中小企業の働き方改革をサポート>>

先日JTB〇〇〇〇店で3泊4日のパックツアーを申込みました。
昨年結婚をしましたので、妻の姓について追記で変更をしていたのですが、
パスポートのサインは旧姓のままなので、申込書を記入する際にどちらを書くか
店員に聞いたところ「旧姓(新姓)名前」と書くよう指示され記載し申込みをしました。

出発当日、空港に着き搭乗手続きをしようとしたところ、旧姓では搭乗できないと言われ
慌ててJTB〇〇〇〇店に問い合わせたところ、うちは知りませんと関係ないような言い方をされ
何も対応してくれず、別途12万円の正規の値段で往復券を購入し何とか出国しました。

帰国して問い合わせたのですが、JTB〇〇〇〇店の責任者は非を認めるどころか、詳しくないから
店員に聞きながら申込書を書いた私達に対し、何間違えて書いてるんですかみたいな侮辱する態度で
「不満なら旅行業協会でもどこでも言ってください、どうせ結果は分かってますが。」と、あたかも
私達が旅行に行っている間に、旅行業協会と口裏を合わせたような言い方をされました。

事前にもっと調べてから申込みをするべきであると反省しているのですが、分からないからこそ
店員に聞きながら申込書を書いたにも関わらず、直前になって申し込みに不備があっても旅行代理店には
一切責任がないと言われても納得がいきません。

このような場合、素人は泣き寝入りするしかないのでしょうか?また別途買わされた12万円は返してもらえない
のでしょうか。旅行業協会に相談を上げてもやっぱり大手のJTB側に付くのは当然なのでしょうか?

どなたかアドバイスを頂けませんでしょうか?宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (53件中21~30件)

JTBの別支店でのトラブルです。


JTBはなんだかおかしいですよね。


JTB側のミスで氏名を間違えて登録し
出発前にわかったので修正を依頼すると
「手数料1万円かかる」と、おおせられる・・・・

詳細は。
旅行の問い合わせを電話でし
そのまま申込むことになりました。
同行者の氏名が間違えられやすい名前で、
その旨も伝えました。
また
「口頭での申込みは証拠が残らないので
メールで送ってもいいし、支店が近いから出向いてもいい」と
伝えましたが、不要とのこと。


後日、行程や引換証などが自宅に。
それを見ると、やはり同伴者の名前が間違っているんです!


すると、JTBから既に旅券を発行しているので
登録しなおすのに(手数料が)「1万円かかります」とのこと。


えっ?
こちらは
*間違えやすい名前
*書面で出すこと
*出向くこと   を言ったのに
どれも全否定。

こういうとき、大概の旅行代理店は”書面”を求めるものなのに
”おかしい”と思いながらも
”証拠は残すべき”ですね。

けっこうもめたあげく
手数料なしで修正してもらい、事なきを得ましたが

”JTBへの不信感”はぬぐえません。
その支店は数年前までは問題ありませんでしたが
支店長さんが変わってから、店員の接客も微妙で
あぶないな~と思っている矢先でした。


投稿者の方が学芸大支店ことを掲載してから半年以上が経っていますが
よい方向に解決していることを望みます。

大手でも、社員によって
本当にとっぴょうしもないこと言い出しますよね。
社員にはよくあることかもしれないけれど
お客様にとっては、海外旅行は年に数回のこと。
まして新婚旅行です。
そのとき、自分の立場や(会社も?)を守るために
てきと~なこと言いますが
自分がお客様の立場になって配慮してほしいですよね。
明らかにJTB側のミスなのですから。
    • good
    • 0

質問主様に全額返金は難しいと思います。


一部返金が妥当でしょうか?
なぜなら文面を100%その通りに読んでも「どっちも悪い」からです。
お互いの確認不足です。

「パスポートの名前」を聞かれて「署名」を答えた。
質問と答えがちぐはぐですね。
聞かれた問いに対して違うことを答えた質問主様と、確認しなかったトラベランド店員。
どっちも悪いです。

質問主様がかなり感情的になっていらっしゃるので全てを一方的に信じるのはどうかと思いますが、トラベランドの対応は良いとは言えませんね。

とことん闘ってください。
    • good
    • 0

もうずいぶん時間も経ってしまって、嫌な思いをされてとてもお疲れの様子、本当に同情します。


実際に法律的にはどちらに非があるかは裁判でもしない限りわかりませんが、ここで数人の『専門家』の方々が書かれている非情な言葉だけが正しいとも思えず、私がしたは別の経験を書きたいと思います。

私は旅行会社の人間ではないのですが、自社の数人が団体でアメリカ旅行する際の窓口として、旅行会社とのやりとりをしました。
その参加者の中の1人が、会社で使用している名前(名刺などに書かれている一般名)とパスポート名(養子に入っていたので奥さんの名字)が違うということが、旅行当日に空港で判明しました。
その際、利用していた西武トラベルの担当者はすぐに電話で対応してくれ、JALに連絡して、20分程で搭乗者名の変更をしてくれました。その人は、何の問題もなくロサンゼルスに旅立ち、帰ってきました。

誰のミスだとか言い出せば、きちんと確認しなかった私のミスだったと責められても仕方なかったかもしれません。でもその担当者は、そんなことは一言も言わずにすべてやってくれました。
「売った『旅行』を、購入した客がちゃんと履行できたか」を確認し、出来るように手配する、旅行代理店というサービスを売る会社として正しい姿勢だったと思います。(勿論、その後も西武トラベルを愛用している事は言うまでもありません。)

考えてもみて下さい、旅行代理店と航空会社なんて、日々やりとりを繰り返している取引関係です。しかも、日系のJALと日本の旅行会社JTBトラベランドです。
トラベランドとJALの関係が良ければ、トラベランドの担当者がJALの担当者ときちんとした仕事をし、きちんとした人間関係が出来ていれば、それくらいの変更が不可能な訳がありません。
トラベランドからJALにそのような「変更お願い」が出来なかったのは、
1)トラベランドの担当者が無能だった
2)トラベランドの担当者が、JALにとって大事な顧客ではなかった
3)トラベランドそのものが、JALにとって大事な顧客ではない
のどれかだったのではないでしょうか。
だってその飛行機にはhydezikillさんの奥さんの席がすでに1席、用意されていたのです。JALは、それを知りながら更にダブルチャージした訳です、「大事な顧客」にはそんなこと絶対出来ません。

裁判になるのは精神的におつらいと思いますが、このまま泣き寝入りされるのは悔しいと思います、どうされるかはhydezikillさんのご自由だと思います。
ただ最低限私たちに出来ることは「そんな(JALに口もきけない様な)旅行会社は使わない」ということと、「この旅行会社は(対航空会社の)立場が弱いですよ、何かあった時心配ですよ」という情報を、人に教えて上げることではないでしょうか。
    • good
    • 0

