痔になりやすい生活習慣とは?

液体窒素の性質について教えてください。
液体窒素は液体である以上、常に低温なのでしょうか?
例えば、液体窒素を密閉した容器に入れ、過熱した場合、液体のまま温度が上がっていくのでしょうか?

A 回答 (2件)

>液体窒素を密閉した容器に入れ、過熱した場合、液体のまま温度が上が…


臨界温度-149.1℃、臨界圧力33.5気圧を越えて加熱すると「超臨界流体」となります。↓
http://www4.ocn.ne.jp/~katonet/kagaku/rinkai.htm
超臨界流体は液体でも気体でもない流体です。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E8%87%A8% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
超臨界流体ですか!
ぬるい液体窒素ができるとかの騒ぎではないのですね。
びっくりしました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/23 00:40

こんばんは。



水と同じです。
液相と気相が共存しているならば、液相のすべてが蒸発しない限り、系の温度は沸点(水であれば100℃)に保たれます。

ですから、
液体窒素の場合も、全部蒸発するまでは、液体窒素の沸点より上にはなりません。
加熱して、ぽこぽこと沸騰している状態であれば、温度は沸点ちょうど(-196℃)です。



ご質問文にある「密閉」というのは、隙間なく液体窒素を強固に閉じ込めて、体積の変化を許さない状態を意味するのでしょうか?
それであれば、加熱していったときも、ほとんどが液体のまま、わずかに気体という状態が維持されます。
液体窒素に限ったことではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
2番目?の質問の「密閉」というのはおっしゃる通り、体積の変化を許さないという意味です。
ということは、体積の変化を許さない状態で密閉すれば沸点(-196℃)以上にはならないんですね。
もしも密閉した液体窒素と熱交換ができたら、冷房に使うエネルギーはいらなくなると思うのですが、、、実際にはできないんですよね?

お礼日時:2008/02/23 00:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハマグリ

ハマグリの生態に付いて詳しく知りたいのですが…。天敵とか、生息地として有名なところなどご存知の事を教えてください。
また、生物図鑑のような、詳しく乗っているサイトも合わせて教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハマグリの研究の経験者です.

分類学上ハマグリ属(Meretrix)として知られているものを列挙すると,

ハマグリ(Meretrix lusoria)
 -日本(本州以南の内湾)
チョウセンハマグリ(Meretrix lamarckii)
 -日本(鹿島灘以南)からフィリピン(外洋に面した潮下帯)
シナハマグリ(Meretrix petechialis)
 -韓半島から中国沿岸
タイワンハマグリ(Meretrix meretrix)
 -台湾,ボルネオなど
ミスハマグリ(Meretrix lyrata)
 -ベトナム,海南島など
この他にも東南アジアからインドにかけて5種が認識されていますが,まだ分類学的研究の余地が残されています.

Natsuさんの聞かれてるのは,おそらく日本のハマグリでしょう.
一般に日本の砂浜に生息する二枚貝(ハマグリ,アサリ,シオフキ,バカガイなど)の天敵は,ツメタガイやアカニシといった巻貝です.ツメタガイは化学的穿孔という方法で二枚貝の殻に外側から丸い穴をあけ,そこから中身を食します.砂浜に打ち上げられた二枚貝の殻に1~3mm位の穴があいていれば,それはまずツメタガイの仕業です.

日本での生息地として有名なのは,三重県桑名です.
でも先の方もおっしゃるように,もう過去のようには採れません.
実際,絶滅危惧種にハマグリを指定している県もあります(山口県など).
ほかに知っているところは,熊本県の宇土というところです.
ただここではあまり大型のものは採れなさそうです.

ハマグリの漁獲高が100tなのに対して,300tの漁獲高を誇るのが,チョウセンハマグリです.やはり鹿島灘が代表的な産地です.また南西諸島やフィリピンにも分布域が及んでいるとも言われています(種子島では確認済みです).
チョウセンハマグリはハマグリよりも前後(普通の人の感覚では横)に長く,成貝の大きさは13cm以上にもなり,この属の中では最大です.殻自体の厚みもあり,昔から白い碁石の原材料として使われてきました.

よくスーパーで見かけるのは茨城産や三重産のものですが,茨城産のものはまずチョウセンハマグリと思って間違いないでしょう.注意が必要なのは三重県産ですが,どうやら三重県で養殖しているシナハマグリを三重県産として売っているような気がします.シナハマグリでない三重県産のハマグリはほとんどありません.見分けるポイントは,シナハマグリはハマグリに比べて貝の膨らみが弱いことと,比較的安定した模様が殻の表面に出るということです.一般的な模様は,くすんだ白地に雷のような褐色のジグザグが出るというものです.

さて生態ですが,摂食について触れると,ハマグリは海水中のけんだく物を海水ごと入水管から取り入れて,それをえらで濾しとります.残りの海水は出水管から排出します.あと幼生は…,

止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきます.
もっと詳しい情報が必要なら知らせてください.

あと,役に立ちそうなサイトは残念ながら見つかりませんでした.

ハマグリの研究の経験者です.

分類学上ハマグリ属(Meretrix)として知られているものを列挙すると,

ハマグリ(Meretrix lusoria)
 -日本(本州以南の内湾)
チョウセンハマグリ(Meretrix lamarckii)
 -日本(鹿島灘以南)からフィリピン(外洋に面した潮下帯)
シナハマグリ(Meretrix petechialis)
 -韓半島から中国沿岸
タイワンハマグリ(Meretrix meretrix)
 -台湾,ボルネオなど
ミスハマグリ(Meretrix lyrata)
 -ベトナム,海南島など
この他にも東南アジアからインド...続きを読む

Q塩化ナトリウムの電気分解

ホフマン電解装置によって塩化ナトリウム水溶液の電気分解を行ったのですが、この結果について質問させてください。

陰極では水素が発生しますが、その体積の実測値をA、流れた電気量と大気圧、飽和水蒸気圧から計算で求めた体積の理論値をBとすると、AとBのどちらが大きくなると考えられますか?
また、その理由もお願いします

Aベストアンサー

この質問と同じでは?
http://okwave.jp/qa3588645.html

Q金属のイオン化傾向 電位差の生じる要因

金属のイオン化傾向を調べる実験で、硝酸ナトリウムaq.の入ったシャーレに、Zn、Fe、Mg、Cu、Agの5種類をいれて、各二個ずつの電位差を調べたのですが…

選んだ金属のペアによって、電位差にはっきりとした違いがでたのですが、それはイオン化傾向と何か関係があるのでしょうか?電位差が大きかったり、小さかったりする原理はどのようなものなのでしょうか?

実験を終え、疑問に思いましたので投稿します

Aベストアンサー

それは「半電池」の起電力が基本だと理解して下さい。
金属表面で不可逆過程が起きる場合には話が複雑になりますが、可逆反応のみを考える場合には半電池を考えれば通常は理解出来ます。
もちろん水系ではプロトン(ヒドロニウムイオン)や水自身の還元電位がおおきなファクターになりますが、それが無視出来る程度に乾燥した非水溶媒系で考えるとより起電力と良く対応した電位差になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング