電子書籍の厳選無料作品が豊富!

【化学】鉛蓄電池とアルカリ蓄電池の液体を混在だせると危険な理由を教えてください。

鉛蓄電池の液体をかき混ぜたあとにアルカリ蓄電池の液体をそのままかき混ぜる行為は危険で絶対にしてはいけないそうですが、鉛蓄電池の液体が付いた棒をアルカリ蓄電池の液体の中に入れるとどうなるのですか?


逆にアルカリ蓄電池の液体をかき混ぜたあとに拭かずにそのまま鉛蓄電池の液体の中に棒を突っ込んでも入れる順番が逆でも危険なのでしょうか?

どう危険なのか、何が化学変化で起こるのか教えてください。

質問

鉛蓄電池とアルカリ蓄電池の液体を混在だせると危険な理由を教えてください。

A 回答 (1件)

鉛蓄電池の液体がついた棒をアルカリ蓄電池の液体に入れても、


H2SO4+2KOH→K2SO4+2H2O
の中和反応が起きて、硫酸カリウムが生成するだけです。

一部カドミウムや鉛の存在は人体には有害かもしれません。

また、充電された鉛蓄電池の電解液(希硫酸)は濃度が高くなっているので、そこに水+アルカリ性溶液を入れるとそれだけ水和熱と中和熱も大きくなって溶液の発熱量が高くなると思います。

絶対にしてはいけないわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みんなありがとうございます

お礼日時:2023/03/23 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!