お気持ちお察しします。


また大変お疲れの様子、ご同情申し上げます。

本件、新婚の方の旧姓・新姓の問題は、
海外旅行で最も多く発生するトラブルのひとつだと思います。
したがって、お客がこの問題を質問したら、事実関係を
きちんと確認して、間違えのないようにするのは
プロとして当然のことと思います。

旅行関係者の方の、「パスポートのサインは旧姓のまま」といわれ、
「パスポートの苗字も旧姓のまま」と解釈されても当然
というような意見、なんと寂しい人たちなんだろう、
この人たちは、お客に夢を売る商売に携わっていることを
認識しているのだろうかと思います。

私も以前、阪○○○○という別な業者で過去トラブルに会い、
事実を申し立てたのですが、
全く相手にされず、あげくの果てにクレーマー扱いされ・・・
っといった経験を持っています。
その会社も、全く体質は同じ、クレームは徹底的に無視せよ、
絶対に非を認めるなというような教育が
徹底されていたように感じました。

旅行代理店も薄利多売になりつつあり、一つ一つのことに
かまっていられないというような現実があるのは推察できますが、
競争が激しいだけにこのような顧客を軽視した商売をする
ところは、やがて淘汰されていく運命にあると思います。

われわれ消費者は非力ですから、何も出来ないかも知れませんが、
今後もネットで事実を伝えていくことは、同様な被害を発生させない
ためにも有効だと思います。
ただ、そのような行動で逆に営業妨害と訴えられてしまう危険性
もありますので、表現等に十分注意されますよう。
    • good
    • 0

旅行関係の方の回答を拝見していると、こういったことはよくあることで質問者さんの聞き方が悪かったのだとい言うような書込みがほとんどですが、そんなにこういったことがよくあるのならその辺を勘違いしていないかどうかもう少しわかりやすく確認してあげないといけないんではないでしょうか。



私も電化製品関連のクレームを受けていますが、一般消費者がこちらが普段からあたりまえと思っていることを理解されていないことはよくあることで、すぐに修理だ交換だと言ってこられますが、こちらも職業ですのでだいたいお客様が何を勘違いされているのかがわかりますし、また、わかってらっしゃるように見えるけど、念のためこれだけは伝えておこうなどと念押しすることもあります。

12万円もかかるような大事なのですから「あなたの間違いだろ」というのはちょっとお客様がお気の毒な気がします。
ちなみに私のまわりに聞き込みしたところ、ほとんどの人がパスポートのサインとスペルの意味合いはごっちゃになってて理解してませんでした。質問者さんと同じ事情なら同じように間違う可能性が高いと思われます。
    • good
    • 0

旅行会社で働いています。


私の働いている会社ではお客様のパスポートのコピーをとり、
スペルや有効期限のチェックなどは出発までに数人で何度もします。
ただ、個人情報の関係で提出を嫌がるお客様もいるので
今後パスポートのチェックは辞めようかという話もあります。
実際にJTBはやっていないと聞きました。

質問者さんは、「結婚して苗字が変わったんですが、
サインは旧姓のままなんです。」という意味でおっしゃったんじゃ
ないですか?
だとしたらトラベランドさんがローマ字表記も旧姓のままなんだと
思ってしまっても仕方なかったと思います。
ただ強いて言えば、トラベランド側も
「ローマ字表記は旧姓ですか?新姓ですか?」
くらいは聞いてもよかったかもしれませんね。

「約款の説明もなかった」とおっしゃってますが、
約款の説明をしていたら夜が明けます。
1から100まで説明できないので「必ずお読みください」と
書いてある約款やパンフレットをお渡しするのです。
私の働いている会社のある支店ではこんなお客様がいました。
当日、空港に行って提示したパスポートは
「長崎ハウステンボスパスポート」だったのです。
お客様は真面目にそう思っていたようなんです。
もちろんお申込み時に「パスポートはハウステンボスの
パスポートじゃだめですよ!」とは説明しませんでした。
「あれもこれも言われなかった」と言われるのが
一番ツライです・・・。
(ちょっとグチになってしまいました)
    • good
    • 0

久々に覗いてみたら、まだ開いていたので。


何年か前の私の体験です。
その当時、私はドイツに住んでおりました。そこに、いとこが友人(大学生です)と一緒に遊びに来ることになりました。そもそもの旅行は団体旅行で、他のメンバーは日本からウィーン経由でハンガリーへ。いとことその友人は、1行より先に日本をでて、ドイツによってウィーンで他のメンバーと合流をして、ハンガリーへ入る予定になっていました。
で、団体旅行で学生、ハンガリーのビザが必要でしたので、旅行会社が全員のパスポートを預かって、ハンガリーのビザを代理申請しました。
そして、もちろんその旅行代理店が飛行機のチケットの手配をしたのです。
ところが、その友人というのは北朝鮮籍の子で、日本のパスポートも北朝鮮のパスポートも持っておらず、日本の出入国は、再入国許可証で行うことになっていたのです。
当然、ドイツ、オーストリーも入国のためのビザが必要ですが、旅行代理店ではそのビザの申請も、ビザが必要なのでどうしますか、の一言もありませんでした。
その後、そのビザのない子はなにもしらずにドイツへ来たのですが・・・当然ながら入国審査でそのまま通れるはずがなく、数時間に渡って事情聴取をされました。ま、その後の顛末はおいておいて、ですけれど。
その後、その子が日本へ戻って、その旅行代理店へクレームを入れたところ、おわびの言葉どころか、自分でビザの手配をしなかったのが悪い、とまで言われる始末。どうも、担当者が出入国許可証を見たこともなく、どのような手配をすればいいかを、上司に確認することもなく、そのままにしてしまったようで。
で、なにがいいたいかといいますと、旅行代理店なんてその程度のものですよ。特に大手の代理店の窓口にいる社員に期待をするほうがだめなのではないかな。くどいほど、こちらの状態を話して、それらのやりとりを文章にでもしないと、事がすすまないような気がします。
回答ではありませんが。感想です。
    • good
    • 0

初めてこのご質問を拝見したとき、意味がよくわかりま


せんでした。

パスポートに記載されている名前と航空券の名前が違っ
ていたため搭乗できなかった、という、比較的ありがち
なトラブルで、パスポートにある名前が重要なのに、
なぜ「パスポートのサイン」を質問者様がもちだすのか、
理解できなかったからです。

通常、航空券を申し込む際、旅行代理店側は、‘ご自分の
パスポートに書かれている通りの名前で申し込んでください’
というような言い方をするはずです。
それを質問者様は、‘自分で書いた名前=サイン’ととって
しまい、所持人自署欄にある名前で申し込んでしまったわけ
ですね。

「パスポートにしてあるサインは旧姓のままなので」と、
実際に口に出して伝えたのですか?
おそらくそうではないでしょう(そういう言い方であれば
旅行社側もカン違いに気づいてくれたはずです)。
「パスポートの名前は旧姓です」と応えてしまったのでは
ありませんか?

