19の20乗と20の19乗はどちらが大きいかという問題が試験で出ました。
電卓で計算して、19の20乗のほうが大きいことはわかったんです。
でも数学的な証明ができません。
誰かわかった人いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 なるべく少ない計算でエレガントに導きたいのですね。


 私が考えた答案は次の通りです。
   f(x) = (1/x) * log(x)   ( log は自然対数)
とおいて、f(x) を x で微分すると、
   f'(x) = (1 - log(x))/x^2
ですから、f(x) は x > e で単調減少です。よって、
   log(x^(1/x))
は x > e で単調減少、log は単調増加だから
   x^(1/x)
は、x > e で単調減少です。
 したがって、
   19^(1/19) > 20^(1/20)
両辺を 19*20 乗して
   19^20 > 20^19
になります。

 微分を知らないとわからないところが欠点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほしかった回答はこれです!
19^(1/19) > 20^(1/20) を導くために f(x) = (1/x) * log(x) とおいたんですね。 

お礼日時:2002/10/05 19:14

#1さんおっしゃるように対数とその性質が分れば簡単に判定できます。


簡単な方法
まず何とかの何乗がでれば、すぐ対数に変換します。
(対数は大きな数を小さく見せる方法です。)
大きすぎる数では比較の方法がないので対数を使って小さい数にして
比較するのです。
・・この考えだけ覚えてください、あとで役に立ちますので・・・

19の20乗=19^20 
対数表示にに直す。
Log(19^20)=20Log19=20(1+Log1.9)・・(1)
(10の対数なのでLog10=1 Log19=Log(10×1.9)=1+Log(1.9))
20の19乗=20^19 
対数に表示に直す。
Log(20^19) =19Log20=19(1+Log2) ・・・(2)
(1)から(2)を引いてみます。
(1)-(2)=1+20Log1.9-19Log2 ですね。・・(3)
これがゼロより大きければ(1)は(2)より大きいですね。
そこで、20Log1.9-19Log2 を計算するのです。
ここで極めつけの方法は、対数なんか無視して(*注釈)、
もとの数の掛け算だと考えて(判別手段として)
(20×1.9)-(19×2)=38-38=0
だから(3)は1より大きいですね。
それで19の20乗が20の19乗より大きいという証明が出来るのです。

(*注釈:対数の性質利用:対数はもとの非常に大きい数を小さく見せる方法なのですから小さい数の大小の判別にはもとの数をつかってもできるのです。Log2、Log1.9 の数など知らなくてもOKですね。)

蛇足ですが
    • good
    • 0

対数表を用いて良いならば易しい問題です。



19^20と20^19の比較が難しいのは、底が揃っていないからです。
これが12345^67と12345^89なら、数は複雑ですが
底が揃っているので、後者のほうが大きいことは一目瞭然ですね。
どんな数でも共通の底に揃えるための数表が、対数表です。
対数表を参照すれば、
log[10]19 ≒ 1.2788
log[10]20 ≒ 1.3010
です。これはすなわち
19 ≒ 10^1.2788
20 ≒ 10^1.3010
ということを意味します。
これで、指数は半端になってしまいましたが、
底は10という共通の数に揃えられました。
これにより、
19^20 ≒ (10^1.2788)^20 = 10^(1.2788×20) = 10^25.576
20^19 ≒ (10^1.3010)^19 = 10^(1.3010×19) = 10^24.719
と計算されますから、あとは肩の上の数を比較して
19^20 > 20^19であることが分かります。

このように見てみると、底は別に10でなくても何でも良いのですが、
どうせなら10^●の形にすれば、
桁数まで分かってしまうというオマケがついてくるので、
10進法の世界で数を扱う私たちは底には10を常用するわけです。
この例では19^20は26桁、20^19は25桁であることが判明します。
    • good
    • 0

すいません#1の者です。


回答、おもいっきり間違っていました。すいません。
    • good
    • 0

#1の方に横槍ですが、20^19=sqr20^38だと思います

    • good
    • 0

skepさんは対数を習っているでしょうか?習っているものとして解説します。



19^20(19の20乗)=a、20^19=bと置きます。

対数をとると、対数の性質より次の様に式変形できます。

log(a)=log(19^20)=20log19
log(b)=log(20^19)=log{(√20)^20}=20log√20

19>√20より
log19>log√20
∴20log19>20log√20
∴log(a)>log(b)
∴a>b

よって、19^20>20^19となり、
19の20乗のほうが大きいということが分かります。//
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電卓マスター(電卓に詳しい人)、電卓について教えて

電卓マスター(電卓に詳しい人)、電卓について教えてください。


電卓で=を押して、合計が2と表示されたとします。

で、そこから10÷(合計の)2の答えを出したいです。どうすればいいですか?

いま表示されている数字を割る母数じゃなくて、割られる方に持ってきたいのです。

いまは2ですが、小数点が2.467634とかになったら覚えてられないので、紙に書いて、クリアして母数を打って、メモ帳の数字を打って割ってます。

なんか電卓だけで出来ないものでしょうか。紙を使うのが悔しいです。

Aベストアンサー

お使いの電卓にメモリー機能はありませんか?

メモリー機能が有れば計算結果をメモリーに登録し
10 ÷ [MR] =
で計算できます。

Q【至急】三平方の定理について 底辺2乗+高さ2乗=斜辺2乗 (底辺がわからない場合) 斜辺2乗=高さ

【至急】三平方の定理について
底辺2乗+高さ2乗=斜辺2乗 (底辺がわからない場合)
斜辺2乗=高さ2乗+底辺2乗(斜辺がわからない場合)

↑あってますか?
また、高さがわからない場合の求め方の式を教えてください。

Aベストアンサー

三平方も何も関係ない。あなたは、数学を公式や解き方を覚えて、とりあえずその単元のテストだけ通過すればよいと考えている。
 それは数学を学ぶことにはなりませんし、身にもつきません。

斜辺◢ 高  (斜辺)² = (底辺)²+(高)²
  底辺

実に様々な証明方法がありますが、そのいくつかを理解して証明できるようになっておくこと。

さて、
(斜辺)² = (底辺)²+(高)²

c² = a² + b²
と書いたとき、両辺に -a²、-c² を加えてみましょう。
 中学一年で、
=の関係にある両辺に同じ処理をしても=の関係は変わらない
と学びましたね。
c² + (-a²) + (-c²) = a² + b² + (-a²) + (-c²)
全て足し算ですから・・・割り算や引き算はない・・交換則で順番変えられます。
c² + (-c²) + (-a²) = a² + (-a²) + b² + (-c²)
 ̄ ̄ ̄ ̄=0     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄=0

       (-a²) =       b² + (-c²)
両辺に(-1)をかけます。
   (-a²) × (-1) =    {b² + (-c²)}×(-1)
分配則で
   (-a²) × (-1) =   b² ×(-1) + (-c²) ×(-1)
-a²とは、(-1)×a²を簡単に書いたものなので
 (-1) × a² × (-1) =   b² × (-1) + (-1) × c² × (-1)
と言う意味ですから、交換則で
 (-1) × (-1) × a² =   (-1) × b² + (-1) × (-1) × c²
  ̄ ̄ ̄ ̄=1             ̄ ̄ ̄ ̄=1
        a² =   (-1) × b² +      c²
        a² =   -b² +      c²
交換則で
 a² = c² - b²
と書き表せます。
 元に戻すと
(底辺)² = (斜辺)² - (高)²
 になりますね。

★実際には、こんな面倒な事せずに
 a² + b² = c²    c² = a² + b²
 から、b² = c² - a²
    a² = c² - b²
 は、機械的に処理しますが、基本は中学一年の代数学の基礎
 引き算、割り算をそれぞれ足し算、掛け算とみなすことで、交換・分配・結合の法則が使えて式が変形できる・・・という部分ですよ。

ここで、底辺、高さ、斜辺の長さを知りたければ、平方根を求めなければならない。
 直角三角形で、aを底辺、bを高さ、斜辺の長さをcとすると
c = √{a² + b²}
b = √{c² - a²}
a = √{c² - b²}

三平方も何も関係ない。あなたは、数学を公式や解き方を覚えて、とりあえずその単元のテストだけ通過すればよいと考えている。
 それは数学を学ぶことにはなりませんし、身にもつきません。

斜辺◢ 高  (斜辺)² = (底辺)²+(高)²
  底辺

実に様々な証明方法がありますが、そのいくつかを理解して証明できるようになっておくこと。

さて、
(斜辺)² = (底辺)²+(高)²

c² = a² + b²
と書いたとき、両辺に -a²、-c² を加えてみましょう。
 中学一年で、
=の関係にある両辺に同じ処理をしても=の関係は変...続きを読む

Q数学の証明なんですけど誰か教えて下さい!!

数学の証明なんですけど誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

どこが分からないのでしょうか。

平行四辺形かつ二等辺直角三角形であることから
 BE = BC = AD
 AB = DC = DF

また
 ∠ABE = 360° - ∠EBC - ∠ABC = 360° - 90° - 124° = 146°
 ∠ADF = 360° - ∠CDF - ∠ADC = 360° - 90° - 124° = 146°

よって、2辺とそれに挟まれた角が等しいので、△BAE ≡ △DFA

Q数学 ∑(1からnまで)1/k2乗が2未満の証明

∑(1からnまで) 1/k2乗 < 2
を証明したいのですが、この形のシグマは計算できませんし、
評価しようと思ってもうまくいきませんでした。
 
1/1+1/4+1/9+1/16・・・ですから2には満たないのは感覚的にはわかるんですが、
証明はかけません。

どなたか解説お願いします。

ちなみに、この問題は数Bの問題集にのっていたやつです。
もしかしたら、数3を使わないと解けないかもしれませんが、
できるだけ使わないやり方でご解説お願いします。

Aベストアンサー

積分を学ばれていれば、y=1/x^2 のグラフを考え、
1からnまでの定積分を求めてみるのもわかりやすいかもしれません。

下のグラフから明らかなように、

Σ[k=1 to n]1/k^2<1+∫[1 to n]1/x^2dx=1+【-1/x】[n 1]=2-(1/n)<2

P(1,1)、Q(2,1/4)、R(3,1/9)、S(4,1/16)はy=1/x^2 上の点です。

Q方程式2^x+x^3=0は-1より大きい負の解をもつことの証明(数学III)

下記の問題の解き方がよくわからないので教えてください。

方程式2^x+x^3=0は-1より大きい負の解をもつことを証明せよ。

解答には「f(x)=2^x+x^3とおけば、f(x)は閉区間[-1,0]で連続であって…」と冒頭にあるんですが、なぜそうなのかがわかりません。
そこがわかれば中間値の定理により解くことができるのですが・・・
あと、この関数のグラフの書き方をできれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>.... 「f(x)=2^x+x^3とおけば、f(x)は閉区間[-1,0]で連続であって…」と冒頭にあるんですが、なぜそうなのか ....

「2^x は指数関数 =EXP(x*LN(2))、x^3 は多項式で、どちらも明らかに閉区間[-1,0]で連続。f(x) はその和だから連続」
…くらいで済まさないと、身がもちませんよ。
はじめからちゃんと証明していると、トンデモ論文みたいになりそうです。

グラフも、書き込みスケール用紙でも用意されておれば、格子点くらいはちゃんと計算すべきでしょうが、そこまで要請されているのでしょうか?
略図でよければ、原点で x^3 の傾斜がフラットであることに注意するていどで、両端にて辻褄があってれば良さそう。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報