しっぽが長くて、時々ペットショップでも見かけるリスザル。
英語ではなんて言うんですか?
学名では?
そのほかりすざるについて教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

リスザルの英名は Common Squirrel Monkey


霊長目(サル目):新世界ザルはオマキザル科とマーモセット科に大別され、オマキザル科はオマキザル亜科、ヨザル亜科、ティティ亜科、リスザル亜科、サキ亜科、ホエザル亜科、クモザル亜科の7亜科に分かれ、リスザル亜科<リスザル属Saimin>は、セアカリスザル S.oerstedii とコモンリスザル S.sciureusの2種類がいます。単にリスザルという場合はコモンリスザルをいう。体重1kg弱。枝の上の小走りと枝から枝へのジャンプを得意とする。コクタリカ・ボリビア・ブラジルの川沿いの熱帯雨林、マングローブの林など湿潤な森林に棲む。群のサイズは30~多くとも100頭。陰葉に潜む昆虫を好んで食べる。このほかに熟れた果実なども食べる雑食性。
☆リスザル<トッピック>
 1950年代から、アメリカとソ連は宇宙開発競争のとき、有人宇宙飛の前に動物による宇宙飛行実験が行われました。最初にソ連が犬(ライカ犬)を乗せて成功しました。それで、アメリカは、より人間に近い「さる」で実験をしました。1959年アメリカの宇宙船に乗って宇宙旅行をし、初めて無事帰還した生き物が、この「リスザル」だったのです。昔から、アメリカとソ連は「犬猿の仲」だったとか(笑)・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん回答ありがとうございました。
やっぱりSquirrel Monkeyだったんですね。
人間よりも先に宇宙に行っていたなんて驚きです。
かわいい写真のページもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/10 01:01

Common Squirrel-monkey



まさに「リス-サル」ですね。
学名では

Saimiri sciureus

ではないでしょうか。
    • good
    • 0

霊長目 PRIMATES オマキザル科 Cebidae


英名  Common Squirrel Monkey
学名  Saimiri sciureus
となるようです。

参考URL:http://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_06/b_06_04. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物の教科書で時々見かける、「二酸化炭素を固定する」という意味がよく分かりません。 例えば窒素同化の

生物の教科書で時々見かける、「二酸化炭素を固定する」という意味がよく分かりません。
例えば窒素同化の単元に、「硝化作用は土壌中の化学合成細菌によって進行し、化学合成細菌はこの酸化の過程で得られるエネルギーを利用して二酸化炭素を固定する。」
という文章などです。

分かる方教えてください。

Aベストアンサー

質問する前に自分で調べてみてもいいんじゃないかなぁ.
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%AD%E7%B4%A0%E5%9B%BA%E5%AE%9A

Qカブトムシの本名は?(学名ではなくて俗称で)

2月9日のトリビアの泉で放送されていた”世界一強いカブトムシは○○カブト”
を見ながらふと思った疑問です。

日本にもいるいわゆるカブトムシは本当は何と言う名前なのでしょうか。
アメリカにいる人はアメリカにいる何とかカブトがカブトムシだと思うでしょうし、
インドの人はインドにいる何とかカブトがカブトムシだと思っているに違いないというのが論拠です。

ご存知の方、教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

日本にいるカブトムシはコガネムシ科の中のカブトムシという虫です。
ですから、もしかしたら「ツノコガネムシ」みたいな名前が付いていたかもしれません。
つまり、いわゆるカブトムシは、カブトムシ科のカブトムシではなくて、コガネムシ科のセンチコガネやクロコガネと並んでコガネムシ科のカブトムシという形で存在しているのです。
ですから、○○カブトと名前を付けることは、○○センチコガネや○○ヒラタアオコガネと名前を付けるような、本当は変な名前の付け方なんです。
ですが、日本ではカブトムシはコガネムシとは違う虫というような認識がされているので、○○カブトという名前の付け方が自然に聞こえるわけです。
外国のコガネムシ科の虫を、ヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブトと名前を付けるのは日本が勝手にやっていることです(現地の呼び名を参考にしている場合もあるでしょうが)。
外国では「カブトムシ」という概念が無いため(というかそういう国では)、カブトムシもカナブンも全部(外国語で)○○コガネとまとめられていると思います。
日本のカブトムシも各国で○○コガネみたいな名前が勝手に付けられていることでしょう。(あくまでも、日本と同じようにカブトムシの概念がある国では、日本と同じように○○カブトって名前が付いているかもしれません)

これらの事を踏まえて考えると、日本のカブトムシの本当の名前は、日本では「カブトムシ」、外国では各国でそれぞれ勝手に名前が付けられています。

参考URL:http://www.insects.jp/konbunkoukoga.htm

日本にいるカブトムシはコガネムシ科の中のカブトムシという虫です。
ですから、もしかしたら「ツノコガネムシ」みたいな名前が付いていたかもしれません。
つまり、いわゆるカブトムシは、カブトムシ科のカブトムシではなくて、コガネムシ科のセンチコガネやクロコガネと並んでコガネムシ科のカブトムシという形で存在しているのです。
ですから、○○カブトと名前を付けることは、○○センチコガネや○○ヒラタアオコガネと名前を付けるような、本当は変な名前の付け方なんです。
ですが、日本ではカブトムシはコ...続きを読む

Q動物の死骸は見かけないのにセミの死骸はたくさん見かけるのは何故?

昆虫や動物って意外と死体や死骸を見かけないですよね、これについては過去ログで同じ疑問をもたれた方が数人いました。

でれも結論は出てないようでした

説1:死期を予期して人目につかない場所で息絶える

でも都心などでは人目につかないところなんてある?

説2:カラスなどの動物の死骸の掃除屋がいる

自然のおきてで死んだら食べられるのはわかりますが
じぁカラスの死骸は誰が食べてるの?

説3:バクテリアなどの微生物が土にかえす

いくらなんでも数分で土にかえらないだろうから
その前に見つかりそうだけど
都心で土が無かったら?

と動物の死骸を見かけないのも謎ですがそのわりに
セミの死骸は沢山見かけます、
あれだけ沢山いるゴキブリも死骸はあまり見ないのに
セミだけ何故?

セミは死期を予感できないから?
セミを食べる動物がいないから?(ネコや犬は食べるみたいですが)

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

寿命や生息数との関係もあるのかもしれませんね。
セミは寿命が1週間程度ですし、大きな虫なので、比較的
死骸をが人目に付きやすい・他者に食べられにくいでしょうし、カラスや雀とは、同じ期間に死亡している個体数自体が全く違うのではないでしょうか。

小鳥などになってくると、死期が近い=体調が悪い個体は
あまり動き回らず、薄暗い所や物陰を好み、じっとして
います。その場で死亡しても、あまり人目につくことはなさそうですし、天敵は死ぬまで待ってくれるとは限りません。死体となる前に、補食されることも多いのではないでしょうか。

死体を食べる動物としては、カラスの他にも、イタチなどの小動物・都会では、ネズミが沢山いると思います。

Qなんで地球上に生命なんてものが誕生してしまったんですかね? 人間も人間以外の生き物も楽しくなんて無い

なんで地球上に生命なんてものが誕生してしまったんですかね?
人間も人間以外の生き物も楽しくなんて無いのに!
食うか食われるかの生存競争!
どのみち生命なんて死ぬ運命になってるのに、
生命の存在理由が分かりません。

Aベストアンサー

>生命の存在理由が分かりません。
そんなもの誰にも分からないので、哲学者が喰えるのです。

Q植物の学名

植物の学名で、どうしてもわからないものがあるので、教えていただけないでしょうか?
インドヨメナという植物ですが、帰化植物でしょうか…。
できれば科と学名を教えてください。
もし、学名が詳しく正確にのっているようなサイト、あるいは辞典があれば教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

キク科ですね。
学名は・・・Kalimeris indica のようです。
別名コヨメナ としているサイトもありましたが、こちらの学名は
Kalimeris yomena
http://www16.ocn.ne.jp/~gajimaru/HTML/page245.html
http://www2.tky.3web.ne.jp/~hidamari/genus033.html
http://wssj.ac.affrc.go.jp/DB/weed_name/weed_name_list.html
上記サイトはは学名の頭文字 Kで引いて下さい。
以上、ヒントにはなりますでしょうか・・・


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報