長嶋有と吉田修一が好きなのですが全て読んでしまいました。他の作家で似たような作風、あるいはオススメの作家・作品等があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

8日目の蝉」に関するQ&A: 八日目の蝉

A 回答 (1件)

>長嶋有と吉田修一が好き


私も両方の方とも愛読してます。
とっさに似たような作風で思い浮かぶ作家さんはいませんが、
私のおススメは角田光代さんの「八日目の蝉」です。
吉田修一さんの「悪人」と共に今年の私が読んだ中では、
ベストの作品です。
中島京子さんの「冠・婚・葬・祭」、「さよなら、コタツ」もおススメです。気が向いたら読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速読んでみます。

お礼日時:2007/11/05 17:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高橋源一郎さんの本って読みやすいですか?

こんばんは。私は日本の近代文学史を勉強しなければなりません。それで最初からあまり小難しい本は読みにくいので、読みやすいものから読みたいと考えています。それで、高橋源一郎著『日本文学盛衰史』という本を見つけました。2500円もして600ページ近くある本です。学生の私にとって1冊2500円というのは結構大きな買い物です。(600ページあるにしても。)そこで高橋源一郎さんの本は読みやすいですか?私は他にも課題を抱えていて今のところあまり難しい本を長い時間書けて読む時間はないのです。(600ページもなかなかきつい・・・。)この本を読んだことのある方、高橋源一郎さんの本を読んだことのある方、ご意見をお聞かせください。それから日本近代文学史の勉強に役立ちそうな本がありましたら情報を提供してください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高橋源一郎さんならよく新聞の書評欄などで紹介されたり連載されたりしています
結構読みやすいと思いますよ
当該の本は読んだことがないのでよくわからないですが

他に日本の近代文学史の本ということですが
加藤周一さんの「日本文学史序説(上・下)」がおすすめです
大仏次郎賞受賞作で現在では定番といえるのではないでしょうか
序盤では近代以前の文学について語られていますが
それ以降では近代文学史について詳しく述べられています
ご参考までに

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480084886/qid=1046437198/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-4609135-4074761

Qこれらの作家に、似ているような作家はいますか?

タイトルでは表現しきれなかったのですが、似ている作家というより、似た感じの雰囲気の本を書く、と捉えてもらうといいと思います。
・浅田次郎さん
・恩田陸さん
・原田宗典さん
・村上龍さん
・重松清さん
・宗田理さん
これらの人たちの本は、ほとんど読みました。
基本、僕はミステリーとか推理小説といったようなジャンルは全く読みません。(すっごくオススメされるとたまに読みます^^;
これらの人たちに似ているような本を書く作家を教えてください。
もしよろしければ、その作家の本も教えてください。


(ついでに、分かれば、これらの作家たちの共通点など、あれば教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校生を主人公にした小説を数多く書いているといった点が同じでしょうか。
 共通していないかもしれませんが、同じ高校生を主人公としても重松さんのように青春小説!っていう感じではない、金城一紀さんの「GO」や山田詠美さんの「風味絶佳」「ぼくは勉強ができない」、宮本輝さんの川三部作などはいかがですか?
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31889822
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31534011
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19698812
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/03715945
 村上龍さんは数冊しか読んでないので、ピッタリと言えるか分かりませんが、藤田宣永さんなんてどうでしょう?短編集はとっつきやすくておススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30870940
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31688714
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31145943
 浅田次郎さんのように短編で泣ける!という本はあまりないですが、宮部みゆきさんの推理モノじゃない「堪忍箱」なんかはいかがですか?他にも中場利一さんの「ノーサラリーマン・ノークライ」や「リョーコ」もちょっと面白くて、切ない感じです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30880112
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31089823
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31354888
 ご参考までに。

 こんにちは。宗田理さん以外は読んだ事あるのですが、共通項としては現代モノ(浅田さんは歴史小説ありますが)を書くという事ぐらいしか、思い浮かびませんでした(^_^;)。
 ただ原田宗典さんは高校時代に志賀直哉に傾倒して、短編小説に重点を置いていたし、浅田次郎さんは対談で「短編は小説力を養うので短編小説を書くべきだ」みたいな事を言われていたので、2人の共通項としては、そういう事が挙げられると思います。またエッセイが面白いのも共通していると思います。
 重松清さんと恩田陸さんは高校...続きを読む

Q長嶋有と吉田修一が好き

長嶋有と吉田修一が好きなのですが全て読んでしまいました。他の作家で似たような作風、あるいはオススメの作家・作品等があれば教えてください。

Aベストアンサー

>長嶋有と吉田修一が好き
私も両方の方とも愛読してます。
とっさに似たような作風で思い浮かぶ作家さんはいませんが、
私のおススメは角田光代さんの「八日目の蝉」です。
吉田修一さんの「悪人」と共に今年の私が読んだ中では、
ベストの作品です。
中島京子さんの「冠・婚・葬・祭」、「さよなら、コタツ」もおススメです。気が向いたら読んでみて下さい。

Q作家の乙一好きな私にオススメの本を教えてください!

 私は「ZOO」を読んでから乙一さんの本にすっかりはまってしまい、それ以来乙一さんの本を読みあさってます(笑)ZOOの映画化もかなり楽しみです!!
 
 それで質問ですが・・乙一さん好きな私に何かオススメの本はありませんか?乙一さんっぽい雰囲気の小説がよいです(笑) おねがいしま~す!

Aベストアンサー

乙一氏の作品は私も大好きです。

乙一さんっぽい小説…といわれてすぐに浮かんだのは恩田陸さんですね。どこがどう、似ているのかといわれると困るのですが、なんとなく連想しました。個人的に、ミステリィの分野では乙一さんと恩田さんがぴか一で好きだからかもしれません;
恩田陸さんの作品としては、「六番目の小夜子」、「ネバーランド」、「麦の海に沈む果実」、「Q&A」など沢山あります。読みやすいのは先にあげた二つでしょうか。コメディタッチのものならば「ドミノ」、冒険っぽいものなら「上と外」をオススメします。

 それから、オンライン小説でもよければ、ひとつ心当たりが。ただしかし、此方はなんというのでしょう、乙一さんの作品の中でもグロいというか読んでいて心が痛くなるような話ってありますよね?面白いのだけれど、描写は淡々としているのだけれど、どこか読んでいて痛々しさを感じるような…というものと同系統であるという意味で似ている作品です。オススメさせていただく小説「ゆりか」は結構描写がきつく、読んでいて痛々しさを感じることもあります。最終的には感動できると思うのですが…それでも受け入れルことが出来るかは人次第だという代物だと思うので声高にオススメもしませんがURLを貼っておきますね。

…何だか無意味に長文で私論を述べてしまいました。すみません;

参考URL:http://jun.oops.jp/i/yurika/index.html

乙一氏の作品は私も大好きです。

乙一さんっぽい小説…といわれてすぐに浮かんだのは恩田陸さんですね。どこがどう、似ているのかといわれると困るのですが、なんとなく連想しました。個人的に、ミステリィの分野では乙一さんと恩田さんがぴか一で好きだからかもしれません;
恩田陸さんの作品としては、「六番目の小夜子」、「ネバーランド」、「麦の海に沈む果実」、「Q&A」など沢山あります。読みやすいのは先にあげた二つでしょうか。コメディタッチのものならば「ドミノ」、冒険っぽいものなら「上と外」...続きを読む

Q高橋源一郎さんが

作家の高橋源一郎さんが、5年間に2回結婚して2回離婚したそうですが。
どうしてあんな気のよさそうな普通のおじさんぽいインテリ源ちゃん(?)がそんなことになってしまったんですか?
なんかちょっとショックです。

Aベストアンサー

高橋源一郎さんは、自分の人生を恋愛ストーリー仕立てて書き上げていくタイプの作家ですね。
付き合った女性を素材として生かす「料理の達人」ですね。
そのためには、恋愛、結婚、離婚がどうしても必要であったようです。
離婚すると財産が増えたと書かれた文章を読んだ事があります。
室井佑月さんとの離婚もその流れでしょう。
室井佑月は、ミス栃木、モデル、女優、レースクイーン、
銀座のクラブホステスなど素材としては一流でしたから、
高橋源一郎さんはうまく調理したということでしょう。
こうした体験をこれからの作家活動に生かすという風に解釈したらいかがでしょう。
檀一雄の「火宅の人」に似ていますね。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~BIJIN-8/fsyohyo/r_porno.html,http://www3.justnet.ne.jp/~mackharry/hyoron-kannou.html

Qオススメの本を沢山教えて下さい読む順番などモモ芥川

サンタともうします。
男性40歳
本が好きなのですが、ピースの又吉さんのようにどっぷり浸れるようになられたいいなと思っております。
ただ本を読むスピードが遅いので、何から読もうか迷ってしまいます。芥川賞、直木賞の受賞歴を古い順から読んでいったら良いかなと思ったりします。
基本を抑えつつ、読解力もつけたいし、ひたれるようになりたいです。
(読解力や空想力がないと、理解できない、浸れない本がある(ピースの又吉さん弁(アメトーーク読書芸人より)))

実用書や雑誌はよく読みます。コンピュータ系、
今までに大好きな本は、
「モモ」 ミヒャエル・エンデ
「遠い太鼓」 村上春樹
「ノルウェイの森」村上春樹

色んなジャンル、作家さんの本を読ませて頂きたいです。
直木賞、芥川賞の一番古い受賞作から読んでいくのも良いのでしょうか?

また、大好きなおすすめ本がありましたら教えてくださいると嬉しいです。

よろしくお願い致します。
失礼致します。

Aベストアンサー

普通に「ラノベ」から入るといいんじゃないですか?

「ラノベ」は元々、アニメやゲームが好きな層で、かつ、活字も好きな層に
向けて始めた小説ですから、非常に読みやすく書かれています。でも、
「元ラノベ作家」が直木賞取ったりしてますから、ラノベと言ってもかなり
レベルが高いものが少なくないんですよ。

例えば「キノの旅」↓ 短編集なのですが、「やや黒目」の話から「キュンと
来る良い話」まで揃っていますので誰にでもお勧めできるかと。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840215855/

・・・賞作家の本は、往々にして読みにくい場合も少なくないですからね。

Q吉田修一の「パークライフ」の中に出てくるHPについて

吉田修一のパークライフの78ページの中ほどに、「これはあるHPのアトラクションで、分身に名前をつけ・・・(中略)・・・すでにドイツとカナダを旅行している。」という文章がありますが、このHPがもし実在しURLをご存知の方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今は参加していませんが、多分「美穂の旅」ではないかな?
なぜか私の分身は中近東に行ってしまって>予測はついたけど(笑)

「吉田修一さんのパークライフ」知らないのですが…

参考URL:http://travel.teglet.co.jp/scripts/default.asp?LMODE=0

Q三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義

三国志を読むなら、やはり、先ずは、映画の三国志を観て、漫画の三国志を読み、吉川英治氏とかの三国志演義を読み、最後に、北方謙三氏とかの三国志正史を読めば、分かり易いですかね?

※しかしコミックは長くて尚且つ気が遠くなりそうなので、映画と小説だけでも良いかなと。

Aベストアンサー

>三国志を読むなら
ここで言っているのが二十四史の三国志なら殆ど意味はない。三国志演義の原書を読みたいのなら少しは役立つかもしれない。

Q吉田修一さんのおすすめの本を教えてください

今、吉田修一さんの「悪人」を読み終えました。
続けて何冊か同じ作家の本を読んでみたいのですが、
おすすめの本を教えてください。

Aベストアンサー

同じ路線の「パレード」は絶対外せません。
軽い作品では芥川賞のパークライフ、
「春、バーニーズで」、
「7月24日通り」は好きな作品です。
どれも読みやすいです。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報