マンガでよめる痔のこと・薬のこと

来月5月にエジプトに行く予定ですが、渡航情報の発出「全土十分注意」とでました。心配です。情報ほしいです。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

cocoskipです



到着日にギザ、ダハシュールやメンフィスまで足を伸ばされるんですね!1日でピラミッド三昧のスケジュールですね。かなりハードスケジュールだけど見所が満載です。また、サッカーラは階段状のピラミッドをはじめ、広い範囲に見所が点在しています。歩いて回るには大変な距離ですがツアーならバスで移動するでしょうから問題ないですね。修復が進んでいる宮殿状の建造物や、周辺の崩れかけた墓内部に残された壁画が見事です。壁画の内容にはちゃんと意味があって詳しいガイドさんに話が聞けるといいですね。このあたりは今でも多くのミイラや遺跡がいまだに発掘されているところです。ギザの3大ピラミッドは日によっては内部に入ることができると思います。私達は真ん中のカウラー王のピラミッド内に入りました。かなり急勾配です。ホテルは選べるならばメナ・ハウス・オベロイが素晴らしいです。ホテルの内部の装飾が素晴らしく、部屋によってはベランダ正面にギザのピラミットが見えます。私達が泊まったほうの棟は王宮のようなエキゾチックな雰囲気でした。私達は毎日ホテルから歩いてギザのピラミットに行きました。砂漠はとにかく水分補給を忘れずに観光してくださいね。素晴らしい思い出になりますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にためになりました。
ありがとうがざいます。
お話を聞いたらとても
楽しみになりました。

お礼日時:2008/04/23 18:32

外務省の出す渡航情報の、危険情報の段階は次のようになってます。



●「現在、危険情報は出ておりませんが、最新スポット情報や安全対策基礎データ等を参照の上、安全対策に心がけてください。」
●「十分注意してください。」
●「渡航の是非を検討してください。」
●「渡航の延期をお勧めします。」
●「退避を勧告します。渡航は延期してください。」

この中で、「十分注意してください。」までは、まあ普通に観光旅行可能と思っていいです。日本からの団体旅行もどんどん出ます。
「十分注意してください。」段階と「渡航の是非を検討してください。」段階との差はかなり大きく、ここが一般人が観光旅行するかどうかの判断のラインと考えていいと思います。

>情報ほしいです。

上に書いた危険情報の段階の解釈を踏まえて、もう一度外務省の渡航情報のエジプトのページを読んでください。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=94 …
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id= …
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_T.asp?id= …

旅行者の安全に関する情報で、日本で最も詳しく、かつ信頼度の高い情報源は、間違いなく外務省の渡航情報です。
(現地の大使館の情報と判断が基本になっているため。ちなみに、日本人旅行者・在留邦人が事故や犯罪、トラブルに遭うと日本大使館に情報が入るため、結局大使館がいちばんその種の情報を持っているわけです。)

エジプトはずっと昔から長いこと「十分注意してください。」の状態が続いています。

私は、中東に仕事で長く住んで、特にエジプトは通算十年近いですが、今は特になにも問題はなく、治安上の心配をする状態ではありません。

もちろん、安全~危険の感覚は、人によって違いますし、どこに居ても「絶対100%の安全」は存在しません。(日本に住んでいても凶悪犯罪やテロに遭うことはある。)外務省も、あくまで判断は自分の責任で、と書いています。

と申し上げた上で、エジプトは現在、海外旅行先として他の国に比べて特に危ないという国ではないと言ってよいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
エジプトをよく知るかたのアドバイスはとても心強いです。
安心しました。

お礼日時:2008/04/23 18:28

こんにちは!エジプトが大好きな者です。

来年の5月ですか。楽しみですね。私達はすべて個人手配で2週間のエジプトのツアーを組みました。小学4年生の子供も同伴しました。夫はそれこそ数十回行っています。私達の時も「全土充分注意」でした。あの国が安心な渡航先となる可能性は今後も低いのではないかと思います。前回の主な滞在地はギザとカイロでした。その旅行の経験から良くないところと良い所を両方書き出してみますね。治安についてはそれこそあらゆるところにマシンガンを持った警備隊がいます。以前にテロがあった考古学博物館など今でも何十のガード網です。外国人観光客が集まりやすいところはこうした警備が目立ちます。市場など不特定多数の人間がひしめくところもテロの対象になった事があるようですが、こうしたところではスリなどに気をつけてください。治安は、はっきり行って良くないと思います。特に女性はエジプトの国の習慣を理解して派手な格好や肌を露出するのは避けたほうがいいです。また街のいたるところに物売りがいます。そしてかなりしつこいです。法外な値段を平気で吹っかけてきます。タクシーも何か物を買うときもすべて値段を先に交渉しないと後で吹っかけられます。砂漠にいる警備隊も写真を撮って上げるからと親切に近づいてきては結局チップを要求します。ホテル周辺には親切な地元民を装って、特定の土産物屋に誘導する人もいます。また空港でも頼みもしないのに荷物を運ぼうとするポーターまがいがいます。自分の身を守る一つの方法として地図やガイドブックを持って困った様子で立ち止まったりしないことです。またしつこい勧誘には「NO」と毅然とした態度で接することです。
アラビア語が離せなくても気迫で相手には伝わります。レストランのトイレに入ってもチップを要求する子供や女性が立ちはだかっていますから、いざというときに小額の紙幣をいつでも沢山持っておくといいと思います。
またカイロはひどい公害で空気が悪いためマスクなどで自己防衛が必要です。また古い遺跡に入るときなどもカビなどを極力吸い込まないようにするためにマスクは重宝です。さて。これだけマイナス点を挙げておきながら私達家族がエジプトファンの理由を書きます。
1.現地に行かないと見られない素晴らしいもの景色、遺産が沢山あります。実はギザ周辺には100を超えるピラミットがあります。階段状の物、屈折した物、ほとんど崩れかかった物などなど。また残された壁画や像、建物など写真や画像では説明できない素晴らしい遺跡が沢山あります。私達がエジプトファンの理由はこれです。2.エジプトの子供達。物売りの一部の子供を除いてエジプトの子供はとても人懐こくてかわいいです。遠足でギザの周辺に沢山来ていますが写真を撮っていると、あっという間に囲まれてしまいます。外国人に興味津々。素直でカワイイ子供達ばかりです。3、砂漠に暮れて行く夕日。らくだの背に揺られてみたあの景色は一生忘れられません。4、人は環境に慣れます。私も旅の後半は値切りの女王となり当初の価格から90パーセントオフという技も身につきました。もし個人旅行が不安なら添乗員さん付きのパッケージツアーに参加するのもいいと思います。上記にあげた物売りなどが近づいてこないし、なんと言っても限られた時間で見所満載、しかも日本語ガイドつきでその遺跡の歴史的背景なども聞くことができ感動ひとしおです。エジプト旅行はまさに「虎穴にいらずんば虎児を得ず」という感じがします。危険といわれながらも観光客を惹きつける歴史と遺跡がそこにあります。体調に充分気をつけて準備万端でお出かけください。良い旅行をお祈りします。

この回答への補足

色々ありがとうございます。本当に嬉しいです。
すみません行くのは来月です(^^;)
到着したその日は、ギザの3大ピラミッドとスフィンクス観光
午後は、メンフィス・サッカラ・ダハシュール観光で
ホテルはル・メリディアンピラッミズ又は、メナハウスオベロイどちらかのようです。2日目は、アレキサンドリア観光です。そして
ギリシャに2泊します。実は、彼がエジプトに行きたいといいまして
私はギリシャに行きたいといってましたら
このコースを近畿日本ツーリストで紹介してもらったんです。
新婚旅行で行きます。
本当に全然わからないのでもしよければ
またアドバイスお願いいたします。

補足日時:2008/04/15 22:13
    • good
    • 0

先日知人が10日間ほどエジプトへJTBのツアーで行ってきました。



特に危険を感じることはなかったようですが、観光地へ大型バスで移動する際には、前後に護衛の車(現地軍隊?)がついていたようです。

また、想像以上に街中は汚く、ゴミが蔓延していたようです。

レストランでは平気でウェイターが「Give me Japanese Pen」と言って、観光客にボールペンをねだっていたようです。(日本のボールペンは性能がいいのか人気らしいです)

また、東南アジアのように、しつこくしつこく物売りがついてきていたらしいです。

かなりカルチャーショックを受けていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。情報いただけて嬉しいです。
そして、安心しました。

お礼日時:2008/04/15 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング