タイトルにも書いたのですが、ずばり最後の「メール」は誰からのものだったのでしょうか?
最初は母からのメールと考えていましたが、
サキからのメールと取ることも可能ではないかという意見をネット上で見てから、
どちらか分からなくなりました。
皆様の考えをお聞かせください。

A 回答 (2件)

一読した限りでは嵯峨野ハナエがメールをしないというくだりは見つけられませんでした。


内容からしてハナエからのものと思われます。
物理的に「可能だ」というだけなら、リョウのメールアドレスを知っている全員が該当してしまいますし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

自分も、もう一度読み直してみましたが、その箇所を見つけられず、ブログ所持者にも尋ねてみましたが、ご回答いただけなかったので、そういうことになりそうですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/21 16:36

つい最近『ボトルネック』を読みました。


わたしは母親からのメールだと解釈していたので、サキからのメールとは全く思わずいま考えてみたのですが、やっぱり母親じゃないですか?文面に”恥をかかせる気なら~”というようなくだりがあったと思うのですが
(いま本が手元にないので正確にわからないんですけど)
そういうことをサキが言うかなあ?と思ってしまうんです。
よろしければサキのものだという根拠としてどんなことが挙げられていたのか教えていただけませんか?

この回答への補足

お早いご回答ありがとうございます。
そうですよね・・・・・・自分もそのくだりがあることから母の言葉だと思っていました。
あるブログで書かれていたことなんですが、サキ(ツユ)からのメールであるとする根拠として、「サキに電話番号とメアドの両方を教えていること。そして母は電話はできるがメールはしないことによる。」とありました。
確かに、電話番号とメアド両方教えていたと思うのですが、母がメールはしないという記述については見つけられませんでした。けれど、とても気になったのでこのような質問をしました。acousticMさんはどうお考えになりますか?
引き続き、他の方からの回答もお待ちしています。

補足日時:2007/12/15 16:10
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆輸出された和製英語

日本語には沢山の和製英語が入り込んでいますね。
そこで質問です。和製英語で本場の英語に逆輸出された言葉には 何がありますか? この他、和製英語を英語圏の国で使ったら どのような語感で捉えられるのかなど 回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

salary man .. 日本をご存じの人だとかなり知れ渡っています。
skin ship ... 実は和製英語ですが、日本の家族で風呂に入るなど日本では欧米よりスキンシップが盛んです。それが子育てによい影響を与えていると言うことから注目されています。ただまだ一般的な言葉では無いと思います。

上記はまだ正式に認められているかどうかは不明です。

ご質問者が書かれているanimeですが、これもれっきとした和製英語で既にM-Wには掲載されています。
http://www.m-w.com/
でご確認下さい。
Etymology: Japanese, animation, short for animEshiyon, from English Date: 1988
となっています。

では。

Q米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』のオチ

すっきりしません…。

小学生の頃からの大のミステリーファンです。
昨晩、米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』を読み終わりました。
「ラスト1行の衝撃」に徹底的にこだわり抜いた5編の短編集です。
1~4話までは、気持ちよくすっきりできたのですが…。
最終話の『儚い羊たちの晩餐』だけが、どうしてもオチがわかりません。
自分なりに、2,3解釈を考えたのですがイマイチで。
5時間くらい考えて、本も3回くらい読み返しましたがギブアップします。

どうか、すっきりと理解できた方。
最後の1行の解説をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

全くの私見ですが
サンルームで、女学生が見つけた日記には
「バベルの会はこうして消滅した」と書かれていた訳ですよね。
さて、日記の中で、父親は最後に宴会のメニュー用に
「アミルスタン羊」とやらを所望します。
その羊は、バベルの会が催される蓼沼で見つけられると、鞠絵は進言します。
つまり、食材の羊とはバベルの会の会員な訳です。しかも、夏さんの料理は、
巨大な食材から、わずかにいいところだけを取り出す手法です。
つまり、バベルの会は、夏さんによっていけにえの食材となり、ほぼ全滅したということですよね。
それは、鞠絵が、自らが会から除名された腹いせでもあり、
その理由に「夢想家ではなく実際家の鞠絵には、会員になる資格はない」
と言われた事に、ある意味納得した自分が、ついに夢想家の域に達した証を示したことでもあるように思われます。
応接間に飾られるジェリコーの絵に、信じられない無慈悲や非情が描かれているのは、父親の罪もそうですが、
自らのバベルの会に対する非情さの象徴でもあるような気が私はします。
こうして、バベルの会は消滅しますが、荒廃したその部屋に入り込んだ女学生が、
そこに居心地の良さを見いだし、そこが自分の場所になるだろう、と思うくだりがあり、そして... 最後のオチ、
「一編の物語が後継者を生んだ」とあるので、彼女が後継者となって、また何らかの形で、
夢想家としての(無慈悲で無情な)夢を実現させ、バベルの会は復活していくのです。
ちなみに、「バベルの塔」とは、天に届く塔を建設しようとした人間の傲慢さにより、
もろくも崩れてしまったといわれている聖書のお話ですよね。
その罰として、神は、世界中の人間たちに違った言語を話させるようにしたとか...。
しかし、作中の「厨娘」(ちゅうじょう)って初めて知りました。
雇ってみたいものですね~ (^^)

参考までに書いてみました

全くの私見ですが
サンルームで、女学生が見つけた日記には
「バベルの会はこうして消滅した」と書かれていた訳ですよね。
さて、日記の中で、父親は最後に宴会のメニュー用に
「アミルスタン羊」とやらを所望します。
その羊は、バベルの会が催される蓼沼で見つけられると、鞠絵は進言します。
つまり、食材の羊とはバベルの会の会員な訳です。しかも、夏さんの料理は、
巨大な食材から、わずかにいいところだけを取り出す手法です。
つまり、バベルの会は、夏さんによっていけにえの食材となり、ほぼ全...続きを読む

Q和製英語と信じられている英語

和製英語と信じられている英語を紹介してください。個人的に和製英語だろうと思っていてそうでなかった例としては、ダブルプレイとニアミスです。ここでは日本人一般が和製英語だろうと認識していて実際には使われているケース、を紹介していただきたいのです。よろしくお願いします。少なくともこの地域ではこの語は使われている、などの情報もあれば有り難いです。

Aベストアンサー

英語の教養のない人は「パラリンピック」は和製英語と思いやすい。ところが、少し英語をかじると、これはれっきとした英語だと言い始めます。英和辞典・英英辞典にも当然に載っていますから(paralympics)。ところが、もう少し英語を極めると、日本製の英語だということがわかります。

しかし、これは和製英語と言えるのでしょうか、・・・。

<参考>

1960年のローマ大会には世界23カ国から約400名の選手が参加し、またオリンピックと同じ会場使い、これが第1回夏季夏パラリンピックとなりました。1964年には東京で開催され、この時に初めて『パラリンピック』という言葉が使われました。(パラリンピックという言葉は日本人が作った和製英語だったのです)

http://www.h6.dion.ne.jp/~mits/paralympics-general.htm

Qラストはわかっているのですがタイトルが思い出せません

ある作品をさがしています。
乙一かなと思ったのですが、調べてみてもわからなかったので回答お願いします。
病室の話で、窓際にいる人がその病室内の病人に窓の外で起こっている事を教えているのですが、窓際にいる人が死んでしまい、語り手が窓際に移ってみると、壁だった、というオチなのですが…。
わかる方いますか?
途中、女の子のはなしもしたような気がします。

Aベストアンサー

2ちゃんねるでよく見かけるコピペのことでしょうか。
元ネタがあるのかもしれませんね。

以下転載

ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。
ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。
「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、
自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。
窓側のベッドの男はそのまま死亡した。
晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

2ちゃんねるでよく見かけるコピペのことでしょうか。
元ネタがあるのかもしれませんね。

以下転載

ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。
一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男は
ドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。
「今日は雲一つない青空だ。」「桜の花がさいたよ。」「ツバメが巣を作ったんだ。」
そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。
ある晩、窓際のベ...続きを読む

Q「和製英語」を英語では?

日本語には夥しい和製英語がありますよね。
中学の英語の時間の時、 先生が「和製英語」は英語で“Japanese English”と言うんだと教えてくれましたが、これで きちんと伝わるんでしょうか?

Aベストアンサー

「和製英語」と言うものがあることを知っている人には、Japanese Englishで充分通じると思います。
でも、「和製英語」の存在を知らない人だと、Japanese Englishと言われても、すぐにはピンと来ないかもしれません。

日本のことをよく知っている人に対してなら、いっそのこと、そのままWasei-eigoといってもよいかもしれません。
http://en.wikipedia.org/wiki/Wasei-eigo

上記のサイトの説明でも使われていますが、Japanese pseudo-Anglicismsのような言い方もあるようです。でも、難しい学術用語っぽい言葉なので、これが一般の人に必ず通じるかどうかは疑問です。

Q「最後の暴露」というタイトルの本を探しています

「最後の暴露」というタイトルの本を探しています。知人から探してほしいと頼まれ探してみたのですが見つかりませんでした。著者は佐藤でんじさん、もしくはぜんじさん?だそうです。曖昧な質問で申し訳ありませんが、どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。古い本で廃盤になっているそうです。どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「最後の馬喰・佐藤伝二」という本ではないでしょうか。
佐藤伝二さんのことを書いたもので、著者は瀬戸慎一郎さんです。
こちらでご確認を。
http://www.amazon.co.jp/dp/4584187606/

Qボトルネック ガラス

当方は、ブルースギターでの ボトルネックを探しているのですが、金属でなく、ガラスでボトルネックを売っている店、又は、ガラス工芸をされていて、ボトルネックを作って下さる方を知っておられたら、お教えください。

Aベストアンサー

 20年ほどスライドばかり弾き続け、今ではレギュラ・チューンのギターの弾き方を忘れてしまっている者です。

>金属でなく、ガラスでボトルネックを売っている店

 代表的なのは日本のピックボーイ
http://nakano-music.co.jp/catalog/
 HP中のピックボーイのカタログをダウンロードしてみてください。ライ・クーダーも現在はピックボーイのガラス製スライドバーを使っているはずです。
 一方、世界的に有名なのはJim Dunlop
http://web2.moridaira.com/dunlop/
 ダンロップのスライドグラスは、単なるチューブの他、あの『コリシディン』ボトルのコピー品もあります。

 どちらもあまりに『当たり前』のスライドグラスです。型番が指定出来れば、楽器店で注文しておくことも可能でしょう。
 あるいは通販も出来ますね。
http://item.rakuten.co.jp/one-one/bt-80/
とか、
http://item.rakuten.co.jp/chuya-online/28118/
とか。
 ネットで『スライドバー』『スライドグラス』『ボトルネック』など色々とキーワードを変えて検索してみてください。

>ガラス工芸をされていて、ボトルネックを作って下さる方

 知ってます、ワタシです。ってか、自分で作ったバーしか使っていませんし、仲間内にも随分作ってやりました。工具をそろえれば、結構カンタンに作れますよ。

※ボトルのネックを切る方法は・・・有名な『糸で焼く』方法が最もカンタンなんですが、クチに向かってテーパがかかっているネックだと糸を巻くのが難しく、この手段は万能ではありません。(ビール瓶や旧カルピス瓶などネックの根元がくびれている瓶だと、この『糸焼き』方法でスカッと切れるんですが。)
 ちなみに・・・内田勘太郎氏は旧カルピスの瓶をバキッと叩き割って、ギザギザのまま角だけ軽く丸めて使っています。単なるチューブと違い、見た目がかなり(・∀・)カコイイ!! です。そう考えると・・・ビンを袋に入れ、ネック部分を持ってコンクリの段差などにタタキつけて割るだけでもヨイ様な気もしますが・・・

※自分はタイルやレンガなどのセラミック(焼き物)の切断に使うノコギリ(¥1万ぐらい)や、電動のマイクロ・ルータ(本体+ガラス用刃で¥1.5万ぐらい)を使って切ってますが、ガラス工芸で使うダイヤモンド粉がついたヤスリ(これは¥2千~3千ぐらい)を使っても、時間はかかりますが切断出来ます。
 尚、上記の工具はどれもホームセンタの様なところでフツーに買えます。(セラミック用ノコはあまり売ってないかな?)

※ビンのガラスはかなり柔らかく、切断や削りでポロポロと層状に崩壊していきます。
 そこで仕上げにはかなり細かいヤスリが必要です。自分はまずダイヤモンドヤスリで形状を整えた後、耐水ペーパの400番辺りからスタートし、最終的には600~1000番で仕上げています。(仕上げに何番を使うか?はガラスの状態を見て判断します。)

※上述した様に、切断~仕上げ工程でガラスの破片が出るので、自分はプラスチックのコンテナに水を張り、水中に手を突っ込んで作業しています。
 DVDの映画などを借りてきて、コンテナをTVの前においてDVDを見ながらゴリゴリやっていると、1本見終わる頃にはスライドグラスも1本出来上がり、って感じです。

※尚、スライドバーになるボトルですが・・・
 現在自分は、専らリー・ペリン・ソースの大瓶のネックを使っていますが、その前はチョーヤ梅酒のブランデーが入っているグレードの瓶のネックと、『ファイティング・コック』というブランドのウォッカの瓶のネックを使っていました。(ファイティング・コックのバーボンの方のネックは、ライ・クーダーが使っていたことでスライド用としてあまりに有名ですね。)
 その他旧カルピスとかコロナ・ビールとか、或いはS&Bの調味料や旧ルル糖衣錠(カゼ薬)の小さい方など、スライドに使える瓶は沢山あります。
 スライドプレイヤーにとってスライドバーは楽器の一部なので、自分で切断出来る様に工具と技術を備えておいて、色々なガラス製品を試して自分の指のサイズやプレイスタイル、好みのトーン(同じガラス製でも音がかなり変わります)などにマッチしたボトルネックを見つけるのも、スライドプレイの楽しみの一つです。(ボブ・ブロウズマンがたった1本のスライドバーしか使っていないとか、内田勘太郎が旧カルピス瓶を買い占めている、クラプトンはIBMのプリンタのローラー、デュアン・オールマンはコリシディンというカゼ薬の瓶、ハンウンド・ドッグ・テイラーはそこらで拾ってきた鉄パイプの内径に自宅の食堂の椅子の足を打ち込んだモノ、などスライドバーにはそれぞれ『こだわり』の逸話があります。)

 20年ほどスライドばかり弾き続け、今ではレギュラ・チューンのギターの弾き方を忘れてしまっている者です。

>金属でなく、ガラスでボトルネックを売っている店

 代表的なのは日本のピックボーイ
http://nakano-music.co.jp/catalog/
 HP中のピックボーイのカタログをダウンロードしてみてください。ライ・クーダーも現在はピックボーイのガラス製スライドバーを使っているはずです。
 一方、世界的に有名なのはJim Dunlop
http://web2.moridaira.com/dunlop/
 ダンロップのスライドグラスは、単...続きを読む

Q「白夜行」と「幻夜」について。雪穂=美冬?

東野圭吾氏の「白夜行」と「幻夜」を読みました。
様々な感想をネット上で読んだのですが、自分には「雪穂=美冬」
ということが結局最後まで分かりませんでした。。
この本の中で「雪穂=美冬」だと思われる部分がどこにあったのか
どなたか教えてください。
読み終わった今、どうしてももやもやした感じが取れなくて
気持ちが悪いです。。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ちょっと違った観点から。『幻夜』の文庫解説は黒川博行氏ですが、この最後の部分、東野氏との会話が載せられています。
ネタバレになるのでちょっと引用できませんが、『幻夜』の続編について東野氏は黒川氏に「書くべきや」と勧められています。
この部分で僕としては、黒川氏の想定(「雪穂」=「美冬」)を東野氏が暗黙のうちに肯定しているのではないか、と読みました。
つまり、ややぼかしてはいるものの、この二人は同一人物である、ということでいいのかな、と。しかし、東野氏の性格からいって、これも確実とは言えません。なぜなら、全て承知の上で「似ている別人」として描き、読者が同一人物かどうか推理するのを楽しんでいるかもしれないからです。
つまり、#1さんのお示しになったサイトにもあるように、どちらとも取れる、というのが答えになります。
また、上記のことを一切考えず、僕個人の感触をそのまま表現するなら、『白夜行』と『幻夜』はテーマが違い、よって別人であると感じます。
『白夜行』は、心情を描かないというのをガジェットにしています。ということは、逆に言えば『白夜行』に描かれた「雪穂」の生き方からは、「描かないほうがより伝わりやすい(効果がある)心情」が浮かび上がってくるはずなのです。
あれを読んだ人はおおかたが、雪穂と亮司に感情移入するでしょう。そして、「孤独」と「悲哀」が伝わってくると思います。
ここには、狂気のごとくありながらも、紙一重で狂気に堕していない人間が書かれている、と考えます。
(つまり、そういう微妙な心情こそ、描かないほうが伝わりやすく、「狂気」という実態こそが、描いたほうがわかりやすい、ということなので)『幻夜』の「美冬」では「狂気」がテーマとして「描かれている」と思うわけです。
確かに『白夜行』以降の「雪穂」が狂気に堕すこともありえますが、あれほど強く結びついた二人が、あのくらいで『幻夜』的狂気に堕ちる(または昇りつめる)ことがあるでしょうか。
また、ラストのシーン(引用できないのでページ数を言うとpp.764-70)に見られる「美冬」の姿は、徹底的なまでに『白夜行』を超克しようとしています(作者がそう意図しているように見えます)。
それは、前作の延長としての超克ではなく、別のベクトルとしての描き方であるように思えてなりません。特に「トラウマ」云々のセリフなど、作者の主張であるのが明らかですし、「太陽」なども意味深です。(前作は「白夜」がテーマでした。これは違和感のあるセリフです)
……と、色々考え方がある、というお答えしかできませんが、ご参考になりましたでしょか。

ちょっと違った観点から。『幻夜』の文庫解説は黒川博行氏ですが、この最後の部分、東野氏との会話が載せられています。
ネタバレになるのでちょっと引用できませんが、『幻夜』の続編について東野氏は黒川氏に「書くべきや」と勧められています。
この部分で僕としては、黒川氏の想定(「雪穂」=「美冬」)を東野氏が暗黙のうちに肯定しているのではないか、と読みました。
つまり、ややぼかしてはいるものの、この二人は同一人物である、ということでいいのかな、と。しかし、東野氏の性格からいって、これ...続きを読む

Qランクアップって英語でしょうか、和製英語でしょうか

ランクアップって英語でしょうか、和製英語でしょうか


ランクアップ(rank up ?)という言葉は、和製英語でしょうか?
手元に辞書がなく調べられないでおります。

また、ランクアップに代わる英語は、grade up でしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>和製英語でしょうか?
もともと和製?英語ですが、昨今ではこの和製?英語が「逆輸入」され、オンラインゲームの世界で「経験値が上がる」のような意味で用いられたりしてます。

http://en.wikipedia.org/wiki/Rank_up
In video gaming slang, and especially in online multiplayer games

上記のような例外はありますが、一般的に、何とかアップ、何とかダウン、というのは、かなりの確率で和製英語です。
要するに名詞の後に副詞のupやdownを付けることはできない、ということです。


>ランクアップに代わる英語は
文脈によるものであって、一概には言えません。
例えば「職場での職位がランクアップする」なら、昇進 の promoted でしょうし、ワンランクアップを狙う
でしたら、try to get a higher position などと言えるでしょう。
状況に応じて最適な英文を考える必要があると思います。

Q住宅顕信さんについて教えて

住宅顕信さんについて詳しい方教えてください。
(1)生涯
(2)「未完成」は買いましたが、それ以外の著作。出版社等も
(3)著作に関する解説書
(4)彼が傾倒した尾崎放哉
(5)その他

Aベストアンサー

こんにちは、mondayと申します
住宅顕信さんについて、山陽新聞が連載中です
岡山出身ということで、(1)の答えになると思います
下記URLにありますよ

参考URL:http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報