【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

小物を作っています。端処理にピケを利用しているのですが、
たまにしか使わないせいか、濃度が濃くなって塗りにくくなります。
「だま」もできます。
勿体ないし、薄めて(薄めるというか以前の状態に戻ればいい
んですが)使う方法はありませんでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。


主原料は「ナイロン・アルコール」とのことなので、蒸発した成分はアルコールで間違いないと思います。
しかしながら、製造元に問い合わせるのが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

chai196905さま

お返事ありがとうございました。
早速、製造元に問い合わせてみたのですが、返事は「寒暖の差が激しい地域または寒冷地の場合はそのようになることもあるが、暖めたら元に戻る」とのことでした。
しかし、夏場でも同じ現象があり、かつ寒冷地でもなければ寒暖の差も激しくないので納得行かない内容でした。
たぶん、chai196905さんのおっしゃるように蒸発したんだろうなと思います。蓋はちゃんとしめてたんですが…。
今度、ダメ元でアルコールを混ぜてみようかと思います。幸い、買いなおしたりしたため、以前のものがまだ残ってますので。

お返事くださってありがとうございました!

お礼日時:2008/03/10 12:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサテン生地にほつれ止め液を塗ったらシミに…

現在、初めての洋裁でぬいぐるみの服を作っています。

グレーのサテン生地を使ってズボンを作っていたのですが、ほつれ止めナシで作るととてもほつれて来て大変なことになりました。

なので、後で購入したほつれ止めピケという商品を、完成したズボンに塗っていきました。

ほかの生地はなんともなかったので、何も思わず塗ったのですが…

翌朝、ズボンを見てみると、液を塗った部分がシミに!!

グレーのサテン生地なので、余計にシミが目立ちます。

黒のサテン生地は大丈夫だったので、油断していました。

まだ、縫う前なら諦めがつくのですが、初めてで、何時間もかけて苦労して作ったズボンだったので、諦めがつきません。

この、ほつれ止め液のシミはどうすれば取れるでしょうか?

また、ほかに白のサテン生地やオーガンジーを使って洋裁しようと考えているのですが、これらでもシミになりますか?

Aベストアンサー

ピケって、原理はマニキュアみたいなものだと思います。
除光液みたいなので取れるんじゃないの?と思って調べてみましたよ。
http://rurinilyann.blog4.fc2.com/blog-entry-197.html

サテンで消えるかどうかは試していないのでわかりませんが、端切れでもう一度ピケを塗ってシミを作り、除光液みたいなもので試してはいかがでしょうか?
それでうまくいったら、本番で試してみては?

普通、端の始末はロックミシンがあればロックミシン、なければジグザグとか三つ折とか手縫いとか、布によってはピンキングとか、色々あると思います。
ぬいぐるみやドール服の場合、袖口なんかはカーブがきつくてロックミシンがうまくかけられない時があって、そういう時は私もピケを使います。
でもシミになることがあるので、表には使わないです。
表までしみこみそうなときは、縫う前に塗ったりしみないような工夫をして乾かします。

やったことのないものとかは、ピケに限らず何事もそうですけど、一度試しでやってみたほうがいいですよ。
私は洋裁歴もう数10年ですけれど、それでも縫う前に試し縫いします。
ピケはものによってはシミになるのは説明書にも書いてあったと思いますので、一度試してみてからのほうがいいと思います。

ピケって、原理はマニキュアみたいなものだと思います。
除光液みたいなので取れるんじゃないの?と思って調べてみましたよ。
http://rurinilyann.blog4.fc2.com/blog-entry-197.html

サテンで消えるかどうかは試していないのでわかりませんが、端切れでもう一度ピケを塗ってシミを作り、除光液みたいなもので試してはいかがでしょうか?
それでうまくいったら、本番で試してみては?

普通、端の始末はロックミシンがあればロックミシン、なければジグザグとか三つ折とか手縫いとか、布によってはピンキングとか...続きを読む

Q付けすぎてしまったピケの対処方法

ほつれ止め液のピケを端処理に使っています。
たまにドバッと出てしまって付けすぎてしまうことがあります。
捨て布などで拭ってとるのですが、乾くとバリバリに固まって
白くなっています。こそげとろうとするのですが、こうなると
とれません。

どうすれば固まったピケを取り除くことができるでしょうか。
またピケを綺麗に塗る方法があればあわせて教えていた
だけますと助かります。

Aベストアンサー

>どうすれば固まったピケを取り除くことができるでしょうか。

以下は製品の説明書からです。

布の下にタオルを敷き、消毒用アルコール(エタノール・薬局で購入のこと)
を歯ブラシにしみこませ、軽くこすることを数回繰り返す。
消毒用アルコール以外の溶剤は使用禁止。とのことです。

使う生地によっては少量でも乾燥後に白くなることが避けられません。
これは捨て布で試してみるしかありません。

ピケは置いている間にナイロン繊維がダマになって沈殿することがよくあります。
使う前にとにかくしっかり振ってください。
また、ダマが出口に詰まったらその都度ぎゅっと押し出して取り除き、
スムーズに液が出るようにします。
使っているうちに溶剤が蒸発して濃度が増すとダマも出来やすいので
エタノールを化粧品用のスポイトか注射器で数滴ずつ注入し、
振り混ぜながらゆるめると使いやすくなります。

キレイに塗るには、無駄を承知ではみ出すほうを多めに取って
布本体に塗る幅はできるだけ細くします。
布はピンと張ってください。敷き紙にマスキングテープで止めてもよいです。
細かい部分やはみ出すと困る所は、爪楊枝や目打ちに液を乗せて
少しずつ慎重に染ませるように塗ります。

アルコールを混ぜてしゃかしゃか振ってたら友人から笑われましたが、
できるだけ最後までしっかり使い切りたいですね。
すこしでもお役に立てればうれしいです。

>どうすれば固まったピケを取り除くことができるでしょうか。

以下は製品の説明書からです。

布の下にタオルを敷き、消毒用アルコール(エタノール・薬局で購入のこと)
を歯ブラシにしみこませ、軽くこすることを数回繰り返す。
消毒用アルコール以外の溶剤は使用禁止。とのことです。

使う生地によっては少量でも乾燥後に白くなることが避けられません。
これは捨て布で試してみるしかありません。

ピケは置いている間にナイロン繊維がダマになって沈殿することがよくあります。
使う前にとに...続きを読む

Qジョーゼットなど、薄い生地の端始末をするには?

こんばんは。生地のことについて是非相談させて下さい。

私は普段、お人形のドレスなどを製作しているのですが、
ジョーゼットやオーガンジーなど、薄くて柔らかい生地の
端始末をどうしても上手くやることが出来ません。
その為にいつも使うこと自体を断念し、魅力的な生地を
作品に取り入れられない状況が続いています。
何とか作品の幅を広げたいのですが、どうやったら
上手に端始末が出来るのでしょうか?家庭用ミシンでは難しいでしょうか?
また、ロックミシンの購入を考えているのですが、やはり
一台あればそういった布の端始末も楽に出来る様になりますか?

それと、良くピンクハウスなどのワンピースで、フリル布の
端がキレイに始末されていますが、そのやり方も知りたいです。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さいませ。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

ときどきせがまれるままにフリフリの好きな年頃の子供やお人形の服を縫っています。家庭用の直線/ジグザグだけでロックミシンは持っていません。

薄地のフリルの端を細い三つ折にするのに良い物があります。

熱接着糸(メルター)といって、アイロン接着する「糸」です。糸といっても針に通して縫うのではなくて折りしろの間にはさんですこしずつアイロン接着します。しっかり仮止めできるので細い三つ折でも縫い易いし、しつけ糸とちがってミシン縫いの邪魔になりません。直線の端ミシンはもちろん円形のフリルでもきれいに仕上げられます。

ミセスのスタイルブック(文化出版局)の2006年盛夏号に掲載された「夏生地の扱い」という記事で知った方法です。ご興味があれば探してみてください。

ただし、この方法は中温のスチームアイロンが使えない生地には適さないのが難点です。

お人形の服だけならミシン縫いなしでアイロン接着だけでもよいかも...。うちのは着せ替え遊び用で扱いが荒いのでしっかり縫っていますが。

それから、以前調べたらピンクハウス(大好き^^)のフリルは「ピコミシン」という業務用の特殊ミシンで始末してあるらしいです。

ときどきせがまれるままにフリフリの好きな年頃の子供やお人形の服を縫っています。家庭用の直線/ジグザグだけでロックミシンは持っていません。

薄地のフリルの端を細い三つ折にするのに良い物があります。

熱接着糸(メルター)といって、アイロン接着する「糸」です。糸といっても針に通して縫うのではなくて折りしろの間にはさんですこしずつアイロン接着します。しっかり仮止めできるので細い三つ折でも縫い易いし、しつけ糸とちがってミシン縫いの邪魔になりません。直線の端ミシンはもちろん円形のフ...続きを読む


人気Q&Aランキング