秋に女王蜂が死んだ後、働き蜂が単為生殖で卵を産むことがある。その卵からはオスが孵る。
 と、図鑑で知りました。
 単為生殖といえばクローン、メスのクローンといえばメス、だから、どうしてオスができるの? ・・・と、疑問なのです。
 なぜ有性卵からはメスが、無性卵からオスが孵るのでしょうか?

A 回答 (2件)

 通常の生物は、メス由来の染色体1セットとオス由来の染色体1セットが一緒になり、2セットの相同染色体をもっています。

その中の性染色体の違いで、オスかメスかが決まるわけです。(われわれヒトの場合、XXが女で、XYが男)
 ミツバチの場合は2セットの染色体をもっている倍数体がメス(XX)、1セットの染色体しかもっていない半数体がオス(X)です。メスが単為生殖する際には減数分裂によって染色体の数が半分になるために(XX→X)、生まれてくるのはすべて半数体のオスとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 すごくよくわかりましたっ!
 ありがとうございました。

 ところで、精子と合体してない卵がどうして細胞分裂を始めるんでしょうか? それも気になります・・・(^-^;)

お礼日時:2001/02/05 14:09

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



細くお願いします。

参考URL:http://www.nig.ac.jp/museum/genetic/D/imprint-01 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 ゲノム? なに、それ(^-^;)?
 と、一瞬思いましたが、ちゃんとハチのことが出てきて、よくわかりました(^-^)

お礼日時:2001/02/05 14:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクローン、有性生殖、無性生殖について

僕は、明日に生物のテストがあるタダの学生です。
明日、クローンについてと有性生殖or無性生殖をアホ教師が出すといったにもかかわらずチャント説明しないです。
ダカラ2つ質問するので教えてください!
((1)) クローンとは?(詳しく40時程度)
((2)) 生物にとって有性生殖か無性生殖ドッチのほうが有利か?(理由も添えて)

   詳しい方((1))、((2))のどちらか1つでも結構ですので答えてください! 
   できるだけ早くお願いします。

Aベストアンサー

((2)について。)

試験問題なら、有性生殖と答えて欲しいのカナ?理由は様々な個体が生まれるため、大きな環境の変化に適応しやすいからなんでしょう。

ただね~理解ある先生なら、ドッチ書いたってイイと思いますよ。理由の所がシッカリしてたら良いンじゃないでしょうか。自分なりの意見を試されているのかも、知れません。

Q単為生殖により作られた種子は親のクローンと考えて良いのでしょうか?

タイトルの通りですが、
単為生殖をする植物、ドクダミ、ヒメジョオン、セイヨウタンポポなので、
単為生殖によって出来た種子は、遺伝的に親のクローンと考えて良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

クローンと考えて良いのではと思います。これらの単為生殖は,確かに卵を形成し種子を作りますが,これらの植物は3倍体ですので減数分裂せずに体細胞分裂で卵形成を行い,受精せずに発生します。ですから挿木と同じに遺伝的には当然同じものと思いますが…これはどう考えてもクローンです。

Q真正胞子の生殖は無性生殖ですか?

“栄養胞子は体細胞分裂によってでき、2nの親と同じ2nの遺伝子を持つ。これに対し真正胞子は減数分裂によってでき、2nの親の半分の遺伝子nを持つ。”、といった具合に胞子生殖について覚えているのですが、真正胞子はnのままなのですか?そうすると、今度はその胞子が成長してして新たな胞子を作ると、その新しい胞子はさらに半分の1/2nの遺伝子になってしまいますよね?そんなはずはないですよね(無限に少なくなりますものね)?ということは他のnの真正胞子と接合かなにかして2nとなるのでしょうか?そうすると何生殖といえるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このようなサイクルを「生活環」と呼びます。

被子植物では胚のう細胞と花粉四分子が真正胞子に相当します。
コケの場合,雄株をつくる胞子と雌株をつくる胞子が形成されます。
シダ類(真正シダ)の場合胞子は雌雄同株の前葉体を作ります。

いずれにしても,真正胞子は単独で発生して配偶体を形成する細胞なので「無性生殖」に分類するのではないでしょうか。

参考URL:http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai_low/7-1.html

有性生殖をする生物は減数分裂と受精(接合)を繰り返して増えます。動物の場合減数分裂によって配偶子(精子・卵)を形成しますが,多くの植物では減数分裂によって胞子(真正胞子)を形成します。真正胞子は発達して配偶体を形成し,配偶体が配偶子を形成します。
この配偶子は受精によって受精卵となり,受精卵が発達したものを胞子体と呼びます。

胞子体→(減数分裂)→真正胞子→配偶体→配偶子→(受精)→

この繰り返しですので,真正胞子は体細胞分裂をすることはあっても減数分裂をしません。このような...続きを読む

Q有性生殖と無性生殖について

私は中学3年生です。
有性生殖が無性生殖に比べて、生物にとってつごうがいい理由を教えてもらえないでしょうか。できれば、簡単な例を挙げて答えてもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はしがない大学生ですが、高校の時に習った教科書から二つの生殖方の特徴を比較してみました。

 無性生殖...(1)1個体で増殖することができるので、効率が良い。(2)子は、親と全く同じ遺伝子構成をもつ。(3)個体の多様性が低いので、環境の変化に対応しにくい。
 有性生殖...(1)接合(受精)という過程が必要なので、効率は悪い。(2)子は、親とは異なった遺伝子構成をもつ。(3)多様な個体が存在するので、環境の変化に対応しやすい。

ということなので、「生物にとってつごうがいい」というのは、いろいろなタイプの個体が出来る有性生殖のほうが、環境が変わった時に生き残るものが出る=種が残る可能性が高い、ということを言いたいのだと思います。遺伝子のお勉強がまだであれば、わかりにくいかもしれませんが...。
例えば、アメーバやイソギンチャクのように同じ遺伝子の生物だと、いきなり寒くなった時に皆耐えられなくて死んでしまいます。悪くすれば絶滅してしまいます。一方、ヒトのように皆違う遺伝子をもつ生物は、一人ひとりタイプが違い、長所も短所もそれぞれです。もちろん寒さに耐えられる限界も違いますので、誰か寒さに強い人が生き残って子を産み、後世に種を残せるかもしれません。そこが生物にとって大切なことなのです。つまり、遺伝子が同じということはいわばクローンです。ヒトも自分のクローンしかいない世界であれば、皆死んでしまうかもしれないのです。
適当な例えとは思いませんが、お役に立てれば幸いです。

私はしがない大学生ですが、高校の時に習った教科書から二つの生殖方の特徴を比較してみました。

 無性生殖...(1)1個体で増殖することができるので、効率が良い。(2)子は、親と全く同じ遺伝子構成をもつ。(3)個体の多様性が低いので、環境の変化に対応しにくい。
 有性生殖...(1)接合(受精)という過程が必要なので、効率は悪い。(2)子は、親とは異なった遺伝子構成をもつ。(3)多様な個体が存在するので、環境の変化に対応しやすい。

ということなので、「生物にとってつごうがいい」というのは、いろ...続きを読む

Q無性生殖をするモノのなかで、栄養体生殖をするモノ

中学の理科についての質問です。『無性生殖をするモノのなかで、栄養体生殖をするモノ』というのは、ジャガイモ・サツマイモの他に、なにがありますか??

Aベストアンサー

中学校で栄養体生殖の例にどんな生物をあげているのか知らないのですが…

植物の場合には,花が咲き,実が出来,その種子から子供が出来る場合を除いて全てです。

ベンケイソウ…葉の先端から新しく子供が出来ます。
アジサイ等の挿し木…挿し木の説明は必要ないですよね。サクラでソメイヨシノという有名なサクラがありますが,挿し木で増やしたものです。
ヒガンバナ・チューリップ等の球根…彼岸花は不稔と言いまして種子は付けないのです。
オランダイチゴやオリヅルラン等のほふく茎…茎が伸びそこに子供が出来ます。
ヤマノイモ・オニユリ等のムカゴ…花が咲かないのに黒い実のようなものが出来ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報