【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

福祉文化にかかわる活動ってどのようなものがあるでしょうか??
あと、福祉文化の定義もできれば教えてもらえないでしょうか?お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「福祉文化」とは、福祉を中心とした地域活動によって実現される社会的価値観のことで、(1)住民が自らの問題として参加学習し、地域の課題を解決(2)福祉を中心として、人にやさしく、人が尊重される地域づくり(3)物や金、競争、科学技術に偏らない持続可能な人間社会、循環型社会に向けた価値観の共有(4)住民が主体となった健康づくりを重視する健康文化の実現のこと。


 福祉を軸とした地域づくりで、暮らしの質を高めたり、誰もが安心して生活できる社会を実現したりすることのようです。高齢者、障害者、児童、行政、教育など様々なものがあるようです。

福祉文化論 一番ヶ瀬康子
地域社会と福祉文化 一番ヶ瀬康子
福祉文化の創造 増子 勝義
 上記の本を読んでいただければ正しい理解が得られると思います。

参考URL:http://www.fukushibunka.gr.jp/
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q視覚・聴覚に障害がある人のために

視覚・聴覚障害者の方が暮らしやすい地域社会にするための工夫をレポートにまとめたいのですが、環境・社会福祉(バリアフリー)についてあまりにも無知で困っています。
バス内の次の停車駅の表示が聴覚に障害を持つ方のためだというのに最近気付いたくらいです…(汗)
誰でも知っていそうなことでも知らないかもしれないので、ご存知の事を全て教えてくださるとありがたいです。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

視覚障害の方に対するバリアは、街の中にも多く見受けられると思います。
身近なところでは、No1の回答の方が書いている、シャンプーやお金・テレフォンカード・ばすカードなども、さわってわかる工夫がされています。
街の中でも、音声付信号も渡る方向で音楽が違います。(全部違うのかわかりませんが)信号の押しボタン(障害者用)も小さな音で場所を知らせています。
点字付きの掲示板があっても、視覚障害者が気づかなければ意味のない物になってしまいます。
点字ブロックは、実は場所によって様々な形があって、統一されていないようです。(高齢者には躓いたりとバリアフリーを考えると不便な面もあるそうです。)

制度的には、交通バリアフリー法が出来て駅にはエスカレーター・エレベーターの設置が義務つけられましたね。ハートビル法により、デパートの通路も広くなりました。
しかし、聴覚障害の方にとっては、まだまだ不便な面が多くあります。
ホテルで火災があった場合は、放送も聞こえませんし、騒いでいる状況もドアを叩いても聞こえません。目で見る情報提供のバリアフリーがもっと増えると良いですね。(聴覚障害者の家庭には、お知らせランプと言う、パトカーのパトライトのようなもので音を知らせる工夫がしてあります。)電車の駅を知らせる掲示板も、緊急時放送は流しませんよね。

また、聴覚障害者に対して手話通訳派遣制度がありますが、知らない方も多いようです。講演や地域の会合・選挙演説(放送)などに、聞こえる私達が通訳を依頼し、聞こえない方が遠慮することなく参加できる工夫も必要ではないかと思います。
手話が出来ない聴覚障害者のために、要約筆記通訳制度もありますよ。テレビ番組や映画なども、聴覚障害には字幕番組・視覚障害には副音声の番組がもっともっと増えると良いですね。

最近は、ユニバーサルデザインと言う誰にでも使える工夫が建物・品物など増えてきています。障害をもった人だけではなく、自分自身の問題として様々なことを考えてみると便利なこと・不便なことが、身近に感じられるのではないでしょうか。レポートがよりよいものになることを応援してますね。ファイト!!

視覚障害の方に対するバリアは、街の中にも多く見受けられると思います。
身近なところでは、No1の回答の方が書いている、シャンプーやお金・テレフォンカード・ばすカードなども、さわってわかる工夫がされています。
街の中でも、音声付信号も渡る方向で音楽が違います。(全部違うのかわかりませんが)信号の押しボタン(障害者用)も小さな音で場所を知らせています。
点字付きの掲示板があっても、視覚障害者が気づかなければ意味のない物になってしまいます。
点字ブロックは、実は場所によって様々な形...続きを読む


人気Q&Aランキング