需要曲線、供給曲線について詳しく説明してあるところってありますか?
IS曲線、LM曲線について説明し、それによる経済政策の効果について説明してあるところってありますか?

理数系の大学の一年なのですが、経済を選択しているのに、よくわからなくて。
自分で色々調べたいのですが、いいところが見つかりません。
自分で調べて考えたいので、それについての説明はしなくてもいいです。
すいません、勝手なお願いで。よらしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと日本語のわかりにくいとこもありましたが、望み通りの希望を叶えて下さり、感謝しています。ポイントがとらえてあり、読みやすかったです。

お礼日時:2001/02/05 23:24

確かに、インターネットよりも本の方がいいでしょうね。


中谷マクロもいいですが、
N・G・マンキュー「マクロ経済学」東洋経済新報社
もお奨めですよ。

ちなみにニックネームは某超有名経済学者からとろうと
したものですが、間違えてしまいました。keynesと入れたかった
のだけど…。分かる方、分かっても突っ込まないでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はぁ…。やっぱり自分にとって読みやすい本を自分で探した方がいいのでしょうか。見てみようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/05 23:32

やはり本のほうが読みやすさ、わかりやすさの点で優っているでしょう。



中谷巌
『入門マクロ経済学』(日本評論社)

これがわかりやすく,経済政策の効果について知るにはいい本でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一応、マクロ経済学入門という本を学校で購入したので、それと照らし合わせながら見れたらいいなぁと思ってまして。でも、ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/05 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q需要ある資格について

22歳女です

有料老人ホーム(夜勤有)で働いています。

仕事が落ち着いてきて今から何か資格の勉強をしようと思うのですが、せっかくなので転職も視野にいれた勉強をしたいと思っています。なので現在の仕事しながらでも勉強できる需要のある資格を知りたいです。

自分で調べたところ宅健やMOSが良いかと思いましたが、他にも皆さんの意見をお聞きしたいです。

暗記は苦ではなく、学生時代、数学系の科目も嫌いではなかったです。パソコンもワード、エクセルは最低限使えます。また現在英会話の勉強中です。

現在もっているのは

普通運転免許
漢字検定2級
珠算検定2級
ホームヘルパー2級
英語検定3級

です

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

社会福祉士は、実習免除になる可能性があります。
福祉系では、他に精神保健福祉士もあります。

個人的に民間資格はあまり好きではないので
MOSは、薦められません。永遠にマイクロソフトという
会社があるなどという保証はありません。

Q需要と供給で需要が無く供給過剰で企業に元気がないので従業員の給料も安い。従業員は給料が安いので需

需要と供給で需要が無く供給過剰で企業に元気がないので従業員の給料も安い。

従業員は給料が安いので需要がさらに下がる。

この負のスパイラルを脱するには、

企業が利益がないけど従業員の給料を上げる以外にどういう方法が負のスパイラルから脱せれる方法がありますか?

Aベストアンサー

政府は、経団連に対して従業員の給与をベースアップで対応するように要請しましたね。
要するに、給与アップ→消費拡大→企業業績回復→給与に反映→消費拡大・・・という好循環を期待したのですが、それは所詮一部上場の限られた企業であって、全企業の99.7%、就業者数の7割に当たる、中小・零細企業はその恩恵に与れないまま今に至っています。
方法を考えるとしたら、経団連の「子飼い」である上場企業を基準に政策を考えるのではなくて、99.7%の方にフォーカスを当てて“何をすべきか”を考えるべきです。
政府がそういう意識転換を図らない限り無理かと思います。
飛行機の離陸に例えて、“前輪(大企業)が上がれば、やがて後輪(中小企業)も上がる”と言いますが、もはやそんな時代ではありません。

Qインドネシア語、マレー語を使う仕事ってある?

こんちにわ。タイトルの通りの質問です。以前東南アジアの方に住んでいた事があり、インドネシア語&マレー語が、ペラペラではないですが少しできるので、転職期間中にめいっぱい勉強して資格なんかも取っていけば、それら言語を使う仕事に就けるかなあと思っているのですが実際の所どうなんでしょうか。

東南アジアの方から来る方は大体英語が堪能なので、インドネシア語を使っての日本語授業などは需要がないだろうと考えています。あるとしたら、現地での工場立ち上げ業務だとか、現地へ赴く方を対象としたレッスン等でしょうか。日本を離れて働くのは考えてません(1,2ヶ月ならokですが)。難しい参考書なんかには、貿易関係のサンプル書類の問題が載っていたので、そういう仕事があったら目指したいのですが。ガルーダ&マレーシア航空はあんまり社員募集してませんよね~。通訳はよく調べてませんが、仕事量と給料がちょっと不安です。

自分は23歳の男で、パソコン関係の仕事をしてます。ネットワークに詳しい社会人経験1年です。新宿に住んでいるので何か探せばないものでしょうか。ちなみに英語はTOEIC450点レベルです。お知りの方回答お願い致します。

こんちにわ。タイトルの通りの質問です。以前東南アジアの方に住んでいた事があり、インドネシア語&マレー語が、ペラペラではないですが少しできるので、転職期間中にめいっぱい勉強して資格なんかも取っていけば、それら言語を使う仕事に就けるかなあと思っているのですが実際の所どうなんでしょうか。

東南アジアの方から来る方は大体英語が堪能なので、インドネシア語を使っての日本語授業などは需要がないだろうと考えています。あるとしたら、現地での工場立ち上げ業務だとか、現地へ赴く方を対象とした...続きを読む

Aベストアンサー

貴殿の語学力は、貴重ですよ!
大手の転職会社などに、登録しコンサルタントと相談された方がいいですよ。
まだ、お若いようですし色々と可能性がありますよ。

Q今の日本の経済は需要と供給とどちらが多いのでしょうか?

製造業が操業停止をしていることから
需要<供給になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

世界経済は5年近く米国を中心にバブル経済化してしまっていました。ありもしない利益想定の上に債券や株券などの金融商品が高値を付け、金が金を生みだし続け、そしてそのバブルが2007年にはじけました。
当初はそれらのバブル崩壊はかなり楽観的に見られ、サブプライムローンという局所的な事と多くの経済学者や評論家などによって解説されました。
しかし2008年に入るとバブル崩壊による諸問題が、徐々に明るみの場に出てきました。やがて公的資金によって大きくて潰せない企業や金融期間の救済が始まりました。しかしそれでも対応しきれない問題が更に表面化したのがリーマンショックでした。

深刻さが深まる経済の常態は、リーマンショックによって一気に表面化しました。

そして、そのバブル経済に合わせた生産体制を大多数の企業は行っていたわけです。例えば、トヨタならそのバブル景気の需要が今後も続く事を想定して、物を調達し、人を雇い、ファイナンスを設定していた訳ですが、その前提がバブル崩壊ですべて崩れた訳です。

そうやって世界中の企業が需要以上の供給体制をしいていたのです。しかしバブル崩壊で需要は一気に想定を遙かに下回り、リストラが世界中で始まったというのが現在です。

更にリストラは需要を縮小させる効果があります。ある企業のリストラは取引先などの関係企業にリストラを結果的に要求する事態を招きます。そんな事があちらこちらで起こると物が売れなくなるため、それが更にリストラを招きます。デフレです。

基本的にバブルとは幻想の上に成立している、需要>供給という事態です。そしてその嘘がばれると、バブル想定の供給体制と実態の差から、
供給過剰という事態が明るみの場に出されます。そして勢いづいたリストラによってデフレへ陥る羽目になってしまいます。

(上記で記載したリストラは、従業員の首切りだけではなく、経費削減なども含む、本来の意味でのリストラという意味で使っています。)

世界経済は5年近く米国を中心にバブル経済化してしまっていました。ありもしない利益想定の上に債券や株券などの金融商品が高値を付け、金が金を生みだし続け、そしてそのバブルが2007年にはじけました。
当初はそれらのバブル崩壊はかなり楽観的に見られ、サブプライムローンという局所的な事と多くの経済学者や評論家などによって解説されました。
しかし2008年に入るとバブル崩壊による諸問題が、徐々に明るみの場に出てきました。やがて公的資金によって大きくて潰せない企業や金融期間の救済が始まりました...続きを読む

QDSの需要って今どのくらいあるのでしょう?

DSかなり売れてますねーどこ見ても売り切れ売切れ売り切れ・・・ここは売り切れ村か!ってくらい
今需要つまりDS(ライト含む)求めてる人は日本だけでもどのくらいいるのですか?
少し気になります

Aベストアンサー

PS、GBシリーズが世界で1億台売れています。
DSもそこまで売れるポテンシャルは持っています。

日本国内を見ると。
需要は最終的に2000万台くらいあるのではないでしょうか。
今、限りなく出荷できるとしたら、おそらく300万台くらいは売れると思いますよ。

参考データとしては、現在週に20万台売れています。おそらく、消化率は99%近いものと思われます。

QIS・LM曲線とAS・AD曲線の違いとは?

IS・LM曲線の分析とAS・AD曲線の分析って、意味合い的にどう違うんでしょうか?

Aベストアンサー

> IS・LM曲線の分析とAS・AD曲線の分析って、意味合い的にどう違うんでしょうか?

IS-LM分析では、縦軸は利子率、横軸はGDPです。
AS-AD分析では、縦軸は物価、横軸は数量です。

軸が全然違いますよね?

Qふと、思ったんですが花屋って需要あるの?。

 花屋さんで買い物これまでの人生で一度もした事が無いのですが、花屋さんの需要ってどういう場面なんですか?。
 何かの式典などで必要とされると思うんですが、それ以外で個人で買い求める方っていらっしゃるんでしょうか?。

Aベストアンサー

花が好きだから個人で買いますよ。

バラを1本だけ買われる方とか観葉植物とかイベントがなくてもプレゼントしたり切り花に限らず鉢植えとか花好きは買ってます。

趣味で生け花されてる方もいますし。

衣食住に関係ない心の満足感も必要ですよ。高い贅沢な花じゃないなら1輪でもなごみますから。
余裕があれば毎日花飾りたいくらいです。

Q供給曲線で価格を縦軸、供給量を横軸にとる理由

ほとんど全ての経済学のテキストにおいて、
文章ではS(供給量)、P(価格)に対して
S=S(P)
とPでSを表す表現をとっているにもかかわらず、
グラフではSが横軸、Pが縦軸に来ています。
「説明される変数」と「説明する変数」の
取り方が慣例と逆で混乱しますが、
このようにする理由が何かあるのでしょうか。

Aベストアンサー

> このようにする理由が何かあるのでしょうか。

理由は、特にないです。単に慣例だと思います。
ただ、一方で他方を説明しているわけではなく、理論的には供給量と価格が一対一で対応していますので、どちらでも構わないと思います。

私の個人的な理解では、完全市場に置いては、価格が需要量(と供給量のバランス)によって決定するため、このような慣例になっていると理解しています。


因みに、うろ覚えですが、
P = P(q)
のように逆需要関数のようにグラフに書くのは英式で、大陸式だと縦軸に数量 Q、横軸に価格 P をとるのだと聞いたことがあります。

Q社会保険労務士の資格は、職務経験なくても需要はあるでしょうか?

現在、営業事務をやっていいます。
自分は男性です。
資格は簿記2級しか持っていません。

今後、転職を考えています。事務職希望です。
出来れば経験はありませんが、総務職希望です。
しかし私のような職歴ではかなり困難なのは理解しています。
何もないよりはと思い、資格を取ろうかと考えています。

もちろん実務経験がないので厳しいのは覚悟のうえですが、以前就職エージェントの人に聞いたら、社労士資格は職務経験なくても資格があれば求人の需要は比較的あると言っていました。

社会保険労務士などの資格は実際、転職活動に役立つでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に役立ちます。
ただし、年齢にもよります。

社会保険労務士や税理士・公認会計士等に関しては、
その資格を有した者にしか出来ない業務が多々あります。

また、最近では企業はコスト削減のため、
申請等の事務処理をアウトソーシング企業に外注していますが、
社会保険労務士を取得した方は、独立・企業の総務での就業が多く、
外注を受けたアウトソーシング企業に不足しています。

したがって、企業の総務以外に、アウトソーシング会社での需要がありますので、転職には役立ちます。

Q完全雇用とIS=LM曲線について

マクロ経済初心者です。
下記について簡単に教えて下さい。
「IS曲線とLM曲線が交差する点が均衡国民所得であるが、ここでは労働市場の需給均衡は保障されない。」
なぜ、労働市場の需給均衡は成り立たないのですか?
お願いします。

Aベストアンサー

単純に言えば、労働市場については「何も言っていない」からです。

IS 曲線も LM 曲線も、財市場と金融市場の均衡についての曲線です。そこで扱われているのは、財市場であれば「誰がどれだけ消費するか」であり、金融市場は「この金利ならばこれだけの投資をする」ということです。何れも、投入である労働については「全く何も言っていない」わけです。したがって、労働については何も言えません。

因みに、完全雇用の時の均衡国民所得を潜在国民所得などと呼びます。


人気Q&Aランキング