おはようございます。
レキのトレッキングポール(ステッキ,ストック)を買ったのですが,
自分にあった最適な長さが分かりません。
もちろん,自分が使いやすい長さにすればいいのでしょうが,例えば
『登り:身長-○○cm,降り:身長-○○cm』
など,具体的な長さの基準があれば教えてください。
また,名称についてですが,トレッキングポール,ステッキ,ストック
と色々な名前で呼ばれていますが,最も一般的な呼称は何であるとお考
えになるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちわ。

スイスで買ったレキのカーボン製を愛用しているものです。
我が家ではストックと呼んでいます。
ステッキと言うとおじいちゃんが持つ、持ち手がT字のものを連想してしまいます。
トレッキングポールというのは初めて聞く名称ですが、別におかしくは
思いませんので、最近はそういう名称が普及しているのでしょうか。

最適な長さですが、手をだらりと下げ、肘を垂直に曲げ(つまり水平)、
ストックを持った時に、ストックの先が軽く地面に接している時が
標準的な長さです。

登りの場合は若干短めに、下りの場合は長めにしますが、最適な長さは
勾配がきつければ、さらに短く(長く)なりますし、
登り勾配がきつい場合は転倒防止で長めにする場合もあります。

歩く速さなどにもよります。前傾姿勢になれば短くなりますし、
一概にこの長さというのではなく、歩きながら、勾配や自分のスタイル
にあった長さを、その都度調節するようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにステッキというと、なんとなく古いような印象がありますよね。
ストックというと、私の中ではスキーストックの印象が強くて、
登山やトレッキングのときは違うのかな?と思っていました。
でも、まぁ、今後はストックで行きたいと思います。

標準的な長さから、のぼりは-10cm、下りは+10cm程度が目安でしょうか。
自分のスタイルに合った長さに調節しつつ使用しようと思います。

お礼日時:2007/10/03 20:35

僕もレキのストックをダブルで使っています。


経験則では、上りは身長-80cm、下りは身長-60cmくらいです。
自分は、上りも下りも結構ストックに加重をかけるほうだと思います。
特に下りなどでは、翌日胸の筋肉が筋肉痛になります。
名称は、日本語ではストック、英語ではpolesが一般的なのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
具体的な長さを示していただき、助かります。
実際に長さを作ってみたのですが、のぼりのときを考えるとかなり短く感じました。
まぁ、もちろん山の斜度によっても変わってくるでしょうし、
教えていただいたのを参考に、長さを決めたいと思います。

お礼日時:2007/10/03 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q順位付け

お願いします。順位付けのことで詰まっています。
1位から10位までの月順位を出しますが、同点の場合年間順位で順位を決定しています。
  
    年順位  月順位  修正順位
      2     1      1
      7     2      2 
     10     3      10
      9     3      9 
      8     3      8
      4     3      5       
      1     3      3     
      5     3      6
      3     3      4
      6     3      7

同点が8個もあり、自動的に年順位を参照して順位決定できる方法
がわかりません。RANK関数の応用ができません。
よろしくお願いします。



 

Aベストアンサー

 月順位の数値が存在している行には、必ず年順位も存在している場合にのみ有効な方法です。
 今仮に、
「年順位」と入力されているセルがA1セル、
「月順位」と入力されているセルがB1セル、
「修正順位」と入力されているセルがC1セル、
であるものとし、
A列とB列の2行目から11行目にかけて順位が入力されているものとします。

 その場合、C2セルの修正順位を求める数式の一例は、次の様になります。

=$B2+SUMPRODUCT(($A$2:$A$11<$A2)*($B$2:$B$11=$B2))

 この式を、エラー防止と、行数の変化に対応するように、拡張すると、次の様な数式となります。

=IF(COUNT($A2,$B2)=2,$B2+SUMPRODUCT(($A$1:INDEX($A:$A,MATCH(9^9,$B:$B))<$A2)*($B$1:INDEX($B:$B,MATCH(9^9,$B:$B))=$B2)),"")

 C3以下の修正順位に関しては、C2セルに上記の数式を入力してから、C2セルをコピーして、C3以下に貼り付けるだけで表示されます。

 月順位の数値が存在している行には、必ず年順位も存在している場合にのみ有効な方法です。
 今仮に、
「年順位」と入力されているセルがA1セル、
「月順位」と入力されているセルがB1セル、
「修正順位」と入力されているセルがC1セル、
であるものとし、
A列とB列の2行目から11行目にかけて順位が入力されているものとします。

 その場合、C2セルの修正順位を求める数式の一例は、次の様になります。

=$B2+SUMPRODUCT(($A$2:$A$11<$A2)*($B$2:$B$11=$B2))

 この式を、エラー防止と、行数の変...続きを読む

Q登山用のストック(トレッキングポール)について

登山用のストック(トレッキングポール)を探しています。

1.軽度の残雪のある高山,春から冬の2000m未満の雪山で使用。
2.重量は2本で400g~600g
3.収納時の長さは60cm程度。
4.雪山では雪用バスケットと交換可能。
5.Iグリップタイプ。

 1~5の条件でお勧めの品をご紹介ください。

 ただし,凍っているカ所でストックが使用可能かどうかは知識がありません。併せてご教示戴ければ助かります。

Aベストアンサー

LEKIの深雪用はチップごと交換するので工具とコツがないと難しいですよ
とても山で簡単には交換できません。春山などのシーズンですと途中でバスケットを付けたい時も出てきます
それに深雪用はバスケットがフレキシブルになっているだけで、余程のことがなければ普通のスノーバスケットで充分です
ブラックダイヤモンドのトレイルコンパクトは標準でスノーバスケットがついています
モンベルを買うくらいならブラックダイヤモンドをおすすめしますよ

Q「順位1番目の登記を移記」って何ですか

家屋の登記簿をインターネット(登記情報提供サービス http://www1.touki.or.jp/gateway.html)で見ているのですが、その登記簿の「権利者その他の事項」の欄に「順位1番目の登記を移記」とあります。

(1)
「順位」とは何に付けられた、何の順位でしょうか。

(2)
「順位1番目」、「順位2番目」、.....は、どんな基準で決まるのでしょうか。

(3)
「順位1番目の登記」、「順位2番目の登記」、.....は、どこに書かれているのでしょうか。
今見ているインターネットの登記簿には、「順位1番目」、「順位2番目」、.....のような文字は全くないので不思議です。

Aベストアンサー

(1) 登記は「早い者勝ち」となっている関係で順番が付けられています。
これは、所有権に関する登記(これを「甲区」と言います。)も、所有権以外(これを「乙区」と言います。)も同じです。
ただ、何十にもなって登記用紙が膨大となったときなどは、新しい用紙を使うので(現在は電子化しているので少々違いますが)そうすれば、旧用紙の最後の順位が新用紙の1番になります。(旧用紙を「閉鎖登記簿」と言います。)
旧から新に書き換えるので、それを「順位〇番目の登記を移記」と言うような表示にしています。
(2) 受け付けた順番です。受け付けたならば同一日でも受付順に番号をつけ(これを「受付番号」と言います。)ます。
(3) 「順位1番目の登記」と言うような登記はないです。
登記簿の左端に「順位番号」と言う欄があって、各登記に「1」や「2」となっています。
それが順位1や順位2と言うわけです。

Q登山・トレッキングにおすすめのストック

今までも、頻繁にトレッキングは行ってきました。5時間くらいは歩きます。
ですが、今までスニーカーとユニクロを中心にした普段着+パーカー、という感じで、すべて上ってきました。それで特に困ったこと、不具合などは感じたことはありません。

ですが、これからちゃんと始めたいなぁ、と思い、ネットで検索して必要なものを検索すると、いかに今まで自分が危険と隣り合わせなトレッキングをしていたのか、と思い知らされました。

靴はもう購入したのですが、ストックを購入したいと思っています。
軽量で比較的安価で、おすすめのストックがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

登山用具は、やや重くて安い、軽くて高いといったものがありますが、
結局一度買ったら壊れるまで使う物ですし、
やや重くて安い……を積み重ねていくと
合計がそれなりに重くなったりもするので、
変に妥協して買うのは避けた方がよいかと思います。
順番にある程度きちんとしたものを買えば良いかと。

まあ、一旦買ってしまえば、
交通費はかかりますが
入場料がかかるわけではないので……

サラファインについては、
私は男性なのでサラファインではなく
普段使いでシルキードライを持っていますが、
表面がつるつるしていて、
汗をかくと体にぺたっとつく感じがして
あまり登山には向かないように思います。

生地がメッシュ状になっているものの方がよいでしょう。
なお、ご存じかと思いますが綿の入っている物は厳禁で。
例えばおすすめは以下のもの。

ジオラインLW
http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1107485

ユニクロは下着については一時期メッシュの物を
スポーツ用として売っていてなかなかよい出来でしたが、
今は売っていないようです……

レインウェアの上をジャンパー代わりにするのはOKです。
ただ、これも羽織っている時間よりも
ザックの中に入れている時間が長かったりするので、
ストームクルーザーなど軽くて性能の高い物がよいです。

ストックは私は以下の物を使っていますが非常に軽量です。
ストックは物によって体重をかけるとしなるものがありますが、
これは全く問題のない剛性でしっかりしています。
まあ、ウェアを一通り揃えてからの話ですが。

グリップウェルNEWカーボンスーパーライト
http://item.rakuten.co.jp/sakaiya/10017807/
※ときどきポイント10倍もあり。

登山用具は、やや重くて安い、軽くて高いといったものがありますが、
結局一度買ったら壊れるまで使う物ですし、
やや重くて安い……を積み重ねていくと
合計がそれなりに重くなったりもするので、
変に妥協して買うのは避けた方がよいかと思います。
順番にある程度きちんとしたものを買えば良いかと。

まあ、一旦買ってしまえば、
交通費はかかりますが
入場料がかかるわけではないので……

サラファインについては、
私は男性なのでサラファインではなく
普段使いでシルキードライを持っていますが、
表面がつる...続きを読む

Q順位 (学級?学科?)

順位発表の紙が今日届いたんですけど
この順位って学科全体の順位なんでしょうか
それとも学級だけの順位なんでしょうか

Aベストアンサー

少なくともどこの学校でどのテストの成績での順位かわからないことには誰も答えようが無いと思いますが・・・。

Qトレッキングポール

black diamondのz pole(アルミ/カーボン)を検討しています。
ほかにはleki AGカーボンライト(クッション無し)も考えています。

用途は、1000~3000mの山での無雪季トレッキングで下山時に膝が痛くなるので体重の支えです。
雪があっても膝は痛くなりますので本当は4シーズン使えるのがいいです。

荷物を軽くしたいですが、カーボンの強度にも不安はあります。
強度で言えばzpole(Carbon)<leki=zpole(Al)でしょうか?
ちょっとlekiとzpoleどちらが強いかわかりません。

すぐに折りたためるメリットもあるz poleにしようか迷うところですし
Lekiは値段が高いのも気がかりです。

それぞれのメリット・デメリットをご教示ください。

それから、z poleにした場合は何センチを選ぶべきでしょうか?
身長は170cmです。

上記3つは握りやすかったので選びました。
他にもおすすめがあれば教えてください。

Aベストアンサー

 トレッキングポールはモンベルとブラックダイアモンドを2モデル持っています。レキは持っていません。

 Zポールシリーズはウルトラディスタンスがカーボン、ディスタンスがアルミですが、そのどちらかを考えているということですよね。


 カーボンのポールは確かに強度は不安ですね。ブラックダイアモンドのカタログにも、シャフト強度がトレイルシリーズと比較して半分であると明記されていますから。
 私はブラックダイアモンドのトレイルコンパクトを持っているのですが、モンベルのポールと比較すると強度は若干弱いと感じます。下りで飛ばしていると少し頼りなく感じます。
 体重をかけるような使い方はしない、というのが基本なのはもちろんですが、下りでは体重を預けていなくてもポールにはかなりの荷重がかかりますし、飛ばせば荷重も増えます。
 また、「体重がかかってしまう」時はバランスを崩した時ですから、その時に破損するのは論外ですし頼りないのもいかがなものか・・・と思いますね。

 なのでZポールのカーボンモデルであるウルトラディスタンスは、私なら選びません。

 サイズですが、私も身長は170cmですが、登り降りの傾斜によってセットする長さが違います。きつい登りでは105cmほどにセットすることもありますし、きつい下りでは120~125cmにセットすることもあります。
 なのでサイズ調整ができないZポールを買うときは悩みそうです。
 110cmか120cmのどちらかなのでしょうが、110cmを買えば下りで長さが足りず、120cmだと登りや平坦路で持て余しそうです。まあ下りを重視すれば120cmでしょうけど・・・

 ZポールシリーズにディスタンスFLというモデルがあって、これは最上段だけフリックロックになっているのである程度のサイズ調整ができます。95-110cm、105-125cm、120-140cmという3つのサイズ展開がされているので、これなら文句なしに105-125cmで悩む必要がなさそうです。

 Zポールは実物を触ったことがないので、考察できるのはここまでですね。

 トレイルシリーズはなかなか良いので、これも候補に入れても良いと思いますよ。
 トレイルシリーズは最初からスノーバスケットも付属しているので、積雪期にもそのまま対応可能なのが良いかなと。購入時に付いているコンパクトバスケットをスノーバスケットに取り替えるだけです。
 前述したように、下りで飛ばしたときにやや頼りなく感じますが、非常に使いやすく良いポールだと思います。

 モンベルのポールも、以前は安かったので遠慮なく酷使できたのですが、現在はブラックダイアモンドあたりと同等の価格になっているので、「安い割にはモノは良い」という感じではなくなっていますね。いや、激しい酷使に耐えているのでモノは悪くないのですが。
 現在のモンベルのポールは1本売りですので、1本破損したときの買い足しが容易なのが良いなと思います。

 私はポールにはまず強度と剛性感を求めます。またツェルトを張る時のポールにしたり洗濯物の物干し竿に使ったりといろいろな使い方をするので、長さの調整幅も広い方が良いです。ちなみにツェルトはビバーク時だけでなく、強風下での休憩時や雨中のテント撤収時に荷物の雨避けに使ったりと、けっこう頻繁に使いますね。
 なのでポールに関しては、重量はほとんど気にせず選んでますね。

 またブラックダイアモンドのフリックロックシステムですが、確かに手軽に固定できるのは利点ではあります。
 ですが絶対的な「固定力」はレキやモンベルの回転式と比較すると劣ります。下りで飛ばしているときにバランスを崩して激しくポールを突いたとき、一気に長さが縮んで結局転倒したことがありました。この時に縮まないような固定強度にすると、今度は固定操作が堅くなりすぎます。その堅さなら回転式の方がどれだけ楽か・・・という程度です。

 まあ、かなりブラックダイアモンドの悪口を書いてしまったのですが、価格と機能がけっこう良いところでバランスしているので、悪くはないと思います。私も2セット買ってますし、それは気に入って使っています。
 ただ、次に自分で買うときはモンベルにするかな・・・
 ただ、ブラックダイアモンドで気に入っているのは、グリップが非常に長いんですよね。これは登りや下りである程度は長さを変えることなく握る位置を変えることで対応できるので非常に便利です。この程度のことを何故他のメーカーはやらないのか?と思うくらい。
 そのグリップもZポールシリーズは中途半端なので、ブラックダイアモンドならやはりトレイルシリーズが良いな、と思う次第です。

 レキは価格的に購入対象にしたことがないのでよく判りません。

 トレッキングポールはモンベルとブラックダイアモンドを2モデル持っています。レキは持っていません。

 Zポールシリーズはウルトラディスタンスがカーボン、ディスタンスがアルミですが、そのどちらかを考えているということですよね。


 カーボンのポールは確かに強度は不安ですね。ブラックダイアモンドのカタログにも、シャフト強度がトレイルシリーズと比較して半分であると明記されていますから。
 私はブラックダイアモンドのトレイルコンパクトを持っているのですが、モンベルのポールと比較する...続きを読む

Q順位の上がる下がる

順位の上がる下がるで質問です
順位が10位から1位になると順位は「上がる」ですよね

順位が1位から10位になると「下がる」ですよね

順位の数値は「下がる」のに「上がる」
「上がる」のに「下がる」

いつも何気なく使っているのですが、どうしてこうなるんですかね?

Aベストアンサー

国語カテらしく回答すれば、「主語・述語の関係性」や、「因果関係」ですね。

「上がる」場合、主語が「順位」だからです。
順位は、1位から数字が増えるに従って、下がりますから。

しかし「数値」を主語にすれば、「下がった」「減った」「小さくなった」などとなります。

言い換えますと、「順位」は状態や現象です。
一方の数値は、あくまで数値でしか無く、何らか状態や現象の値を示すだけです。

物事の状態や現象は、数値が大きい方が優れる・良くなる場合と、その逆もありますよね?
それが「因果関係」です。
順位の場合は、「逆」の場合の因果関係・相関性であると言うだけのコトですよ。

順位に限らず、物事には値が小さくなった方が優れる・良くなると言う状態や現象は、色々ありますよ。
「失業率が下がり、景気は上昇した。」
「血圧が下がり、健康状態が良くなった。」
「借金が減り、生活状態が改善した。」

順位も同じで、「順位と言う数値が下がり、順位が上がった。」と言う関係性です。

数値の部分を変えれば、「100m走りのタイム」だと、数値が下がれば順位は上がりますが、「得点」だと、数値が下がれば順位は下がります。

この因果関係などを数学的に言えば、順位などの場合、「絶対値」と考えてみても良いですよ。
順位の頭には、「マイナス」が付いていると考えてみて下さい。
「-1位の方が、-10位より上」と言うワケです。

逆に「前科」みたいに、悪い性格のモノは、前科そのものがマイナスです。
ですから、初犯から前科10犯までを順番に並べ、悪党ランキングを作れば、「マイナスXマイナス」でプラスになります。
犯罪歴が多い方が「悪党」と言うコトです。

国語カテらしく回答すれば、「主語・述語の関係性」や、「因果関係」ですね。

「上がる」場合、主語が「順位」だからです。
順位は、1位から数字が増えるに従って、下がりますから。

しかし「数値」を主語にすれば、「下がった」「減った」「小さくなった」などとなります。

言い換えますと、「順位」は状態や現象です。
一方の数値は、あくまで数値でしか無く、何らか状態や現象の値を示すだけです。

物事の状態や現象は、数値が大きい方が優れる・良くなる場合と、その逆もありますよね?
それが「因果関係...続きを読む

QトレッキングポールのBDの違いについて

トレッキングポールを購入を考えています。

LEKIは高いのでBDを買おうと思うのですが

【フリックロック・アジャスタブルポール】
ブラックダイヤモンド・トレイル

【フリックロック・アジャスタブルポール】
ブラックダイヤモンドトレイルショック

と2種類あるのですが

アジャスタブルポールは何を示すのかわかりません。
後、レイルショックのショックの意味がわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 BDのトレイルコンパクトを使っています。他に同じBDのトラバースやモンベルのベントグリップも持っていますし、レキも使ったことがあります。

 BDのトレイルシリーズには、トレイルとトレイルショック、それとそれぞれのコンパクトの計4モデルあったと思います。

 「アジャスタブルポール」のアジャスタブルというのは、長さが調節できるという意味でしかありません。そんなのわざわざ言わなくても、トレッキング用のポールはほとんど全てがアジャスタブルです。

 「コンパクト」というのは、最短にしたときに少し短くなるタイプです。ザックに装着するときなどは短くなった方が良いので、私はコンパクトを購入しました。まあ僅かな差でしかありませんが。

 「ショック」というのは、アンチショックシステムのことで、要するにポールにサスペンションが付いているということです。これによって手首などの疲労を軽減することができるそうです。BDだけでなくモンベルやレキなど他のメーカーにも、サスペンションシステム装着モデルはラインアップされています。
 私は下りで飛ばすときなどはダイレクトな手応えがある方が安心して飛ばせるので、むしろアンチショックモデルは避けています。

 「フリックロック」というのはBD独自のシステムで、ポールの長さを調節して固定する際に、他メーカーはポールを回転させて固定するのに対し、BDはレバーで固定する方式を採用しています。このレバー固定システムが「フリックロック」と呼ばれています。

 まあ、ワンタッチで便利と言えば便利なのですが、固定力そのものは回転式には劣ります。全体重をかけてしまったり下りなどで瞬間的に大きな荷重がかかったときは動いてしまうことがあります。
 また、固定力の調節は、回転式は回転の力加減だけでできるのですが、BDのフリックロック式はプラスドライバーが必要です。なのでわざわざドライバーを持って行かない限り、現地での調節は不可能となってしまいます。
 ま、山行前にしっかり調整しておけばいいのですが、うっかり忘れたまま山に入るとちょっと困ったことになってしまいます。

 この調整も緩ければちょっとした加重で動いてしまうし、きつく締めすぎてしまうと固定するときのレバー操作が非常に堅くなってしまうし、ベストな調整にはちょっと手間がかかります。せめてドライバーではなくコインか何かで調節できるようにしておいて欲しいところです。

 それとBDのポールは他メーカーと比べて少し細身に作られています。
 なので剛性は少し低いです。まああまり気にはならないと思いますが(私もほとんど気にしてない)、下りで飛ばしているときなどは少し頼りなく感じることがあります。

 レキは高いだけあってモノはベストでしょう。ただ価格差だけの価値があるかというと少々疑問ですが。(レキでも安いモデルはそれなりでしかない)
 BDと同じ価格帯だったらモンベルも悪くはないです。少なくとも酷使にはモンベルの方が耐えます。ただ、私が未だに使っているのはモデルチェンジする前のモデルなのですが、これは実用上支障はないのですが、塗装が弱くて見るも無惨な姿になってます。でも、下りで飛ばすときにはまだモンベルの方が安心して使えます。

 というわけで、どちらが良いとは確信持って言えないのですが(私も次買うときは迷いそう)、モンベルも一度手に取って見てみることをお薦めします。
 手に取って見るときは、固定力、操作性、ポール全体の剛性感などをチェックしながら見ると良いと思います。

 そうそう、BDは少し柔い代わりに軽いんですよね。これも大きなアドバンテージですよね。やっぱり私も次買うときはまた迷いそうです。

 BDのトレイルコンパクトを使っています。他に同じBDのトラバースやモンベルのベントグリップも持っていますし、レキも使ったことがあります。

 BDのトレイルシリーズには、トレイルとトレイルショック、それとそれぞれのコンパクトの計4モデルあったと思います。

 「アジャスタブルポール」のアジャスタブルというのは、長さが調節できるという意味でしかありません。そんなのわざわざ言わなくても、トレッキング用のポールはほとんど全てがアジャスタブルです。

 「コンパクト」というのは、最短...続きを読む

Q比例代表の名簿順位について

比例区の名簿順位が発表されていますが、どの党も同順位の人が何人もいるのはなぜなのでしょう?

同順位の中でもさらに順位があるということでしょうか?
それならば、順位を発表した意味がないですね。
誰か教えてください。

Aベストアンサー

No.1です。文章だけでは分かりにくいですよね?

ちょっと例をあげてみます。

A党が比例名簿に次のように登録していたとします。
1位 a
2位 b
2位 c
2位 d
2位 e
6位 f

そして小選挙区では
b 当選
c 80,000票(当選議員100,000票)
d 45,000票(当選議員50,000票)
e 60,000票(当選議員120,000票)
とすると
c 惨敗率80%
d 惨敗率90%
e 惨敗率50%
となりますので比例区の当選議員を決めるとき
1位 a
2位 d
3位 c
4位 e
5位 f
として扱われるのです。

Qトレッキングポールのプロテクターについて

トレッキングポールのプロテクターについて
特に下山時のスリップ防止にダブルでトレッキングポールを使用しています 先週、南ア仙丈ヶ岳に
行きましたが途中年配の男女のグループから「トレッキングポールを使用するなら必ずプロテクター
を付けて下さい」・・と叱責に近い口調で言われました 普段から何気なくプロテクターを使わずに
使用していましたが、やはり付けるべきでしょうか?   
 

Aベストアンサー

石突き(プロテクターが無い状態)の状態で人的ストレスの多い道(登山者の多い道)を歩くと、地面に無数の穴をあけながら歩くことになります。そこに雨が降ると土が流れます。
ストック、ステッキを使う登山者がこの10年ほど急増していて、各地の登山道のストレスが急増しているといわれています。
そんなことを憂う人があなたに一声かけたのだとおもいます。

プロテクターをつけようとつけまいと今はまだ自由です。
あなたのお考えに添って行動なさっても今はまだだれにも咎められることはないと思います。

私も長く山歩きしていますが、いまはどこにいっても、まるでカマキリのようにポールをもって歩いている人が多いですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報