マンガでよめる痔のこと・薬のこと

何かをお願いするときに「ご承知おき下さい」という言葉を使うのは、一見丁寧語みたいに見えますが、「上の者が下の者に使う」ような、或いは「文句はつけさせない」というような、有無を言わせない圧力を感じ、私にはお願いというニュアンスが伝わってきません。

お願いという意味では、「ご了承ください」のほうが適切であるような気がするのですが、私の感覚はおかしいでしょうか?

「ご承知おき下さい」について、国語学的な見地からどのような場合に使うのが適切であるか、お教えください。

A 回答 (2件)

「承知」と「了承(諒承)」は意味がほとんど同じですが、ニュアンスが微妙に違います。



強いて言えば、「承知」は知っているかどうかが問題とされるのに對して、「了承(諒承)」は納得するかどうかが問題とされます。
單に知っているかどうかを問題とするよりも納得するかどうかを問題にしたほうが、聞き手(「「ご承知おき下さい」などの言葉を受ける側の人)の自由を認めています。


「おく」というのは、「ご承知おく」という動詞の一部なのか、補助動詞のようなものなのか、私はよくわからないので、そのてんは專門家に任せたいと思います。

ですが、「おく」という言葉には「準備として前もって用意する」という意味あいがあります。
例えば、「調べる」よりも「調べておく」のほうが、前もって調べて凖備しておく、という意味あいがでるでしょう。
また、「おく」は、結果を殘す、という意味あいもあります。
例えば、「電燈を消す」は一時の行爲ですが、「電燈を消しておく」というのは消えている状態がつづいているような感じがします。

ですから、「ご承知おき」には「何かに對して凖備しておく」という状態が「繼續する」というニュアンスがあります。
言い換えると、「緊張して覺悟しておけ」という感じです。

「おく」がない「ご了承ください」は、單に一時の行爲なので「納得してくれたらそれでOK」というニュアンスで、緊張状態からすぐに解放されます。
その分聞き手は氣輕だということになります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。
「承知」と「了承」の違いから説明していただき、よく理解できました。「緊張して覺悟しておけ」というたとえも、よくわかります。
わかりやすい解説をありがとうございました。

お礼日時:2002/09/27 13:37

正しいと思います。



文句は言わせないという気持ちを込めたい時に使います。
また、それが使われていたら文句は言えないのかなーと覚悟を決めます(笑)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の感覚が間違ってなかったと言っていただいてうれしいです。
「ご承知おき下さい」で検索すると、「期日までに支払われない場合は、法的な措置を取ることになりますから、ご承知おき下さい」というように、威圧的な文章で用いられているようですので、「それが使われていたら文句は言えないのかなーと覚悟を決めます」ということばは実感があります。
ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2002/09/27 13:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ご承知おき下さい」という言い方は、目下の者が使ってもいいか?

「ご」と「下さい」がついているので丁寧な表現だと思っているようで、私の周辺では若い人が目上の人に連絡をするのに使っています。「承知しました」は、立場上、目上の者に向かって言うと思うので、「ご承知おき下さい」は、逆に相手が立場上目下になるのではないでしょうか?毎日のように聞かされるのですが、私の考えは間違っているのでしょうか?また、「ご承知おき下さい」以外に適切な言い方はないでしょうか?ご教授願えませんか。

Aベストアンサー

この言葉、確かに一見丁寧に聞こえますね。しかし、承知(謙譲語)に「ご」をつけるのが大変な間違いかと思います。「ご承知いたしました」ではなく「承知いたしました」が正しい日本語です。「ご」をつけるのは、目上(または、お客様)に対しての丁寧語「ご連絡さしあげます」「ご連絡お待ちしております」等だと思います。承知の尊敬語は了承ですが、ここで使う場合は、おかしいですね!「ご連絡さしあげます(させていただきます)」だけでも十分丁寧だと思いますが、私のたどり着いた答えは、「ご連絡さしあげます(いたします)(させていただきます)。何卒(なにとぞ)よろしくお願い申し上げます」。です。また、「...心にお留めいただきますようおねがいいたします」。あとは、言い方で失礼にも丁寧にもなると思っています。間違った言葉でえらそうに話すのが一番良くないと考えています。なお、専門家ではございませんが、「ご承知おきください」は、変だな~と思います。また、日本語について考える時間があり楽しかったです!長々と失礼いたしました!!

Q「認識して下さい」を敬語で言うと

「(…と)認識して下さい」を、
敬語ではどのように言えばよろしいでしょうか?
「ご理解下さい」ではないかと思ったのですが、
なんとなく偉そうな雰囲気がある気がします。
もっと適当な言葉があれば教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

言葉って難しいですね。
「認識ください」とは、相手方に判ってくださいと命令するような言い方だとすると、敬語として「ご理解ください」では少し外れているように思います。命令形に敬語はふさわしくないと思います。あえて言うならば、「ご承知賜りますよう」くらいでしょう。これには前にくる主語をうけてそのことを了解してほしいとの意味ととれますので同じような意味になるのではと思います。

Q[ご承知置きください]は見下しているか?

例えば、店がお客に対して使ってもよい言葉でしょうか?
この言葉は社内報など上から下へ来る伝言内でしか目にしたことがないので。

「ご了承ください」の方が無難なのはわかるのですが。

これから使おうかどうか迷っています。

Aベストアンサー

もちろん使える表現です。見下しているなんてことは微塵もありません。

問題の立て方、考え方が間違っているようです。どういうときに使うべきかを問うべきです。

「~していただけますか」と客にぜんぶ下駄を預けてしまえば無難だなんて愚劣で怠惰な考えに基づくマニュアルが横行しているようで嘆かわしいことです。していただくもなにも、そうするしかない場合にこれを連発されると、だんだん腹が立ってきます。

「プールサイドでの飲食はご遠慮いただくことになっておりますので、ご了承ください」

「前日までに(キャンセルの)ご連絡いただけないばあいは(予約金の)ご返金はいたしかねますのでご承知おきください」

この二つの違い、分かりますか。単に言葉の上で押しの強さが違うんじゃない。前者は注意してるだけ、後者はペナルティを含んでいます。

「おく」と言ったら前段階で、何かことがあったとき以降の後段階への進行、状況の悪化を想定してものを言っている、ということです。

「おく」と言ったからとてただちに見下すとか命令めくとかということはありません。殿様が「聞き置く」とか言うのは「いちおうの理は認めるが俺は従わんよ」ってことでしょ。

「知っている状態でいろ」ということです。あとで知らなかったとは言わせないよ、ということです。だから卑屈な人、被害妄想的な人は脅迫的と取るかもしれない。でも商いには互いに守るべきルールがある。破れば報いもある。それを確認するときにこれを用いて悪いはずはないでしょう。商人はへりくだっていればいいというもんじゃありますまい。

もちろん使える表現です。見下しているなんてことは微塵もありません。

問題の立て方、考え方が間違っているようです。どういうときに使うべきかを問うべきです。

「~していただけますか」と客にぜんぶ下駄を預けてしまえば無難だなんて愚劣で怠惰な考えに基づくマニュアルが横行しているようで嘆かわしいことです。していただくもなにも、そうするしかない場合にこれを連発されると、だんだん腹が立ってきます。

「プールサイドでの飲食はご遠慮いただくことになっておりますので、ご了承ください」

...続きを読む

Q知っていてほしい、というのを丁寧に言いたいとき

かなり格式ばったビジネスレターで、「詳細は決まってないが、とりあえず、こういうことがあるということを知っていて欲しい」ということを書きたいときに、「知っていてください」という部分を適切な言葉にできず悩んでいます。
「お見知り置きください」より、もっと丁寧で、適切
な言葉があったような気がするのですが、思い出せません。

カテゴリー違いかもしれませんが、何か心当たりのある方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
承知という言葉は、自分が主体でないときは使いません。(わたしの場合)

あらかじめ未定ながらも知っておいて欲しいことを相手伝えるときは、
「なお、未定ですが ~ の(となる)可能性もありますので、あらかじめご留意ください。」
というような書き方をします。

Q「ご認識ください」「念頭に置いて」は失礼?

ビジネスメール等で、覚えておいてくださいね、という意味で使用する文言が、個人的に少し刺々しい感じがするのですが、使用しても失礼ではないでしょうか?
お含みおき下さい、になるのでしょうか。
社内で使用するには少し堅苦しい感じがするのですが、他に良い言い換えはありますか?教えてください。

Aベストアンサー

中身によって多少変わる気もするけど

「ご承知ください」はどうでしょう?

ご認識ください→今まで認識すらなかった→気が付いてもいなかった
という感じがして自分は使いません^^;;

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「存じます」について

単純な質問で申し訳ないんですが
「~にお越しいただきたく存じます」
という文がありますが、この「存じます」と
いう言葉は「思います」っていう言葉が変化したって
考えて良いのでしょうか?

つまり
「~にお越しいただきたく存じます」という文は
「~にお越しいただきたいと思います」
という文と同じ意味であると考えて良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。お返事を有難うございます。週末は日中は外出のため、補足質問がありながらお返事が遅くなり失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<ちなみに何ですが「~と考える」と解釈することも出来るということなんですが
この文の場合、
「~にお越しいただきたいと考えます」や
「~にお越しいただきたいと考えています」
と略す事は文法的に、不自然でしょうか?>

上の「考えます」はやや不自然です。

1.「意味・解釈」と「語法=実際の使用」は異なりますので区別して下さい。

2.「思う」=「考える」=「思考する」という意味になりますが、それをそのまま語法にあてはめていい、というものでもありません。

語感や慣例を確認しながら、適切な語法を選びます。

3.上記の例で言えば、「~いただきたいと考えています」は使われることもある語法なので、慣例の点から可能ですが、「~いただきたいと考えます」はあまり使われません。

従って、「~いただきたいと考えます」の方は不自然になります。


ご質問2:
<この文の場合、「考えます」では語呂が悪いので「て」をつけて「考えています」に変えれば良いのでしょうか?>

おっしゃる通りです。

語呂、語感、慣例、それらと照らし合わせることが語法では大切です。


ご参考までに。

No.3です。お返事を有難うございます。週末は日中は外出のため、補足質問がありながらお返事が遅くなり失礼しました。補足質問にお答えします。

ご質問1:
<ちなみに何ですが「~と考える」と解釈することも出来るということなんですが
この文の場合、
「~にお越しいただきたいと考えます」や
「~にお越しいただきたいと考えています」
と略す事は文法的に、不自然でしょうか?>

上の「考えます」はやや不自然です。

1.「意味・解釈」と「語法=実際の使用」は異なりますので区別して下さい...続きを読む

Qご不明な点が・・・という文章の後に悩んでいます。

取引先に、入金する金額を通知するFAXを送ります。
その文章にご不明な点がありましたら、ご連絡くださいと書こうかと考えています。
しかし、ご連絡くださいはちょっとくだけすぎかなと思います。
なんて文章にしたらいいのかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

「ご不明な点がございましたら下記担当者にお問合せ下さい」で良いと思います。


人気Q&Aランキング