Sansui AU-D607xのアンプを所有してます。
20年ほど前に購入し10年以上使っていませんでしたが、電源を入れてみたところプロテクトが掛かって電源が入りません。
ちなみにこの10年の間に引っ越してから初めてのアンプ単体での電源投入です。
上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。
もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?
スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。
出来れば自分で修理して再現させたいのですが、どなたかアドバイスいただけたらありがたいのですが・・・。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

電子機器全般に言えることでもありませんが、通電せずに長期間放置しても故障は生じるものです。



10年以上放置となると、まずは電源平滑コンデンサーやその他電解コンデンサーの容量ヌケが疑われます。また、半導体の故障も考えられるでしょう。

上記いずれかの不具合によって、出力端に大きなDCオフセットが生じているか、あるいは過電流保護回路が動作している可能性もあります。

> 上面カバーと下面カバーを開けて電子部品の焼け・ハンダ浮き等の確認はしたのですが、非常にきれいな状態です。埃はそれなりの入っていたのでエアで飛ばしましたが症状は変わりません。

基板をちょっと目視しただけでは、部品劣化は判断しかねますし、またハンダ浮きも分からないものです。

> もしかしてスピーカーが繋がってないとプロテクトが掛かってしまうのでしょうか?

解放インピーダンスを検出してプロテクトが掛かるのは、ごく稀です。可能性があるのは解放されると困るディジタルアンプくらいなものでしょう。
そのアンプは故障しており、何が出力端に出ているか分かったものではありませんので、大切なスピーカーを接続するのはやめておきましょう。

> スピーカーケーブルを買ってきてテストしようか専門家に修理出そうか迷っています。

症状の特定ができないようでしたら、それがいいと思います。
自分で症状を特定するにしても、(知識のある人間でさえ)膨大な時間と労力を要します。掲示板でちょっと質問したから適切な回答が得られるような内容ではありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

適切な回答ありがとうございました。
正常な状態と異常な状態を理解していないといくら見ても判らないですね。
いろいろな故障の仕方(コンデンサの液漏れ)を見たことがない者が探しても見つからないことがよくわかりました。
今回は下部からの液漏れで樹脂のようなものがコンデンサの下についていたのですが、最初はメーカー部品取り付けの際に樹脂で保護しているものかと思っていました。
今回、みなさんにアドバイスいただいて運良くなんとか復帰できました。
故障したものにスピーカーが壊れると言う2次災害までは考えていませんでした。
素人が修理すると簡単に直るものも逆に壊してしまうこともあると言うことですね!
いろいろ勉強させてもらいました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/27 12:20

 スピーカーがなければ、ダミーとして6~8Ω程度の抵抗出来れば5W程度を2個(左右)繋いでテストすればいいと思います。


 無負荷でのアンプはアンプにはよくありません。一度試してみては。
    • good
    • 3

"SPEAKER"スイッチOFFで"POWER"オン、しばらくヒートアップ後"SPEAKER"オン。


または"POWER"スイッチオン>トリップ>スイッチオフの操作を繰り返し少しずつトリップするまでの時間が長くなり正常復帰。
以上の方法で不具合時の脱却をしています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

今回は部品交換で無事復帰しました。
復帰する前に上記方法を繰り返しましたが、復帰できませんでした。
今回の場合は、復帰しなくて当然の状態でした。
次回同じような状態になったときのために覚えておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/27 12:08

専門家に修理出すことをお勧めします。


ともかく電子回路が理解できて、テスターが使えないことには修理は難しいでしょう。

同じAU-D607Xのページを見つけましたので参考に
http://mkk.s20.xrea.com/sansui.htm

そして電子回路工作入門のページも見てみてください。
http://www.interq.or.jp/japan/se-inoue/elect.htm

参考URL:http://mkk.s20.xrea.com/sansui.htm

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
テスター・工具類も持っているのですが、回路図があればなんとか理解できるかと思います。
私の持っている知識・技術は自動車のもので頭の中も直流12V仕様なんですよね(笑)
今の車はほとんどがECUになっているので、トランジスター・コンデンサー単体では触ることはないんで知識としてはありますが、現物から交流100Vの回路図は浮かんできません・・・(汗)

紹介いただいたAU-D607Xのページを拝見して各基板の構成はだいたいわかりました。
まだ外して測定はしてませんが、測定してみないとわかならないようですね!?

もうちょっと理解を深めてから病巣探りしてみます。

補足日時:2008/04/22 22:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

適切なアドバイスありがとうございました。
基盤構成を理解した状態で改めて電源部分を見ていったところ、原因にたどり着きました。
原因はコントロール基板のコンデンサ液漏れによるダイオードのショートして焼けていました。
紹介していただいたAU-D607Xのページの「が...」の下の写真と同じ部分でコンデンサーが液漏れして写真のダイオードが腐食しショートしていました。
初めての修理でコンデンサーの液漏れがどのようなものか理解できました。上から漏れるもとの下から漏れるものがあり、上部の溝は内部が膨張した際に膨らんで割れて内圧を開放するようになってるんですね!
ダイオードとコンデンサ(ほかを確認して漏れているものを6つ)を交換することで正常にプロテクト解除され、音が出るようにはなりました。
ボリュームをまわしたときの音とか左右のバランスがずれているようなので、調整等々やっていきます。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/04/27 12:01

 おおよそのアンプではスピーカーが繋がれていないからといって電源が入らないということはないように思われます。

もしかしたら回路保護用のリレーが壊れたりコンデンサが劣化してしまったのかもしれません。
 で、テストなさるのでしたらわざわざスピーカーを繋ぐまでもなく、ヘッドフォン端子に余っているヘッドフォンを繋いでみてはどうでしょう。
 また、大昔の電化製品は電解コンデンサが劣化して火災の原因になったりすることも多いので、互換性のある部品を探して交換したほうがいいかもしれません(音質面の改善も期待できますし)。

この回答への補足

早速のご意見ありがとうございます。
私の記載ミスですね!
電源は入ってます。ただランプが点滅した状態のままになり、点滅が止まらないと音が出ないんです。昔の正常なときには2・3秒で点滅が止まって音が出るようになりました。

ヘッドホンを繋ぐのもいい方法ですね!?
ただ我が家には端子のあうヘッドホンが無いんでテスト出来ませんでした(汗)

補足日時:2008/04/22 20:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

無事、復帰することが出来ました。
現在普通に音は出ているのですが、ボリュームを回すと異音が出たり左右のバランスがくるっていたりと快適ではありません。
いろいろ音質改善に向けて調整・清掃等やっていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/27 12:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSANSUIプリメインアンプ AU-D607Xの補修について

約20年前に購入した「SANSUIプリメインアンプ AU-D607X」の修理についてご質問させていただきます。

電源を入れても音が出なくなり、数年前に購入店で調べてもらったところ、トランスがいかれており、部品保存年数が切れているため修理不能で返ってきました。

オークションで部品取り機種を購入するとかいろいろ考えていますが、この製品を安く復活する手段はありますでしょうか?

当方、関西在住です。
直せるショップなどご紹介いただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。

> トランス交換をしてくれる業者があるかどうかです。

トランス交換だけなら私が安価で請け負っても構いませんが
(一応、自称「専門家」なので)
ここ「教えて!goo」では質問者と回答者の直接連絡は禁止されているので、残念ながら実現不可能ですね。


ヤフオク上でAU-D607Xの中古整備済み品を出品している人が、アフターサービスもやっているとのことなので、ダメ元で連絡を取ってみては如何でしょうか。
(出品の質問欄を使えば連絡可能)
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/aboutme?userID=michiko3377

建前でいけば、出品価格と同額程度でトランス交換・調整まで出来るはずですから、「AMP修理工房」よりはまだ安上がりだと思います。
(但し、請け負ってもらえたら・・・という仮定の上ですが)


他には、↓の出品者が自分で修理をして出品したり(=修理依頼も可能?)、または修理行為そのものを出品しているようです。
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h31493033
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h32943544
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r10400401

#1です。

> トランス交換をしてくれる業者があるかどうかです。

トランス交換だけなら私が安価で請け負っても構いませんが
(一応、自称「専門家」なので)
ここ「教えて!goo」では質問者と回答者の直接連絡は禁止されているので、残念ながら実現不可能ですね。


ヤフオク上でAU-D607Xの中古整備済み品を出品している人が、アフターサービスもやっているとのことなので、ダメ元で連絡を取ってみては如何でしょうか。
(出品の質問欄を使えば連絡可能)
http://user.auctions.yahoo.co.jp/jp/show/a...続きを読む

Qサンスイ(Sansui)のアンプ AU-D607Fのボリュームノブの取り方

大変古いサンスイのプリメインアンプです。中古で購入しました。経年による手垢や埃を綺麗にしたいので、操作パネル面を清掃したいのですが、Bass等のノブは引っ張れば取れます。しかしボリュームノブは強力で強く引っ張っても取れません。ノブ自体に5mm程の穴がありネジ止めかと思いドライバーを挿しこみましたが、ネジ山がある感じはしませんでした。気長に待っていますので、御存知の方どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

そのネジって六角レンチだとおもいます。
私も古いパイオニアのアンプですが六角レンチです。

QSANSUIの au-d607x と相性のいいスピーカーを探しています

SANSUIの au-d607x と相性のいいスピーカーを探しています。
SANSUIのアンプの特徴が高解像度だということを知ったので、同じ特徴をもったスピーカーなら相性がいいと思ったんですがなかなか見つかりません。
オーディオ機器について初心者なので詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サンスイを長年にわたり使っています。(他にヤマハ、ソニー、アキュフェーズ、ラックス、旧マランツなども使っています)

>SANSUIのアンプの特徴が高解像度・・・これについては確かに一概には言えないと思います。

概ね1986年以降のAU-αシリーズからは高密度で情報量も多くなり、特にAU-α607(707,
907)L EXTRAからは出力段にオーディオ専用のデバイスLAPTを採用。さらに音の密度、透明感、分解能が増しました。ローエンドからハイエンドまで伸び切って音の輝きも増し音場も広く、実に音楽性豊かになりました。今でも名機とよばれている製品の殆どがこのあたりに集中しています。(~1995年位)

で、AU-D607X。手元に1985年のFM誌の長岡鉄男氏の評がありますので、参考になれば。

「ADでもCDでも特に歪み感が少なく、厚みと力のあるサウンド。音場に漂う霧のようなかすかな響きをとらえる能力は上級機並み。温かく優しく、しかも力強く包み込むタイプ。どちらかというとアダルト向き、クラシック向き。」

かなり良い評価です。このアンプは音のディティールを細かく描くよりも全体の雰囲気を上手に出すのに秀でているかと。勿論、パワーもあり、それも表面的な安っぽい音でないのは氏の文章から十分伺えます。
氏はもともとサンスイファンでもあり、このメーカーの歴代の製品が登場する度に前作と比較し極めて正確な講評をされておられますので、毎回その文章からほぼ音の傾向が分かります。

先にも書きましたが、このアンプの次の製品からサンスイはデザイン一新イメージチェンジをしましたのでいまだに現役でメンテしながら大切に使っておられる諸氏も多いかと。
そういう意味でこのアンプは同社過渡期の製品かと。しかし、回路や部品は当時吟味されたものが使われていますし、音の期待を大幅に裏切るようなものではないでしょう。

相性の良いスピーカーは例えば当時、各社から59800円で30cm3ウェイが次々と発売されていたので(今、思い出してもバブル期ならではの不思議な現象でしたね)、そういった製品(ダイヤトーン、ヤマハ、オンキョー等)もいいかも知れませんね。(これらはネットオークションで安価で求めることが出来ます)

サンスイを長年にわたり使っています。(他にヤマハ、ソニー、アキュフェーズ、ラックス、旧マランツなども使っています)

>SANSUIのアンプの特徴が高解像度・・・これについては確かに一概には言えないと思います。

概ね1986年以降のAU-αシリーズからは高密度で情報量も多くなり、特にAU-α607(707,
907)L EXTRAからは出力段にオーディオ専用のデバイスLAPTを採用。さらに音の密度、透明感、分解能が増しました。ローエンドからハイエンドまで伸び切って音の輝きも増し音場も広く、実に音楽性豊かになりまし...続きを読む

Qsansui α607 に関して

 うちのアンプsansui α607(以下「607」)が故障しています。原因はたぶん、パワーを入れっぱなしにして3日間くらい切り忘れ、どこかの回路がいかれてしまったものと素人ながら思っています。以来、電源入れても何の反応もなしです。

 しばらく放置しておいたのですが、その間、結婚し大音量で聞くこともないだろうとonkyoのCR-D1(以下「CR」)にヤマハのスピーカー、NSー10Mにつないで6畳の部屋で聞いておりました。

 昨日部屋の片付けをする際に、押し入れにしまってある「607」に目がとまり、どうしたものか・・・、と考え中です。

 「607」は修理に出そうと思えば、たぶん回復することはできると思います。(費用がどれほどかかるのかわかりませんが・・・。)
 そこで、質問です。20年以上前の「607」と「CR」を比較してみて、その差はどの程度のものなのでしょうか。一番良いのは両者を比較して聞くのが手っ取り早いのですが、それができないので困っているところです。「607」に関してはもっと上位機種もありましたし、所有する価値みたいなところもどんなものかと考えています。(現在押し入れの主となってかなりの空間を占めてくれています。)

 当然、これに関しては主観や好みが関わってくるものと考えます。それでも全くこだわりません。これを読んでくださっている方の主観や好みを参考までに教えてくだされば満足すると思われますので、暇つぶしに回答してもらってかまわないのです。

 自分の部屋、たぶん6畳(フローリング)程度で聞くくらいの環境にかわりはないと思います。ジャンルはロック、ジャズ(どちらもギター系)を聞きます。今後、スピーカーも購入予定です。ちなみに予算的にパイオニアのピュアモルトか、タンノイのマーキュリーF1あたりになりそうです。(他同程度の価格でお勧めあったらこれも教えてください。)

 「607」は大学時代、今は無き渋谷の城南電気(電器?)で購入しました。すぐに聞きたかったために、「持ち帰ります」といってしまい、手で抱えて新玉線駒沢大学駅まで汗をかきながら運んだ思い出も
あったりします。

 ここまで読んでいただきありがとうございます。長々と書いてしまいました。回答気長に待ちますので、よろしくお願いします。

 うちのアンプsansui α607(以下「607」)が故障しています。原因はたぶん、パワーを入れっぱなしにして3日間くらい切り忘れ、どこかの回路がいかれてしまったものと素人ながら思っています。以来、電源入れても何の反応もなしです。

 しばらく放置しておいたのですが、その間、結婚し大音量で聞くこともないだろうとonkyoのCR-D1(以下「CR」)にヤマハのスピーカー、NSー10Mにつないで6畳の部屋で聞いておりました。

 昨日部屋の片付けをする際に、押し入れにしまってある「607」に目がとま...続きを読む

Aベストアンサー

そうです!
点滅してしまう筈です。
それなので一旦電源を切りスピーカースイッチOFFで電源ON,そのまま通電持続スピーカースイッチをONにしても点滅しない安定状態を得てください。
スピーカースイッチOFFでも点滅してしまう時は電源OFF,電源ON,点滅,
電源OFF,電源ONの操作を繰り返すことにより回路素子の安定状態を得るトライをして下さい。

Qsansui au-999のアンプのスピーカープロテクションリレーはどの部品でしょうか?

sansui au-999のアンプのスピーカープロテクションリレーはどの部品でしょうか。

先般回答者の方からLチャンネルから音が出ない原因の一つに「スピーカープロテクションリレーの汚れ」もあり得るとの事でした、当方素人で何処の部品を指してるのか見当が着きません。

大変恐縮ですが教えて頂きたく再度質問させて頂きました、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AU-999のSP保護回路にはリレーは使われてないようです。リレーの代わりにサイリスタが使われてると思います。保護回路の基板はF-1334という型番が付いてます。場所はケースを開けて操作パネルの右端の方の操作パネルから少し奥にあるはずです。
 症状(ヘッドフォンでは正常に音が出てSPでは音がほとんど出ない)から考えられるのは
1)保護回路のサイリスタが劣化  サイリスタは SCR902で型番は1RC5
2)保護回路とメインアンプ出力の間に挿入されているヒューズの劣化でヒューズのインピーダンスが異常に大きな値になってしまってるかヒューズの断線。
  ヒューズは F001 位置はアンプの背面から見て右側の下の方だと思います。
備考>>この製品は非常に古いので、念のために保護回路基板に乗っているコンデンサはすべて新品に交換した方がいいと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報