「エアバック」と「エアバッグ」はどちらの言い方が正しいのですか?
WEBの説明文などを拝見しても、1つの説明文の中で両者が混在しているものもあります。言い方としてはどちらが正しいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

文字の表記としては英語発音どおり「エアバッグ」です。



一方、外来語以外、小さい「ッ」の直後に濁音がくる言葉が少ないためか、
発話しにくいためか、会話上は濁音(グ)が清音(ク)になりやすいと思われます。

会話上は「エアバック」と言っても「エアバッグ」以外、思いつかないので、
言い方としては、それほど気にしなくて良いかと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても興味深いお話です。
そう言われてみるとその通りですね。

私はコンピュータソフトを作成していまして、そのソフトの画面上
に両方の書き方が混在しておりまして、統一しなくてはと思いまして
今回はお尋ねしました。

両方の書き方が混在しているのは変ですから、どちらかに統一しようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 21:24

日本では濁らない発音が正式です。



ハンドバッグ→ハンドバック

ベッド→ベット

サンタクローズ→サンタクロース

タイガーズ→タイガース

ティーバッグ→ティーパック
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このような決まりというか、発音法のようなものがあるのでしょうか。
決まりでそのような呼び方になったのか、そのように過去から呼ばれてきたのでそれが定着したのでしょうか。

いずれにしても、そんなにこだわらなくて良いのかなという気が
してきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 21:21

自動車の衝突時にふくらんで乗員を保護するモノのことでしょうか?


それなら“airbag”すなわち「エアバッグ」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、言葉足らずで申し訳ございません。

やはり英語の発音どおりということでしょうか。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 21:19

英語ではAirbagのようですので、英語を基準にして考えればエアバッグではないでしょうか。


ただ、日本国内で通じるなら専門家でもない限り、あまり気にしなくても良いかなと思います。

http://en.wikipedia.org/wiki/Airbag

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Airbag
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そのウィキペディアでさえも、両方の言い方が混在してました。
英語の発音のままなのか、和製英語のような感覚での言い方なのか
その違いなのかなと思ってます。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 21:18

空気で膨らむ袋のことですから、どちらかは自明でしょう

    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてみればその通りでした。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/28 21:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタカタ製エアバックリコール マツダデミオ

先日、私の車がリコール対象だとハガキが届きました。
ディーラーに
「エアバックを取り換えるまで助手席に人を乗せない方がいいですか?」
と聞いた所、そこまで気にしなくて大丈夫ですよと言われました。
本当に大丈夫なのでしょうか?
可能性は低くてもあるのだろうし、友人を乗せてけがをさせたらと思う
不安になります。
車にお詳しい方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

 先に引用しましたマツダのWebサイトのリコール情報。
 よく読むと、、、

「なお、交換用部品の準備に時間を要することから、部品が供給できない場合は、暫定措置として、助手席用エアバッグの機能を停止するとともに、助手席サンバイザ部に当該エアバッグが作動しない旨の警告を表示します。 」

と機能停止についてちゃんと書かれていますね。対処が10月以降ということなのでしたらここにあるとおり機能停止処置が妥当です。のんきに「そこまで気にしなくて大丈夫ですよ」と言っているお店(または担当者)はこの内容を知らないか無視しているかです。
 そのお店(または担当者)はちょっとダメかも。。。(^^; 人の命に関わることと言う意識が無さすぎですね。

 実は最近のマツダの車にちょっと興味があったのですが、この対応ぶりは結構大きなマイナスポイントですね。。。

Q非SRSエアバッグの現状

現在は、SRSエアバッグが主流だと思うのですが、非SRSエアバッグ(拘束装置としてのシートベルトの補助として使うエアバッグではないもの。すなわち、シートベルト着用を原則としないエアバッグ)の開発状況や海外を含めた実用化情報をご存知の方、居られたら教えて下さい。
アメリカでは、既に実用化に近い段階と聞くのですが、HPなどで紹介されているところがあれば、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 車の設計をしております。
 SRSではないエアバックというのは、かつて少し話題になった4輪車用フルサイズエアバッグというものかと思いますが、現時点で実用化に近いものは存在しません。理由は簡単で、エアバッグが利用されるような先進国地域ではシートベルトが法規による義務となっているため、シートベルト無しを前提とした車両開発を行わないからです。仮にそのようなモノを開発したとしても宣伝出来ませんし、EURO NCAPのような公的試験でシートベルト無しの試験結果が公表されるわけでもないので、商売上意味がありません。なによりも、大容量化したエアバッグはシートベルトをつけている時の危険性が大きく増しますし、シートベルト+エアバッグによる拘束程の救命は期待できません。

 エアバッグは大きな衝撃を伴う非常に危険なデバイスであり、大容量化すればますます危険性が増します。現行のSRSエアバッグでさえも、僅かな制御の遅れで却って悪くなってしまうこともある、諸刃の剣です。参考URLは、せっかくボディの衝突設計が良いのに、エアバッグの制御が悪くてNCAPの頭部障害値が悪くなってしまっている例です(星1つ)。エアバッグに頭を叩かれて頭部に重症を負いかねないという結果が出ています。かようにエアバッグは危険なものなわけです。

 むしろ最近のトレンドは、シートベルトに頼って極力エアバッグを開かない、開いても衝突度合いに応じて少しだけ開くように制御するという方向です。また、シートベルトつけ忘れを防ぐためのリマインダーを法規要件としたり、NCAPでリマインダー付き車両に星一個をボーナスするといった、「シートベルトをつけさせる制度」の工夫も盛んに行なっています。

参考URL:http://www.euroncap.com/tests/nissan_navara/317.aspx

 車の設計をしております。
 SRSではないエアバックというのは、かつて少し話題になった4輪車用フルサイズエアバッグというものかと思いますが、現時点で実用化に近いものは存在しません。理由は簡単で、エアバッグが利用されるような先進国地域ではシートベルトが法規による義務となっているため、シートベルト無しを前提とした車両開発を行わないからです。仮にそのようなモノを開発したとしても宣伝出来ませんし、EURO NCAPのような公的試験でシートベルト無しの試験結果が公表されるわけでもないので、商売...続きを読む

Qタカタのエアバック破損リコール問題

が今、大きく取り上げられているが
多くの死亡者と世界最大の大量リコールを生んでいる自国アメリカのGE車へのアメリカの対応は充分だと世界は納得できるか?

Aベストアンサー

タカタは日本企業ですが
問題をおこした製品を生産したのはタカタのアメリカ合弁企業で、TK HOLDINGS INCです。タカタはトヨタ、日産、マツダの日本国産車やBMWなどにも出荷しているエアバックにおいては世界的なメーカーです。
コンマの時間でエアバックを膨らませた時に金属片が付着していた場合、その金属片が飛び散るスピードはピストルから打ち出す銃弾より加速されますので、人体を貫通する危険性はあります。しかしながら、アメリカの言うことなので、大袈裟な犠牲者数ではないかと思います。この事件には様々な要因があります。
タカタの世界進出を食い止めようとする意図。ゼネラルモーターズの不手際を日本企業に責任転嫁しようとする意図。日本車及び日本製品に対する評判落としの意図。それらも、仕組まれたことかも知れませんね。ゼネラルモーターズはタカタのせいにすることで責任逃れをはかるでしょうが、それが世間に認知されるかは別問題。本来なら、タカタを取引先として契約したゼネラルモーターズの責任も否めないので、ここはゼネラルモーターズも連帯責任として堂々とたちふるまっていただきたいのですがゼネラルモーターズはナショナルメーカーとしての地位をアメリカ国内で得ているため、ゼネラルモーターズの恥はアメリカ人の恥に通じ、誇り高きアメリカの風土では認められない案件のようです。これに世論がノーと言えば、アメリカの風土も見直しをはかるかも知れませんが、アメリカは自分たちの失敗に気がつかない民族性、つうか気がつくことをしない又は嫌うので気がついても認めないでタカタの責任で終わらせるでしょう。ですが、日本の責任に転嫁されるのであれば抗議すべきです。アメリカの会社のタカタの不始末ですから

タカタは日本企業ですが
問題をおこした製品を生産したのはタカタのアメリカ合弁企業で、TK HOLDINGS INCです。タカタはトヨタ、日産、マツダの日本国産車やBMWなどにも出荷しているエアバックにおいては世界的なメーカーです。
コンマの時間でエアバックを膨らませた時に金属片が付着していた場合、その金属片が飛び散るスピードはピストルから打ち出す銃弾より加速されますので、人体を貫通する危険性はあります。しかしながら、アメリカの言うことなので、大袈裟な犠牲者数ではないかと思います。この事件に...続きを読む

Qエアバックについて

先日、有料駐車場で、車止めのでっぱりがありますが、料金をいれて引っ込めて
乗り上げたときに、エアバックが作動しました。
真っ白い粉? 大きな音、テロが起こったのかと思うほどの衝撃でした。
あれが走行中だと、冗談でなく死ぬ思いをしますね。
ディーラーにもっていくと 正常の範囲内の作動ですといわれています
修復費の15万も請求されていますが、納得がいきません。
どうすれば戦えるのか? エアバックの作動規格等はあるのか?
戦い方を教えてください

Aベストアンサー

(1)乗っていらっしゃる車のエアバック作動の衝撃の程度を特定する
(2)”乗り上げたとき”とありますがその発進時の速度の特定
(3)その速度で”乗り上げたとき”と同様に乗り上げた場合の衝撃度の特定

おそらく(3)の衝撃度が(1)を超えたのでエアバックが作動したのでしょうから

(3)程度の衝撃度は通常の運転の範囲で十分に発生しうるものである、と証明できれば
したがって(1)のような衝撃度を設定することは合理性を欠く、と結論付けられるのではないでしょうか。


以前、同様の事例や道路からレストランなどに入る為に歩道を横切るときの衝撃で作動するといったことが多発して問題になったような記憶がありますが、それ以降何らかの改善があったかかもしれませんが・・。

QSRSエアバックの交換時間

<HONDA モビリオスパイク>に
乗っているのですが 先日 SRSエアバックの
リコールの通知が来たのですが
「運転席、助手席」のSRSエアバックの
交換にかかる時間てどの程度
かかるのでしょうか?

Aベストアンサー

インフレーター交換ではないでしょうか?
40分が標準時間かと記憶しますが
案内に所要時間の記載がありますのでご確認ください。

Qエアバッグの構造について。

よくオークションでエアバック付きのステアリングがありますが、
エアバッグの無い古い車にそのステアをつけてもいざというときエアバッグは作動するのでしょうか?ステア以外にもなにかパーツをつけないと無意味なのでしょうか?詳しい方ご意見お願いします。

Aベストアンサー

動作させるためのコンピュータと震動を検知するセンサー類が必要です。

Qタカタ製エアバック

ホンダ車のエアバックですが、タカタ製採用車を所有されている方に質問ですが、メーカーからリコール等の申し出は在りましたでしょうか?最もリコールは、日本ではなくアメリカ全土なのですが。国内車は問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

所有者ではありませんが… ^^;

現在、国交省に届けられてるものについては順次連絡が行くことになるでしょう。

それを自分で確認して、該当するならメーカーディーラー等に問い合わせる方が早いかと。

リストです↓
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/recallinfo_001.html

Qエアバック作動時に・・・その危険性は?

 こんばんは。
最近の車はエアバックは標準装備ですよね。いざというときに安全性が高まるのはいいことですが、作動時に気になることがあります。
 それは車のミラーですが、これは純正装備(14センチくらい)のではなくて、もっと大きなもの(ポン付けタイプ)が市販されていますよね。エアバック作動時にミラーに当たり、運転者などに飛んでくる可能性はないのでしょうか?ヨコが何センチ以下なら大丈夫とかいう事はあるのでしょうか?
 また、サンバイザーを使用している時に事故を起こし、エアバックが作動しても危険はないのでしょうか?こちらも、市販でサンバイザーに取り付けるバイザースクリーン(色つきのプラスチック)があり、サンバイザーの代わりにこれを使うと、日よけもできて前も見えると便利ですが、エアバック作動時に危険はないのでしょうか?
 さらに大きいミラーやバイザースクリーンを装着している車は車検にとおりますか?また違法ではないのでしょうか?
 長々とすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ミラーの位置やサンバイザーの位置ならエアバックによる
直接の怪我にはならないと思います。
それよりも事故のときに脱落したり人がふれてはずれたときの方が危ないような・・・。
エアバックが膨らむところにものをおくと危険ですが。
直接は大丈夫だと思いますね。

で実は内装部品は見えないところで安全対策がおりこまれています。車の設計に携わったことない人は知らないのでしょうが。ダッシュボードを始め、天井や各ピラーのカバーやミラーなど室内の人が事故のときにぶつかりそうなものはすべて衝突安全性のチェック項目になります。
人がぶつかっても人を傷つけないよな工夫がされています。
一般のカー用品で後付けされるものはその点はノーチェックです。残念ながら実際にぶつかってみないとわからないと思いますね。
違った意味で色つきのバイザーは危険でない?
偏光バイザー&UVカット?ならまだいいかも。

Qタカタのエアバック問題。

タカタのエアバック問題。

アメリカで物凄く話題になってるのに、日本では話題にならずに、リコールが殺到しているという話も聞きません。日本人はどこまで平和ボケをしているのでしょう?日本のメーカーなのに、日本の車にはタカタのエアバッグは付いていないのでしょうか?なぜ日本国内ではメディアが騒がないのでしょう?

Aベストアンサー

知らないだけでしょ?
もうリコールになってますし騒ぎになってますよ。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC23008_T20C14A6EA1000/
>車4社リコール延べ892万台 タカタ製エアバッグ原因

Q「ミッション車」という言い方は正しいの?

関西では、マニュアル車のことを、「ミッション車」と呼ぶ人が多いのですが、変だなと思うのは私だけでしょうか?
いわゆる「オートマ(AT)」は、正確には「オートマチック・トランスミッション」、「マニュアル(MT)」は、正確には「マニュアル・トランスミッション」だとしたら、どちらにも「トランスミッション」はついているので、どうも違和感が残ります。
ましてや「トランスミッション」は「変速機」ですが、「ミッション」は「使命」というのが一般的な意味だと思うのです。
どうしてこんなことになってしまったんでしょうか?

Aベストアンサー

おっしゃるとおりです。
ミッション車というのは誤りで、どうせ言うなら「マニュアル車」の方がまだマシです。
中にはMTという表記を「ミッション」の略だと思ってる人もいるようです。

ちなみにオートマ車のことを「トルコン」と呼ぶ人もいます。
トルクコンバータは正確にはトランスミッションそのものではなく、半自動的にギア比をコントロールする機構なので、言ってみればこれも変な通称です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング