外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

Dim con As ADODB.Connection
Dim rsData As ADODB.Recordset
Dim DNSname$,USERname$,PASSw$,cnt&
 Set con = CreateObject("ADODB.Connection")
 con.Open "DSN=" & DNSname & "; UID= " USERname & "; PWD=" & PASSw
 Set rsData = New ADODB.Recordset
 rsData.Open SQL, con
 Do While Not rsData.EOF
  rsData.MoveLast
  cnt=rsData.RecordCount
  rsData.First
 LOOP
といいコードで総レコード数が取得できるかなとやってみたところ、rsData.MoveLastのところで、「行セットは逆フェッチをサポートしていません」というエラーが出ました。
なにかほかの方法で総レコード数を取得する方法があるのでしょうか?
自分で他に試したことは、rsData.EOFまでrsData.MoveNextでもっていきrsData.EOF-1レコードの.RecordCountを取得すしようと試みましたが、最後のレコードまできても.RecordCountは「-1」のまま変化しませんでした。レコードセットの呼び込み方が不味いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2 です。


Set con = CreateObject("ADODB.Connection")
con.CursorLocation = adUseClient
con.Open "DSN=" & DNSname & "; UID= " USERname & "; PWD=" & PASSw
としてみたらどうなりますか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>con.CursorLocation = adUseClient
の行を追加したら取得できました。
レコードセットのほうになにか設定値があるのかと色々探していましたが、オブジェクトのだったんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/12 21:48

私の作った7件の社員3テーブルにたいし


(質問のコードを少し簡略化してますが)
Sub test02()
Dim cn As ADODB.Connection
Dim rs As ADODB.Recordset
Dim DNSname$, USERname$, PASSw$, cnt&
Set cn = CurrentProject.Connection
Set rs = New ADODB.Recordset
rs.Open "社員3", cn, adOpenKeyset, adLockOptimistic
cnt = rs.RecordCount
MsgBox cnt
rs.MoveFirst
Do Until rs.EOF
MsgBox rs!氏名
rs.MoveNext
Loop
End Sub
で 7 と出ました。
====
rs.Open "社員3", cn, adOpenKeyset, adLockOptimistic
の adOpenKeyset, adLockOptimistic
を質問のように除くと、-1と出てうまくいかない。
ここが原因でしょう。
http://www.accessclub.jp/vbakaisetu/22.html
参照

この回答への補足

>Set cn = CurrentProject.Connection
部分のCurrentProjectで「変数が宣言されていません」とのエラーが出ましたので
Set con = CreateObject("ADODB.Connection")
にしてimogasiさんのコードを実行したところ(adOpenKeyset, adLockOptimisticはつけました)、cnt は「-1」でした。
CurrentProjectとはどのように宣言するのでしょうか?

補足日時:2007/11/11 09:13
    • good
    • 0

 Set rsData = New ADODB.Recordset


 rsData.Open SQL, con, adOpenKeyset
 cnt=rsData.RecordCount
でどうでしょうか?

この回答への補足

bonaronさんのやり方やった場合、cntは「-1」でした。
参照設定で、「Microsoft Active Data Objects 2.8 Library」を使用しているのですが、これが間違いなのでしょうか?

補足日時:2007/11/11 09:02
    • good
    • 0

 con.Open "DSN=" & DNSname & "; UID= " USERname & "; PWD=" & PASSw


 Set rsData = con.Execute("SELECT COUNT(*) FROM " & TableName)
 MsgBox rsData.Fields(0).Value

のようにSQLで求められませんか? テストしたのはmdbでOracleでは試していませんが…

TableNameのところは置き換えてください

この回答への補足

rsData.Open SQL, conを無効にして
>Set rsData = con.Execute(
でも接続できレコードセットは取得できました。
しかし
>MsgBox rsData.Fields(0).Value
では、そのフィールドの内容が出るだけでレコード総数は求められませんでした。

補足日時:2007/11/11 08:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccess VBAでクエリーのレコード件数を取得したいのですが

Access2003のVBAで次のような構文を用いてクエリーの該当レコード数を取得したいのですがうまく出来ません。
構文又は手法が間違っているのでしょうか。

Dim db As Database
Dim rs As Recordset
Dim cnt As Long

Set db = CurrentDb
Set rs = db.OpenRecordset("該当顧客リストクエリ", dbOpenTable)
cnt = rs.RecordCount

※OpenRecordsetの行で「実行時エラー'3219'無効な処理です」と出てしまいます。
又、”該当顧客リストクエリ”では特定の抽出条件を設定して、”顧客リストテーブル”の一部を抽出するようにしています。

Aベストアンサー

Set db = CurrentDb
Set rs = db.OpenRecordset("該当顧客リストクエリ", dbOpenTable)
cnt = 0
If Not rs.EOF Then
  rs.MoveLast
  cnt = rs.RecordCount
  rs.MoveFirst
End If

このようにしたほうが、良いですよ
DAOのレコードセットは展開したときには、正確なレコード件数を返しません
一旦、MoveLastメソッドで最終ポイントまで行けば正確な件数が得られます
(ただし、パフォーマンスが落ちますorz)

面倒でも、「select count(*) as RecordCount from "テーブル名"」で取得したほうがいいですよ

ちなみに、別件はこれで良いんじゃないですかね?
Set rs = db.OpenRecordset("該当顧客リストクエリ", dbOpenSnapShot)

Qカレントレコードが無い事を判定させる方法

SQLを使ってmdb内のレコードセットを取得し、
無かったらエラーを返す、という処理を作成
する場合、カレントレコードが無い事を
判定するにはどうすれば良いでしょうか?
イメージは下記のような感じです。

レコードセット as DAO.Recordset

'レコードセット取得
 Set レコードセット = db.OpenRecordset(作成したSQL文)

'判定
If カレントレコード無 Then
MsgBox "エラーメッセージ"
Exit Sub
End If

Aベストアンサー

カレントレコード無は"レコードセット.RecordCount = 0"
で行けませんか?

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

QDAOとADOの違いについて

Accessからイントラネット上のデータベースに接続するための接続方法で困っています。
DAOとADOの違いが分からず困っています。
メリット、デメリットが分かる方、どうか教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されているためJetデータベースエンジンの細かな機能を制御することができないといった点が不足している部分がありますがADOXやJROの各オブジェクトモデルで使用できる機能を使えばADOで不足している機能をほとんど補うことができます。
DAOはデータベースにAccessを使用するアプリケーションの場合、最大のパフォーマンスを得ることができます。しかしアプリケーションを運用していくうちに規模が大きくなってデータベースをSQLServerに移行することがあるかもしれません。
そのような可能性が含まれているのであれば最初からADOで開発しておいたほうが無難です。ADOはSQLServerに対する処理で良いパフォーマンスを得ることができます。

Jetデータベースエンジンを主なターゲットにしているならDAOで可。それ以外のデータベースを利用するのであればADOを選択する方が良いのではと思います。

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されて...続きを読む

Q【Excel VBA】マクロでExcel自体を終了させたい

環境:WindowsXP、Excel2003

マクロでエクセルを終了(ブックを閉じて、アプリケーション自体も終了)させたいのですが、以下のコードではアプリケーションが閉じてくれません。

ThisWorkbook.Close
ExcObj.Quit
Application.Quit

どこか悪いところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば質問者のコードで上手くいきそうですが
hana-hana3さんの回答にもあるようにThisWorkBook.Closeでコード終了となりますので
Application.QuitをThisWorkBook.Closeの前にもってこないといけません。
Application.Quitはそれがあるプロシージャのコードが全て終わるまで
その実行を保留するちょと特別動作をします。

'-------------------------------------
 Application.Quit
 ThisWorkbook.Close
'-------------------------------------
 
 

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

Q「Nullの使い方が不正です」のエラー

AccsessとVB間でデータの参照・登録・削除を行うプログラムを作成中です。
テキストボックスにデータを入力せずに更新するとAccess側はNull値が入るので、参照をした際に
「Nullの使い方が不正です」のエラーが表示されます。

Null値が表示可能ならその方法を教えてください。

Aベストアンサー

読み込んだ際にIsNull()で判断してみては?
If IsNull(Fields) Then
Text1.Text = ""
Else
Text1.Text = Fields
End If

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング