ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

スライド丸ノコを購入しようとしているのですが、使用した事が
ないのでどちらを購入する方が良いのか迷っています。

なお、DIYでの使用のため、日立やマキタといったところに
手を出すつもりはなく、安い料金設定している製品を選ぼう
と思っています。

現在、迷っているのが下記の2つで、両者とも2万円出せば
買えそうです。

○ES POWER製
  刃 255mm
  最大切断寸法 75mm×305mm
  重量 16kg
  消費電力 1600W
 【気に入っている点】
   刃が大きいので、スライド量が少ない割に305mm
   切断できる。設置スペースを節約できる??
 【不満または心配な点】
   重たい。消費電力が高すぎる。形が好きでない。
   ネットでしか見たことがなく、どういうものか心配。



○アースマン製
  刃 195mm
  最大切断寸法 55mm×305mm
  重量 12kg
  消費電力 1100W
 【気に入っている点】
   形が好き。重量が軽い。店頭に飾ってあるものを
   触ってみたが、スライドの感じとかは良かった。
   刃が小さいので(?)消費電力もそこそこ小さい。
   255mmのタイプに比べるとおそらくモータが
   小さいので音が小さい?
 【不満・心配な点】
   特に思い当たらない。



上に書いたように、自分の中ではアースマンに傾いているのですが
刃は少しでも大きい方が良いのかも?っていう気持ちもあります。
無駄に大きくても仕方ないとか色々な意見を聞いてみたいので
上記商品を使ったことがある方、スライド丸ノコに詳しい方からの
アドバイスをいただければと思い書き込みさせていただきました。

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

裁断切断寸法が少しでも大きいほうが、大きな木材切断時に回し切りの必要がなくできます。



後は、切断時発生の木屑回収ボックスの容量、捨てる方法が簡単、強制吸引(掃除機等で)できる機能なども考慮の必要があります。
最後に、角度が左右にでき、角度が45度以上なるのも便利な機能です。
    • good
    • 1

ESの製品も実際に見たこと有りますが、シンコーやアースマンと比べると作り的に若干落ちるような気がします。


私もDIYで安物の255ミリ径のスライドを使っていますが、使用する材料の太さから、190ミリでも充分な気がしています。
また、精度は値段成りですので、その点も覚悟が必要かと。
どちらにしろ、割り切って使うのであれば、格安ですから、好みにあった方を選ばれるのが後々後悔もないのではないかと・・・。
    • good
    • 0

ES製の刃はチップの取り付け角度が他のメーカーと違うせいか、切断面の仕上がりが、やや荒くなります。

製品付属の刃で満足できないときは
刃だけいい物を購入してみたほうがいいかもしれません。
コストパフォーマンスは抜群なので下地工事に使っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスライド丸ノコかテーブルソーか?

使い勝手の問題だとおもいますが、スライド丸ノコか
テーブルソーか今どちらを購入しようか迷っております。
スライド丸ノコの長所短所、テーブルソーの長所短所、
使用しておられる人の意見をお伺いしたいです。
どうしてスライド丸ノコを購入してか、またどうしてテーブルソー
を購入したか。私自身持ち運びをしないのでテーブルソーを検討しているのですが、同じような機能をもっているので思案しております。

Aベストアンサー

4寸を切るのでしたら丸のこが一番いいと思います。
スライドでも切れますが今後、使用する予定がないのでしたら高価ですのでもったいないです。
スライド丸ノコやテーブルソーの方が丸のこよりは安全できれいに切断できるとおもいます。
寸法ミスなどの失敗も少ないと思います。
垂木や床板や壁板などには便利です。
プロのようにきれいに正確に切断できます。
しかし4寸を切るために買うのはもったいないと思います。
その分いい材料を買った方がいいかもしれません。

Q卓上スライド丸ノコと丸ノコ盤について教えてください

趣味で木工をやっています。
木材を切断する際に、丸ノコで切断してるのですが、
スライド丸ノコ、や丸ノコ盤を使ったほうが、
手間がかからず、精度も高いとのころですので、
スライド丸ノコと丸ノコ盤、どちらかを購入しようと思ってます。

そこで、質問なのですが、
1.スライド丸ノコ、丸ノコ盤の一般的な仕様用途を教えてください。
なんとなく、切断に重点を置くならば、スライド丸ノコ、
縦割や、ホゾ加工をするような場合は丸ノコ盤、という記述があったりしました。

2.日立工機の卓上スライド丸のこをホームセンターで見てきたのですが、
C7RSHとC7RSH(S)とどちらをお勧めしますか?
ネットで見ていたら、定価はC7RSHの方が高いのに、
C7RSH(S)より安く買えるようなのです。

Aベストアンサー

こんにちは
スライドマルノコは
30cm程度のレールの上を鋸がスライドしていくので
基本、横切りや止め切りに使用します。
(木の繊維・年輪を横に丸太を切るように切る感じです。)
材料を奥のガイド番にあてるように固定して、刃を動かして切断していきます。
溝入れ加工も出来ます。(ガラスを入れたりするための薄い切り込み)
特長は、まっすぐ美しく切れることです。
取り付けてあるチップソーも、厚く刃数が多いです。
一般的に板を横切りするのに適しています。
箱など精度を要求されるものには良いと思います。

対して丸のこ盤は、材料の方を動かします。
鋸は固定されています。
よって、縦切りも横切りも可能です。
軸が長ければ、カッターを取り付けて溝切り加工等も可能です。
しかし、きれいにまっすぐ切るには少々練習が必要です。

さて、日立のC7RSH(¥105,000-)はすでにカタログ落ち商品です。
C7RSH(S)(¥10,8000-)との違いは傾斜角度微調整機構の有無のようです。
多分、定価は勘違いだと思いますよ。
ちなみに最新型C7RSHC(\111,000-)は深切りタイプで
今までの7型が直角切断で50x312mmに対し
深切りになり61x312mm切断出来るようになりました。
現在は、こちらが主流です。

お考えの使い方が板を真っすぐ切ることが多いなら、スライドを
色々したいなら、丸のこ盤かなあと思います。

こんにちは
スライドマルノコは
30cm程度のレールの上を鋸がスライドしていくので
基本、横切りや止め切りに使用します。
(木の繊維・年輪を横に丸太を切るように切る感じです。)
材料を奥のガイド番にあてるように固定して、刃を動かして切断していきます。
溝入れ加工も出来ます。(ガラスを入れたりするための薄い切り込み)
特長は、まっすぐ美しく切れることです。
取り付けてあるチップソーも、厚く刃数が多いです。
一般的に板を横切りするのに適しています。
箱など精度を要求されるものには良いと思...続きを読む

Q切断機でアルミ・スチール・木材をカットしたい

切断機の購入を考えています。

アルミ・スチール・木製のカーテンレールをカットするのに
使用します。

1台で全ての材質に対応可能でしょうか?

それぞれの用途別に歯をかえなくてなならないのでしょうか?

プロユースで安価・軽量のもので、お勧めがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私はホームセンターで買ったDIY用の切断機と丸鋸を使用していますが、以前切断機のメーカーに問い合わせたところ、元々切断機と丸鋸では回転数が異なるので例え刃のサイズが同じものがあったとしても切断機で木材を切るのは無理があると言われました。それに丸鋸の刃は通常金属性のノコギリ状ですが切断機は砥石ですから当然のことでしょう。質問の使用目的からすれば、切断機も丸鋸もDIY用で十分かと思われます。これから先のことを考えても仕事で使うのでなければ2種類購入された方が良いかと思います。それぞれ切れが悪ければ砥石なりノコ刃なりをサイズと回転数を確認して良いものに交換してもその方が安くつくと思います。実際私はそのようにしています。

Qルーターとトリマーの違い

ルーターとトリマーの違い
あちこちのDIYの店へ行って、ルーターとトリマーの違いを尋ねているのですが、的確な説明をしてくれるお店が全く無くて困っています。
「ルーターではこんなことができるが、トリマーではできない」また逆に「トリマーではこんなことができるが、ルーターではできない」のように、具体的に、できれば画像入りでご説明いただけると有難いです。

ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?
わたしは3mm径の金工用ルーターバーを多数持っているので、これが使えないと困ります。

申し遅れましたが、わたしがしたいのは主として、数mm厚のアルミ板の切削加工(長穴開け)です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

しかし、ルーターには、固定式とプランジ式と2種類あります。普通、作業台に固定して使うのは、固定式の方です。 プランジ式(国産メーカーは、ほとんどこのタイプ)は、手に持っての使用もします。バネによって、刃を含むモーター部分が持ち上げられているので、削るときは押し下げて使用します。手を離せば、刃は浮かび上がります。 言葉で説明すると難しいので、日立やマキタの製品を見て下さい。一目瞭然だと思います。


トリマーは小型ですので、手に持っての使用です。薄い合板のくり抜きなどは、トリマーの領域ですね。

> ビットを装着したとき、被切削剤との位置関係がどうなるのか・・・被切削財とビットとの当たり面(加工を受ける一番大事なところ)の目視が(あの分厚いアクリル板を通して)正確にできるのか、など疑問は尽きません。

これについてですが、トリマー、ルーターともに、フリーハンドでの使用はほとんどしません。ガイドを取り付けての使用、定規にあてて使用、冶具を使用。 精度を要求しないところでは、フリーハンドで使用するいこともありますが、慎重にやらないといけません。意外と思い通りには動いてくれませんよ。(特に切削量が多いと)

よって、刃の出し具合、切削位置に合わせてガイドの調整、または、冶具を使って、精度の高い加工をします。 ですから、事前に準備して行うので、切削するときはガイドや冶具に沿わせて動かすだけです。 よって、それほど目視をする必要が無いのです。 また、じっくり見たいなら、ゴーグルは必須です。何が目に飛んでくるか分からないですからね。 正直、見やすいとは言えません。

>また、ビットは6mm径が標準のようですが、それ以外の径のビットは装着できないのでしょうか?

3ミリ用のコレットチャックは、メーカーも用意していません。市販の製品に3ミリコレットチャックがありますが、それが使用する工具にあうとは限りません。 どうしてもというなら、鉄工所で作ってもらうしかない思います。

そもそも、トリマーもルーターも木工加工用です。 中には、アルミ程度の金属加工に使用している人もいるみたいですが、あくまで自己責任です。 でも、そのままでは回転スピードが速すぎるみたいで、スピードコントローラーで回転数を落としているみたいです。 切削ビットは、金属加工用エンドミルでした。

小さいアルミ板に長穴加工なら、安い輸入フライス盤の購入をお勧めします。 大きい板への加工なら難しいですね。 その場合、私なら、トリマー用に長穴用の冶具を作って、アルミ加工専用のエンドミル(6ミリ軸の製品)を買い、スピードコントローラーで回転数を落としてやりますね。ゴーグルは、必須ですよ。 これらの使用方法も、自己責任です。もし、本当にやられるなら、下調べを十分にしてください。冶具の作り方等は、トリマーの本でも買って勉強する必要があるでしょう。

>ルーターとトリマーの違い  このことを説明しても、質問者の用途では、あまり意味がないかもしれませんね。 とりあえず。

両方とも、同じようなことを出来ます。まぁ、パワーの違いから、使用方法が少し違うくらいですかね。

もうご存知の通り、パワー(大きさ)が違います。  普通、ルーターは専用の作業台に取り付けて(ひっくり返して取り付けて、刃が作業台から少し出るような)、材料の方を送って使用します。 また、パワーがあるので、一回の切削量も大きく設定できたりする場合もあります。

し...続きを読む

Qステンレス板の切断

薄い(0.3~0.5mm)ステンレス板(SUS304)をゆがませずに手動で
(安価であれば電動でも可)
簡単に切断する方法が知りたいです。

のこぎりだとそんなに薄いものは切りにくいし、
はさみだと板が曲がってしまうので、
自分でもいろいろ探して、ニブリングカッターという
「鉄板をゆがませる事なく、切断できます」と
書いてあるものを見つけて買ってきて、
切ってみたのですが、0.3mmならなんとかなりましたが
0.5mmになるとあまりにも硬くて時間がかかるし
だんだん握力が限界になってきて、長いところは
気が遠くなります。
なんとかなる方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

こまりましたねー。SUS304で、0.5mm位。硬いし粘るから容易でないですね。予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。
>だんだん握力が限界になってきて、長いところは
>気が遠くなります。
正直、貧血になりそうですね。
一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。あと鋼種を変えるか。

どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責任で)
1、金工用糸鋸で、ステンレス用替え刃を購入して切る。ベニヤ板にステンレス板をクランプ、両面テープ等で動かない(振動しない、めくれない)ように確実に固定して、ベニヤ板ごとステンレス板も切る。この時、刃に切削油(食油で可)を薄く引いて切ると、刃が長持ちします。気長にやらないと、貧血起こしますね。
2、電動ジグソーの安いやつ(5000円くらいから)でステンレス用替え刃を取りつけ、やはりベニヤ板に確実に固定して、ベニヤ板ステンレス板ともに切断する。(刃が焼けそうな時は休む)

1番だと、精密にきれますが、労力が大変。
2番だと、細かいRは切れないよ。あと予算と相談でしょうか。一台有って今後DIYではかなり活躍すると思います。
あとはsnow023さんの判断でしょう。

こんばんは。

こまりましたねー。SUS304で、0.5mm位。硬いし粘るから容易でないですね。予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。
>だんだん握力が限界になってきて、長いところは
>気が遠くなります。
正直、貧血になりそうですね。
一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。あと鋼種を変えるか。

どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責...続きを読む

Q電動丸ノコの違いを教えてください

カタログを見ると、「丸ノコ」「造作丸ノコ」「電子丸ノコ」「電子造作丸ノコ」とありますが、何がどう違うのかカタログ上ではわかりません。詳しい方、どうか教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すべて同じマルノコですが、

「マルノコ」と「電子マルノコ」違いは、電子制御にの部品がついているかどうかです。切る時負荷がかかると回転数が落ちますが、電子制御は回転を落とさないように働きます。ただ、使っている大工さんがその恩恵を感じているかどうかは疑問で、電子制御が入っていると値段が高くなるので、ほとんどの大工さんは普通のマルノコを買います。
「造作マルノコ」は厚みのあるしっかりとしたアルミベースに2本棒の平行定規(普通のは1本棒)がついています。ですから、精度の高い切断の時には必要でした。以前は普通のマルノコは鉄板ベースで、落としたりぶつけたりするとすぐに歪んでしまったため、大工さんはマルノコと造作マルノコを使い分けていました。ただ、最近のマルノコは、造作マルノコでなくてもアルミベース(造作ほどがっちりしていない)なので、ベースの丈夫さだけで造作マルノコを使っていた人は、造作より軽くて安い普通のマルノコを選ぶようになってきました。昔ははっきりしていた差が曖昧になってきました。でも、より精度を求める人は未だに造作マルノコを必要としています。

すべて同じマルノコですが、

「マルノコ」と「電子マルノコ」違いは、電子制御にの部品がついているかどうかです。切る時負荷がかかると回転数が落ちますが、電子制御は回転を落とさないように働きます。ただ、使っている大工さんがその恩恵を感じているかどうかは疑問で、電子制御が入っていると値段が高くなるので、ほとんどの大工さんは普通のマルノコを買います。
「造作マルノコ」は厚みのあるしっかりとしたアルミベースに2本棒の平行定規(普通のは1本棒)がついています。ですから、精度の高い切断...続きを読む

Qジグソーと丸ノコ、先に購入すべきなのは?

手ノコに疲れたので電動ツールを物色中ですが、
ジグソーと丸ノコってどちらが優先度高いですか。
ジグソーが丸ノコを兼ねるとも思えないですが、
実際のところはどうなのでしょうか。

あらかじめ採寸して、直線カット程度はホームセンターで
頼んでいましたが、家でもバリバリカットできると嬉しいです。

Aベストアンサー

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・。
そんな理由で私は丸鋸をお勧めします。
あとはサイズですが、145mm、165mm、190mmの刃サイズが
一般的ですね。
145mmは使った事が無いので分かりませんが、
165mmが大体6cm弱を切断可で、190mmが大体8cm弱
切れたと思います。
どういうサイズの材料を使うかによりますが大工さんだと、
刻み(プレカットでなく墨つけして構造材を加工する事)をする場合
位ですね。基本は165mmを使って仕事をします。
1回で切れない材料は曲尺(まがりじゃく様はさしがね)で
鉛筆墨を出して上下2回で切ります。それが大工さんの基本
みたいな感じです。まぁ大工さんにもよりますが。
慣れと曲尺の精度で綺麗な断面で切れます。
私としては165mmの丸鋸をお勧め致します。
あと最後に丸鋸は大変危険な道具では有ります。
(モーター付いてるから当たり前!!)
材料を沢山手鋸で切るのは大変だから丸鋸は出来ました。
正しく使用し、安全を配慮すれば楽しく楽にDIYをやっていけます。
正しくとは、丸鋸の進行方向の前後に絶対に!!!!!身体を
入れてはいけない。キックバックしても身体が無ければ怪我しません。
自分が材料を真っ直ぐ切れないと認識しているなら必ず市販の定規
を購入、使用する事。(例:Lアングル、フリーアングル、
丸鋸同梱定規等)Lアングルなんかは確かに高価な定規ですが
楽に直線切断が出来るだけでなく、キックバックも起こしにくい
です。(キックバックの原因は材料に丸鋸の刃が挟まれて、
回転に合わせて戻ってくる現象です)丸鋸使い不慣れで真っ直ぐ切ってるつもりで曲がって切ってるのに無理にきつくなっても切ってると
キックバックが起こります。
逆に正確に真っ直ぐ切れていると、丸鋸の方が軽くですが前進して
行くので、切れ味は軽く「す~」っと切れます。少しでも
曲がると重たくなります。後はいつキックバックしても
いい様にというかいつ来ても良い様に心の片隅で身構えて居る事も
大切です。電動工具とはどれもそうですが、道具それぞれが持つ危険を
認知した上で、対処法を理解しいつ何時起きても対処出来るように
心の準備をしておく事が電動工具を使う上では一番大切な事です。

見習い大工のマサルです。
基本的にジグソーはいらないと思われますよ。
まぁ危険度はありますが丸鋸をお勧めします。
私も大工しているので時たまジグソーがあると便利だから
購入しようかなぁ~何て時もありますが、
私ですら滅多に使いません。
もし家具製作でRを沢山細工したいと言う場合は
私は逆に糸鋸盤をお勧めしたい位です。
それ程高精度のアールを付けるにはジグソーではかなりの慣れが
必要ですし、自作で(市販は直線定規のみ)R切断対応の
定規でも製作すればバンバン使えますがね・・・...続きを読む

Q電動 釘打ち機ってつかえますか?

電動 釘打ち機について
ボッシュのバッテリータッカーを買おうと思っています。
今 4千円の電動タッカーを買って、たいして使えない程度のもので失敗しました。

日曜大工の釘打ちに使用しますが、
エアー式が主流でそちらがいいのはわかっているのですが、
コンプレッサーなども必要なので電動にしたいと思います。

 すると選択は マックスや、ボッシュとかになります、
安物でハズしたので、1万円程度なら使えるかと思っていますが、

電動タッカーってどうでしょうか?

用途は一般的なエアーと同様な板張りみたいな作業ですが、
そこそこ使えるものでしょうか?
また、おすすめなどがあれば教えてください

Aベストアンサー

電動タッカーですと最大で20~25ミリ程度のネイルしか打てません。

私は大工ですが1万円でちゃんと使える電動タッカーを知りません^^;
ホチキスタイプの手押しタッカーの方がいいような・・・・

エアータッカーをお勧めしたいのですが作業量がわかりませんのでなんとも・・・あまり使わないようでしたら高額ですしね^^;

最終手段!!手で打つ

Q家庭用、簡単なブロック基礎の作り方(ブロック塀2~3段)

簡単なブロック基礎(ブロック塀2~3段)の作り方がわかりません。穴を掘り砂利を敷き、足で踏んでセメントを流してブロックを置きならべていくということですが平行にならないと思います。各ブロックはでこぼこになるとおもいます。また水平器や水糸を使ってどのようにして修正していくのでしょうか?実はホームセンターの人も詳しくは知らないらしく、こちらは家の周囲と犬小屋の塀(子犬がその中で自由になれる様に)をつくりたいのでこまっています。本が1冊だけあって取り寄せたのですが省略が多く、また専門用語だらけでむずかしいでしょう。詳しくわかりやすく超素人に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
いと思います。固まるまで次の日まで待ちます。

基礎がある程度水平な状態で固まったあと、まず最初に(ご存知かも知れません
が)一番大事なことは、並べていく方向に糸を張ること。コレを水糸といいます。

この糸を張るとき同時に1本目のブロックの天端(上面)の高さにしかも水平に
前もって出しておきます。このことを「水盛り」とか「遣り方」といいます。

この糸を張ることによって、水平器への依存度が減りますし、水平器だけを頼り
に積んでもまっすぐには絶対に積めません。

ブロックを積むときは基礎の上に敷くときは水少なめのモルタルを山盛りで敷い
て、その上にブロックを置き、上部をトントントンと左右軽く高さを合わせるよ
うに決めていきます。当然、水平垂直は水平器で気にしながらですけど・・・

またその横に同じ要領で糸に沿って並べて施工していきます。

分かるかな~?

参考URL:http://www.landes.co.jp/ext/diy/block.htm

こんにちは。

ブロック積みは簡単そうに見えて実は案外難しいんですよ。

根伐り(掘削)したあといきなりモルタルを敷いてブロックを置いてませんか?

積む前にモルタルを平らになすって、一旦固めたほうが水平に積みやすいのでは


お話しから読み取ると少しモルタルが柔らかすぎるのではないのですか?少し水
の入れ方が多いような気がします。
モルタルの硬さはあまりべちゃべちゃにさせないようにします。

何段積むのか分かりませんが、1段だけ積むのなら基礎の厚みは50mm程度でい
い...続きを読む

Qディスクグラインダーを買いましたが・・・。

コーナンなるホームセンターで、激安ディスクグラインダーを購入した、DIY超初心者です。
買ったディスクグラインダーは↓です。
http://www.kohnaneshop.com/product_info.php/cPath/217_226_229/products_id/16765
買ったはいいけど、何に使えるのはさっぱりわかりません。
金属切断、研磨、タイル等の切断に・・・。とは書いてありますが、木を切る事はできるのでしょうか。木を研磨する事はできるのでしょうか。ディスクみたいな物を買えば、いろいろできるのでしょうか。私にとって豚に真珠状態で、困っています。説明書を読みましたが、使用用途等はあまり記載されておらず、組み立てと、注意事項ばかりで、よくわかりません。私は、今木工にはまっていて、木の塗装を削ったり、木を切ったりがしたいです。
せっかく買ったので、よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

こんにちは。
DIYというよりも、自分の店の陳列棚や看板を自作している者です。
ディスクグラインダは、ディスクを必要に応じて付け替えて使います。
例えば
(1)研磨砥石・・金属の研磨(面取りなど)
(2)切断砥石・・金属の切断
(3)サンディングディスク・・塗装はがし
(4)ワイヤブラシ・・サビ落とし
など、主に金属に使います。
金属を削れるのですから、木も削れますが、普通はサンドペーパーを木っ端に巻き付けて磨きます。
木工作品に金属を使う時には使えるかも知れませんね。
金属を切るときには0.4ミリくらいまでなら金バサミで切れます。
1ミリになると切断砥石をつけたグラインダが必要です。

僕もホームセンタで安い工具を見るとつい買ってしまいます。
先週も電動ノコが1900円だったので、買ってしまいました。
でも、直線を切るなら普通の両刃このぎりの方がいいですね。

これは僕の意見ですが、安い電動工具は動かなくなるのが早いです。
安物は3年もてばいいくらい。
3年といっても、何ヶ月かに一度使って3年だと割高ですよね。
高いものは倍以上しますが、それなりに長く使えます。

モノを作るには、まず、何を作るかしっかり決めてからがいいと思います。
使う木材の太さや種類も。
また、木材はクルイが多いものは設計のとおりに切って組み立ててもキレイにできません。
クルイとは曲がったりねじれたりすることです。
ホームセンタで売っている2×4材などはクルイが多く、比較的少ないといわれる心材を使ってもかなり曲がっています。

最低限必要なものは、両刃ノコギリ、カンナ、電動ドリル、サンドペーパー。それから木ネジと、穴あけドリルと+-のビット。
このくらいあれば、簡単なものなら作れます。

僕は電動ドリルは二つ使います。
片方はドリル用、もう一つはねじ用です。

最初は、DIY専門誌を見ると、設計図、必要な工具が書いてありますので、そこから始めるといいと思います。

まず、イスでも作ってみるといいですよ。
それから、ホームセンタに行くと、これがあれば楽になる、というのがわかってきます。
そうして少しずつ買っていけば、必要な工具が揃ってきます。
電動工具に限らず、ノコを引くときまっすぐ引ける定規なんかもあります。
僕はボール盤まで揃えてしまいました。

出来上がった作品を眺めながら、一杯飲むのは最高ですね。
がんばってください。

参考URL:http://www.handsman.co.jp/myweb/D02-4-5.html

こんにちは。
DIYというよりも、自分の店の陳列棚や看板を自作している者です。
ディスクグラインダは、ディスクを必要に応じて付け替えて使います。
例えば
(1)研磨砥石・・金属の研磨(面取りなど)
(2)切断砥石・・金属の切断
(3)サンディングディスク・・塗装はがし
(4)ワイヤブラシ・・サビ落とし
など、主に金属に使います。
金属を削れるのですから、木も削れますが、普通はサンドペーパーを木っ端に巻き付けて磨きます。
木工作品に金属を使う時には使えるかも知れませんね。
金属を切ると...続きを読む


人気Q&Aランキング