Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

去年の冬にマンガンかアルカリか種類はわかりませんが電池を液漏れさせてしまいました。その時パニックになってしまい、とりあえず部屋にあったヒーターの上に直接置きその後1ヶ月近く放置してしまいました。その後その漏れた電池自体は親に片付けてもらったのですが、ヒータ自体は直接漏れた電池を置いてしまったこともあり怖くなってそのまま掃除もせずしまってしまいました。なにか変なシミみたいなのもあったので。しかしまたヒーターを使う時期が来て、このまま放置し続けるのもしょうがないなと思いヒーターの掃除をしようと考えています。そこでなんですがどの様に掃除をすればいいか教えて頂けませんでしょうか。お願いします。

A 回答 (4件)

電池の液漏れは、怖くありませんよ。


食酢で中和すれば良いのですよ。
液漏れした液体の正体は強いアルカリ性のアルカリ電解液(苛性カリ・水酸化カリウム水溶液)ですね。
長い時間放置されて、完全に乾燥していると思います。
乾いていれば肌を刺激する事も余り無いと思いますが、心配ならば、食酢を染み込ませた雑巾でよく拭いてアルカリ性を中和させれば良いのです。
食酢で拭いた後(酢臭いので)普通に水拭きをすれば完了。
シミについては、もしも、アルカリがヒーターの塗装を溶かして出来たシミならば完全には取れません。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

ありがとうございます。液漏れはそんなに怖くないものだったんですね。今まで相当恐れていました。早速休みになったらやってみたいと思います!その時雑巾に食酢はどのくらい染み込ませればいいのでしょうか。何度もすいませんが教えて頂けませんでしょうか。

お礼日時:2007/11/01 11:28

もちろん、室内作業で「大丈夫」心配要りません。


多少、気泡が付く事はあるかもしれませんが「発熱や煙モクモク」はありません。

今後、リモコンなどの電池が液漏れした場合は、液漏れにより濡れた電池室を、
1・食酢で湿らした布や綿棒で丁寧に拭く。
2・乾いた布や綿棒で丁寧に乾拭きをする。
3・電気接点が錆びていたり、アルカリ焼けしていたら、紙ヤスリで磨く。
以上で、安全に使う事が出来ます。
・紙ヤスリはホームセンターや100均などで購入できます。
    • good
    • 26
この回答へのお礼

何度も丁寧に教えていただきありがとうございます。なんとか安心して掃除ができそうです。普通の酢で掃除ができると知れて本当にためになりました。それに電池の液漏れが思ってるほど怖いことじゃないと知れたのも良かったです。これから同じようなことが合った時は今回の経験を生かしていきたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/11/03 00:03

液漏れした場所にティッシュを一枚敷いて、食酢をビチャビチャになる程度染み込ませて、3分もそのままにすれば十分です。


完全に中和するのならば、この作業を3回も繰り返せば中和(酸処理)は完了です。
その後、食酢の栄養分でカビが生えるといけないので、固く絞った濡れ雑巾でしっかり拭けば臭いも取れて作業完了です。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

何度もありがとうございます!なのにまた質問するのは申し訳ないのですがこの作業って屋内でやって大丈夫ですよね。結構心配性な性格でして。本当何度もすいません。

お礼日時:2007/11/02 00:55

大方はNo.1さんのお答えで結構かと思います、ただ電池が入っていた部分の接点は錆びていると思いますので、サンドペーパーなどで接点を清浄にしてからでないと通電しませんので、念のため。

    • good
    • 16
この回答へのお礼

ありがとうございます。電池が入ってたものはそれごと処分してしまいました。だけどサンドペーパーで洗浄すればまだまだ使えたんですね。もったいない事してしまいました。

お礼日時:2007/11/01 11:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています