてお過ごし下さいのような、
ちょっとへんてこな文脈で覚えてらっしゃる方がけっこういらっしゃるんですね。
その意味で使うなら、「お送り下さい」よりも、「お過ごし下さい」だけど、
「良い年末をお過ごし下さい」もちょっと変な気がします。

似たようなQ&Aを発見したので、おまけで記載させていただきました。

参考URL:http://www.hatena.ne.jp/1105010059

Q「拝啓」「敬具」の「拝啓」を省略することは出来ますか?

手紙の書き方について、質問があります。頭語に「拝啓」を用いれば結語に「敬具」を使いますが、この「拝啓」を省略することは可能でしょうか?
  例えば、親や良く知っている上司に頻繁に手紙を書く場合、「拝啓」で始めると、私個人としては、少し堅苦しいように感じます。「拝啓」が省略されても良いようにも思うのですが、如何でしょうか?手紙の形式の基本を、教えて下さい。

Aベストアンサー

「拝啓」は「冒頭語」。
「初秋の候、云々・・・」は、「前文」。

通常、冒頭語や前文を省くのは「お悔やみ状」などです。

たとえ、親や良く知ってる上司でも、省略すべきでは無いと思います。

「拝啓」が堅苦しいなら、
「一筆申し上げます」
「簡易書面で失礼致します」
「幸便に託して申し上げます」
その他、いろいろな冒頭語が有ると思うのですが。

Qビジネス文書?で「御署名・御捺印の上、御返送」っていいのでしょうか?

「御署名、御捺印の上、御返送ください」ってどうなのでしょうか?
文書を書く時、『御』が多いと返って失礼、というのを聞いたことがあります。
また、他に良い文章があれば教えてください。

Aベストアンサー

下記の書き方が一般的です。


http://la-loo.jp/jp/flow/

お見積もり金額をご確認頂き、ご契約書を送付致します。
ご署名・捺印の上、ご返送下さい。
弊社にご契約書が届きましたら正式受注となります。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。


人気Q&Aランキング