今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

19の20乗と20の19乗はどちらが大きいかという問題が試験で出ました。
電卓で計算して、19の20乗のほうが大きいことはわかったんです。
でも数学的な証明ができません。
誰かわかった人いたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 なるべく少ない計算でエレガントに導きたいのですね。


 私が考えた答案は次の通りです。
   f(x) = (1/x) * log(x)   ( log は自然対数)
とおいて、f(x) を x で微分すると、
   f'(x) = (1 - log(x))/x^2
ですから、f(x) は x > e で単調減少です。よって、
   log(x^(1/x))
は x > e で単調減少、log は単調増加だから
   x^(1/x)
は、x > e で単調減少です。
 したがって、
   19^(1/19) > 20^(1/20)
両辺を 19*20 乗して
   19^20 > 20^19
になります。

 微分を知らないとわからないところが欠点です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ほしかった回答はこれです!
19^(1/19) > 20^(1/20) を導くために f(x) = (1/x) * log(x) とおいたんですね。 

お礼日時:2002/10/05 19:14

#1さんおっしゃるように対数とその性質が分れば簡単に判定できます。


簡単な方法
まず何とかの何乗がでれば、すぐ対数に変換します。
(対数は大きな数を小さく見せる方法です。)
大きすぎる数では比較の方法がないので対数を使って小さい数にして
比較するのです。
・・この考えだけ覚えてください、あとで役に立ちますので・・・

19の20乗=19^20 
対数表示にに直す。
Log(19^20)=20Log19=20(1+Log1.9)・・(1)
(10の対数なのでLog10=1 Log19=Log(10×1.9)=1+Log(1.9))
20の19乗=20^19 
対数に表示に直す。
Log(20^19) =19Log20=19(1+Log2) ・・・(2)
(1)から(2)を引いてみます。
(1)-(2)=1+20Log1.9-19Log2 ですね。・・(3)
これがゼロより大きければ(1)は(2)より大きいですね。
そこで、20Log1.9-19Log2 を計算するのです。
ここで極めつけの方法は、対数なんか無視して(*注釈)、
もとの数の掛け算だと考えて(判別手段として)
(20×1.9)-(19×2)=38-38=0
だから(3)は1より大きいですね。
それで19の20乗が20の19乗より大きいという証明が出来るのです。

(*注釈:対数の性質利用:対数はもとの非常に大きい数を小さく見せる方法なのですから小さい数の大小の判別にはもとの数をつかってもできるのです。Log2、Log1.9 の数など知らなくてもOKですね。)

蛇足ですが
    • good
    • 0

対数表を用いて良いならば易しい問題です。



19^20と20^19の比較が難しいのは、底が揃っていないからです。
これが12345^67と12345^89なら、数は複雑ですが
底が揃っているので、後者のほうが大きいことは一目瞭然ですね。
どんな数でも共通の底に揃えるための数表が、対数表です。
対数表を参照すれば、
log[10]19 ≒ 1.2788
log[10]20 ≒ 1.3010
です。これはすなわち
19 ≒ 10^1.2788
20 ≒ 10^1.3010
ということを意味します。
これで、指数は半端になってしまいましたが、
底は10という共通の数に揃えられました。
これにより、
19^20 ≒ (10^1.2788)^20 = 10^(1.2788×20) = 10^25.576
20^19 ≒ (10^1.3010)^19 = 10^(1.3010×19) = 10^24.719
と計算されますから、あとは肩の上の数を比較して
19^20 > 20^19であることが分かります。

このように見てみると、底は別に10でなくても何でも良いのですが、
どうせなら10^●の形にすれば、
桁数まで分かってしまうというオマケがついてくるので、
10進法の世界で数を扱う私たちは底には10を常用するわけです。
この例では19^20は26桁、20^19は25桁であることが判明します。
    • good
    • 0

すいません#1の者です。


回答、おもいっきり間違っていました。すいません。
    • good
    • 0

#1の方に横槍ですが、20^19=sqr20^38だと思います

    • good
    • 0

skepさんは対数を習っているでしょうか?習っているものとして解説します。



19^20(19の20乗)=a、20^19=bと置きます。

対数をとると、対数の性質より次の様に式変形できます。

log(a)=log(19^20)=20log19
log(b)=log(20^19)=log{(√20)^20}=20log√20

19>√20より
log19>log√20
∴20log19>20log√20
∴log(a)>log(b)
∴a>b

よって、19^20>20^19となり、
19の20乗のほうが大きいということが分かります。//
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q~の~乗を計算機を使わずに簡単に計算する方法はありますか?

例えば2の100乗は2を100回かける訳ですが(あってますよね?)
普通にやるとかなり面倒です。
2×2×2・・・・と繰り返すわけですから。
これを計算機を使わずに簡単に答えを出す方法はないものでしょうか?
また何かで見ましたが1~100までの和の合計100~1000までの合計を
短時間で答えた人がいたんですがこれも何か計算方法があるんでしょうか?
回答お願いします

Aベストアンサー

1からの連続した自然数nまでの和であれば、暗算が得意であれば、結構簡単に求められます。
((1+n)Xn)/2

例えば、1から10までの和であれば((1+10)X 10)/2で、55になりますよね。
ちょっと工夫すれば、1から以外の和ももとめられるかと思います。

べき乗の計算では、近似式はありますがかなり大きな数でないと誤差が大きすぎるかも ???