ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

カメラの倍率は焦点距離で決まるものであって
倍率という言葉自体にはあまり意味がないと思います。
これについては同様な質疑応答がこのサイトでなされており裏が取れました。

ところがデジタルビデオカメラの方ではどの機種も倍率を宣伝しています。
今回、ビデオカメラの購入にあたってスペックをみているうちに
カメラとビデオカメラの倍率の扱いの違いが分からずに迷路に入ってしまいました。

とりあえず整理してみた点では
「ビデオカメラは焦点距離と画角の関係がメーカや機種を問わずに同じである」
ということです。この通りなら倍率は意味のあるものとして合点がいくのですが
レンズの口径がビデオカメラごとに違うのでこれはないと思います。

実際はどのようになっているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

倍率…というものは、まず基準があり、それに対する比率のことを言います。


倍率自体に意味がないのではなく、どの程度の大きさに写るのかという観点では意味がありません。

例えば、28-300mmという焦点距離のズームレンズの場合、その倍率(ズーム比)は約11倍となります。
18-200mmというズームレンズもその倍率(ズーム比)は約11倍になりますが、前者のレンズ(300mm時)の方が
後者のレンズ(200mm時)よりも大きく写すことが可能なんです。

大きく写したい場合、倍率の大きなレンズの方が良いかと聞かれると、必ずしもイエスとは限りません。

次に誤解されている部分について説明します。
ビデオカメラは焦点距離と画角の関係がメーカや機種を問わず同じとは限らないという点です。

またレンズの口径についても触れられていますが、レンズ口径というものも画角や焦点距離以外にもF値
にも大きく左右されますので、参考になりません。
例え同じ画角や焦点距離であっても、光を多く取り込むため口径の大きなレンズというものが存在します。

ビデオカメラで倍率が重要になるのは、動画撮影ではズーミングという手法が重要だからです。
難しいことを考える必要はありません。
デジカメもビデオカメラも倍率に関する考え方は同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>倍率…というものは、まず基準があり、それに対する比率のことを言います。

そうだということを前提で考えていたら混乱してしまいました。

>またレンズの口径についても触れられていますが、レンズ口径というものも
>画角や焦点距離以外にもF値にも大きく左右されますので、参考になりません。

なるほど。私は標準的な凸レンズで考えていました。
これは光を集めるために工夫されているレンズがあるということですね。

>ビデオカメラで倍率が重要になるのは、動画撮影ではズーミングという手法が重要だからです

それは目から鱗でした。
確かに少し難しく考えていたかもしれません。
もう少しシンプルに考えてみます。

お礼日時:2008/01/24 23:38

高級機なら、撮像素子のサイズもレンズの焦点距離も明記されています。


http://www.sony.jp/products/Professional/xdcamex …
↑を例に取れば、撮像素子が1/2型で、レンズの焦点距離が5.8~81.2mm (35mm換算:31.4~439mm):81.2÷5.8=14倍ズーム、F1.9~F16です。

http://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdv …
一方、↑は撮像素子が1/3型で、少し小さくなって、レンズは4.4~52.8mm (35mm換算、16:9時 f=32.0-384mm、 4:3時 f=39.5-474mm)の12倍ズーム。

撮像素子のサイズと、焦点距離、画角の関係など、スチルデジカメと全く同じ関係です。

ただ、普及機ではそこまで明記されていないことから、レンズの性能はさほど重視されていないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

高級機ではしっかり明記されるのですね。
そこまで高価な機種は全然目を通したことがなかったものですから。
対象が一般人とマニアで対応も違うのですね。

やはり少し難しく考えていました。

お礼日時:2008/01/24 23:45

倍率とは「ズーム倍率」のことであり、光学レンズを使用しているズームレンズなら「倍率」の扱いは全て同じです。



倍率 = 望遠側焦点距離 ÷ 広角側焦点距離

デジタルビデオカメラのメーカーHPで諸元・仕様を確認するとコンパクトデジカメと同じ書き方がされています。

例えば、
撮像素子:1/6型CCD
レンズ:=2.5~62.5mm、f(35mm換算)f=41~1,189mm(16:9時) 43~1,075mm(4:3時)


レンズの口径が機種毎に異なるのは撮像素子のサイズが違うからでしょう。
撮像素子が同じサイズでレンズも同じ仕様ならレンズ口径はほぼ同じ口径になるはずです。コレはデジタルスチルカメラでも一緒です。

スチルカメラだろうがビデオカメラだろうが光学部分の考え方は一緒です。
キヤノンからは一眼レフ用のレンズを使用できるビデオカメラが出ていたはずです。これからも想像できると思いますが「カメラ」としては基本的に同一のものです。

「倍率」表記が横行しているのは一般ユーザーのせいでもあります。画角や焦点距離で表記しても理解してもらえない、理解してもらえないと売れない。売るためには高性能であることを前面に押し出せる「倍率」を使った方がよい。それに異を唱えるユーザーが少なかったためデファクトスタンダードになってしまった。結果、多少知識はあるが本質を理解していないユーザーは混乱することに。
コンパクトデジカメでは近年になってより広い範囲を写せることをアピールするために「広角28mm」という言葉を使うようになりました。写せる範囲を表現するためには「ズーム倍率」では不可能だからです。こうなった理由の一つに「高性能なはずの高倍率なのに大人数での集合写真を撮るのが難しい」「風景を広く写したい」と言うのもあるかと思います。これらをアピールするのに画角を表す「35mm換算で何mm」が使われています。


レンズの明るさ(F値)は「焦点距離/有効口径」で求められます。
レンズの口径が大きくF値が小さい(明るい)と言うことは焦点距離が長いと言うこと。同じF値でもレンズ口径が小さいと焦点距離は短いと言うことになります。
これらのことから撮像素子(イメージセンサー)の大きさも容易に想像できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

>デジタルビデオカメラのメーカーHPで諸元・仕様を確認すると
>コンパクトデジカメと同じ書き方がされています

それがなかったんですよ。私の見落としかもしれません・・・
情報提供どうもです。

>倍率表記が横行しているのは一般ユーザーのせいでもあります

やはり一般受けするようにの策なのですね。
少し混乱してしまいました。
デジカメも一般製品は素直に倍率を使っていきます。

お礼日時:2008/01/24 23:51

 コンパクトカメラや一般向けのビデオカメラはレンズが固定されているので倍率表示でもかまいません(焦点距離表示だと一般の方は解り難い)。


 一眼レフや高性能ビデオカメラではレンズが交換出来るため倍率表示だけでは問題があります。
 例えば
 35~105ミリズームは3倍ズームですが、100~300ミリズームも3倍ズームです。
 このカメラには3倍ズームが付いていますだけでは、どんな画角のズームが付いているのか解りません。
 コンパクトカメラや一般向けのビデオカメラはレンズ多少前後しますが35ミリ前後の広角から付いていますのでイメージできますが、35~105ミリズームと100~300ミリズームでは全然写る画角が異なるのでイメージ出来ませんので一眼レフや高性能ビデオカメラでは焦点距離表示が主体となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
こんなに早く3件も回答が来るとは驚きです。

なるほど、固定だから倍率表示で良い。
参考にいたします。

お礼日時:2008/01/24 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオカメラ望遠・距離

こんにちは。
ビデオカメラで、スポーツの試合などを撮影したいのですが、大体30mぐらい離れた位置の選手をアップで(画面いっぱいになるぐらい)、かつあまり劣化なく撮影するには、どのぐらいのスペックの機種が必要でしょうか?

光学何倍ぐらいで説明していただけると分かりやすいですが、レンズの焦点距離なども関係するのですよね?(あまり詳しくありません。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
補足の方を読ませて頂きました。

> 止まっている選手の顔アップは綺麗に撮れればいいなと思っています。
> これだと35mm換算で、何百mm程度が必要になりますでしょうか?

前述のように全身を画面一杯に写すのに35mm換算で300mm程度必要ですので、
顔のアップですと、6頭身だと仮定すれば単純に6倍して頂いて1800mm程度
の望遠レンズが必要となる計算になります。

1800mm程度の焦点域となると、ビデオカメラといえど光学ズームだけでは
厳しく、さらにテレコンやデジタルズームなどを併用する必要性があります。
しかし、1800mm域の超々望遠での撮影は相当に難しいですヨ。

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

Qビデオカメラの距離Xの時の撮影範囲の計算方法?

ビデオカメラから距離X離れた時の撮影範囲はどのように計算すればいいでしょうか?

カタログにf:35mm判換算   動画:29.8~368.8mm(16:9) と記載されているので、
29.8の時の計算方法を知りたいです

Aベストアンサー

簡便な計算方法(誤差あり)。

撮影距離(単位はmm)÷29.8=A
短辺=A×21.2mm
長辺=A×37.7mm

例えば、撮影距離(厳密には結像面からの距離ではない)が3m(3000mm)だと
3000÷29.8≒100.67
短辺は、約2134mm
長辺は、約3795mm
です。

Q運動会に光学ズーム12倍は不適か?

10年前に買ったDVカメラ SONY DCR-TRV17Kからの買い替えですが、
SONY CX590V が画質も良く予算的にも適しているのですが、幼稚園と小学生の子供がいる為、運動会などでは光学12倍ズームでは足りないのではないかと迷っています。
価格も安く光学25倍のCX270Vも考えましたが、雑音が入るとのレビューを見て、やめました。


また10年は使いたいと思っているので、多少高くてもいい物を買いたいと思っているのですが、やはり、運動会などでは光学12倍では足りないでしょうか?

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

どのカメラが良いかという回答はさておき、ご質問については12倍ズームでよいと思いますし、CX590VとCX180なら、迷うことなく590Vでしょうね。

他の方も書かれていますが、20倍も30倍もズームがあっても使いきれません。
No.5の方が書かれているのは、同じ倍率であっても、例えば焦点距離20ミリから20倍だと400ミリまでになりますが、50ミリから10倍だと500ミリになり、後者の方が望遠としては拡大できることになるので、倍率が重要なのではなく、どこまで寄せられる(最終の望遠側は何ミリなんだ)かが重要という意味です。
その視点で見ると、CX180は、35ミリ換算(昔のフィルムカメラ)でf=29.8-894mm(16:9時)、 f=36.5-1095mm(4:3時)ということですから、ワイドで約900ミリ、従来のサイズではなんと1000ミリを超す超望遠になります。
こんな超望遠を誰が手持ちで撮影するでしょうか、ということを皆さんおっしゃっているのです。
幾ら動画で、手振れ補正があったとしても、ブレブレになることは目に見えています。
一方、CX590Vは、同換算で、f=26.8-321.6mm(16:9時),f=32.8-393.6mm(4:3時)ですから、300ミリ~400ミリですね。これは手持ちの限界だと思いますよ。

それと、運動会でお子さんを出来るだけアップで撮りたいと思われるかもしれませんが、子供のビデオはある意味成長記録ですから、周囲の雰囲気は重要です。
徒競走では、どのポジションを走っているのか、一緒に走った友達は誰か、演技でも全体はどのような感じなのかを記録することも大切です。
20倍、30倍で顔や上半身だけ写した徒競走は意味がありません。と私は振り返ってみて思います。
ある程度周囲を入れた、運動会(学芸会でもそうです)を撮れば、後から見たときに雰囲気を楽しめます。
テレビではマルチカメラで追いますから、全体とアップを切り替えながら放送できますが、我々は1台のカメラで撮影するのみですから、あまりにアップよりは、ある程度のアップが絵作り的にも良いと思います。

あと余談ですが、本来フルHD画質は1920×1080で約200万画素必要なところ、CX180のセンサーは149万画素(16:9), 112万画素(4:3) で、これに足りていません。
つまり撮影時に足りない画素数を補う処理をしてフルHDとしています。そういう意味では、本来のHD画質を持ったものとはいえません。
目先の倍率に惑わされて、なんちゃってHDを買うよりは、倍率はそこそこでも画素数の足りているCX590をお買いになったほうが良いと思いますよ。

それと三脚ですが、持ち運びや使用環境の制約があるなら、1脚(モノポッド)をお買いになって、補助的にお使いになるという手もあります。
例えば。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF-%EF%BE%93%EF%BE%89%EF%BE%8E%EF%BE%9F%EF%BD%AF%EF%BE%84%EF%BE%9E350EX-SLIK-%E4%B8%80%E8%84%9A-%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%89350/dp/B000VK8I8K
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20101014_398551.html

どのカメラが良いかという回答はさておき、ご質問については12倍ズームでよいと思いますし、CX590VとCX180なら、迷うことなく590Vでしょうね。

他の方も書かれていますが、20倍も30倍もズームがあっても使いきれません。
No.5の方が書かれているのは、同じ倍率であっても、例えば焦点距離20ミリから20倍だと400ミリまでになりますが、50ミリから10倍だと500ミリになり、後者の方が望遠としては拡大できることになるので、倍率が重要なのではなく、どこまで寄せられる(最終の望遠側は何ミリなんだ)かが重要とい...続きを読む

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Q光学倍率とデジタル倍率はどう違うのですか?

以前から知りたかったことですが、あまりにも恥ずかしくて訊けずにいました。(^^;)

光学倍率というのは従来からのものですから、レンズを使って倍率をあげているというのはすぐに納得できるのですが、いったいデジタル倍率とはどういうふうにして倍率を上げるのでしょうか?

また、この二つはどういうふうにして組み合わされて使用されるのでしょうか?

ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だまされたようなもの、という表現は、割とあたっているかもしれませんが、デジタル倍率とは、そういうものです。
撮った写真をパソコンに入れて、拡大表示で見るのと同じことです。
補完ではなく、補間はできますが、これは、拡大した時に、ジグザグが目立たないように、数学的な処理をするもので、最初から写っていないものが写るわけではありません。
写真で文字を写すことを考えると分かりやすいと思います。遠くの看板を、カメラで写すことを考えます。光学倍率なら、普通のカメラで倍率をあげるのと同じですから、倍率を上げれば、看板の文字が読めます。
一方、デジタル倍率では、解像度が高くなるわけではないので、倍率を上げる前に看板の文字が読めなければ、いくら倍率を高くしても、ギザギザが大きくなるだけで、看板の文字は読めません。
http://yougo.ascii24.com/gh/68/006843.html

Q光学ズームとはなんですか?1倍をメートルでいうと何?

光学ズームとはなんですが?
光学ズーム1倍はメートルでいうと何んですか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

No1の回答者さんに補足すると、光学1倍と言われただけでは、望遠なのか広角なのかは解りません。従って、何メートル先のものが映ると言った距離みたいなものは出せません。例えばズームレンズではない単焦点レンズだと、焦点距離が8mmの超広角魚眼レンズも1000mmの超望遠レンズも1倍なんです。ここが顕微鏡のレンズとは違うところです。

これも指摘済みですが、ズームレンズの倍率は、そのレンズの一番広角側を基準にして計算します。カタログに焦点距離28mm~112mmと書いてあれば、それは光学4倍ズームです。

カンのいい人だと、ここまでで気付いたと思いますが、カメラの場合は単純に光学xx倍とだけ言われたとき、必ずしも数字が大きい方が望遠になるとは限りません。例えば28mmスタートの10倍ズームと、35mmスタートの8倍ズームは、どちらも最大望遠が280mmで同じになります。

参考URLに、焦点距離などの詳しい説明があるので、そちらも見てください。また、ズーム倍率を変化させた時の絵の変化は、次の記事が参考になるでしょう。

倍率変化させた場合の撮り比べ記事
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2005/04/07/1335.html

参考URL:http://aska-sg.net/shikumi/019-20060201.html

No1の回答者さんに補足すると、光学1倍と言われただけでは、望遠なのか広角なのかは解りません。従って、何メートル先のものが映ると言った距離みたいなものは出せません。例えばズームレンズではない単焦点レンズだと、焦点距離が8mmの超広角魚眼レンズも1000mmの超望遠レンズも1倍なんです。ここが顕微鏡のレンズとは違うところです。

これも指摘済みですが、ズームレンズの倍率は、そのレンズの一番広角側を基準にして計算します。カタログに焦点距離28mm~112mmと書いてあれば、それは光学4倍ズームです。
...続きを読む

Qデジカメのビデオ機能とビデオカメラの大きな違い

現在通常の4年ほど前に購入した800メガピクセルのデジカメを利用しているのですが、動画も利用してます。
実際問題これで動画もきれいに撮影出来ており(さすがHD画像とはいきませんが)、多弁です。
現在ビデオカメラも5万円を切る価格で充実したものが出ていますが、動画をメインで利用する場合はやはりビデオカメラの方が多弁でしょうか?また、ビデオカメラで静止画の撮影はやはり画質や操作性は劣るのでしょうか?正直買い替えで迷っています。

Aベストアンサー

デジカメの動画もビデオも、通常、30(29.97)fps。
では、どこが違うのか?
デジカメの多くは、プログレップスキャン方式(インターレース方式もあります)
一方、ビデオカメラはインターレーススキャン方式が主流。インターレース方式では、1フレームを2回のフィールドに分けてスキャンします。
ビデオを一時停止した時に画像が乱れるのは、このインターレース走査と言う方式のためです。

つまり、デジタルカメラの動画は、パラパラ漫画。ビデオカメラの方が動きが滑らかに見えるのです。
他には、ビデオカメラの方が、撮影中の操作音を拾い難いとか、ピントが追従し易いと言う面もあります。

じゃ、デジカメの動画はダメかと言うとNo。
最初に露出もピントもズーム位置も固定で、ズームもデジタルズームと言った、おまけ動画程度のカメラから、ピントもそこそこ追従し、ズームも電動ズームが可能なもの。ステレオマイク端子のあるもの。中には、放送動画に耐えるものまで千差万別です。





インターレース


人気Q&Aランキング