ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

実家の片隅から日立のLo-D HT-460というレコードプレーヤーがでてきました。
たぶん父親ので、おそらく10年以上使ってないと思います。
興味本位で掃除してみたところ外見的に壊れたところはなさそうで、
電源を入れてみるとトーンアームも正常に動きます。
プリメインアンプが家にないため、借りてきたフォノイコライザー
経由でスピーカーにつないだところ、音量を上げても微かにしか
スピーカーからは聞こえてきません。
レコードの上ではチャンチャカチャンチャカなってるのですが、
スピーカーからはボリュームを上げてもわずかしか聞こえてきません。
ちなみにアースはつけてませんでした。

これは針を買い換えれば直る問題でしょうか?それともカートリッジ?
もしくはレコードプレーヤー自体がもうダメなのでしょうか?

スピーカーに問題はないと思います・・・・。
どなたかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは



ちょっと確認ですが、接続は、
プレイヤー → フォノイコライザ → コンポのアンプなど → スピーカー
または、
スピーカー → フォノイコライザ → アンプつきのスピーカー
となっているのですよね?

フォノイコライザからの出力は、ほかの、AUX端子に接続する機器を同じぐらいです。直接接続するものもあるのでしょうが、稀ですし、少なくともボリュームコントロールは付いています。
大抵のフォノイコライザは、上記のような接続になります。

カートリッジに関しては、純正のものから交換していなければ、MMタイプですので、上記のような接続でよいですが、もしお父上がオーディオに凝っていて、MCタイプのカートリッジに交換していれば、さらに昇圧トランスやMCアンプをフォノイコライザの前にかませなければなりません。
MC(ムービング・コイル)のカートリッジは、MM(ムービング・マグネット)などのタイプのカートリッジに比べ、出力が1/5~1/10ぐらいです。MCタイプの場合、MMタイプなどと同程度の出力にするために、トランスや専用アンプを導入する必要があります。また、フォノイコライザの中には、MM/MCのポジション切り替えが出来るものもありますので、そのあたりも確認してください。
まずはカートリッジの確認をしてください。純正なら、たぶん「MT-24」だと思うのですが・・・

後は、カートリッジとアームの間の接続の確認とか、ケーブルの確認(抵抗入りを使っていないか、など)などでしょうか・・・

どうしても改善されなければ、カートリッジの交換、ということになってしまうでしょうか。適合重量は4~10gということのようです。

参考までに・・・
http://www.apis-jp.com/needle/Lo-D/DS-ST24.html
カートリッジは、このあたりから(右側リンクから、数社あります。MCタイプ以外はMMタイプと同様に扱えます。)
http://www.apis-jp.com/cartridge/shure.html

この回答への補足

なるほど!パワーアンプ等で増幅しないといけないんですか?
初心者で申し訳ありません。

プレイヤー → フォノイコライザ → スピーカー

でした。
スピーカーも持ち運びが便利だったため安いcreativeのやつでした。

○カートリッジ
 ロゴが入ってるのでおそらくカートリッジは純正のままでMMだと思います。


この場合、プリメインアンプを買ったほうがいいですよね?
フォノイコライザーは借り物なので・・・・。
4万円くらいでフォノイコライザー付のプリメインアンプを買うことにします。
ジャズ、クラシックをメインに聴くのですが、それならマランツのPM-600系くらいでしょうか?
お値段的にも・・・・。


最初の内容から逸れるのですが、よろしくお願いします。 

補足日時:2008/04/15 12:44
    • good
    • 2

しつこく、#3です。



忘れてましたので、もう一点確認。
Creative Inspire 2.0 1300には、ACアダプターで電源に接続し、スピーカーのLEDが点灯した状態で使用していますよね?
でないと、アンプが有効にならないので、音がぜんぜん小さいか、まったくならない、ということになってしまうと思いますよ。

また、プリメインアンプを選定する際は、プリアウトやライン出力(価格.COMのページでは、アナログ出力)のあるものを選べば、お持ちのCreativeのスピーカーを使うことも出来るでしょう。
プリアウトのあるものなら、その端子に接続すれば、ボリュームコントロールや高音・低音の調整もアンプ側から行えます(スピーカー側は固定で)。ライン出力からの場合は、スピーカー側で行うことになりますが・・・

両方とも付いていないものを購入なさると、別途アンプの付いていないスピーカーを購入、ということになります。

また、フォノイコライザも単品で売っていることは売っています・・・
http://www.shimamusen.co.jp/shop/ja/dept_529.html

この回答への補足

たびたび回答ありがとうございます!

今後CDプレーヤーやスピーカーにもお金をかけようと思っていたので
このタイミングでプリメインを買おうと思います。

ご丁寧に何度もありがとうございました!

補足日時:2008/04/17 01:47
    • good
    • 0

またまた、#3です。



>Creative Inspire 2.0 1300

これですね。
http://jp.creative.com/products/product.asp?cate …

アンプ付きですね・・・
フォノイコライザが正常なら、問題はプレイヤーや接続、ということになってしまいますね。とりあえず、#1さんも記述してらっしゃいますが、接点の確認、掃除をしてみてはどうでしょう。カートリッジシェルの根元、トーンアームに取り付けてある部分に、アームより一回り太くなっているねじる部分があると思いますので、そこを回転させて一度取り外し、綿棒やエアダスタで軽く掃除をして、もう一度取り付け、試してみてはどうでしょう?

>このプレーヤーで聴きたい → カートリッジ+プリメイン購入

確かにそうですが、プレイヤーに不調がある場合も考えられます(機器内の断線など)。上記で100%再生できるかどうかは、正直判断できません・・・
また、ほかにもスピーカーも購入しなくてはならないです。

>LPが聴きたい → 安価レコードプレーヤー購入

リスクが少ないのは、やはりこちらでしょうか・・・
とりあえずレコードが聞きたいということなら、フォノイコライザを内蔵したレコードプレイヤーもあります。これならお持ちのCreativeのスピーカーを繋ぐだけで、聞くことが出来ます。出費も、とりあえずは8,000円弱ぐらいからに抑えられますし・・・

たとえば、このようなプレイヤー
http://kakaku.ecnavi.jp/item_info/20712680950093 …
上記のものの商品説明
http://www.audio-technica.co.jp/products/cartrid …

価格.comを参考に、これにプリメインアンプ、スピーカーを合わせて、なるべく安目のシステムを考えた場合、
スピーカー
http://kakaku.com/spec/20445510996/
アンプ
http://kakaku.com/spec/20484010068/

もっと安い組み合わせもありますが、このくらいがいいのではないでしょうか(プレイヤーと合わせて、5万円弱ぐらい)。

スピーカーも8,000円以下でもあるようですので4万円程度でも組めますが・・・
http://search.kakaku.com/ksearch/search.aspx?l=l …

まあ、徐々にグレードアップ、ということで・・・
    • good
    • 0

#3です。



>スピーカーも持ち運びが便利だったため安いcreativeのやつでした。

再度確認なんですが、Creativeの最近のスピーカーは、PCやポータブルオーディオ用のものがほとんどで、内蔵アンプ付きの物が多いようです。昔のタイプのものは分かりませんが、スピーカーの片方にボリュームコントロールのつまみや電源ON/OFF、ヘッドフォン出力端子、AUX入力端子が付いていたり、ACアダプターや充電などが必要なようなら、アンプつきではないかと思います。確認してみてください。
また、プリメインアンプを利用するようなスピーカーの接続端子は、ピンジャックやミニジャックではなく、赤と黒の端子部分にケーブルの絶縁ビニールを剥いた銅線を差し込むタイプのものがほとんどだと思います。
こんなやつです(いい写真が見つかりませんでしたので・・・)
http://www.yuttari.net/diarypro/archives/269.html

もし、アンプ付きのスピーカーなら、ほかの原因かもしれませんよ。

フォノイコライザからの出力が適正かどうか、確認する方法のひとつとして、TVのビテオ入力の音声や、ビデオデッキやDVDレコーダーなどの外部入力の音声にフォノイコライザからの出力を接続し、TVのスピーカーで確認するという方法もあります。あるいはラジカセのライン入力から確認とか。普通に聞こえれば、フォノイコライザからの出力は適正、プリメインアンプの導入も有効でしょう。
しかし、この接続でも音が小さいようなら、原因はプレイヤー、カートリッジのほうになるのではないかと思います(フォノイコライザが正常だとすると)。

もし音が小さいようなら、カートリッジとシェル、シェルとトーンアームの接続などの確認や、エアダスタなどを使った掃除、接点復活剤の利用のどの対策をしてみましょう。

プリメインアンプの選定については、価格.comで見てみると、4万円以下、フォノ入力つきのものは、数点ありました。
http://kakaku.com/spec/20483010086/
http://kakaku.com/spec/20483010080/
http://kakaku.com/spec/20486010096/
http://kakaku.com/spec/20486510036/
http://kakaku.com/spec/20486510037/
http://kakaku.com/spec/20487010042/
http://kakaku.com/spec/20484010068/
http://kakaku.com/item/20484010079/

やはりお勧めは、マランツやDENONあたりでしょうね。

この回答への補足

今からビックカメラにプリメインを買いに行こうとしてたので助かりました!ありがとうございます!

スピーカーはCreative Inspire 2.0 1300をつないでました。
CreativeのHPを見ても初心者の私にはアンプ付かどうかわかりません・・・スイマセン。

これはカートリッジですかねぇ・・・。
聴いたことのないLPが出てきたので聴いてみたかったのですがこれは本格的にお金がかかりそうですね。
プリメインアンプなら今後のことを考えても買ってもいいかなって思ってましたが、
さすがにレコードプレーヤーごとの買い替えはちょっと・・・。

LPが聴きたい → 安価レコードプレーヤー購入

このプレーヤーで聴きたい → カートリッジ+プリメイン購入

みたいな感じでしょうか?
何度も聞いて申し訳ありません。もしよろしければもう少しばかり助言をお願いいたします。

補足日時:2008/04/15 17:01
    • good
    • 0

フォノイコライザーにスピーカーが駆動できるパワーアンプが内蔵されているでしょうか?


通常の、フォノイコライザーの出力は、ラインレベル(CDプレーヤー・チューナーなどの出力電圧)です。
ラインレベルでは、スピーカーから大きな音を出す事はできません。
フォノイコライザーの出力を、PCやMP3プレーヤーをつないでスピーカーを鳴らすことのできる、アンプ内蔵のスピーカーにつないでみてください。

この回答への補足

フォノイコライザーはただの変換機みたいなやつでした。
なるほど、増幅しないのといけないのですね。
初心者でスイマセン。
このタイミングで安めのプリメインアンプを買ってみて、
音響の世界に飛び込もうかとも考えています・・・。
あまりお金はないのですが。
回答ありがとうございます。

補足日時:2008/04/15 12:45
    • good
    • 0

10年以上使っていないのでしたら、


ヘッドシェルとアームを繋いでいる端子が汚れている
可能性があります。

私の場合それが原因で音が出なかった事があります。
掃除をしたら直りました。

この回答への補足

改めて掃除してみました。
レコード盤の近くではシャカシャカなってるんですが・・・・。
初めてレコードを再生したのですが、凹凸を読み取ってる動きからも音が出るんですね。
スピーカーからは出ないのですが・・・。
回答ありがとうございます。

補足日時:2008/04/15 12:50
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコードプレーヤーから音が出ないのですが・・・

古いレコードプレーヤーですが、切れたゴムバンドも取り換え、針も買い替えたのですが、
AVケーブルで繋いだアンプ(古いAVコンポのphone端子経由)からどうしても音が出ません。
どうしてでしょう?教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして♪

アナログレコードの演奏は、全てが重要ですが、特に針周辺が重要です。

溝に刻まれた小さな振動を正しくなぞり、その振動で発電してケーブルへ信号を送っています。

針が取り付けられた発電部(カートリッジ、とかピックアップ等と言います)から細い線でアーム内を通り後ろの信号ケーブルへ繋がっています。

針先が正しく振動を捉えて、発電部に正しく伝達しているか? 発電機構は正常か? ここまでがカーtリッジと呼ばれる部分です。
その後、パイプ状のトーンアーム内の電線に接続する部分も確認しなくてはいけません。

正しく振動を捉える(トレース)為には、針先に掛かる圧力(一般的には針圧と言います)が重要です。 交換したとき、必ず板面に触れる寸前のゼロバランスを確認してから適正針圧に成るように調整しますね。
(このあたりは、大丈夫ですよね、失礼しました。)


どこかで接触不良、、、でも、全く音が出ないって、かなり珍しいケースです。
この症状から、コンポのフォノ入力アンプが動作していない等も疑ってみたくなります。
フォの入力に一般的なピンケーブルを接続し、ボリュームは控えめでピンのセンターに指を触れてみて、びーとかぶーって音が出るのが正常です。これすら音が出なければコンポのアンプ側に問題が有ると考えて良いかと思います。
(ボリュームを上げ過ぎますと、すぴーかーやアンプのパワー段、聴いた人の耳に障害が出る可能性もありますので、実験する時は注意してくださいね~。)

はじめまして♪

アナログレコードの演奏は、全てが重要ですが、特に針周辺が重要です。

溝に刻まれた小さな振動を正しくなぞり、その振動で発電してケーブルへ信号を送っています。

針が取り付けられた発電部(カートリッジ、とかピックアップ等と言います)から細い線でアーム内を通り後ろの信号ケーブルへ繋がっています。

針先が正しく振動を捉えて、発電部に正しく伝達しているか? 発電機構は正常か? ここまでがカーtリッジと呼ばれる部分です。
その後、パイプ状のトーンアーム内の電線に接続する部分...続きを読む

Qレコードプレーヤーの音が小さいのですが

レコードプレイヤー(DENON DP52-F)を入手したのですが、アンプに接続しても、再生音がわずかに聞こえるのみで、アンプのボリュームを、最大にしてようやく普通に聞こえる大きさの音になります。

アンプにはフォノイコライザ機能は付いているのでそれが原因ではないと思うのですがいったい何が原因で音が小さいのかわかりません。

針の接続が悪いと、音は出るものの再生音は小さくなるとか
針が消耗してくると音が小さくなってしまう等々なにか、ありがちな原因が存在するのでしょうか?
あるいはプレイヤー自体に問題があるのか・・・・・・
何かご存知の方はお教えいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして♪

もしも 発売当初のカートリッジが付いているのでしたら、アンプによっては 正常と言えます。
http://audio-heritage.jp/DENON/player/dp-52f.html
MCカートリッジに対応したフォノ入力が無い場合は ステップアップトランス又はヘッドアンプが必要になります。

たまに CD等と比べ 音量が小さい事はよくあり得ますが、フルボリュームにする程ですと 明らかなミスマッチングと思います。

カートリッジには 大きく分けて MMタイプとMCタイプが有り、出力が極端に違います。 アンプの入力にMC切り替え等が無い場合はアンプの前で電圧を上げなくてはいけません。
 しかし 音質の良いトランスやアンプは高価ですので、MMタイプのカートリッジを購入されるのも良い方法かと思います。
 カートリッジ交換は細かな作業と、調整が必要になりますが、同時に違う音色も楽しめますので、昔は多種のカートリッジを集めた物ですよ~♪

