身障療護施設でどのような行事〔外出や旅行など)を展開しているのか教えてください。又、どのような目的で行っているかも教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 私は、3月まで2年間身体障害者療語施設の職員をしていました。

そこでは、年に3回くらい旅行に行ったり、バスハイキングといって公車(施設の車)を使って外出もしていました。私は、担当ではなかったので実際に行ったことがあまりないのですが、社会経験の向上を目的としていました。福祉バスなんかを利用するというとお金がかかるので。
 また、施設のお祭りもあってこちらは地域の方との交流を目的としていました。こんな感じでお返事になるでしょうか?」
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q施設での行事

特養で働いていますが、月毎の行事がネタ切れです。
特に6月と11月に何をしようか考えています。
上記以外の月でも目新しい行事があれば、教えてください。

Aベストアンサー

安く出来る方法。ボランティアで大学の落語研究会に来てもらう。(今思いつきましたので)

Q施設での外出 5月

老人ホームでの外出を考えていますが。5月だったら季節的に何がお年寄りに喜ばれるでしょう?

Aベストアンサー

ジャストアイディアで大変恐縮ですが、
こどもの日が近いということで、幼稚園や保育園を訪問するというのはいかがでしょうか?
老人ホームに子供が訪問するというのはよくありますが、
逆のパターンは少ないように思います。
ぜひご一考ください。

Q崩壊寸前の療護施設。どうなるの?

以前勤めていた施設(療護施設)の元同僚から連絡がありました。

「施設長も辞めるって言い出しちゃったよ!もう、どうなっちゃうの!?」

私はその施設で、あまりにもいい加減な法人のあり方に大きな疑問を感じて、退職しました。

示し合わせたわけではないのですが、私の退職とほとんど時を同じくして、10人ほどの同僚(介護職員)が退職したのです。その後も退職者は増え続けていったようです…

入所利用者30人に、通所利用者30人、合わせて60人以上。
職員は10人足らずということになっているようです。

実質的に、破綻でしょう。

こういう場合、どうなるんでしょう。
国や行政などに依頼すると、なにか対応してくれるのでしょうか?

施設が破綻するなんてこと、あるんでしょうか?

Aベストアンサー

社会福祉法人立の施設である、という前提でお話しします。
但し、公立や社会福祉事業団立の施設でも同様だと考えて下さい。

このような場合、
施設職員(既に退職した方も含む)や利用者本人・家族が何らかの形で
外部に通報・情報提供(内部告発、ということになります)せぬ限り、
事実は、決して明るみになりません。
また、行政(基本的には都道府県の障害福祉担当課)も動きません。

通報は、行政に対してはもちろんのこと、
各都道府県社会福祉協議会に設置されている法人運営適正化委員会に
対してでもOKです(法定設置義務により設けられているので)。
また、現実にいちばん効果があるのは、
マスコミ(新聞社やテレビ局)に対して情報提供を行なうことです。

ただ、たいていの場合、このような法人は事実を否定し、
かつ、証拠隠滅を図ったり、
逆に、通報者を名誉毀損で告訴したりしますから、
通報者にはそれなりの覚悟や使命感が必須となってきます。

書かれておられる事実をそのまま拝見する限り、
法定の人員配置基準が満たされませんから、完全に違法状態です。
しかし、法人の経理・補助金使用状況に不正などが見られぬ限り、
破綻とは言いません。
つまり、あくまでも直接処遇面での問題、ということになります。
とはいえ、違法状態を放置していてはとんでもないことになりますから、
行政は、通報等に基づいて緊急監査に入るはずです。
(施設指導監査の意味などについては、当然ご存知のはずです。)

以上に記したことは、法令や厚生労働省の各種通知に書かれています。
ワムネット(ご存知ですよね?)の行政資料で入手もできます。
社会福祉士をめざしておられる、ということですから、
質問する以前に、当然知っていなければ恥ずかしいことでもあります。
それを踏まえて、今後、その施設の改善のために動いていただけると、
障害福祉関係者としてはうれしく思いますし、
1つでもそのような施設が存在すると、
良心的な運営に尽力している施設さえ同様だと見られてしまいますから、
黙っていてはいけないと思います。

社会福祉法人立の施設である、という前提でお話しします。
但し、公立や社会福祉事業団立の施設でも同様だと考えて下さい。

このような場合、
施設職員(既に退職した方も含む)や利用者本人・家族が何らかの形で
外部に通報・情報提供(内部告発、ということになります)せぬ限り、
事実は、決して明るみになりません。
また、行政(基本的には都道府県の障害福祉担当課)も動きません。

通報は、行政に対してはもちろんのこと、
各都道府県社会福祉協議会に設置されている法人運営適正化委員会に
...続きを読む

Q身障手帳1種と2種

 標記について、旧国鉄が障害者福祉法(別表)とは別に独自で便宜上、割引率や、単独行動か付き添え人が必要かで決めた物と記憶してますが、其れが公・民を問わず流用されているようです。これの法的根拠や文章など権威ある物を探しています。
 私は必要があってこの事の事情を一つの文章(論文とまでは言えません)にして有る意味で公表の予定です。
 そこで、ここの前半でのお答えを頂きたくお尋ねします。勿論、いただいた物をそのまま流用はしません。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 『JR 身体障害者旅客運賃割引規則』

 http://www.jreast.co.jp/reg_hc1/index.html

 ・・・これが一応「法的根拠」ということになるでしょう。
 他の鉄道会社も独自に類似の規則を設けているものと推測します。
 なぜ他の鉄道会社が旧国鉄の規則を模倣したか、については、結局のところ旧国鉄の親方日の丸的権威に他社があやかった、と言ってしまっても当たらずといえども遠からずでしょう。

 もしかして、上記規則中で身障者1・2級の区分が設けられた「経緯」が知りたい、というご質問の趣旨でしたか?それはたいへん難しいでしょうね。
 一般的に、企業体内部での意思決定の過程は、株主総会などの公開されているもの等の例外を除いては、公にされないのが普通ですし、それを規制する法令もありません。
 さらに、上記規則が制定されたのは分割民営化前の旧国鉄の時代、もしかするとそれ以上昔の時代の可能性さえあると思われるので、当時の担当者の記憶をたどることすらも非常に困難が予想されます。

Q良い施設、悪い施設

家族が利用する老人福祉サービスの判断基準にしたいと思うのですが、「良い施設」と「悪い施設」の見分け方が今一つ分かりません。

例えばAさんにとっては「良い施設」であっても、Bさんにとっては「悪い施設」の場合があったり、その逆もあるので一概には言えないかもしれません。

実際に福祉サービスを利用している方や、働いている方のご意見やアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

NO.2です。
御礼をありがとうございます。

ふむ、すでにあたりを付けておられるのですね。
目標を掲げてやってるところは悪くはないでしょう。
行政の出した条件をクリアするとご褒美をもらえるシステムもありますし。
だからと言って、その頑張りがすべて利用者さんの方を向いているかはわかりませんが。

> 職員さんが一生懸命な様子は感じており、「『譲れること』『譲れないこと』ははっきり意思表示したうえで、施設側の『譲れること』『譲れないこと』を確認した方が良いかな?」と思っています。

これを自分たちで出来る方はちゃんと自分の望む施設を探せると思います。
何をしてほしい、どころかとにかく預かってって場合もよくありますしね。。

職員の対応を気に入られたのなら、たぶんソフト面はOKです。
ほんっとにぎりぎりでやってるとこは鬼気迫ってますよ。

そして離職率!
一見よさそうな施設でも、仕事が仕事量的にもメンタル的にもなかなかキツイのに、経営者は利用者さんの事をよく考えていてもスタッフの事は後回しにしがちで、職場の雰囲気は良くても続けられないこともあります。
とある研修会で、「ウチは立ち上げて5年やけど、一人も辞めてない」との発言があったとき、その場にいた全員の目がキラリーンと光りましたね。
スタッフも安心して働ける所なら最高です。

補足(?)ですが、超理想を言えば施設側は「施設の都合より、利用者さんの都合を優先」しなければいけません。
実際は、「支援の必要な」、「多人数の」、「高齢者」を預かるのですから守らないといけないルールもたくさんありますが。
可能・不可能は別にしてきちんと要望を聞いてそれに対して説明をしてくれる所を探して下さい。

NO.2です。
御礼をありがとうございます。

ふむ、すでにあたりを付けておられるのですね。
目標を掲げてやってるところは悪くはないでしょう。
行政の出した条件をクリアするとご褒美をもらえるシステムもありますし。
だからと言って、その頑張りがすべて利用者さんの方を向いているかはわかりませんが。

> 職員さんが一生懸命な様子は感じており、「『譲れること』『譲れないこと』ははっきり意思表示したうえで、施設側の『譲れること』『譲れないこと』を確認した方が良いかな?」と思っています...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報