普通のサラリーマンですが、特殊技術のお陰で土日をフル活用していたら、給与とバイト代合わせて、年収一千万をわずかに超える程度の入りになりました。
 ところが、そのバイト分は税金でそっくり持っていかれました(×_×;)
 働く意欲を失いました。
 あまりに虚しすぎるので法人化を考えています。サラリーマンとしてそのままの立場での起業です(副業禁止則などはありません)。
 このレベルでの起業だと、株式会社、合同会社など、どういった形態が良いでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。



誤解があるようなので、追加。
法人にする方が手間が大変なので、個人事業主で開業されて軌道に載れば、法人化することを検討された方が良いでしょう。
奥様への給与の支払いは、サラリーマンを継続されるなら微妙ですので、健保の扶養の範囲内での支給が良いかもしれません。
所得税の面から見ると青色事業専従者への給与は配偶者控除の対象になりませんので、出来うる限り多額(多過ぎると税務署が税金逃れと判断する)の支給が良いと思います。
    • good
    • 0

バイトでやっていることを「個人事業で得た収入」にしてしまえばいいということですよね。



事業でやる以上は「経費」が発生しますから自宅を事務所にしていれば家賃・光熱費の一部、車で移動すれば交通費、事務処理にパソコンを買えばパソコンの購入した費用などなど費用を発生させればその分が収入から相殺されますから(相殺という言葉が適切かわかりませんが・・・)かかる税金もかなり違ってきますよね。

あとは10万を超えると減価償却が必要になってしまうので10万を超えない買い物をするのも一つのポイントですね。

それからお金に余裕があるなら1~2年は「税理士・会計士」さんにお願いして確定申告をするのも一つの方法です。税理士報酬も月に1万程度でやってくれる人もいますし、私は友人の税理士事務所にお願いして年間5万の報酬でやってもらってました。

法人化するのは急がなくてもいいかなぁと思います。
    • good
    • 0

アルバイトとのことなので、私も個人事業主を薦めます。



私自身が個人事業主です。
法人化してのメリットは経営者に支払う給料(正確には何やらと言いますが)が経費になることですが、法務局への登記とかうるさいことが多いので、個人事業主を選択しました。
ただ、家内を青色事業専従者として経費カウントする等の工夫はしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 逆に言いますと、例えば、妻に扶養範囲内で給与を渡し、他は経費に回す・・・というようなことを考えるならば、法人にするのもアリってことになるでしょうか。

お礼日時:2008/02/02 18:37

今後従業員を増やすような事業でなく、個人所得としての副業で考えているのであれば、個人事業主として確定申告したほうがいいんじゃないですか?


個人でも色々と経費として認めてもらえるので…

私は5年前に法人として起業し、現在社員は20名。
年商は5億程度の小さな会社ですが、現在は給与所得の所得税のために個人事業としての副業を考えています。

事業継続にあたってとくに信用が必要なければ、手元にお金を残せるのは個人事業だと思います…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
>手元にお金を残せるのは個人事業だと思います…
 これは、具体的にどういうことでしょうかー。差し支えない程度でいいのですが・・・。

お礼日時:2008/02/02 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサラリーマンが合同会社を設立し、別途給与収入を得ると、、、

サラリーマンが合同会社を設立し、別途給与収入を得ると、
確定申告で本業の給与収入に役員報酬を加えて計算するのでしょうか?
それだと住民税の通知で会社にばれるのでは、、、、

Aベストアンサー

>確定申告で本業の給与収入に役員報酬を加えて…

はい。

>住民税の通知で会社にばれるのでは…

それは、5月になると新年分住民税の課税明細が、会社経由で届けられます。
このとき給与計算担当が、よほど暇で社員のあら探しにいそしむお局さんだと、
「あらっ、この社員うちの給与だけより住民税が多いわね。さては・・・」
となるわけです。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当だと、社員の明細などいちいちチェックせず月々の給与天引額を見るだけですから、何事もおきません。

さて、質問者さんの会社はどちらのタイプでしょうか。

Q現サラリーマン 起業したい!

現在サラリーマンをしているますが最近これはいけるのでは?っと思うビジネスを思いつきました。
しかし、貯金もなく、知識もなくどうしたらよいかわかりません。
質問
1.働きながら会社を起せるのでしょうか?
2.資本金がないのでマネーの虎的な投資家が投資してくれるようなシステムはあるのでしょうか?

起業をするという事はそんなに甘いものではないと思いますが今後の勉強の為にも知りたいです。
また、勉強になるサイトがあれば教えていただければと思います。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 nitro-mtさん こんばんは

 起業した方の半分以上は、5年以内に倒産等の形で起業した企業を辞めています。それも起業した仕事以外の事は一切何も考えないでの話です。したがって今の仕事を続けながら起業が出来るなんて甘ちゃんな考えを持たないほうが良いでしょう。起業するだけなら、誰かを雇ってその会社のオーナーは今の仕事をし続けると言う事は起業当初は可能なのかも知れませんが、そんな形態での起業は5年後にその会社が存在しない確率は100%以上でしょう。nitro-mtさんが考えているより厳しい世界ですよ。

 資本金がないと言われていますが、今幾等位の貯金が有りますか??会社の規模や仕事内容にもよりますが、一般的には最低1000万円有れば後は公的融資等を受けて何とかなると言われています。もし本気に起業をしたいと考えているのであれば、頑張ってでも1000万円は貯めましょう。
 「マネーの虎」等の投資家が居る事は確かです。例えば以下のHPみたいなところです。
 http://www.kf-s.co.jp/
 このような所は「起業内容コンテスト」みたいなものをしています。そのコンテストに入選して資本を投資していただけるのは、1000人の起業したい人(コンテスト参加者)に対して一人位と考えたら言いと思います。それでも挑戦してみたいなら挑戦されたら良いと思います。ただし、「働きながら会社を起せるか??」なんて甘ちゃんな事を考えている人が、1000人中の1人になれるとは考えられません。それは、投資家からしたら「もし起業した会社が失敗しても生活は今の仕事で何とかなる」と考えるからです。もしこれから起業する会社を辞めなければならなくなったら生活出来なくなると言う危機感を持って、命をかけて起業した会社で頑張るとは考えられないからです。

 もし本気で起業したいと考えているなら、今考えている事を180度考え方を変えないとnitro-mtさんの起業は失敗すると思います。運良く他人を当てにして資本を出して頂ける場合も有るかも知れませんが、そんな事よりご自身で準備する事を考えないといけないと私は思いますよ。

 厳しい事を書きましたが、これが事実です。 

 nitro-mtさん こんばんは

 起業した方の半分以上は、5年以内に倒産等の形で起業した企業を辞めています。それも起業した仕事以外の事は一切何も考えないでの話です。したがって今の仕事を続けながら起業が出来るなんて甘ちゃんな考えを持たないほうが良いでしょう。起業するだけなら、誰かを雇ってその会社のオーナーは今の仕事をし続けると言う事は起業当初は可能なのかも知れませんが、そんな形態での起業は5年後にその会社が存在しない確率は100%以上でしょう。nitro-mtさんが考えているより厳し...続きを読む

Qサラリーマンと起業について

現在サラリーマン(貿易関係)なのですが、現在の仕事の関係で起業出来たら(仕事を持って外に出る)いいなーと思っております。まだ、心は固まってはないのですが今後の検討の為にアドバイスして頂ける方、お手数ですがお教え頂ければと思います。宜しくお願いします。

(1)サラリーマンのままで法人を立ち上げ、社長とサラリーマンを平行しても問題ないか?申告とかでばれてしまうものなのか・・?(代表を嫁とかにしておけば大丈夫とか・・等)

(2)サラリーマンと社長を掛け持った場合、会社の給料からは厚生年金とかetc.自動で天引されているのですが、社長業との間で何か問題が発生するのか?(※まったくその辺が疎いので・・・初歩的ですいません)

(3)無事サラリーマンを退職し独立した後、年金やら色々な物を自分で支払わなければならないと思うのですがその辺の手続きの更新とか、実際何を支払えばいいのかなど。

※お勧めの書籍もしくはHPございましたら教えて頂けると助かります。


以上、アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 freshsalmonさん こんばんは

 (1)について
  まずサラリーマンの方が副業する場合、会社の決まりで副業禁止になってないかどうかが重要です。もし副業禁止の会社だったら事業を起す事は諦めた方が良いかもしれませんね。それは副業をする事で今のサラリーを貰っている会社をクビになって生活が困る可能性が有ります。
 代表者を奥様にして実際副業でfreshsalmonさんが働いていたとしても、一切freshsalmonさんが給料を得てないのであれば、ばれる事は一切有りません。そう言う形なら副業禁止の会社でも税務上は副業してない事になりますから、まず大丈夫です。
 好むと好まざるに係らず、2箇所以上から給料を得ている場合は確定申告しなければなりません。そして2箇所から得られる給料の合算した金額に対して課税される事になります。副業に給料金額によっては本業の給料から計算される税額より多くなる可能性が有ります。多くの場合、本業の給料から計算される税額は給料天引きでしょうから、全ての(副業を含めた)税額を本業の給料天引きと言う形にしたら、その時点で副業をしている事がばれます。ですから、本業から計算される給料より+αの部分の税金を普通徴収と言ってfreshsalmonさん自身で払う形にしてあれば、税額は本業の給料に対しての税額だけだ給料天引きになりますから、本業の会社に副業をいている事がばれる可能性はほぼ無いでしょう。ただしほぼ無いだけであって100%無いわけではないので、要注意です。

 (2)に付いて
  (1)でも記載した通り、2ヶ所以上から給料を得ている場合好むと好まざるに係らず確定申告をしなければなりません。そして健康保険や厚生年金は税額によって支払い金額が決るものですから、副業の給料が合算された時の年金額や健康保険額が違って来ます。そこを全て給料天引きにしてあると会社に副業をしている事がばれます。したがって厚生年金や健康保険をも副業をすることでの+α分を普通徴収でfreshsalmonさんご自身で支払う事にしないとならない事になります。

 (3)について
  現在の本業を退職した後にもし続けて厚生年金・社会保険に加入したい場合、これから始めるであろう副業が本業と言う扱いでの加入になります。詳しくはお近くの社会保険事務所に確認して下さい。
  本来会社を退職した場合、即国保と国民年金に加入する事になります。そして定年での退職の場合、既に年金支払い可能期間だけ年金を支払っていますから、多くは国民年金は支払わなくて済むはずです。そこを希望して65歳まで国民年金を払う処理をすれば話は変わってきます。
  以前と変わらず社会保険・厚生年金に加盟するか、、国保・国民年金に加盟するかはfreshsalmonさんのこれから始める副業の社員人数とどうしたいか(どう登録するか)に係ってきます。

 まずは今お勤めの会社の規定が「副業禁止」かどうかの確認からです。

 freshsalmonさん こんばんは

 (1)について
  まずサラリーマンの方が副業する場合、会社の決まりで副業禁止になってないかどうかが重要です。もし副業禁止の会社だったら事業を起す事は諦めた方が良いかもしれませんね。それは副業をする事で今のサラリーを貰っている会社をクビになって生活が困る可能性が有ります。
 代表者を奥様にして実際副業でfreshsalmonさんが働いていたとしても、一切freshsalmonさんが給料を得てないのであれば、ばれる事は一切有りません。そう言う形なら副業禁止の会社...続きを読む

Qサラリーマンをやりながら起業したい

ある建設会社で正社員として働いていますが、自分の特技を活かしてCADの外注会社を会社に内緒で起業したいと思っています。株式会社でも合同会社でも構わないのですが、会社にばれずに起業することは可能でしょうか?

Aベストアンサー

親切で書き込みますが同業種はやめたほうが良いですよ
例え身内を代表にしても後でばれた場合大事に成りますよ
客先が競合していたら殆どの会社は全力で潰しに来ますので破産レベルまで追い込まれますよ

Q堅実なサラリーマンと起業を興す、どちらが?

堅実なサラリーマンと起業を興す、どちらが?
当方、脱サラをして投資(FX:外国為替証拠金取引)で生計を立てていくことを決めて実行しました。

FXですので起業を興すとは違うのですが
よく脱サラをして昔から夢のように考えていた例えばレストランを始めた、とかいらっしゃると思います。

当方は特にやりたい起業はないのと、FXが好きなので迷いなく決めました。

同じように、脱サラをして自分の好きな道に進んだ方
成功したかた、失敗した方、双方いらっしゃると思いますが

なんでもいいので、ご意見お聞かせ頂けますでしょうか。

Aベストアンサー

人それぞれだと思います。

毎日、決まった時間に会社に行って
決められた給料をもらって
確実に週末は休みがある。

これが幸せという人もいれば

自分のやりたい事を起業してやる

あなたの様にFXで稼いでいく。


人の数だけ生き方があるんじゃないでしょうか?

私は、企業に雇われずに生きていく事を選択しました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報