Qレコードプレーヤーとコンポの接続

最近母がコンポを購入したのですが
パナソニック製の小さいコンポなのですが
そのコンポと15年ぐらい前のレコードプレーヤーを白黒の端子でつなげました。
ですが音が大変小さいです。
コンポ側で音量を最大にしても
スピーカーから出る音はかすかに
聞こえるぐらいです。
これはなぜでしょうか?
レコードプレーヤーが古いから
コンポとの相性が悪くしょうがないもの
なのでしょうか?
音量を大きくするのはやはりレコードプレーヤーを
アンプなどにつなげないと音はでないのでしょうか?
もしかして今のアンプとも相性が悪く
結局音が小さくなってしまうのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 それは、おそらくそのコンポに、フォノ・イコライザーが内蔵されていないためと思われます。
 オーディオソースのうち、CD、MD、テープ、チューナーなどの出力は、同列に考えてよいのですが、アナログレコードプレーヤーだけは、そうはいきません。
 アナログレコードの場合、カートリッジからの信号は小さく、しかもレコードは周波数特性を変えて収録されているため、これをフラットな特性に戻す、フォノ・イコライザーという回路が必要です。
 一般に、オーディオアンプの入力端子には、PHONO、TUNER、CD、LINE、TAPE、AUXなどの表示がありますが、このうちPHONO以外は同列に考えてかまいません。逆に言えば、PHONOだけは他と同列に考えられないということです。
 アナログプレーヤーは、必ずPHONO端子に接続しなければなりません。この端子からの入力は、イコライザーに接続されているためです。しかし、ご質問のように、イコライザーが内蔵されていないアンプ(コンポ)の場合、単体のイコライザーか、イコライザーを内蔵したレコードプレーヤーを接続する必要があります。
 単体のイコライザーは、価格の幅がかなり大きく、手軽に使える5千円くらいのものから、何十万円とするものまでさまざまです。

 それは、おそらくそのコンポに、フォノ・イコライザーが内蔵されていないためと思われます。
 オーディオソースのうち、CD、MD、テープ、チューナーなどの出力は、同列に考えてよいのですが、アナログレコードプレーヤーだけは、そうはいきません。
 アナログレコードの場合、カートリッジからの信号は小さく、しかもレコードは周波数特性を変えて収録されているため、これをフラットな特性に戻す、フォノ・イコライザーという回路が必要です。
 一般に、オーディオアンプの入力端子には、PHONO...続きを読む

Q片方のスピーカーの音が出ない

実家にしばらく置いていたレコードプレーヤーを
車で運び、既存のステレオセットに繋いだのですが、
右のスピーカーの音が出ませんでした。

アンプ入力をCDプレーヤーに切り替えるとOKですので、
左右のスピーカーを入れ替えたり、昇圧トランスの入力の
R/Lを変えたりした結果、どうもレコードプレーヤーが
その原因と解かりました。
ただそれ以上不明です。カートリッジとアームシェルの
接続部分なのか?出力コードの断線なのか?本体内部の
配線なのか? 何が考えられるでしょうか。

LPプレーヤー ケンウッド KP-7010?
カートリッジ デンオン DL-103
アンプ クオード 77

Aベストアンサー

水平バランスは取られましたか?
レコード盤の溝はV字型の谷間になっており、それぞれの斜面に左右の音が刻まれています。
従ってバランスが崩れていると片方の音が出にくくなります。

Qフォノ入力からのノイズ

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。
(音を出した場合は当然歪んでしまいますが。)
レコードプレイヤーをCD、ないしはライン入力の場合、ボリュームのみの操作でも
ノイズは出ません。(音を出した場合は当然音は小さい音で鳴りますが。)
ちなみにレコードプレイヤーは電源、アームのインナー、
音声のケーブル類を交換してあります。
どのような事がノイズ発生の原因として考えられるでしょうか?
やはりアンプの経年変化による劣化が原因でしょうか?
宜しくご回答のほどお願いします。

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーを...続きを読む

Aベストアンサー

プレーヤーをメンテナンスされたことと挙げられた症状から以下の点が疑われます。

・音声ケーブルの+線か-線のどちらかがトーンアームに接触している

・アース線がトーンアームとの接触が不十分

・音声ケーブルとアース線が接触している

ケーブル類を交換されたとのことから端末処理やはんだ付けの不備が考えられます。
そのためにプレーヤー側でハムノイズを誘引しているのでしょう。
そう考える要因が
「CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。」
からです。
アンプ側の経年劣化であれば何を繋いでもノイズは出るはずです。

プレーヤーの音声ケーブル、トーンアーム内部コードそれぞれを今一度チェックしてみてください。
たった一本の素線がはみ出していたのが原因だったりします。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Qレコード針のMC型とMM型。

レコード針のMC型とMM型について教えて下さい。
僕はレコードについて全くの初心者なので何もわかりません。
できるだけ詳しいてわかりやすい回答をお願いします。

Aベストアンサー

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着しているので針交換が難しくメーカーに出さないと交換できない。


MM型ムービングマグネット型 針にマグネットが付いています。
カートリッジにコイルが巻いてある。
MC型と双璧です
針にマグネットがついているので重い>低音が出やすい。
ダイナミックな音が特徴
作りやすいので価格が安い。
針交換が容易(自分でできる)。カートリッジ専用のプリアンプが不必要

カートリッジ>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ。
シュア- V15TYPE(4) TYPE(5) あたりがお勧め。

針の違いではなくカートリッジ(発電方法)の違いです。
MC型ムービングコイル型 コイルが動く

針にコイルがついています、その周辺にマグネット(磁石)が固定されています。
針に重いマグネットがないので軽い>針が動きやすい>高音が出やすい>繊細な音が得意
作りにくいので高価なものが多い。
発電量が少ないのでカートリッジ専用プリアンプもしくはトランスが必要。
カートリッジ>専用プリアンプor昇圧トランス>フォノイコライザーアンプ>プリアンプ>パワーアンプ
コイルと針が接着して...続きを読む

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む

Qターンテーブルとミキサーを繋いで音を出したいのですが・・・

ターンテーブル(Technics SL1200mk5)をDJミキサー(Vestax PMC-06Pro)につないで音を出したいんですが出ません。接続が悪いのか故障なのかわからないのですが、解決策を教えていただきたいです。ちなみに私がやった接続は、タンテから出ているコードをミキサーのPHONO端子につなぎ、アースをつなぎ、ミキサーのLINE OUTというところとコンポのAUXという端子をピンケーブルでつなぎました。もちろんタンテ、ミキサー、コンポ全て電源につないでいます。タンテから直接コンポに繋いだらコンポのボリュームMAXにすればそこそこ音は出ていましたが。。
ミキサーを仲介させるとダメなんです。ミキサーの故障でしょうか??
ちなみにミキサーの電源アダプターがないので、PCの電源アダプターを代わりに使っています。一応ミキサーの電源は入っているようです。(ランプが点灯しています)

Aベストアンサー

>ターンテーブルの正式な型番はSL-1200MK5-Kでした。

-Kは色(ブラックタイプ)を表す記号なので、仕様はSL-1200MK5と同じです。

>コンポと直接接続した際、コンポから音が出たことが問題なのでしょうか、それともボリュームをMAXにしないと適度な音が出ないところが問題なのでしょうか?

コンポのAUX入力端子は数百ミリボルトの機器を接続するものです。タンテ(レコードプレイヤー)のカートリッジ出力は数ミリボルトですので、非常に小さい音でしか鳴らないはずです。
よって、タンテはほぼ問題ないと思います。

>ちなみにミキサーの電源アダプターがないので、PCの電源アダプターを代わりに使っています。一応ミキサーの電源は入っているようです。(ランプが点灯しています)

これは少し気になります。PCのACアダプターはミキサーのACアダプターと同等の電圧・電流のものでしょうか?
ミキサーのPHONOイコライザーが働くのに適当なものなのですか?

その他、ミキサーの操作は間違ってはいないですよね?
入力のPHONOへの切り替えとか、ボリューム(フェーダーと言うのか)の位置とか。

>ターンテーブルの正式な型番はSL-1200MK5-Kでした。

-Kは色(ブラックタイプ)を表す記号なので、仕様はSL-1200MK5と同じです。

>コンポと直接接続した際、コンポから音が出たことが問題なのでしょうか、それともボリュームをMAXにしないと適度な音が出ないところが問題なのでしょうか?

コンポのAUX入力端子は数百ミリボルトの機器を接続するものです。タンテ(レコードプレイヤー)のカートリッジ出力は数ミリボルトですので、非常に小さい音でしか鳴らないはずです。
よって、タンテはほぼ問題ないと思...続きを読む


人気Q&Aランキング