ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

空手をされてる方に質問です。拳タコってどうやって作るのでしょうか?マキワラとか叩いてると自然に出来るものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

作り方は知りませんが、私ができた方法は、


硬いものを叩く。腫れます。それでも止めない。
割れます。痛くて血がでるけど叩くの止めない。
薄皮が貼るけど、叩き続けるので又血がでる。
それを繰り返します。
かなり痛い時期がありました。腫れが引かない時期がありました。
今考えると骨折してたかもしれません。
そのおかげで、指が反対に反りません。

1年やそこらでは難しいかもしれません。
2年、3年と繰り返していると自然にできる。
作ろうと思って作れるものではない。
それに、今の空手の道場にはトレーニンググッズが溢れているので、
なかなか拳タコはできないと思います。
床でもケガしないようにマットが敷いてあったりして、
拳立てしても痛くないでしょ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。空手道場で板間で拳たてしたり砂袋叩いたりしてますが拳タコは出来ません。ややテカテカしてる程度なので体質なのかと思ってました。もう少し辛抱強く頑張ってみます。ありがとうございました

お礼日時:2007/12/17 23:15

再びno1です。


no2さんの言うように、作ろうとして作れるものではないと思います。

今となっては恥ずかしい話、私の場合はストリートファイトでできました。
空手の稽古ではやはり身の危険を感じる事がない?少ない?ので
痛ければ無意識のうちに加減します。
でも、実戦の場合は加減してればやられます。
ですので毎日毎日、加減無しで強く殴ってました。
ですので骨折をしていても止めることはできず、
割れても叩く、腫れても叩くを繰り返して結果できてしまいました。

私が空手を始めたのは社会人になってからですので、空手をはじめた
頃にはすでに拳タコができており、先輩や師範からは
「おお、弱いくせに立派な拳タコ作って」と良く笑われたものです。

私よりずぅ~っと先輩は拳タコができてる方が多いですが、
最近の10代~30代の方は拳タコができてる方は本当に少ない
と思います。やはり稽古の違いでしょうか?

拳タコも良し悪しです。
本当に指が反りませんし、小指なんて何度も骨折してるせいか
指がまっすぐにすらなりません。
型をすると指が揃わないのでかっこ悪いです。

わざわざ作る必要はないと思います。
しかし、常に硬いものを叩いて、痛みに慣れる必要はありますので、
そのまま稽古は続けてくださいね。

再度、失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスありがとうございました

無理に作らず自然に出来るように頑張ります

お礼日時:2007/12/18 23:20

拳だこは訓練の結果自然に出来るもので、


作りたくて作るわけではないのでは?

自然に出来たのなら良いですが、
わざわざ作る事にメリットはないと思いますが?
拳だこが出来ているから強いってわけでもないでしょうし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます
拳タコは見た目だけでなく瓦割りなどした場合に
拳を守る役目もすると先輩から教わったことがあります

実際ブロックなど叩くと何回かに1回は切れて血が出たりします

タイミングなどもありますが・・・・自然にまかせます

アドバイスありがとうございました

お礼日時:2007/12/18 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拳だこを作ると就職に不利ですか?

高校生です。拳だこを作ろうとしています。

聞いた話では、就職面接などに不利かも?といわれたことがあります。

警察官などになりたいのですが、就職面接に拳だこがあると不利ですか?

また、拳だこを作るときは痛くても、作った後はその部分に痛みは感じなくなるのですか?

拳だこは常に鍛えていなければ消失するものなのですか?

Aベストアンサー

私の拳にも、拳だこではないですが、それっぽいのがいつの間にか出来てました。

まず、一つ目の質問、それが就職面接に不利なることはまずありません。第一、面接担当者がその拳だこまで気にすることもまずないでしょう。

二つ目の質問、はい、そうです。普通の傷と同じく、何日かすれば痛みはなくなるでしょう。

三つ目の質問、それはその度合い、あるいはあなたの体質(具体的には「皮膚質」とでもいいましょうか?)にもよるので何とも言えませんが、放っておけば自然と消失する場合もあるでしょうし、手術で切除でもしない限り一生残る場合もあるかもしれません。

ちなみに、私の拳だこっぽいのは10年以上たった今でも消失していません。もちろん何もしないで放っておいても、です。

Qこぶしを硬くする方法?

いつもお世話になっています、こぶしを硬くする方法を教えてください?

Aベストアンサー

俗に言う、拳たこのことですか?

アスファルト、もしくはコンクリートで拳立てというのが基本ですね。
結構、早くできますよ。

ちなみに私はやりはじめの時に人よりも早くああいう拳になりたいと思って階段を登る際に下腕と手首のスナップだけで拳を壁に打ちつるという方法で鍛えました。拳が内出血で真っ黒になります。さらにやると皮膚が破れて膿(?)みたいのが出て、さわるとなんかべちょべちょします。気にせず毎日やっていたのですがとちょっと痛いな~1回直るまでやめとこうとしばらく待ってたら直った時にはできてました。…あんまり薦められる方法じゃないですね…。

Q拳は鍛えればどこまで強くなりますか

拳が頭に当たり拳のほうが怪我することがありますが
拳を鍛えれば頭より固くなるんでしょうか
それともそこまで強くはならないんですか

Aベストアンサー

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身術を20年ほどの経歴です

いくら鍛えても頭蓋骨(でこ)より拳は硬くなりません。これは科学的ではなく生物のDNAでそうなっています。つまり生きるのに大事な物を守るべき時場所は他の部位に比べて非常に強固と言うことです。頭蓋骨より固い場所は「食べる」という生きるに直結する非常に大事な部位である「歯」だけです。

因みに拳を鍛えたから強くなると言うのは根拠は一切ないです。医学的には骨に圧力を与えると硬くなると言うのがある(どのくらい圧力かけると硬くなるかは分っていません)のでそれを信じた人がやり始めただけ・・・ですので、巻き藁で鍛えると言いますが、医学が正しいならコンクリートやアスファルトの上で拳立てや拳で逆立ちジャンプするなどの方が遥かに効率的で圧力を与えれる鍛え方となります。藁のような柔らかい物ではなく硬い物の方が圧力を与えるので良いと言うことですが、でこ叩いての怪我はいまだにあるので効果は定かではありません。

私はやってない人と拳同士の叩きで負けたことはないし、筋肉を含めて手に弾力がなくなるので鍛えれば少しは効果あるとは思っていますが、骨はブロックなどと違ってかなり柔軟性のある物質(硬くとも曲がる)ですし、頭は首で繋がってるだけでしっかりと固定された物ではないので頭蓋骨というのは非常に砕き難い物であります。試合のレフェリーもやっていますが素手の打撃による頭蓋骨の骨折は聞いたことがないです。あっても脳挫傷ですね。

NO2さんの言うてます試し割りですが、肘(エンピ)ですと痛点自体が殆どないので成功しようが失敗しようが痛くないです。すりむいたらヒリヒリはします・・・手刀でミスると痛さはあるでしょうね。ただ、元々痛さに慣れてるのでたかが知れてます。

それと、タオル(手ぬぐい)はショック吸収剤ではなく破片が目に入る等の怪我防止のために使う物です。割るための力を伝えなければいけないのにショック吸収剤を使用するなどありえない話ですし、薄い布ごときでショック吸収など無理です。破片が目に入りやすい頭突きなどではよく用いられますが肘(エンピ)ではあまり使われないですね。。。

格闘技経験者です。打撃・柔術・護身術を20年ほどの経歴です

いくら鍛えても頭蓋骨(でこ)より拳は硬くなりません。これは科学的ではなく生物のDNAでそうなっています。つまり生きるのに大事な物を守るべき時場所は他の部位に比べて非常に強固と言うことです。頭蓋骨より固い場所は「食べる」という生きるに直結する非常に大事な部位である「歯」だけです。

因みに拳を鍛えたから強くなると言うのは根拠は一切ないです。医学的には骨に圧力を与えると硬くなると言うのがある(どのくらい圧力かけると硬く...続きを読む

Q空手には拳立て50回が必須?

空手(大道塾)を始めようと思っていますが、いろいろ調べてみると男子に必要な基礎体力に、拳立て伏せ最低50回とありますが本当でしょうか?私は拳立てはおろか腕立てはせいぜい20回くらいですが、50回できるようになってから門をたたくべきなんでしょうか?
ちなみに50回できるようになる為には、どこの筋肉(ナントカ筋)が中でも一番必要なんでしょうか?ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.daidojuku.com/home/what/rank.html

上記大道塾のサイトに昇級のための拳立て&スクワットの昇級規定が明記されていますね。

これによると一般部では100回の号令のうち70回をこなすのをノルマとしています。
またベンチプレスとスクワットの規定も出していますね。

しかし内輪の事情を知っているので申し上げますと・・・

これは建前です。

実際にはこれをしっかりこなせない黒帯・茶帯もチラホラですが居ますね。

ただロシア勢が台頭してきた90年代以降からは、東代表が筋力の重要性をさらに重視していて、審査における体力チェックは厳しくなったという話も関係者から聞いたことがあります。

ただ基本的に大道塾ってところは良い意味での実力主義の部分があって、極端な話、拳立てなんて出来なかったり、ベンチなんて全然挙がらなくても実際の試合に強ければそれで良いみたいな体質があるんですよ。

実際私の知ってる元中量級のチャンピオンはウエイトトレーニング大嫌いで、たぶんベンチ80キロは挙がりません。

また元無差別準優勝の某支部長も体重が100キロ近くあるもので、スクワットは誤魔化し誤魔化しやってました(笑)

話を拳立てに戻します。

よく世間で腕立てを100回やったとか、某有名選手は一日に500回1000回とやったとかという話は聞きますが、実際にきっちりと上半身をまっすぐにキープし、かつ胸をしっかり床につきそうになるくらい腕立て(拳立て)を厳密に実施したら、100回もこなせる人間はかなりのアスリートだと思います。

ましてや体重の重い選手ではほとんど居なくなってくると思います。

ちなみに体重100キロの人間が腕立ての体勢になり、両腕を体重計に乗せるとおよそ70キロ以上の重みがかかります。

70キロのバーベルをきっちり胸まで下ろし、プレスを100回こなせるというのはめったに居ないと思います。

さて、あなたの場合ですが、あなたの体重がどれくらいか分からないので一概には言えませんが、20回しか出来ないとしても入門には何ら差しさわりがありません。

と言うより、大道塾には片腕の無い障害者の方の入門例もありますから。

それに大道塾では白帯・青帯・黄帯の段階までは顔面パンチ無しの、いわゆる極真ルールでやりますので、必然的に日常の稽古で筋力はついてくると思います。

と言うのは極真ルールと言うのは、顔面パンチが無いことから、その特質上非常に体幹部の筋力&打たれ強さを強化する性質を持っているのです。

そのため、極真の選手はボクシングやキックのような顔面ありの打撃競技よりも、筋力、特にベンチプレスの強化を重視する傾向があります。
つまり必然的に拳立ての能力も伸びやすいのです。

なお、今の段階ではまだ不要なアドバイスですが、すぐに陥りやすいことなので、老婆心ながらひとつ。
気をつけて欲しいのは、筋トレをするとついついバーベルの数値が目に見えて上がるという面白さから、それにはまりやすいのです。
特に全身の心肺機能に負担をかけず、楽な種目の一つであるベンチプレスは一段とはまりやすい種目の筆頭と言えます(街のスポーツジムなどでベンチをやる愛好者が多いのはその証左です)。

顔面ありの競技では極端なベンチプレスの数値は必要がありません。
例えば、かの「ヒットマン」長田選手も北斗旗優勝してた全盛期はたしかベンチ100キロ程度しか挙がらなかったと聞いています。

ですから今の段階では、拳立ての数値など気にしないで、まずは入門して一生懸命稽古に励むことをお勧めします。

もちろん最低限の筋力体力も必要ですが、それは入門してから先輩・指導員のアドバイスを聞きながら、日々の鍛錬で充分養われます。

週2回、一、二年もみっちり稽古をすれば15センチ背の高い野球選手や10キロ以上体重の重いラグビー選手を楽に手玉に取れるようになれますよ。

http://www.daidojuku.com/home/what/rank.html

上記大道塾のサイトに昇級のための拳立て&スクワットの昇級規定が明記されていますね。

これによると一般部では100回の号令のうち70回をこなすのをノルマとしています。
またベンチプレスとスクワットの規定も出していますね。

しかし内輪の事情を知っているので申し上げますと・・・

これは建前です。

実際にはこれをしっかりこなせない黒帯・茶帯もチラホラですが居ますね。

ただロシア勢が台頭してきた90年代以降からは、東代表が筋...続きを読む

Q手を大きく、ごつくしたい。

しっかり相手を掴めるよう手を大きく、指も太くしたいのです。握力トレーニングは、きちんとやっています。体も鍛えています。しかし、この(武道)世界では情けない「きれいな手」です。ごつい手になりたいです。何か良い方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

目的がわかりませんが、

手を大きくするなら、
ひたすら手の平や指の筋肉を付けるのみです。
(もちろん長くはなりませんが)太くはなります。
特に、拳にすると、同じ長さの手でも、厚い手は拳が大きく一目瞭然となります。
あと、お金のかからない原始的トレーニングなら、指先での腕立てふせというものがあります。握力の鍛錬で鍛えられない指の筋力が鍛えられる事でしょう。

ごつくする?って「タコとか作りたいって事」?
それなら拳立てとかでしょう。

でも世の中、そんなに拳がイカツイ感じでなくても強い人は山ほどいます。
僕から言わせれば、空手なんかで拳にタコつくって自慢している人がいますが、
あんなの何の意味もありません。「鍛錬」や「訓練」の証(あかし)としてそういうものが形となりましょうが、でも実際には、その「訓練」「鍛錬」の結果で強くならないと意味ないですから。
形だけ立派でも、中身ないと駄目でしょ。実践(実戦)で強く無い奴ほど、格好とか、タコとか自慢したがるものです。
中身が無いから、形だけ自慢する。

ですから、質問者さんは、あまり形だけにこだわる事なく、強さにこだわって、強くなる為の訓練の結果として、手が大きくなればよいという程度のことであってもらいたいと思います。
「きれいな手」にコンプレックスがあるようですが、きれいな手でも、世の中には強い人は沢山います。逆に、こんな強くてゴツイ人なのに、意外と手は優しそうって人いますもん。

目的がわかりませんが、

手を大きくするなら、
ひたすら手の平や指の筋肉を付けるのみです。
(もちろん長くはなりませんが)太くはなります。
特に、拳にすると、同じ長さの手でも、厚い手は拳が大きく一目瞭然となります。
あと、お金のかからない原始的トレーニングなら、指先での腕立てふせというものがあります。握力の鍛錬で鍛えられない指の筋力が鍛えられる事でしょう。

ごつくする?って「タコとか作りたいって事」?
それなら拳立てとかでしょう。

でも世の中、そんなに拳がイカツイ感じ...続きを読む

Q拳立てができません

女性です
格闘技歴は長いのに、どうしても拳立てができません。
今年中に空手の昇級があり、拳立ての必要性があるのですができません。
普通の腕立ては30回くらいできますが、拳だと
手首や床にあたる部分がすごく痛くて5回も出来ません。

バンテージをまいて行うと問題はないのですが
昇級試験の時は、あたりまえですが
バンテージは不可なので、素手でやらなくてはいけません。

師匠や先輩にアドバイスをもらったのですが
(一差し指と中指に体重をかける、とか、腕を肩幅に広げてやるとやりやすい、など)
うまくできません。

今は、とりあえず拳を鍛えようと
膝を床につけて、練習していますが
食い込むような痛さは、練習を始めて1ヶ月たった今も良くなりません。

何か良い方法はないでしょうか、、、
昇級試験は9月なので、それまでに20回はできるようになりたいのですが、、、、

アドバイスお願いします

Aベストアンサー

押忍!#2ですが、補足です。拳立てのときは、脇が内側に締まる感じです。これは「正拳突き」のときに脇を締めるのと同じ原理です。拳立てとは何かというと、「突き」のフォームで腕立て伏せをすることで拳を鍛え、突きの威力を増加させるトレーニングだというようなことを、極真空手の創始者の大山倍達氏が話していたように思います。ですから拳立てのフォームは、普通の腕立て伏せとは若干違うのです。よく考えると、床に向かって正拳突きしているように見えると思いませんか?あと、拳立ての目的には、1.手首の鍛錬、2.拳頭の強化、3.拳の握りの強化etc.が挙げられますが、拳頭が痛いのなら初めのうちは無理にそこを床につけて鍛えようとせず、前にお話した「産毛の生えている部分」だけを床につけるつもりで(拳頭は浮かせるくらいにして)やってみるといいと思います。慣れてきたら段々床に当てるポイントをずらしてみてください。

Q手にできたタコの治療法

手にタコだと思うのですが、左手親指の爪側にできています。
昔から手にたくさんあったのですが、親指のタコだけは治りません。
特に左手親指のものは直系1センチ程度あって気持ち悪いです。
治療法知ってる方、おられませんか?
薬局では、足の魚の目やタコは治療できるが、手の魚の目やタコは治しようがないと言われました。市販の魚の目・タコ用の貼り付け剤は、足用しかないようです。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も何年か前に両手の爪の下あたりにタコができていたことがあります。何が原因だったのか結局わからず、当時はとても恥ずかしくてばんそうこうを貼ってごまかしたりしていました。色々と何かしら試しに薬をぬったりしていましたが、治るきっかけとなった方法をお教えしたいと思います。kneisslさんにも効果があるかわからないのですが…。
足のタコを削ったりするやすりのようなものがあるのはご存知ですか?私はそれでまず指にできたタコを削り、当時はフェルゼアクリームという尿素が入ったハンドクリームをたっぷりすり込んで、夜はばんそうこうを貼って寝ていました。尿素配合の方がひどい荒れには効くと何かで読んで試した方法です。それから割と早くに私は治りました。効果があればいいのですが、もし良ければ試してみてください!早く治ることを祈っています!

Q拳を鍛える砂袋について

拳や貫手を鍛えるためには、素手で砂袋を突くのが良いと聞きました。
実際に、拳や貫手を鍛えるためには、どのような砂袋が良いのでしょうか?

トレーニング用砂袋はちょっと高めなので、できれば自作したいです。
砂袋の作り方等が、あれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

格闘技経験者です。

砂袋や巻き藁を叩くと拳が強くなると言うのは誰も調べていないので医学的根拠はありません(道場にいてる黒帯の整形外科の先生のお話し)。ただ医学的に考えて「骨は圧力をかけると密度が増して硬くなる」という事からこのようなトレーニング法が存在しています。

コレを基に考えると、態々砂袋を用意しなくとも固い物(フローリングやコンクリート)の上で拳立てしても圧力は掛るので同様の効果は得られるはずですし、叩いたダメージによる拳の怪我も無いので安全かと・・・因みに固い物の上で拳立てすると拳を強く握る為に握力も上がります。コレにより手の筋肉自体が鍛えられ拳が強くなるのです。
同じように指立てをすると指と手の甲が鍛えられるので貫手のトレーニングには適しています。物を叩くとどうしても突き指の危険があるのでまず最初はこのような技法で鍛えましょう。貫手で物を突きたいなら最低限指立て(人差し・中・薬の3本程度)が出来ないと怪我の危険の方が多いです。

鍛えるのにどうしても砂袋が居るならホームセンターなどで売っている「土嚢袋(どのうぶくろ)」に砂をつめて、さらにガムテープやビニールテープでグルグル巻きに補強して台の上において突くとよいです。長持ちはしませんが安くつきます。
もう一つは安物サンドバックを買う。キャンペーンやセールなどでは1mサイズ程度なら5000円もしませんので比較的お求めしやすいかと思います。格闘系雑誌などを見るとよく出ています。

格闘技経験者です。

砂袋や巻き藁を叩くと拳が強くなると言うのは誰も調べていないので医学的根拠はありません(道場にいてる黒帯の整形外科の先生のお話し)。ただ医学的に考えて「骨は圧力をかけると密度が増して硬くなる」という事からこのようなトレーニング法が存在しています。

コレを基に考えると、態々砂袋を用意しなくとも固い物(フローリングやコンクリート)の上で拳立てしても圧力は掛るので同様の効果は得られるはずですし、叩いたダメージによる拳の怪我も無いので安全かと・・・因みに固い物の...続きを読む

Q蹴りの練習はどうすればいいの?

極真空手をはじめて半年経ちますが、回し蹴りや上段蹴りが全然うまく出来なくて悩んでいます。開脚は毎日しているのですが・・・。キレイな蹴りや上段まで回る足など、普段どのようにトレーニングしたらいいか教えて下さい!押忍。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習っても、けりの真髄である、正確さ、スピード、そして破壊力は出てきません。3段階のかたがたに見てもらって直すべきものです。 形だけきれいにするのではなく、空手のけりだからこそきれいに見える、副産物として、と言う事を知ってください。

ルールの中でのけりができれば良いと言うのであればそれで良いですが、実践的に、と言うのであれば、なぜ空手はけりを習うのか、と言う事を聞くなり考えてみてください。 ただたんに足も攻撃に使えるだけではもったいないのです。

けりをするときは一本足でたっていると言う事実が多くの弱点を自分に作り出す事なわけです。 軸足を払われたら試合で審判員がストップをかけるのとは違うのです。 それすなわち寝技になるわけです。 また、軸足を払われないようにするには、軸足でたっている時間を少なくするには、けった足がミスった場合とあたった場合の体勢の違いは雲泥の差があるけどどう対応したら良いのか、けるとき両手は有意義に防御・攻撃に使えるようになっているのか、それとも威力出すために使われてしまっているのか、腕を使わずに威力を出す方法は、腕が無意味に体から離れてしまう事に関しての反省は、足を捕まえられたらその有意義な対応は、つかまれないようにするには、これから回し蹴りをすると気づかれないようにするには、など、これだけでも100以上の疑問が浮かばなくてはもったいない「訓練の道具」でもあるのです。

と言ってもやはり訓練のコツは書いておきますね。

上段回し蹴りは確かに見栄えが良いですよね。 でも、練習は下段から徐々に正確さ、スピード、威力を保ちながら体を慣らしていくことが非常に大切になるわけです。ですから、あせらずに下段からじっくり自分のものにしていってください。 十分にウオームアップは必要ですが、実践ではその時間がないと言う事もしておく必要はあると思います。

なぜなら、ひざを砕くけり、腿の筋肉を使えなくするするけり、骨盤を壊すけり、わき腹を攻撃するけり、わき腹を保護した腕を折るけり、肩の関節を砕くけり、首の骨を折る・脱臼させるけり、そして頭部へのけり、すべて有意義な空手のけりなのです。 回し蹴りは横からくるのでそれが見えない相手もいるわけです。

上段蹴りだけできたのでは背の低い相手やダックする相手には頭上をかすめる無駄なけりとなります。 金的や内股を露骨にもむき出しにするだけになってしまいますね。

使える空手とはこういうものと私は信じますので今は必要以上と思われるかもしれなことを書いたかもしれませんがこれからの長い訓練を有意義なものとすることができると思いますので書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習って...続きを読む

Q素手で殴っても怪我しない方法

よく殴ったほうが手を怪我するって聞くけど
それを防ぐ方法について教えてください

・拳立てや巻き藁をして正しい殴り方をすれば大丈夫ですか?
・拳立て、巻き藁以外にいいトレーニングあればおしえてください
・ストレート、フック、アッパー等いろいろあるけど怪我しにくい殴り方は何ですか?

Aベストアンサー

格闘技経験者です

拳立てや蒔き藁をやってもあまり意味がありません。拳立ては筋トレであり圧力により拳自体を硬くするものであって殴り方をマスターする物ではないのです。
蒔き藁は硬いものを叩いて拳を鍛えるものですが、もはや時代遅れのスポコンアイテムです。骨は圧力をかけるだけで骨は硬くなるので硬いものを殴ると言う行動にて拳自体を壊してしまう可能性のある蒔き藁は危険なのです。それなら藁より遥かに硬いコンクリートの上で拳立てもしくは逆立ち拳立てでジャンプする方が遥かに安全で高い圧力を掛けれるので効果的なのです。

そもそも痛める原因は・・・
1)パンチの出し方を知らず小指側及び指部分で殴ってしまう
2)拳より硬い骨を叩く

この2つしかありません。1は打撃フォームの問題です。個人でやれるトレーニング法は有りません。打撃系の習い事をすれば教えてもらえます。格闘家でも指でで叩くと怪我します。手の中でも弱い部分です。

2について・・・体の中で拳部分より硬い骨は頭蓋骨(でこ~頭頂部)と歯だけです。いくら拳を鍛えも元々の硬度自体が違うので、上回ることは無いでしょう。ひじは痛みを感じ難い部分であり、フックやアッパーをガードしやすいので勘違いされますが、固さ自体は手と変わりません。ですので1で説明したとおり殴り方さえ知っておけば怪我はしないのです。因みにガードのうまい人は攻撃された際に肘を相手の指部分に狙って当てて拳を潰しにかかる事はあります。

殴りかたを知らない者同士が喧嘩した際に、相手がうずくまるなどした際など頭が下がった時に良く頭蓋骨を叩いて怪我をするのです。ゆえにボクサーはストレートで怪我し易いです。顔面に当らずでこなどに良く当るからです。

防ぐ方法は・・・しっかりとした指導者の下で技術を教えてもらい、練習するしかありません。殴り方は技術ではありますが知識でもあると言うことです。

最後に、ボディーを殴りましょうと書いてる人居ますが・・・安定してない顔と違って体は弾き飛ばせないので力が逃げず、相手の体重がもろに掛かってきます。殴り方知らないと拳ではなく手首を傷めることになるので注意が要ります。素人がサンドバックを叩くと怪我をしやすいのと同じです。

格闘技経験者です

拳立てや蒔き藁をやってもあまり意味がありません。拳立ては筋トレであり圧力により拳自体を硬くするものであって殴り方をマスターする物ではないのです。
蒔き藁は硬いものを叩いて拳を鍛えるものですが、もはや時代遅れのスポコンアイテムです。骨は圧力をかけるだけで骨は硬くなるので硬いものを殴ると言う行動にて拳自体を壊してしまう可能性のある蒔き藁は危険なのです。それなら藁より遥かに硬いコンクリートの上で拳立てもしくは逆立ち拳立てでジャンプする方が遥かに安全で高い圧力を...続きを読む


人気Q&Aランキング