小学校時代一度も音楽で2以外の成績をとった事のない20代の男です。

クラシック音楽はめったに聞きませんが、いったい素晴らしい指揮者とそうでない指揮者とはどこに違いがあるのでしょうか?故カラヤン氏や小澤さんなどが有名な指揮者だという事実は知っています。でも、どこにそれを決める要因があるのでしょうか?素人な考えで言うと音楽演奏は指揮者よりも楽譜や演奏者によって違いは出るかもしれませんが指揮者によって違いが出るとは考えにくいのです。もちろん私のようなど素人がボストン交響楽団を指揮したとしてもいい演奏は出来ないでしょうが、音楽を理解できている人たちの演奏であれば、例えば中学の音楽の先生が指揮した場合とカラヤン氏が指揮した場合では大して違いはでないんじゃないかなぁと思うのですが。どうなんでしょうか?

また、もっと驚くのはその養成所があることです。間違いがなければ東京芸大の音楽学部には指揮科があると思うのですが、いったい4年間でどんな事を勉強されているのでしょうか?4年間も指揮棒を毎日振る練習をしたら僕でも立派な指揮者(プロと言う意味で)になれるのではないかなと考えてしまうのですが。別に冒涜的な意味はないです。ただ、僕は音楽が出来なかった分、以前からすごく興味のあった質問です。指揮者それぞれにきっと「くせ」というのがあるんだろうなとは思うのですが、一体それはどんなことなのか、演奏家にとってはそれがどれくらい重要で、聞き手にはどんな意味を持つのか、お分かりなられる方がいらっしゃったらご講義ください。

A 回答 (6件)

こんばんは。


仰るとおり、指揮者というのはただオーケストラの団員を前に大げさに身振り手振りをしているだけに見えますよね。ごもっともなことだと思います。しかし、指揮者の違いというのは実をいうとオーケストラの違い以上に大きいものだったりもします。
では、指揮者の仕事とは一体何か、というとですが、これはただ単に楽譜に書かれている音符を間違いなくオーケストラの団員に弾かせたり、拍を刻んだりするだけではなく、楽譜に書かれていること、そして書かれていないことを分析し、そしてそれを的確にオーケストラに伝え、さらに自分の耳でその指揮者が好む音にして、オーケストラに出してもらうというのが一番重要な仕事なのです。
指揮者は、オーケストラの団員や楽器のソリストとは違い、自分で音を出す楽器を演奏しません。ということなので、音楽を間違いないように演奏することに必要な、いわゆる練習というものはもちろんしていません。普通の楽器の演奏者ならばとにかく自分が一人の時間は楽器の練習に打つこんでいるわけですが、その間、指揮者は多くの場合じっくりと楽譜を読み込んでいるのです。ただ、音符がこうなっているとか、楽譜を暗記するとかそういうことではなく、作曲家が何を望んでいるのか、または、自分だったらこの音楽をこうして表現しようと思うが、それにはどうしたらいいのか、などを考えるために集中して楽譜を読み込みます。こうして、熟読した楽譜を再現するために今度は、オーケストラとのリハーサルに望むわけですが、ここからが本格的な指揮者の仕事の始まりになります。
オーケストラの団員は個人個人でとにかく演奏する音楽を各自、またはそれぞれのパートに別れて徹底的に練習してくるわけですが、全体で練習するとなるとやはり、これは話が違ってきます。バラバラとまではいいませんが、それぞれが思い描いている音楽はバラバラで誰か一人がきちんと統率をしなければならないわけですが、それが指揮者になります(曲にもよりますが、もちろん、まったく演奏できないわけではないのですが)。
指揮者はこのバラバラ(念のためにもう一度だけ断っておきますが、強すぎる言葉かもしれません)の状態を統率して演奏してもらうときに、先ほどの楽譜の読み込みをして自分なりに「解釈した」音楽を演奏してもらいます。そのなかには、テンポの設定(遅い、早い)、音のバランス(低音を強くするか、高音を延ばすか)、音色(ビブラートをどのようにかけてもらうかなど)、音の強弱(大きい音はどれくらい大きいのか、小さい音はどれくらいまで小さくするのか)、など、研究に研究を重ねてきたことをオーケストラに練習の際に事細かく指示を出していきます。このようにして、指揮者は自分の思い描いた音楽をオーケストラに演奏してもらうわけですが、これが聴衆の耳に届くときにはまるで違って響きます。音楽の表情、オーケストラの出す音色、統率感などが大幅に変わります。
このあたりが大ざっぱにいってしまえば指揮者による音楽の違いになります。
さて、上手い指揮者とそうでない指揮者はどこで分かれてくるのかといえば、一つは楽譜を解釈する力(オーケストラはもとより聴衆も納得しない解釈だってあります)、とその解釈したものを的確にオーケストラに伝える力に大きな差が出てきます。学校の指揮科というのは、どうやらこの辺を教えているようですよ。技術としての指揮法、指揮者としての心構え(マニアックな話になってしまいますが、ウィーンの名物指揮科の教授は猿回しの猿になれ、のようなことを言って教えていたそうです)、そして、楽譜の解釈などというのを徹底的に教え込むようです。でも、指揮者はやはり実際にオーケストラを振ってなんぼなので実際にはちゃんとチャンスをものにしないと伸びないというのはいうまでもないですけど。
まぁ、これだけさんざん、長々と書いてしまいましたが結局、聞いていただくのが一番わかりやすいと思います。ということで、同じ曲、同じオーケストラ、同じ頃の録音をお勧めしておきます。いずれも名指揮者です。
ベートーベン交響曲第5番『運命』 オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー
指揮者は、
○レナード・バーンスタイン
○クラウディオ・アバド
○カルロス・クライバー
あたりを聞いてみてください。いずれもユニバーサル・クラシック(ドイツグラモフォン)から出ています。どの演奏がいいとか悪いとか、そういうことには言及しません。好みもありますから。でも、いずれも演奏がかなり違って聞こえてきます。
最後になりましたが、カラヤンと中学の先生とでは恐らく雲泥の差がつきますよ~^^。
ひえー、長くなってしまいました。もし最後まで読んでいただけたら、ほんとうにありがとうございます。
    • good
    • 34
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせたら、違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。
特にEvidenceさんの回答が分かりやすかったです。

お礼日時:2002/11/09 12:35

高校生の時に吹奏楽をしていました。


指揮の先生が替わると、何故だかは分かりませんがそれまで出なかった音が出たりしました。(管楽器は息を吹き込んで音を作りますので、技術と体力が無いと、高い音が出ないのです。)当然、演奏そのものも変わります。
素人の指揮者(中にはセミプロの先生もいらっしゃいましたが)でも違いが出るわけですから、これがプロの指揮者となると…
楽譜のの解釈は人それぞれありますし好き嫌いも別れる所ですが、最終的に人の持つ能力以上の能力を引き出す力を持った指揮者に「素晴らしい」「偉大な」といった形容詞が付くのだと、あくまで個人的に思っております。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせても違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。ただ素人にはどれがいいかとは区別がつきにくいところでしょうが。(特に僕などには)
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。

お礼日時:2002/11/09 12:31

全く縁のないひとから見たらそう見えるんでしょうね


私も専門家ではありませんが 学生のとき若干コーラスを
かじってました。
テンポが判ればいいじゃんと思われるでしょうが
指揮者によって同じ曲でも微妙な違いが生まれるのです
確かにオーケストラも一流なんですが 作曲家の
残した楽譜からいかにその作曲家が表現したかったことを
読み取るか これは才能だと思われます。

1番の方もおっしゃるように 全体をまとめる仕事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせたら、違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。

お礼日時:2002/11/09 12:35

一応経験者です。


疑問に思うのは理解できます。

指揮者の仕事は棒をふることではありません。
極端に言うとおそらく指揮者が一度もリハーサルに立ち会わず、ぶっつけで棒ふるだけだったら、それ程演奏に違いは出ないのではないかと思います。

演奏家は一応指揮者なしでも演奏はできます。
でも演奏家は意外と曲全体を聴いていない人が多く自分に関係のないパートを知らない人も多いです。
ですから各パートが聴き取りやすい弦楽四重奏などの小編成は指揮者なしでも全然大丈夫です。

その点、指揮者は曲全体、全てのパートを一番見渡せていて、自分のイメージに演奏を近付けるべく「ここをこうして」という指示をリハーサルでだしていくのです。
曲に対する理解力、その曲をどう仕上げるかということが大事なのです。
そのため指揮者によって同じ曲でもテンポやダイナミクスの付け方が変わります。

中学の音楽の先生程度じゃ
『なんか変だけどどこをどうしたら良くなるのか分からない』という状態になるか、もしくは『なんか変なこと』にすら気付かないでしょう。

有名な言葉ですが
「ステージに立った時、すでに指揮者の仕事の90%は終わっている」
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせたら、違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。

お礼日時:2002/11/09 12:36

こういうのは言葉を尽くしてもわからないんですよねぇ(^_^;)。


実際に聞き比べていただくしかありません。
…と言っても答えにはならないので、とりあえず説明を試みますと…。

音楽を理解しているものに言えることは、「譜面が全てではない」
ということなんですよ。作曲家が譜面に書いたものを演奏するだけなの
だから、誰がやっても同じ、ということはまずありえません。
細かいテンポ、音の強弱、楽器間のバランスの取り方、
そういったものを全て譜面に盛り込むことは不可能ですし、
仮に盛り込んであったとしても、数値化されていたり客観的な
表記がなされているわけでも無いので、そこに指揮者による
解釈の違いを生む余地があります。さらに言えば、指揮者の恣意で
わざと一部譜面と違った演奏をすることもあるくらいです。
こういったものの積み重ねが演奏者(指揮者を含む)の性格とか、
クセとか、そういったところの違いになってきます。

それが万人受けするのか、一部に受けるのかが、
著名な演奏家になれるのかなれないのか、というところでしょうね。
そういった「スタイル」を掴むための勉強をするためにたとえば
芸大なりに行くわけですけど、行って勉強したからと言って、
みんながそんなものがつかめるわけではありません。
生まれながらの感性とか才能が大きく左右します。

ほかの事で例えれば、たとえば小説を読むときの事がありますね。
文字だけ読んでいればみんな思い浮かべることは一緒か、
というと、でてくる人物の姿や声、周囲の情景など、
みんな違っているわけです。これが漫画であっても、
登場人物の声とか時間経過の受け取り方なんかは読者により
違ってきます。だからこそ、たとえばアニメ化したり
映画化・ドラマ化された作品にしばしば不評の声が上がってくる。
そんなようなものです。

ちなみに、演奏者や指揮者が一緒だからといって、
同じ演奏ができるわけではありません。ホールの込み具合、
聴衆の反応、指揮者や演奏者の体調や感情、年齢や技術力、表現力、
そういったものによって演奏はがらっと変わって来ます。
というわけで、ジャズほどではないにしても、クラシックだって
「誰が」「いつ」「どこで」「どの楽団を」振ったのかによって、
名演か凡演?かが分かれる。そういうことでは無いでしょうか。

…とにかくまぁ、試しに聞き比べてみましょうよ。
別に大作でなくともいいですし、レンタルがなければ
廉価版や中古のCDでいいですから。
同じ曲でもこれほどバリエーションに富んでいるのかと、
目からうろこが落ちること請け合いですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせたら、違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。

お礼日時:2002/11/09 12:36

指揮者の役割は、あの場で棒を振ること以外にも


演奏会までの練習の総責任者の役割もあります。

練習で指示を出す人間が、駄目だと練習になりません。
また、演奏のタイミングを指示する指揮者が、下手だと
いかに一人一人がうまく演奏しても全体としてはバラバラになります。

私自身は、指揮者の勉強をしたことがない
(演奏したのだって学校のクラブの話だし・・・)
ので、詳しくはわかりませんが、指揮者は全部の楽器について
知っていなければなりません。そういう勉強をするのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。
予想に反して短い間にたくさんの回答をいただきました。失礼かもしれませんが、回答を下さった方全員に同じ内容のお礼文をコピー&ペイストで送らせてもらいます。
皆さんの回答から分かった、一つの事は、きっと画家に同じ風景や人物を描かせたら、違う絵が出来上がるのと同じような事なのでしょうね。
回答の一つに「指揮者の仕事は指揮台に立ったときに90%の仕事が終わっている」というもなるほどと思える回答でした。
ずっと今まで疑問に思っていた事ではありましたが、何気に質問したつもりだったので皆さんの熱い・心のこもった回答に驚きがありました。皆さんの時間を割いて、回答(みなさんの経験を含む)を下さった事にあらためて感謝します。

お礼日時:2002/11/09 12:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指揮者西本智実さんへのファンメールを送りたいのですがネットで調べても判

指揮者西本智実さんへのファンメールを送りたいのですがネットで調べても判りません。メールの送り先をご存知でしたら教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

西本智実オフィシャルサイト
http://www.tomomi-n.com/
トップページの一番下に小さく白い文字で
Contact us
と書かれているところをクリックするとメーラーが立ち上がり
そのままメール作成送信できます。
あて先のメールアドレスは
info@tomomi-n.com
となっています。

Qギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏

ギターにはコード演奏とそれ以外の演奏法がありますがコード演奏以外の演奏法にはどういう決まりがあって弾いてるのでしょうか?
例えばビードルズやオアシスの場合片方がコードを弾いてもう片方がアクセント?(どう言えばいいかわかりません)的なことを弾いてます。このアクセントの人はなにか決まりがあって音選びをしていうのでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが同時に存在可能になります。
そのへんが感覚的にわかれば、歌にコーラスも付けられますし、どういう音で弾いていいのかもわかります。
ギターリストのアドリブ演奏などはまさにこれです、そのコードの中で即興で作曲し演奏するわけです。

コードが鳴っていると、出していい音が決まります、出していけない音を出すとオンチに聞こえます。
ためしにC-F-G7-C を1小説づつくらいジャランジャランを弾いて、声で「あ~う~」とでたらめにメロディをつけてみてください。
コードに合う音、合わない音がわかってきます。
いろんなメロディがあることもわかります。
また、それが、簡単な作曲方法にもなります。

もっともっと、たくさんの音楽を聴き、ギターをイヤになるほど弾いてみてください、感覚的にわかってきます。
もし、キマリ(理論)を勉強したい、と言うなら、そういう解説の本もたくさんありますし、ネットにも情報が多くあります。

質問者さんの言う「コード演奏」とは、コードを押さえてストロークやアルペジオで弾くことでしょうか。
なのに、コードに関係無いようなメロディなども弾いているのは何なのか?ということでしょうか?

歌のメロディに対してコードが付いています。
全く同じコード進行でも違うメロディも付くことは理解できますか?
つまり、その歌のメロディはこれだ、というだけで、同じコード進行の中には無限のメロディが考えられます、なので、歌(メロディ)コード演奏、コードから出来る別のメロディ、というものが...続きを読む

Qさんまの夢かなえたろかSPでの西本智実さん

2006年1月4日放送の『さんま玉緒のあんたの夢かなえたろかスペシャル』で、途中途中で有名人の方からの「夢メッセージ」のようなものを紹介していたのですが、その中で指揮者の西本智実さんのメッセージが紹介されました。そのメッセージがとても心に響いたのですが、正確に覚えていません。どなたかそのメッセージと意味が正確にわかるかたいらっしゃいますか?確か、「○○不恐」~孤独を恐れるな~みたいな感じだったと思います

Aベストアンサー

2006年にも出たのかは知りませんが、今年(2008年1月4日)放送ならこれです。

孤高不怖
 (孤独を恐れるな)
  西本智実

Q演奏するときに楽譜を使う音楽家、使わない音楽家、違いは何?

演奏したり歌唱したりするときに楽譜を使う演奏家とそうでない人といますよね。
例 楽譜を使う人 クラシックの指揮者、クラシックの演奏家、クラシックの合唱団、学校の音楽の授業
  楽譜を使わない人 ロックバンドの演奏家・ボーカリスト、演歌・歌謡曲の歌手、クラシックのソロ声楽家、オペラ・ミュージカルの出演者

どのような線引きがあるのでしょう?
普段、楽譜を使うことが当たり前になっているプレイヤーは楽譜なしでは演奏・歌唱はできなくなるのでしょうか?
.

Aベストアンサー

腕前なんでしょうね。

料理人が、イチイチ・・レシピなんか見ながら料理を作っちゃいませんよね。

指揮者で楽譜を見てるのは、うろ覚えだからでしょ。

一流指揮者といわれる方が楽譜見てたなんて????分かんない。

コンサートマスターの大半は見てないもんね。

その他大勢がメンタマひん剥いてみてますね。

Q西本智実さんの指揮

こんにちは。いつもありがとうございます。実は 今度 西本智実さんの指揮のオーケストラ(マーラー第5)を見に行きます。テレビなどで拝見し、是非一度行きたいと思っており、チケットの値段が結構高かったのですが 思いきって行く事にしました。が 私はピアノも弾けない 本当に素人で 子供のピアノの先生にも「マーラーは素人には分からない」と言われました。そこで あまり音楽をされてなかったけど 演奏会に行って 良かった 又は 分からなかった体験など 聞かせてもらえれば嬉しいです。

Aベストアンサー

身近に「マーラーは素人には分からない」というようなことを したり顔で話す人がいないので、真意は測りかねますが、音楽を「分かる」という様な言葉で語る、そのピアノの先生は、よっぽどの自信家か、権威主義者か、逆にただのド素人でしょう。

小生は、音楽を 分かったりしたことはありませんし、分かろうとしたこともないのですが、多いときには年間100回くらいクラシックコンサートに行ったことがありますから、楽しむことに関しては人後に落ちません。ただし、楽器演奏にはまったく興味がなく、もっぱら聴いているだけです。

マーラーの交響曲第5番嬰ハ短調は、その第4楽章が、ヴィスコンティの『ヴェニスに死す』で使われた名曲です。
ヴィスコンティがいわゆる芸術派の監督とはいえ、映画のバックミュージックに使われるくらいですから、どなたが聞いても充分に楽しめると曲だと思います。

クラシックファンの中にもこの曲のファンは多く、この曲の美しさをうっとりと語る人が多い名曲です。
楽しんでいらしてください。

QMIDIの演奏に合わせてギターを演奏するには・・・?