質問者様は、間違えて申し込んでしまうまでの経過よりも
その後の相手方の対応を感情的な表現で問題になさって
いて申し込み時の具体的な言葉のやりとりまでは説明して
いただけないのでこのように想像したわけですが、そうで
あれば、相手方が一方的に悪いわけではないような気が
いたしますし、残念ながら、主たる落ち度は、質問者様側
にあるのではないでしょうか。

なお、補足かお礼でなにかコメントをいただけるのでしたら
お願いがあります。
無駄に行を空けて書き込むのはやめていただきたく存じます。
読むのにイライラしますので。
    • good
    • 1

旅行会社員です。


こういったトラブルははっきり言って本当に多いです。
現在、個人情報保護法の関係で、パスポートの提出は義務ではありません。
海外旅行ですし、お客様の中にはパスポートを持ってお申し込みに来られる方が多いです。国内ではないですし、通常はそれが正しいのではと思います。よく、お申し込み時に自分のパスポートスペルがわからないという方がおり、いくら海外に気軽に行けるようになったからと言って、名前がはっきりわからないまま申し込みをするなんてはっきり言って認識が甘すぎると思っています。

今回の問題は、
まず旅行申し込み書(つまり契約書)のところに、漢字での名前と、パスポートのスペルを書いていらっしゃいますか?書くところが必ずあると思うのですが。
大事なのはそのパスポートのスペルになります。
私の場合、申し込み書と一緒に、料金や名前を印字した、出発前の案内を記載した書面をお渡ししています。
その書面の中に、パスポートのスペルは必ず確認くださいと記載があります。もし、それで違っていて何かあった場合も、責任は負いかねますと記載もあります。
確かに、「パスポートのサインは旧姓である」と店員におっしゃっているのなら、パスポートの右下のサインのところが旧姓であると伝えていらっしゃるのだと思います。でも、やはりそれではパスポートのスペルが旧姓であるかどうかは店員にはわかりません。
店員は、サインが旧姓であるということで、申し込み書に旧姓と新姓と両方書いておいてくださいねと言ったのではないでしょうか?
その後、スペルの事も店員に確認しましたか?
そこでも、店員が旧姓で書いてくださいと言うならば、それはJTB側のミスですね。
でも、そのスペルのところまで確認せず、申込書のパスポートスペルのところも旧姓で書いてしまっているならば、JTB側のミスとはいえません。
通常でしたら別紙の書面でも渡している通り、パスポートと同じかを確認くださいと書かれた書面があるはずなのですから。

なので、もし、その申し込み書のパスポートスペルの欄については確認していらっしゃらず、、別紙のスペル確認くださいと書いてある書面もお手元にあるのでしたら、JTB側に非があるとは言えないのでは?と思います。
それでいて、パスポートのスペルが違って乗れなかったからどうにかしてと言われてしまっても対応のしようがない気がします。
パスポートのサインとスペル、これは似ているようですが、重要性は全く違います。

これは私の業務をこなす中での個人的な意見であるので、参考にして頂ければと思います。
    • good
    • 0

「このカテゴリで人気のQ&A」のトップに上がっていたので開いてみたところ、


まだオープンになっていたので、書き込ませていただきます。
こういう書き込みは教えてgoo!の趣旨に合わないかもしれないのですが、
このQ&Aはもう少しオープンにしておいたほうがいいと思います。
こういう悪徳業者に対して消費者は泣き寝入りするしかないという現状に対し、
ささやかな抵抗になると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツアー予約時にパスポート番号は不要?

韓国にツアーで行く予定です。

大手旅行代理店のネット限定プランに申し込みました。

その際、パスポート情報は名前のスペルを伝えるだけで、パスポート番号は記入が不要でした。

予約成立後は、航空便確定した一週間前くらいに代理店より来る案内以外は、特にやりとりがないようです。

通常(私の知る限りでは)、ツアー申し込みの際にパスポート番号を聞かれなかったことはありません。

当日になって飛行機に乗れない事態が発生するのが不安で、メールにて代理店に問い合わせたら、今回は事前通知が不要とのことでした。

大手旅行代理店なだけに大丈夫かとは思っていますが、自分で調べる限り、事前に必要という書き込みもあったりし、少し不安です。

パスポート番号を事前に伝えるのは通常、必須事項なのでしょうか。

通常伝える理由、今回不要な理由ってわかるかたいましたら教えてください。

もうすぐキャンセル料が発生する時期なので、違う代理店に予約し直すか悩んでます。

Aベストアンサー

基本的に旅行会社がパスポート番号を必要とすることはありません。
ただし乗車券(航空券、乗船券など・・・)を購入する際に、相手会社から要求があったら番号やパスポートそのもののコピーが必要になることもあります。
今回は事前通知不要ということですから、伝えなくても大丈夫ですよ。
名前のスペルは航空券の名前と完全に一致する必要がありますし、日本人の名前は結構表記に差があるので必ず確認します。

佐藤さんなら SATO か SATOH か
津川さんなら TUGAWA か TSUGAWA か
ヒロシさんなら HIROSI か HIROSHI か
京子さんなら KYOKO か KYOUKO か

だいたいの場合はパスポート番号はちゃんとパスポートを持っているか、有効期限は大丈夫か、VISAはあるか・・・などを確認するために聞くことが多いですね。
なにしろ日本人は自己責任というものにうといので、パスポートの期限が切れていても旅行社の責任にしようとする人がいますからね。

ちなみにパスポートには個人情報が記されています。
旅行会社も安易にパスポートの内容やコピーを預かると、万が一漏洩したら責任が来ますから最近は慎重になってきているようです。

基本的に旅行会社がパスポート番号を必要とすることはありません。
ただし乗車券(航空券、乗船券など・・・)を購入する際に、相手会社から要求があったら番号やパスポートそのもののコピーが必要になることもあります。
今回は事前通知不要ということですから、伝えなくても大丈夫ですよ。
名前のスペルは航空券の名前と完全に一致する必要がありますし、日本人の名前は結構表記に差があるので必ず確認します。

佐藤さんなら SATO か SATOH か
津川さんなら TUGAWA か TSUGAWA か
ヒロシさんなら HIRO...続きを読む

Q旅行申込時、パスポートは必要?

今回初めて海外に行こうと思っています。

タイトルの通りなのですが、JTBなので申込をする際、
パスポートを持ってないと申込出来ませんか?
それとも申込後の申請でも大丈夫なんでしょうか?

初歩的だとは思いますが教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

申込の時はいりません。

後日でもいいですよ。パスポートができたら
代理店に持参して、パスポート番号や
氏名(ローマ字)などを正確に伝えなければ
なりません。

むしろ旅行の申込の時には
申込金が必要でしょうね。
旅行代金に応じて、10万円ぐらいの代金なら2万円
20万ぐらいなら3万円、30万以上なら5万円など
内金として支払うと、すぐに旅行手配を始めてくれます。

楽しい旅行を!

QHISの手配ミス。どれくらい責任とってもらうべき?

こんにちは。すみません、長いんですがお付き合い下さい。
来月外国人の彼氏とオーストラリアの家族に会いに行く為、5月にHISで航空券を購入しました。
彼氏は飛行機恐怖症なので、航空会社は彼が信頼してるカンタス航空じゃないと乗れないと言ってた為、HISに行った際もこの話をし、見積もりを出してもらいまし。
でもやはり時期的にもかなり高く、念の為に同じ会社の格安航空ジェットスターの見積もりも出していただきました。
しかし彼は金額の問題じゃないんだと言ってカンタス航空を選び、支払いをすませ、10日程で航空券を送っていただく事になっていました。
チケットを購入した数日後から私はイギリスに短期留学に来ており、数日前に彼と電話で話していた際に彼が、『関西国際空港からゴールドコースト行きのカンタス航空はないって聞いたんだけど』って言っていて、私は『大丈夫、HISがちゃんと手配してくれたんだからないなんてあり得ないよ。チケットも届いてるでしょ?』って聞くと『え?届いてないよ。』って彼が言った為、翌日すぐにHISに行って確認をとってもらうと、やはり関西国際空港発のカンタス航空はなかったそうです。HISのスタッフもいろいろなところに電話かけてかなり時間をかけて調べてわかったそうです。支店長が平謝りをして、4万円を返すからジェットスターで行ってくださいとのことだったそうです。
彼氏は外国人だし内容を100%理解しておらず、ただ彼らが謝ってくれたからそのまま帰ったそうです。
しかし、HISに何回も通ってジェットスターとカンタス航空の違いを聞いたり、彼氏が飛行機恐怖症の話を相談してチケットの手配をしたのは私なので、私としては絶対にゆるせなくて、イギリスから抗議の電話をいれました。
いったい何の4万円なのか?
高いけどカンタス航空だからあの金額を払ったのになんだったのか?
最低でもジェットスターとの見積もりの金額の差額を返していただきたいのと、私の第一希望は、成田発のカンタス航空を手配してもらい、大阪からの交通費を負担していただきたいんです。というか、それが当たり前とおもうんですが、私の我がままでしょうか?
私が電話をかけた時支店長がおらず、対応した代理の方が『わかりません』『私は判断できません』の一点ばりで、話にもなりませんでした。
明日改めてHISに電話をすることになっています。

こういった苦情などをする事に慣れていない為、かなりストレスになっているんですが、このまま泣き寝入りもしたくないんです。
どなたかアドバイス下さい。
宜しくお願いいたします。

こんにちは。すみません、長いんですがお付き合い下さい。
来月外国人の彼氏とオーストラリアの家族に会いに行く為、5月にHISで航空券を購入しました。
彼氏は飛行機恐怖症なので、航空会社は彼が信頼してるカンタス航空じゃないと乗れないと言ってた為、HISに行った際もこの話をし、見積もりを出してもらいまし。
でもやはり時期的にもかなり高く、念の為に同じ会社の格安航空ジェットスターの見積もりも出していただきました。
しかし彼は金額の問題じゃないんだと言ってカンタス航空を選び、支払いをすませ、1...続きを読む

Aベストアンサー

HISは関空発のカンタス便がないのでジェットスターにしてくれ、
しかしジェットスターの運賃が5月時点の見積りより高くなってるので
4万円しか返金できないということでしょうか。

馬鹿も休み休み言え!のレベルと思います。

>しかし彼は金額の問題じゃないんだと言ってカンタス航空を選び、支払いをすませ、10日程で航空券を送っていただく事になっていました。

これは関空発ゴールドコースト行きの航空券の支払いですよね?
私の思い違いでなければ、普通、支払いを済ませたというのは
便名の確定および航空券も手渡されるものではないでしょうか?
100歩譲って、航空券の発券は後日としても
受け取りは残っているはずですが、
便名はどうなっていました?

購入した時点はその便は存在していたが、
8月は飛んでないということかもしれませんが、
それにしても無茶苦茶な話ですよね。
私が質問者さんなら、成田発で同様の要求をするのと同時に、
もしまだ同じ値段帯で空席があるようでしたらHISはキャンセルして
別のところで購入するかな…

質問者さんは5月の時点で関空発のカンタス便として支払いを済ませてるのですから、

>私の第一希望は、成田発のカンタス航空を手配してもらい、大阪からの交通費を負担していただきたいんです。

これは当然の権利と思います。
ぜひとも頑張っていただきたいです。

HISは関空発のカンタス便がないのでジェットスターにしてくれ、
しかしジェットスターの運賃が5月時点の見積りより高くなってるので
4万円しか返金できないということでしょうか。

馬鹿も休み休み言え!のレベルと思います。

>しかし彼は金額の問題じゃないんだと言ってカンタス航空を選び、支払いをすませ、10日程で航空券を送っていただく事になっていました。

これは関空発ゴールドコースト行きの航空券の支払いですよね?
私の思い違いでなければ、普通、支払いを済ませたというのは
便名の確定および航...続きを読む

Qハワイのホテルで部屋指定無しだと、期待できませんか?

ハワイに行きたいと考えています。
部屋指定無しが安くていいのですが、やはり海とか景観が良い部屋というのは期待できないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは、現在旅行業務に精通している者です。

結論から言えば、ツアーによって異なりますが、リクエストしてみると部屋のランクが変わることもあります。通常格安ツアーで指定先になるホテルは、ビューよりも利便性が良く客室数が割と多いホテルを提供しています。オーシャンビューと言っても海が視界に入る程度の部屋がほとんどです(笑)表通りから一本中に入った(ホノルルではクヒオ通りなど)通りにあるホテルが良く利用されます。時期的な事ですが、ホテル側の好意で通常利用するフロアや向きをオーダーよりもランクを上げて用意していただけることも多々あります。当日ホテルにお客様をお届けした際に急遽ランク上の部屋に変えていただいた事もありました。
ツアーの人数によって旅行業者側も直前にホテルを変更したり、逆に追加したりとする場合もありますので、それとな~く『出来ればお願い!』などと言っておく価値はありますよ(笑) 
先に回答された方の言われる通り、夜景に関しては高層階からしかあまり期待できませんし、日中はほとんど部屋の中では過ごされない方が多いようですのであまり期待されないほうがいいかもしれませんね。

これからのハワイはとても過ごしやすく快適なご旅行になると思います。思い出に残るご旅行になりますように!
いってらっしゃ~い

こんばんは、現在旅行業務に精通している者です。

結論から言えば、ツアーによって異なりますが、リクエストしてみると部屋のランクが変わることもあります。通常格安ツアーで指定先になるホテルは、ビューよりも利便性が良く客室数が割と多いホテルを提供しています。オーシャンビューと言っても海が視界に入る程度の部屋がほとんどです(笑)表通りから一本中に入った(ホノルルではクヒオ通りなど)通りにあるホテルが良く利用されます。時期的な事ですが、ホテル側の好意で通常利用するフロアや向きをオー...続きを読む

QHISのよくない噂

夏に結婚することになって、オーストラリアに行く予定です。
オーストラリアで海外挙式をしてそのままハネムーンをと思っています。

先日から各旅行会社を見に行って調べているのですが、近畿日本ツーリストで
いいプランを見つけ、仮予約しました。
その後、HISに行きました。
HISはプランを自由に選べる(全然知らなかった(^^;)ようで、
これがまた近ツと同じようにいい感じのプランを組むことができました。
しかも見積もり段階で近ツよりもだいぶ安い!!

ですが、HISは今まで利用したことが無く、あまり良くない噂を聞きます。
「安さ重視だからアフターフォローが全然ダメ!!」だとか、
「いざという時(トラブル時)の対処が遅くて、時間の限られてる旅行で
対応に時間がかかり過ぎて、せっかくの貴重な時間が無駄になってしまった」等。
周りの旅行好きの友達や、会社の人もみんなそう言います。

そこで教えて頂きたいのですが、実際にHISを利用された方、
特にHISを利用してトラブル等を経験された方!!
HISの対応はどうだったでしょうか!?

ちなみに実際にHISの窓口に行っていろいろプランを考えてもらって、
個人的には、他の旅行会社に劣らず対応もよく全然問題ないように感じました。
ですが、そんな噂を今までよく聞いているので、
海外旅行初心者としてはやはり不安になります。
今回、普通の旅行じゃなく、挙式&ハネムーンという大事な旅行だし、
お互いの家族も一緒に行くので、ほんとにそうなのかすごく気になります。

たまたま対応がよくなかったとか、担当者がなってない人だったとかいう
ことはどこの旅行会社でもあるかとは思いますが、
それはそれで許されないことだし、こちらとしてもそれでは困ります!
時間があまりないので、できるだけ詳しくいいアドバイスを頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。m(_ _)m

夏に結婚することになって、オーストラリアに行く予定です。
オーストラリアで海外挙式をしてそのままハネムーンをと思っています。

先日から各旅行会社を見に行って調べているのですが、近畿日本ツーリストで
いいプランを見つけ、仮予約しました。
その後、HISに行きました。
HISはプランを自由に選べる(全然知らなかった(^^;)ようで、
これがまた近ツと同じようにいい感じのプランを組むことができました。
しかも見積もり段階で近ツよりもだいぶ安い!!

ですが、HISは今まで利用した...続きを読む

Aベストアンサー

旅行会社のものです。

HISさんと大手と比較して、何故お値段が違うのでしょうか。
使用する素材自体(航空会社やホテルなど)が同じであれば、そう開きは出ないはずですよね?

旅行という目に見えない商品を取り扱うわけですから、実際の旅行が始まると、旅行会社に責任があるものもないものも含め、様々なトラブルが発生しがちです。
飛行機の遅れ、天候不良、病気、盗難、事故などといった旅行会社としては不可抗力のものもあれば、残念ながら人為的な手配ミスのように旅行会社に責任のあるものまで様々です。
それらのトラブルを事前に察知して被害を防止し、あるいは被害を最小限にするべく手を尽くし、あるいは少しでも早く原状回復をするためには当然人の手が掛かります。
そのための人件費や社内体制の維持費をより多く支払っている大手の方が割高になるわけですね。

ただ、人材という点では、HISさんにも優秀な人はいますし、残念ながら大手であってもマヌケなヤツは一定の割合でいます。
あってはいけないことで、日々ないように努力はしていますが、人為ミスの撲滅はできません。
こういったことに対して組織としてリカバリーの仕組みを持っているか、また、実際の現場でそれがどこまで機能するか、という点ではやはり大手はすごいです。
ただ、トラブルはナマモノですので、いつ何時どんなことが起こるかを予見できないこともあります。大手だからと言って常に即座に100%、120%の対応ができる保証もないのです。

また、HISさんの商品は、航空会社やホテルが指定できない商品が多いのですが、これは旅行代金を低く抑え、利益を確保するためのテクニックです。
一つは、航空会社との販売契約数(半期や月に何席など)をクリアしないと、商品設定時に想定した原価を上回ってしまうことになるので、各社に効率よく送客する必要があるためです。
もう一つは、若干の差額で航空会社やホテルを指定できることをご案内して、指定料を頂戴することにより売上を伸ばすためです。


今回の皆様のレスはとてもリーズナブルですが、一般にHISさんへの悪い評価(噂)のカキコは、その辺を勘違いされた方が、自分の思う内容と異なっていたと感じられているだけのような気がします。私は同業の立場から見ていて、HISさんは決して“安かろう悪かろう”ではないと思っています。
様々なHP等でのHISさんへの評価を拝見しますと、付加価値を不要と考え、いわばぜい肉を削いだ商品をお買い上げの方が、結果として“無料の付加価値”を求めているようにしか見えません。

HISさんはこういった仕組みや体制を理解した上で、品質とお値段を比較して購入する商品を決定でき、かつ自分で責任を持って旅行できる人が選ぶべき会社です。
即ち、“自分で出来るので不要”という方にとっては、様々なサービスやバックアップ体制は余計な付加価値であり、その分安くしてもらったほうがいいわけです。
そういう人にとってHISさんはとても強い見方のはずですし、そもそも澤田社長が起業されたコンセプトもそういったところにあったと思います。

話が大きくなってしまいました。
ツアーにどこまでの内容を含ませるのかによっても異なるのですが、原則的には自分で対処できるならHISさん、お任せで旅行を楽しみたいなら多少割高でも大手がいいと思います。

旅行会社のものです。

HISさんと大手と比較して、何故お値段が違うのでしょうか。
使用する素材自体(航空会社やホテルなど)が同じであれば、そう開きは出ないはずですよね?

