【初月無料キャンペーン中】gooドクター

『宋名臣言行録』の一部で、

欲因呂蒙正弟献以求知。其弟伺間従容言之。


という文で、書き下し文は

呂蒙正の弟に因りて献じて以て知を求めんと欲す。其の弟間を伺ひて従容として之を言ふ。

となってます。

話は、朝廷の役人が古い宝である鏡を呂蒙正に差し上げようとして、その弟に頼もうとしているところだと思うのですが、一文目の「知」と二文めの「伺間」をどのようにとればいいか分かりません。
教えてください。

gooドクター

A 回答 (1件)

求知は「歓心を得る」と取っていいでしょう。

「伺間」は「機会をうかがって」でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせて頂きます!

お礼日時:2008/01/08 21:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング