上杉謙信の家臣であり、侍大将である小林左馬介について教えてください。
 また、侍大将とはどういった役職で、何をしていたのでしょうか?
 また、上杉謙信は女性と言う説がありますが、どうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

質問者様のご先祖が「小林左馬介」だと伝わっている、といったお話ですか?下記の記述を元に質問されているのでしょうか。


http://www.harimaya.com/o_kamon1/seisi/best10/ko …
「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」
※ 詳細は略しますが、上記は「小林左馬助」の間違いと思われます。

上杉家は越後から会津、米沢と移って明治維新に至りました。上杉謙信の家臣団が基本的にはそのまま維持されてましたので、「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」が事実であれば、
※ネット上の情報にはウソも多いです。
小林左馬助の子孫が米沢藩士として存続し、米沢藩の史料に残っているのはほぼ確実でしょう。

市立米沢図書館
http://www.library.yonezawa.yamagata.jp/
に「郷土資料室」が存在するようです。米沢藩に関する活字の資料はここに取り揃えてあるはずです。土日祝日も開館していますから、遠方にお住まいでもここに行けば「小林左馬助の子孫」について調べることは容易です。なお、事前に図書館に連絡して「小林左馬助の子孫について知りたい。何月何日に東京(例)から伺うのでよろしくお願いします」と言えば、図書館の担当職員が調べる手助けをしてくれる筈ですし、事前に何を準備すればよいかアドバイスしてくれるでしょう。

「侍大将とはどういった役職で、何をしていたのでしょうか?」
明確な定義はありませんが、戦国時代には、「独立した戦力を率いる地位の武士」を「侍大将」と称したようです。自前の家臣(郎党)と、自分に付属された武士(与力・同心)を含めて数百人程度かそれ以上の戦闘員を率いており、例えばこの兵力で一つの城を守備しました。

「また、上杉謙信は女性と言う説がありますが、どうなんでしょうか?」
上杉謙信が女性(男装の麗人)であったと仮定すると説明がつくことがいくつかあるのは事実です。
1. 生涯結婚しなかった。女性が女性と結婚できるわけがないので当たり前。
2. 上杉謙信の書状を見ると、妙に女性的な、感情的な表現が目につく。
3. 近衛前久との良く分からない盟友関係、近衛前久と共に関東へ出兵し全く実りのない戦を繰り広げるといった戦国大名として不合理な行動は「謙信が女で近衛と恋愛関係にあった」とすれば説明がつきます。
謙信は京都に二度赴いたようで、歴史家はその動機を説明するのに苦労していますが「女の謙信が京都に観光旅行に行った」と考えれば説明がつきます。

ただ、謙信は兄の現当主を見限った長尾家家臣団に推戴されて長尾家を継ぎました。「謙信が女であった」とすれば、長尾家家臣団はそれを承知で謙信を推戴したことになります。後年に謙信が示した天才的な武略を家臣団が予測できたとは思えず、「現当主を廃して、女を主君に担ぐ」というのはいかにも不自然です。
    • good
    • 0

上杉謙信が女性だったという話はあります。


ただこれも戦国大名としては無責任なのですけど、室町時代の細川政元と同じく妻子がいないということで出てきた話で、両者とも後継者争いで家が乱れてしまいます。
謙信に関しては半陰陽(男性と女性の両方の性がある)だった、事故で男性器が無くなった(落馬して潰した、小便の最中に切られたなど)、単なる性同一障害、ホモ、宗教かぶれなど諸説あって判りません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上杉謙信と飯綱権現の関係

上杉謙信と飯綱権現の関係について教えてください。

彼が毘沙門天を信仰していたことは有名ですが、彼が
戦場で着用していた兜のなかに飯綱権現をあしらった
ものがありますが、彼の人生において飯綱権現はどうゆう
ポジションだったのでしょうか?

Aベストアンサー

飯綱権現をあしらった兜だそうで、私はそれを見ていないので断言できないのですが、とりあえずお答え致します。
 飯綱権現をあしらっているのは、兜の「前立」でしょうか?、(前立というのは、伊達正宗の兜で言う三日月の部分です。知っていたら、すいません。)
 もし「前立」でしたら、武運を祈るための飾りだったと思います。矢玉を避ける呪い(まじない)や、自らを目立たせる為といったところでしょうか。
 武将名は忘れましたが、前立の部分に独鈷を付けているのもあります。
 上杉謙信は毘沙門天を信仰していたというのが、多くの人の知るところですが、彼は他の神仏も信仰していました。もしかしたら、その中に飯綱権現があったのかもしれません。特別深い関係はなさそうです。
 最後にこちらから聞きたいのですが、飯綱権現と何故おわかりになったのか、またその根拠となる証拠を御報せいただきたいのです。(無理にとはいいません)
 それでは、お元気で。

Q上杉謙信とか上杉家とかを

なんだか義に生きて義に死んだみたいにすごく美化してますけど、
誰が何のために上杉家を美化し始めたんですか。
実際のところ上杉軍って、攻め込んだ先で百姓とかぶち殺しまくったり、
女を犯しまくったり、すごく恐れられていたと聞きました。
上杉謙信に至っては、ただの戦好き。
今で言うところのブッシュ元大統領みたいなものだと言うことですよ。
いったい誰が何のために、
上杉家を義に生きる集団みたいな情報操作をしたんですかね。

Aベストアンサー

>誰が何のために上杉家を美化し始めたんですか。


根拠はありませんが、
江戸時代のそれも元禄時代あたりからではないでしょうか。

日本人には判官びいきというのがあって、
強者、権力者へのあてこすりや批判に
それに対抗するものを作りたがるからです。

権力が不安定な時代であれば弾圧されますが、
安定してくると、それも一つの読み物、娯楽として
庶民の不平不満のガス抜きとして認められます。

家康がたぬきおやじで、真田幸村や直江兼継が
反権力のヒーローみたいに特徴づけられるわけです。

たぶん、講談や辻講釈の一節として定着していったのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AC%9B%E8%AB%87

Q上杉謙信について

上杉謙信について詳しく載っているサイトがあれば教えて下さい。(上杉謙信の戦法や兵の数など) とにかく、どんな事でもいいので教えて下さい。 お願いします。

Aベストアンサー

上杉謙信の戦法に「車懸りの陣」があります。
http://www.m-network.com/sengoku/senpou.html

上杉謙信小事典
http://members8.cool.ne.jp/~montitti/_private/syoujiten2.htm

そのたに、下記のページがあります。http://www2.harimaya.com/uesugi/

http://www8.ocn.ne.jp/~yozan/rekisi/jinbutu/kensin.htm

http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu/hyo/itiran/itiran/uesugi2.htm

http://www2.odn.ne.jp/naifu/tanteidan/kensin1.htm

http://www2.harimaya.com/uesugi/k_kawa.html

Q上杉謙信について書かれたお勧めの書籍はありますか?

こんにちは。

私は司馬遼太郎の大ファンの26才の女性です。
(と言ってもすべての小説をまだ読破したわけではありません。。汗)

歴史小説というと、教科書にのる事件の他はまるっきりフィクションで作られた小説が多いですが(歴史である以上フィクション性は避けられないとは思いますが)、司馬さんは、描く人物を信じられない程調べ上げて書くので、どちらかというとまるっきりフィクションという感じがしないので好きです。


それで、上杉謙信についても司馬さんのように綿密に調べ上げた資料の上で書かれた小説が読みたいと思っています。

みなさんのお勧めの「これは人物像をよく調べ上げた上で描かれた小説だと思う」という上杉謙信に関する小説はありますか?
小説ではなく、ふつうの書籍でも結構です。

もしご存知でしたら是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも司馬遼太郎氏の歴史小説はすきです。

『国盗り物語』・『関が原』・『城塞』・『竜馬が行く』・『坂の上の雲』など枚挙にいとまがありません。

たしかの司馬さんの書かれた小説には上杉謙信公についてかかれたものはありませんね。

上杉謙信公の小説でしたら月並みですが海音寺潮五郎氏の『天と地と』などはいかがでしょうか。

1990年には映画化もされております。この映画で主役を演じるはずだった渡辺謙さんは撮影中に病床の人となり、その後のオーディションで榎木孝明さんが代役をつとめることになったことはご存知だと思います。

しかしながら上杉謙信公は信長や家康と違いミステリアスな部分が多い大名の一人でもあります。ですので司馬良太郎さんのような歴史資料からふんだんに引用して物語にするというわけにはなかなかいかないのではないのでしょうかね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E3%81%A8%E5%9C%B0%E3%81%A8

Q上杉謙信の子孫?

このまえ「トリビアの泉」を見ていたら、上杉謙信の子孫が登場していました。でも、上杉謙信といえば、生涯独身で、女性と関係を持たなかったと聞きましたが、子孫がいるということはどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

初代:上杉謙信

→2代目:景勝
 謙信の甥。

→3代目:定勝
 景勝の嫡男

→4代目:綱勝
 定勝の次男

→5代目:綱憲
 吉良上野介の息子。母親は定勝の娘

→9代目:治憲(鷹山)
 中興の祖と言われる名君。秋月種美の次男、母は綱憲の娘

主な藩主ですけど、幕末まで多少の血縁関係はありますが、何度か養子を貰って血脈を保っています。
上杉謙信の直接の子孫はいませんが、姉の息子の景勝の系統が子孫となります。
もう一人の養子の影虎は北条氏の出身で、景勝の妹を妻にしていましたが、御館の乱で破れ、義兄の景勝に殺されています。

Q上杉謙信&沖田総司

上杉謙信の生涯を描いた小説を探しています。大河ドラマ風林火山を見て、謙信について興味を持ったので。教えていただけたら幸いです。

また、司馬遼太郎の燃えよ剣を読んで、沖田総司に興味がわいてきたので、沖田総司の小説ももしあったらお願いします。

Aベストアンサー

上杉謙信といえば、海音寺潮五郎の「天と地と」でしょうね。
これは大河ドラマにもなっていますから。

Q上杉謙信と、その家臣

 上杉謙信の家臣であり、侍大将である小林左馬介について教えてください。
 また、侍大将とはどういった役職で、何をしていたのでしょうか?
 また、上杉謙信は女性と言う説がありますが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

質問者様のご先祖が「小林左馬介」だと伝わっている、といったお話ですか?下記の記述を元に質問されているのでしょうか。
http://www.harimaya.com/o_kamon1/seisi/best10/kobayasi.html
「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」
※ 詳細は略しますが、上記は「小林左馬助」の間違いと思われます。

上杉家は越後から会津、米沢と移って明治維新に至りました。上杉謙信の家臣団が基本的にはそのまま維持されてましたので、「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」が事実であれば、
※ネット上の情報にはウソも多いです。
小林左馬助の子孫が米沢藩士として存続し、米沢藩の史料に残っているのはほぼ確実でしょう。

市立米沢図書館
http://www.library.yonezawa.yamagata.jp/
に「郷土資料室」が存在するようです。米沢藩に関する活字の資料はここに取り揃えてあるはずです。土日祝日も開館していますから、遠方にお住まいでもここに行けば「小林左馬助の子孫」について調べることは容易です。なお、事前に図書館に連絡して「小林左馬助の子孫について知りたい。何月何日に東京(例)から伺うのでよろしくお願いします」と言えば、図書館の担当職員が調べる手助けをしてくれる筈ですし、事前に何を準備すればよいかアドバイスしてくれるでしょう。

「侍大将とはどういった役職で、何をしていたのでしょうか?」
明確な定義はありませんが、戦国時代には、「独立した戦力を率いる地位の武士」を「侍大将」と称したようです。自前の家臣(郎党)と、自分に付属された武士(与力・同心)を含めて数百人程度かそれ以上の戦闘員を率いており、例えばこの兵力で一つの城を守備しました。

「また、上杉謙信は女性と言う説がありますが、どうなんでしょうか?」
上杉謙信が女性(男装の麗人)であったと仮定すると説明がつくことがいくつかあるのは事実です。
1. 生涯結婚しなかった。女性が女性と結婚できるわけがないので当たり前。
2. 上杉謙信の書状を見ると、妙に女性的な、感情的な表現が目につく。
3. 近衛前久との良く分からない盟友関係、近衛前久と共に関東へ出兵し全く実りのない戦を繰り広げるといった戦国大名として不合理な行動は「謙信が女で近衛と恋愛関係にあった」とすれば説明がつきます。
謙信は京都に二度赴いたようで、歴史家はその動機を説明するのに苦労していますが「女の謙信が京都に観光旅行に行った」と考えれば説明がつきます。

ただ、謙信は兄の現当主を見限った長尾家家臣団に推戴されて長尾家を継ぎました。「謙信が女であった」とすれば、長尾家家臣団はそれを承知で謙信を推戴したことになります。後年に謙信が示した天才的な武略を家臣団が予測できたとは思えず、「現当主を廃して、女を主君に担ぐ」というのはいかにも不自然です。

質問者様のご先祖が「小林左馬介」だと伝わっている、といったお話ですか?下記の記述を元に質問されているのでしょうか。
http://www.harimaya.com/o_kamon1/seisi/best10/kobayasi.html
「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」
※ 詳細は略しますが、上記は「小林左馬助」の間違いと思われます。

上杉家は越後から会津、米沢と移って明治維新に至りました。上杉謙信の家臣団が基本的にはそのまま維持されてましたので、「上杉謙信の侍大将に小林左馬介の名が見え」が事実であれば、
※ネット上の情報...続きを読む

Q上杉謙信敗北?

千葉の白なんとかいう城での戦い?(うろ覚えです)で、上杉謙信が攻めきれず敗北した、という話はありませんでしたか?勘違いかもしれませんが。

どなたか、知ってるという方いらしたら、詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

下総国、臼井城の戦いですね。

参考URL:http://dic.nicovideo.jp/a/%E7%99%BD%E4%BA%95%E8%83%A4%E6%B2%BB

Q太閤立志伝5、上杉謙信・主人公札の取り方

太閤立志伝5、上杉謙信・主人公札の取り方

テレビを見ていて、太閤立志伝5で上杉謙信の主人公札を入手してないのを思い出して取っておこうとネットを検索しましたが、2ちゃんねるのスレの端切ればかりがヒットしてよく解かりません。
上杉謙信を入手してないのは、やり方が難しかったからだと思います。

入手方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

・上杉景勝プレイで御館の乱を発生させる
・柴田勝家プレイで手取川の戦いに勝利する

のどちらかのようです。
http://brightbell.main.jp/kipima/game/taikou5/event_sonota.html

Q武将 ?上杉謙信? 名言

 先日、ラジオで聞いたことですが・・
戦国時代の武将(確か・・上杉謙信だったような)が
『死にたくないと思う奴は死に、死にたいと思っている奴は死なない』
というような意味合いの言葉を残したと聞きました。

どなたか、ご存知でしょうか?

Aベストアンサー

上杉謙信

・生を必する者は死し 死を必っする者は生く

解説・・・生きようとする人は戦場で死に、決死の働きをした者が生きていくという言葉


人気Q&Aランキング

おすすめ情報