旅行という目に見えない商品を取り扱うわけですから、実際の旅行が始まると、旅行会社に責任があるものもないものも含め、様々なトラブルが発生しがちです。
飛行機の遅れ、天候不良、病気、盗難、事故などといった旅行会社としては不可抗力のものもあれば、残念ながら人為的な手配ミスのように旅行会社に責任のあるものまで様々で...続きを読む

Qパスポート取得にかかる日数について

パスポートの申請をしてから何日ぐらいで
取得できますか?
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは~☆

休日を含めないで、おそよ1週間くらいです。

最寄りのパスポートセンターに電話して、例えば明日申請したらいつ出来る??って聞くと教えてくれますよ。

QESTA・入力を間違えて申請してしまったら・・・

アメリカ旅行をする場合、ESTA申請が必要になりましたね。
どうも、このESTA、パスポート情報を間違えて申請してしまった場合にも許可が下りてしまうようなのですが・・・
アメリカ大使館のHPのESTAについてのQ&Aには

>もし申請者がパスポートの情報や個人情報、または伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取消しや強制送還歴の有無などの適性に関する回答を間違った場合で、ESTA申請書を送信した後に間違いに気づいた場合は新しい申請書を提出しなければなりません

とありますが、一度申請したら、訂正のために再申請するには10日後でないとできないようなのです。

もし、間違えて入力してしまったが出発まで10日もないような場合はどうすればいいのでしょうか?
または入力間違えに気づかずそのまま空港に向かってしまった場合はどうなるのでしょうか。
飛行機に乗れませんか?乗たとしても、アメリカに入国できませんか?

ご存知の方、教えてください

Aベストアンサー

私も入力間違いをしてしまい大変でした。
少しでもお役に立てれば、と思います。

私はパスポートの有効期限を間違えました。
アメリカ大使館の有料相談に相談しキャンセルの手続きをしました。
esta@cbp.dhs.gov に英語でメッセージを送ります。内容は↓

間違えたので以下の申請をキャンセルしたい
パスポート番号が間違っていないので新規申請ができない
ESTA申請番号、名前、パスポート番号、国籍、訂正箇所

です。翻訳ソフトで英語にして送りましたが、分かって貰えます。
するとESTA事務局から返事が届きます。
時差があります。ちなみに私には次の日の6時頃チェックをしたら
届いていました。誠実に返事を必ずしてくれますよ。
返事の内容が「キャンセルしました」になっていればOK。
すぐに新規申請が可能です。

ESTAの基本的な考えとして
「申請したからといって、入国を正式に許可したわけではない。
入国審査の時に最終的に審査する」というものが
あるようです。ですから、あんまり大事ではないよ、というような
印象を受けました。事実、アメリカ大使館の方は間違っていても
「大丈夫ですよ。入国できますよ。」とおっしゃっていました。

ちなみにパスポート番号の訂正はすぐに新規で申請すると大丈夫だと
思われます。心配ならキャンセルを、という話です。
ESTAのシステム上に同じパスポート番号の書類は存在してはいけない
ので、新しく申請し直すと大丈夫だと思います。
間違った番号の書類の人間は存在しない、
ということになりますからね。
お役に立てたら嬉しいです。

私も入力間違いをしてしまい大変でした。
少しでもお役に立てれば、と思います。

私はパスポートの有効期限を間違えました。
アメリカ大使館の有料相談に相談しキャンセルの手続きをしました。
esta@cbp.dhs.gov に英語でメッセージを送ります。内容は↓

間違えたので以下の申請をキャンセルしたい
パスポート番号が間違っていないので新規申請ができない
ESTA申請番号、名前、パスポート番号、国籍、訂正箇所

です。翻訳ソフトで英語にして送りましたが、分かって貰えます。
するとESTA事務局から...続きを読む

Q海外旅行でのトラブルについて

新婚旅行のため、11月上旬JTBのツアーで「添乗員が案内する~エールフランス航空復路直行便で行く~よくばりロマンティック街道とスイス・パリ8」というもので旅行しました。

トラブルがあり、旅行会社と話し合いの最中です。旅行規約等の知識がまったくないため、教えて下さい。

最終日、空港に行ったところオーバーブックでツアーの中で、私達夫婦を合わせて4名の搭乗ができないと言われました。添乗員さんが交渉した結果、荷物も預かっているから必ず乗せるという約束で搭乗口まで進みました。
キャンセルが出たのか、4名のうち2名は搭乗できることになったものの、私達夫婦は最後の最後で乗ることができないと言われてしまい置いていかれました。

添乗員さんは、最後まで搭乗できるよう交渉してくれていました。無理だとわかった時点では、緊急連絡先には必ず連絡を入れる旨を約束してくれ、何度も誰かと電話でのやりとりを繰り返していました。その時点でホテル名がわからなかったため、帰国が遅れることのみで、ホテル名は連絡しなくても良いということを伝えました。

エールフランス側のオーバーブックで、保証金600ユーロと翌日のチケット、その日のホテルは予約してもらいましたが、添乗員もいないなか、不安な思いでいっぱいでした。

日本語の話せるエールフランスのスタッフが、簡単な案内はしてくれたものの、ホテルまでの移動、ホテルのチェックインなど、ヨーロッパがはじめての二人にとってはかなりの不安がありました。

また、スーツケースは返してもらえず、機内持ち込み用の荷物しか持っていない状況で、彼に至っては上着もない状況でした。ホテルに着いたのは深夜1時をまわっており、夕食とっておらず、着替えもない、ホテルにはアメニティーグッズもないため、お風呂もままならない状況でした。

翌日、現地の日本人スタッフがホテルまで迎えに来てくれて搭乗手続きを行ってくれたため、何とか日本に帰国することができました。

なぜ私達だけがという不満はあったものの、エールフランス側の手違いで、添乗員さんや旅行会社に不満はありませんでしたので、納得はしていました。

その後、JTB側より旅行会社に連絡が入り、旅行の日程が変更になったため、旅行代金の10%を返金するという電話がありました。

さらにその3日後、緊急連絡が来ていないということがわかり、旅行会社にJTBに状況を確認してもらうようお願いの電話をしました。すると、「何のための緊急連絡先かわからない、すぐに確認し連絡します」という回答を得られました。緊急連絡がなかったことの発覚が遅くなったのは、2人が飛行機に乗る前にパリから実家に電話を入れていたためでした。電話をした時点では、すっかり緊急連絡がなされているものだと思って安心していました。

数日後、旅行会社より電話があり、旅行会社の方が、JTBに緊急連絡先を伝え忘れていたという事実を告げられました。
電話で確認すればとの追求には、JTBは連絡先がわからなかった時点で旅行会社に連絡をすると土日で電話がつながらなかったとの返答がありました。

事実月曜日にも連絡は入っておらず、追求するまでは緊急連絡をしていないという事実すら把握していない状況でした。
現在旅行会社、JTBの両者が責任のなすりつけあいのような状況になっています。

初めてのヨーロッパで、海外旅行のトラブルが増えているため、保険も一番高いものに入り備えていたのに、緊急連絡すらしてくれていなかったこと、非常に適当にあしらわれた気分です。旅行代金の10%の返金では納得できません。この金額は妥当なものでしょうか。詳しい方教えて下さい。

長文になり大変申し訳ありません。

新婚旅行のため、11月上旬JTBのツアーで「添乗員が案内する~エールフランス航空復路直行便で行く~よくばりロマンティック街道とスイス・パリ8」というもので旅行しました。

トラブルがあり、旅行会社と話し合いの最中です。旅行規約等の知識がまったくないため、教えて下さい。

最終日、空港に行ったところオーバーブックでツアーの中で、私達夫婦を合わせて4名の搭乗ができないと言われました。添乗員さんが交渉した結果、荷物も預かっているから必ず乗せるという約束で搭乗口まで進みました。
キャンセ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。初めての欧州旅行の最後の日に思わぬトラブルに巻き込まれ、さぞかし心細い思いをなさったことでしょう。お見舞いいたします。

整理しましょう。質問者さんの挙げた問題点は次の点です。

1 パリからの帰国便がオーバーブッキングとなり、パリに延泊せざるをえなかった
2. 帰国が遅れるということのみをご実家に伝えて欲しいと添乗員(これはおそらくJTBのプロ添乗員)に依頼した
3. しかし帰国後に、JTBからご実家にはその連絡がされていなかったことがわかった
4. その原因として、
1)販売旅行会社(JTBの代理店)がJTBに事前に緊急連絡先を伝えていなかった
2)JTBは連絡先を知ろうとして販売会社に連絡を取ろうとしたが、週末に当たっていたので販売会社は不在だった
3) しかも月曜になっても連絡を取り合っていなかった
5. 一番高い保険にも入るなど自分ではリスクにも備えていたが、JTBや旅行会社の不手際で不満が残る

これらが重なって、
6. JTBが旅行費用の10%を返金すると言っているが、納得できる額ではない

と思っていらっしゃる訳ですね?

まず1.のオーバーブッキングですが、これは航空会社の責任であり、旅行を企画、実施したJTBの責任ではありません。企画型募集旅行(主催旅行)では航空、宿泊、その他のサービスなどすべての手配予約を完了した時点で旅行会社の責任は一旦終了します。ただしその後は何もしない、と言う意味ではありません。この次は、JTBと添乗員はそれらの手配に基づいて円滑に旅行を進行、運営する責任と義務があります。

今回の事例ではパンフレットなどに記載された旅行手配を完璧に行っていたことでJTBはオーバーブッキングの責任を免れます。オーバーブッキングは航空会社の「少しでも売り残しをなくしたい」という販売施策の失敗結果であって、JTBが予測できるものではないからです。なんとかご夫妻を搭乗させたいと添乗員が努力するのは当たり前のことですが、搭乗できなくてもその責任はJTB、添乗員側にはありません。なお、オーバーブッキングは珍しいことではありません。旅行シーズンなら世界各地の空港で頻発しています。

したがってこのオーバーブッキングそのものでJTBの責任を追及することは不可能です。質問者さんもこの時点までは大きなお怒りがなかったのではないだろうか、と推測しています。

2.の緊急連絡先(おそらくご実家でしょうか)への連絡依頼は当然のことであり、添乗員は搭乗直前にJTB(日本)、あるいはJTBの在パリ支店にその連絡をさらに依頼したことでしょう。

ところが3.と4.で明らかなようにその連絡はご実家には届いていなかった訳です。ここでちょっと疑問が出てくるんです。

そのひとつは添乗員への依頼内容です。添乗員は出発前にJTBから顧客情報のリストを受け取っています。お名前、住所、電話番号、旅券番号、発給年月日、そしてご実家のような緊急連絡先です。ですから、「帰国が遅れる」と言う連絡をしてくれ、と依頼すれば添乗員はJTBから受け取っているリストを参照しながら、JTBあるいはJTB在パリ支店に連絡が可能です。

仮にJTB(日本)がその連絡を受け取ったなら、手元には添乗員と同じ顧客データがありますから、週末に関わらず販売代理店を通さずにご実家に連絡が出来た、ということになります。

もうひとつ、質問者さんが「日本の緊急連絡先に連絡を」と添乗員に仰れば、添乗員はその連絡先電話番号をあなたに確認するはずなんです。このような会話はなかったのでしょうか?

もうひとつ不思議で不可解なのは、販売会社がJTBに緊急連絡先を伝えていなかった、という事実です。旅行をお申し込みになった時点で販売会社はJTB所定の旅行申込書に情報を記入してJTB側に送付します。そのコピーをあなたにもお渡ししているはずなんです。ですから、JTBは旅行出発前からあなたの緊急連絡先を知っているはずなんですよ。わざわざ販売代理店に聞く必要すらないんです。この緊急連絡先というデータは非常に大事なデータで、販売店、JTBの予約管理者などを経由していながら、手違いで記載漏れに気が付かないということは通常考えられません。

ただミスの見逃しがゼロと言うわけではないので、月曜になっても販売会社やご実家に連絡をした形跡がないと言うのはJTB側がお粗末ですね。
(字数制限があるので次の投稿にします)

こんにちは。初めての欧州旅行の最後の日に思わぬトラブルに巻き込まれ、さぞかし心細い思いをなさったことでしょう。お見舞いいたします。

整理しましょう。質問者さんの挙げた問題点は次の点です。

1 パリからの帰国便がオーバーブッキングとなり、パリに延泊せざるをえなかった
2. 帰国が遅れるということのみをご実家に伝えて欲しいと添乗員(これはおそらくJTBのプロ添乗員)に依頼した
3. しかし帰国後に、JTBからご実家にはその連絡がされていなかったことがわかった
4. その原因として、
1)販売旅行...続きを読む

Qエクスペディアどう思いますか?

昨年の夏に初めてエクスペディアを利用しました。

利用したキッカケは、セゾンカードの特典にクーポンコードがついていることと、他社予約サイトと比べて安かったからです。

ですが、日に日に残念な企業に思えて仕方ないので質問させてください。

エクスペディアどう思いますか?

今までの予約は、予約ミス等無く事前払いでスムーズに宿泊できていました。ですが当時エクスペディアの案内では「クーポン等は不要なのでパスポートだけお持ちください」と。

しかしながら数軒のホテルは「バウチャーをよこせ」と言ってきました。
私は心配性なのでとりあえず予約控えの印刷とホテルに事前に予約確認の電話を入れているのですが、エクスペディアと言ってることが違う!

またあるホテルでは、送迎サービスあり。とあったのでエクスペディアの予約センターに電話したら冷たく「ご自身でホテルに連絡してください」と・・・。(そのときは電話でなくメールで自身でホテルに送迎依頼をしました)

そして例のスーツケース大量当選者事件。お詫びのクーポンコードをもらったのですが、直近で利用しようと思った予約にクーポンコードが入力できない。予約センターに電話したら「クーポン配布後2週間後にミニマムペイメントができて1室1万円以上の予約しか有効でなくなった」と。

他のクーポンコードも知っていたのですが、「利用条件」にはミニマムの記載がないのにいざ入力するとエラー。問い合わせると「ミニマム未満ですので~使えません~」と悪びれる様子もなく、「ミニマム以上のご予約をされるならお手伝いしますけど~??」と上から目線で言われ「何様だよ、こいつ」と思うばかり。

と、嫌な思いはしているので正直「利用したくない」「信用できない」「こんな会社に金落としたくない」という強い思いもありますが、確かに「安い」というメリットもあります。

私は海外ホテル予約しか使う予定はないのですが、ネット等でもエクスペディアの非道?について書かれている方も多く困惑するところです。

皆さんは「安い」と割り切ってエクスペディア使いますか?それとも高くても「安心・信頼できる」ところで多少の費用はかかっても予約されますか?

昨年の夏に初めてエクスペディアを利用しました。

利用したキッカケは、セゾンカードの特典にクーポンコードがついていることと、他社予約サイトと比べて安かったからです。

ですが、日に日に残念な企業に思えて仕方ないので質問させてください。

エクスペディアどう思いますか?

今までの予約は、予約ミス等無く事前払いでスムーズに宿泊できていました。ですが当時エクスペディアの案内では「クーポン等は不要なのでパスポートだけお持ちください」と。

しかしながら数軒のホテルは「バウチャーをよこせ」...続きを読む

Aベストアンサー

読んでいて思わず笑ってしまいました。失礼!あまりにも体験されたことが同じことばかりで・・・・。
私は他の方々とは全く別意見です。

エクスペディアは、数年前から度々使っていましたが、以前は、そのようなことはほとんどありませんでした。
事件が起きたのは今年の夏です。
ビンタン島のホテルで、予約した時に1泊1部屋につき50ドルの食事クーポン付、というカテゴリーで予約したのですが、いざ、ホテルに行ってみると、そんな契約はないと・・・・。
結局ホテルから問い合わせてもらったり、帰国してからエクスペディアにクレームをつけたりして、当初の予約どおりの条件をクリアしてもらいましたが、正直、疲れました。
その後もその「当選メール」のクーポンを使おうとしてまたトラブル。
別のところからきたクーポンを使おうとしてまたトラブル。
ああ、もうつかえねえ!と思いましたね。

よほどのことがない限り、しばらく使いません。
おそらく最近何かが起きたのでしょう。管理者が変わった?経営方針がかわった?コンピューターのシステム管理が変わった?・・・どれかわかりませんがね。以前はそんなこと全然なかったのですから。

必ずしもエクスペディアが安いわけでなく、よく探してみるとお得感の強い業者は他にもありますし、それぞれの業者さんで強い地域、国があり、その都度使いわけたいと思っています。
エクスペディアに拘らず、その都度、よく吟味した上で業者の選択をしてはいかがでしょうか?

読んでいて思わず笑ってしまいました。失礼!あまりにも体験されたことが同じことばかりで・・・・。
私は他の方々とは全く別意見です。

エクスペディアは、数年前から度々使っていましたが、以前は、そのようなことはほとんどありませんでした。
事件が起きたのは今年の夏です。
ビンタン島のホテルで、予約した時に1泊1部屋につき50ドルの食事クーポン付、というカテゴリーで予約したのですが、いざ、ホテルに行ってみると、そんな契約はないと・・・・。
結局ホテルから問い合わせてもらったり、帰国して...続きを読む

Q国内線 空港には何分前に着くべきでしょうか?

来週、関空から羽田に行きます。
関空までの電車の時間がぴったりの時間のものがなく、
1時間以上前に着くか、ぴったり30分前に
着くものかしかありません。

朝、7時20分発の飛行機です。
6時50分に関空につく電車だと遅いでしょうか?

国内線は30分前で十分だと聞きましたが、
もし込み合っていたりしたらと不安になりました。

Aベストアンサー

関空-羽田間を、年に4~5回往復しています。
結論から言いますと
「間に合うけど、おすすめできない」です(^_^;)

国内線の場合(知る限り、JALとANAでは)
「搭乗手続きはご出発の15分前まで」ですので、
7:20のフライトなら、理論上7:05にチェックインできればOK。
関空に6:50に到着して、まっしぐらに目的地に向かえば
6:55~7:00にはチェックインカウンターへ着きますので、
可能と言えば可能ですが、
もし電車の切符を紛失したり、電車がちょっと遅れたり、
トラブルが少しでもあったら一発でアウトです。
慣れてらっしゃらないなら、おすすめできません。

『間に合わなければ、次の便に振り替え』るなら賭けてみてもいいと思いますが、
『絶対その便に乗る必要がある』なら、
ちょっと大変ですけど1時間以上前に着く方をおすすめします。
早めに着いて、手続きも済ませてからゆっくり朝ゴハン、は如何でしょうか。
マクドなんか6:15からやってるようですし(^_^;)

尚「搭乗口へは手荷物検査を済ませ10分前までに」
となっておりますので、
もし50分に着いた場合は、ダッシュでチェックインして、
そのまままっすぐ、搭乗口へ向かって下さい。
最近、手荷物検査も混んでいる時があります。

15分前にチェックインしてから搭乗口に10分前に、って
「ちとムリなんじゃ(^_^;)」と思うのですが(笑)。
要は、それはあくまでデッドラインで、もっと早く手続きしろ、
ということなのでしょうね。

先日、おおいなる思い込みから、
「搭乗手続きに余裕で間に合ったのに飛行機に乗り遅れる」という
惨事をしでかしました。
羽田便なら、ギリギリに乗り込んでいる人も多いので大丈夫とは思いますが、
「そういうこともある」と思っておいて下さい。

参考URLに、先日私が教えていただいた質疑応答を載せておきます。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1661550

関空-羽田間を、年に4~5回往復しています。
結論から言いますと
「間に合うけど、おすすめできない」です(^_^;)

国内線の場合(知る限り、JALとANAでは)
「搭乗手続きはご出発の15分前まで」ですので、
7:20のフライトなら、理論上7:05にチェックインできればOK。
関空に6:50に到着して、まっしぐらに目的地に向かえば
6:55~7:00にはチェックインカウンターへ着きますので、
可能と言えば可能ですが、
もし電車の切符を紛失したり、電車がちょっと遅れたり、
トラブルが少しでもあったら一発...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報