私は、エレキギターを5、6年趣味で続けているのですが、未だにバンドを
組んだ事がありません。しかし、最近バンドに合わせて練習したいと思い
始めたのですが、バンドを組みたいとは思っていません。

そこで、MIDIの演奏に合わせてギターの練習をしてみようと思うのですが、
MIDIについては何も分かりません。

「パソコンからMIDIの演奏を流し、それをエフェクターに送り、エフェクターに
接続したヘッドホンからMIDIの音を聞きながらギターを弾きたい」と思ってい
ます。

パソコンのOSはWindowsXP
エフェクターはBOSSのGT-6です。
http://www.roland.co.jp/products/boss/GT-6.html

YAMAHAのフリーソフトMidRadioPlayerは使えますか?
http://download.music-eclub.com/midradio/

一応、何も調べずにYAMAHAのUX16というUSB-MIDIインターフェース
を買ったのですが、パソコンから流しても、GT-6から流れる事はありま
せんでした。

以上、一番手軽で費用がかからない方法があれば教えてください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

私は、エレキギターを5、6年趣味で続けているのですが、未だにバンドを
組んだ事がありません。しかし、最近バンドに合わせて練習したいと思い
始めたのですが、バンドを組みたいとは思っていません。

そこで、MIDIの演奏に合わせてギターの練習をしてみようと思うのですが、
MIDIについては何も分かりません。

「パソコンからMIDIの演奏を流し、それをエフェクターに送り、エフェクターに
接続したヘッドホンからMIDIの音を聞きながらギターを弾きたい」と思ってい
ます。

パソコンのOSはWindows...続きを読む

Aベストアンサー

PCではMIDIの演奏はできているんですよね?

まず、MIDIというのは楽器を鳴らすための信号のようなもので
MIDIインターフェイスを使ってMIDI信号をエフェクターに送信しても音は出ません。
シンセなどMIDIに対応した音源をもつ機器にMIDI信号を送れば音が出ます。

なので、PCでMIDI演奏し、それを音声として出力し、聞きながら演奏ということになると思います。

「パソコンからMIDIの演奏を流し、それをエフェクターに送り、エフェクターに
接続したヘッドホンからMIDIの音を聞きながらギターを弾きたい」

・・・とのことですが、GT-6に二つの音声が入力されることになりますが、GT-6はそれが可能なんでしょうか?

つまり・・・
「PCのMIDI演奏」と「ギターの音」を同時入力して、ギターの音だけにエフェクトをかけて、その二つをミックスしたものを聞くということが可能でないと、この方法はできません。

パソコンにGT-6の信号を入力して、PC内でミックスして、PCの音声を聞く・・・というのであれば可能だと思います。

自分はオーディオインターフェイスを使ってコレをしているのでその方法しかわかりませんが、
安いオーディオインターフェイスなら参考URLのものなんかがありますね。

ちなみに、ルーティングとしては・・・

ギター

エフェクター

オーディオインターフェイス→PC(MIDI演奏)
↓      ↑        ↓
↓      ↑←←←←←

ヘッドホンで聞く

という流れになっています。
ちょっとわかりずらいかもしれませんが
信号の流れ方を自分なりに図に書いて整理すると、必要な機材が見えてくると思いますよ。

参考URL:http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181^UCA202^^

PCではMIDIの演奏はできているんですよね?

まず、MIDIというのは楽器を鳴らすための信号のようなもので
MIDIインターフェイスを使ってMIDI信号をエフェクターに送信しても音は出ません。
シンセなどMIDIに対応した音源をもつ機器にMIDI信号を送れば音が出ます。

なので、PCでMIDI演奏し、それを音声として出力し、聞きながら演奏ということになると思います。

「パソコンからMIDIの演奏を流し、それをエフェクターに送り、エフェクターに
接続したヘッドホンからMIDIの音を聞きながらギターを弾きた...続きを読む

Q演奏後の指揮者の行動

クラシックの演奏会で演奏が終わったあと、指揮者が観客に向かって御礼をしたあと、指揮者は一旦引き上げてすぐ又出てくるのは何故ですか。何故一度引き上げるかが分かりません。お教えください。

Aベストアンサー

アンコールは演奏の終了後に行ないます。
指揮者が引き上げることで演奏の終了が解ります。
指揮者は演奏者より先に引き上げます。
演奏者が引き上げる前にアンコールが起きるので、それに応えるために指揮者がもう一度出てくることになります。
万一アンコールが無ければ、指揮者はもう一度出てくることは無いでしょうが、必ずアンコールが有るのは一種のセレモニーとなっているようです。

Q指揮者募集

教えて下さい。

アマチュアの市民吹奏楽団です。
音大卒業生なども混ざっており、
むずかしめの曲(たとえばドラゴンの年など)でも、
デキは別にして、初見で最後まで音だしできるので、
レベルは中の上だと思います。

こんな団体に指揮者を募集したいと思っています。
練習+本番です。
アマチュア楽団であるため、
悲しいかな財政は裕福ではありません。
1回3時間程度、5000円~1万円でできる方を探したいのですが
どうしたら探せるでしょうか?

場所は東京です。

Aベストアンサー

こういう時こそ音大卒の出番でしょう。
彼らの人脈を存分に発揮してもらうのがベストではないでしょうか。

直接音大に問い合わせて、指揮科の学生や卒業生を紹介してもらうのも手だと思いますよ。
音大は学生に演奏やレッスンのアルバイトの斡旋をしているものなんです。



ご参考まで。

Q指揮者って必要なんでしょうか

オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
どこで入るか知るために必要だと思うのですが
演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?

あと
クラッシック演奏には指揮者が居るのに
ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
指揮者が居ないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、指揮者が必要か否か??

(1) オーケストラなどの大編成
  と、
(2)バンドに近い室内楽(室内楽団や重奏団)
  で、
 考えて見ましょう。

>オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
>どこで入るか知るために必要だと思うのですが
>演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
>指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?
指揮者の役目として一番重要なものは、質問者様の仰せの通り
(A)演奏者に音の「入る切っ掛け」と「終わるタイミング」の指示を行う事です。
(B)次に、オーケストラ全体の音のバランスを聞き、曲をまとめあげる指導をするのが指揮者の役目です。特に現代曲などには曲の途中のテンポの変わる作品も沢山有り、そんな時には指揮者の指示が大変重要になります
(C)更には、その音楽の持つ構成や作曲家の意図を把握して、音楽を盛り上げたり、抑えたりするなど、表現や曲の流れをオーケストラに意識させるのも指揮者の重要な役目です。この指揮者の指示に因って、演奏のスタイルや曲のイメージが大きく変わるので、指示の違いがそのまま指揮者の個性となり、同じ曲であっても指揮者が違う事で訴求力にも影響します。そして、その指揮者が常任などであるならば、そのオーケストラの評価にも繋がります。
 この為に指揮者はスコアーに記述されている事を分析し、そこから書表わせなかっただろう作曲家の深層意図を汲み取り、それを繰り返す楽団との練習にて、各楽器のパートに周知させ、その結果として指揮者毎で違えど洗練された乱れの無いアンサンブルが生まれる訳です。
 この点を見れば、指揮者の最も重要なのは、練習の中で如何に指揮者の想いを伝え切るかに掛かっているとも申せましょう。言い換えればゲネプロまでに9割がたの役目は終っていると言っても良いかも知れません。
 しかし、
(D)指揮者の役目はこの様な物理的なことだけではなく、指揮者は演奏者に対し心理的な影響を及ぼす事も有ります。演奏中の指揮者の気迫や表情、棒捌きに因って奏者が刺激を受け、指揮者の目指す音楽に引き込まれて練習以上の音楽性を発揮する事も有ります。
 例えば、客演指揮者として招かれた指揮者で演奏会までの練習時間が満足に取れない場合も有るでしょうが、それでも時として思いもしない程の好演になる事も有ります。カリスマと言われる指揮者はその様な人達かも知れませんね!?

 ここで、2曲の第一楽章のみでは有りますが、良く行われる聴き比べを質問者様も少しお付き合い下さい。
 上記四項目の絡み合った結果が少しは感じられるのではないかと思います。
 試聴出来る演奏全てをお聴き頂くと指揮者の違いによる曲の訴求力の変化がよりはっきりお解かり頂けると思いますが、お時間が無い様でしたら、間引いても結構ですので、冒頭部分だけでも聴き比べて下さい。
 但し、録音された時代や録音条件に因って音質の差がかなり有りますので、その辺に尽きましてはお含み頂きつつお聴き下さい。

●ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調Op.67 から 第一楽章
  【海外】
・アルトゥール・ニキッシュ指揮/ベルリン・フィル(1913年録音)http://www.youtube.com/watch?v=SFY1s6y6r5M&feature=related
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(1952年録音)http://www.youtube.com/watch?v=N6K_IuBsRM4&feature=related
・フルト・ヴェングラー指揮/ベルリン・フィル(1954年録音)http://www.youtube.com/watch?v=AXbm-w8jdm4&feature=related
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(1966年録音) http://www.youtube.com/watch?v=zhcR1ZS2hVo
・カラヤン指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=67_cS1xlrYA
・カラヤン指揮/ウィーン・フィル(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=by7H2uT52MA
・バーンスタイン指揮/バイエルン放送交響楽団(1976年録音)http://www.youtube.com/watch?v=ivvn04Zdxt4&feature=related
・バーンスタイン指揮/ウィーン・フィル(1977年録音)http://www.youtube.com/watch?v=NAm4e45Z25k&feature=related
・ベーム指揮/ウィーン・フィル(1977年録音) http://www.youtube.com/watch?v=r32QPNdopVg
・ジュリーニ指揮/???(録音データー不明) http://www.youtube.com/watch?v=HuQYV6rpW3I&feature=related
・バレンボイム指揮/ベルリン・フィル(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=VHAaVVytQF0&feature=related
・アバド指揮/ベルリン・フィル(2001年録音) http://www.youtube.com/watch?v=SExR2h20HlQ&feature=related
・林克昌指揮/長榮交響樂團(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=DuvIiteKIg4&feature=related
・ブロムシュテット指揮/ゲヴァントハウス管弦楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=cO2bp7hSYHI
  【国内】 国内外不明のものも、此処に載せました。
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=_4IRMYuE1hI&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=evr7pgSsVoo&feature=related
・全てのデーター不明 http://www.youtube.com/watch?v=zI_3nDnWwmo
・宇宿允人指揮/フロイデフィルハーモニー(2005年 東京芸術劇場大ホール)http://www.youtube.com/watch?v=pZETc2uprBY&feature=related
・古谷誠一指揮/中部フィルハーモニー交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=rccdbLWOdPU
・???/高津市民オーケストラ(2007年)http://www.youtube.com/watch?v=VvIJksNlfjE
・???/洗足学園音楽大学ポップスオーケストラ(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=IWw6Q9pu8TE
・なかむらゆういち指揮/???(2009年5月)http://www.youtube.com/watch?v=Jrf5YFg7ctc
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-645.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=12

●ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68 から 第一楽章
  【海外】
・トスカニーニ指揮/NBC交響楽団(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=PvvNFD1uLtI
・ブルーノ・ワルター指揮/ニューヨークフィル(多分1950年代?)http://www.youtube.com/watch?v=eTll47U6FVc&feature=related
・クレンペラー指揮/フィルハーモニア管弦楽団(1958年録音)http://www.youtube.com/watch?v=HkgiwJTXHlE&feature=related
・カラヤン指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=he41HHCjMWM&feature=related
・カラヤン&ベルリ ン・フィル7度目の来日(1981年 東京) http://www.youtube.com/watch?v=hCo1iBkcta0
・オットマール・スウィトナー指揮/ベルリン国立歌劇場管弦楽団(1988年録音)http://www.youtube.com/watch?v=VY2-EP2QNs8&feature=PlayList&p=5981DBC5A27A37CE&playnext=1&playnext_from=PL&index=8
・Hirofumi Inoue (Japan)指揮/サンクト・ペテルブルグ国立交響楽団(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=2fFgDlS05Ss&feature=related
・ロバート・Debbaut指揮/???(録音データー不明)http://www.youtube.com/watch?v=OlrazikpaJo&feature=related
・テオ・アルカンタラ指揮/プエリトルコ交響楽団(2005年録音)http://www.youtube.com/watch?v=S_BVvT_P880&feature=related
  【国内】
・なかむらゆういち指揮/???(2009年録音) http://www.youtube.com/watch?v=qes7tNw5Meg
  【参考】下記は、DL試聴が前提ですが、比較するのには便利ですので載せておきます。お時間が有ればどうぞ!
・パブリックドメインの歴史的音源 http://freeclassicmusicmp3.blog23.fc2.com/blog-entry-549.html
・パブリックドメイン・クラシック http://public-domain-archive.com/classic/composition.php?album_no=158

 これで納得が得られるかどうかは解りませんが、多少のニュアンスはお解かり頂けるのではないかと思います。


 次に
>クラッシック演奏には指揮者が居るのに
>ギター、ドラム、キーボードなどのバンドには
>指揮者が居ないのは何故でしょうか?

 クラシックでも普通のオーケストラに比べ小編成の室内管弦楽団や更に少ない人数の場合は指揮者が居ない事の方が普通です。
 当然普段の練習にて、曲のテンポや強弱に対する阿吽の呼吸が合わせられるまで、そして解釈や訴求力が自分達の思い通りになるまで努力する事は当然ですが、人数が少ないメリットしてお互いの音を聴き合い、その場の雰囲気で瞬間的な音の会話が出来易くなります。(ジャズなどのアドリブと言える程の自由は有りませんが、それでも、その場の熱気に相応しいテンポや強弱の差はオーケストラよりも出易くなります。それが一期一会でしか得られない感動的な演奏に廻りあうかも知れない醍醐味とも言えましょう。)
 何となく聴いていたら、同じ曲を同じ様な演奏で何度聴いても唯のコピーとしか聞えなかった曲も、少し注意して耳を傾けると、演奏家が違えば当然こと、同じ演奏家であっても日時や場所、そして観客の違いで、演奏が違ってきます。
 小編成はお互いの音の会話がし易い事で、演奏が無秩序にならずに、そのメリットを生かしやすいのです。
 ここで、室内楽団や重奏団の演奏風景を見て頂きましょう。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%A4%E5%86%85%E6%A5%BD&search_type=&aq=f

 蛇足です。
 日本人にも優れた重奏団が無い訳では有りませんが、文化の違いからか交響曲や管弦楽曲に比べ室内楽曲への関心が低くニーズが少ないので、後継者が中々育たない土壌があります。その点で言えばヨーロッパでは、幼稚園前位の子供さえもクラシックアーティストの評価をしたりオペラの出来不出来を語るのが特別な事ではない風土にて、その様な環境からは、指揮者が居なくてもお互いの呼吸を知り尽くした公私の別無く四六時中の付き合い(それ程に練習時間を要し、世界を駆け巡る演奏スケジュールに因り個々のプライベイトタイムは極端に少ない)を要して完熟して行く重奏団も取り組む意義を見出し易いのでしょう。その様な風土の違いに因って、日本でのクラシックは、一般の方が室内楽に接する事が稀有なため、クラシックと言えば全て指揮者がセットの様に思って居る方も居られるかも知れませんね。
 説明が下手で、ご理解頂けたか不安ですが、様はクラシックでも小編成では指揮者が居ないのが一般的です。そう言う意味からすれば、自由なアドリブや掛け合いを楽しむバンドには指揮者が居る事の方が邪魔だと思います。

 以上ですが、長文になってしまい御免なさい。

こんにちは、指揮者が必要か否か??

(1) オーケストラなどの大編成
  と、
(2)バンドに近い室内楽(室内楽団や重奏団)
  で、
 考えて見ましょう。

>オーケストラなどの演奏の指揮者って最初の出だしは
>どこで入るか知るために必要だと思うのですが
>演奏が始まっちゃえば、ほとんどの人が楽譜を見ていて
>指揮者をあまり見ていないですよね。指揮者って必要なんでしょうか?
指揮者の役目として一番重要なものは、質問者様の仰せの通り
(A)演奏者に音の「入る切っ掛け」と「終わる...続きを読む

Q吹奏楽の定期演奏会で全く演奏できなかったら皆さんはどうしますか? 私は高校時代に吹奏楽の部活に入って

吹奏楽の定期演奏会で全く演奏できなかったら皆さんはどうしますか?


私は高校時代に吹奏楽の部活に入ってましたが、練習しても練習しても、うまくならずに、当時は


打楽器だったのですが、定期演奏会の日に、シロフォンを任されたのですが、緊張と練習不足で、微動だにできずに、ステージの上でシロフォンの前で突っ立ってただけでしたが、今でもおもいだすたびに嘔吐しそうになるトラウマですが、


皆さんは定期演奏会で、微動だにできないような状態ならどうしますか?


当時のふがいなさを思う度に、トラウマで苦しくなります



よろしくお願いします!

Aベストアンサー

高校のとき吹奏楽部
大学と社会人でオーケストラにいました。

参考になるかどうか分かりませんが、お答えします。
ニコニコしときます。そのような時こそ!
本番中に楽器が壊れて予備楽器も無い状況でした。他に思いつきませんでした。しかし、指揮者に弾けないアピールを必死でしたので、会場のみなさんは意外に理解してくれたようです。

それと、もうひとつ質問が隠れてますね。
「緊張と練習不足」の件です。緊張は、あがり症ですか?
自意識過剰
フェミニスト
逃避傾向
何か思いあたること無い?あなたが思うほど誰もあなたを見てませんよ!失敗することをもっと誇りに思っていいのですよ!能動的行動をしているなら当然上手くいかないときもあります。当たり前のことで悩むのは損ですよね。
練習不足は上記の状況の自覚が出来れば、そんなに心配しないで良いです。精神的安定は訓練効率も上げることになるからです。つまり、心と体は一体なのです。
シロフォン難しいってみんな知っているから大丈夫だよ!ちなみに私は未だに初見で本番に出演する夢を見ます。ビビるよ!やっぱり。

          筑紫野教授

高校のとき吹奏楽部
大学と社会人でオーケストラにいました。

参考になるかどうか分かりませんが、お答えします。
ニコニコしときます。そのような時こそ!
本番中に楽器が壊れて予備楽器も無い状況でした。他に思いつきませんでした。しかし、指揮者に弾けないアピールを必死でしたので、会場のみなさんは意外に理解してくれたようです。

それと、もうひとつ質問が隠れてますね。
「緊張と練習不足」の件です。緊張は、あがり症ですか?
自意識過剰
フェミニスト
逃避傾向
何か思いあたること無い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング