キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。

通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           
    • good
    • 17
この回答へのお礼

答えにくい質問にもかかわらず
丁寧にご回答いただきありがとうございます。
下の方の「お礼」にも書きましたが
質問したいことが変わってきてしまったので
勝手ながら締め切りとさせていただきます。

お礼日時:2001/02/28 20:53

補足拝見しました。



半導体の実装関係の分野で,基板の無電解めっきに絡んで「キレート剤」が出てきたとの事ですが,どう言った形(工程,プロセス,・・・)で出てきたのでしょうか。もう少し具体的に書いていただくと,より明快な回答も集まるかと思います。

関係あるかどうかわかりませんが,参照 URL のペ-ジを見付けました。これと同じ過程で銅イオンを除去する際に「銅キレート化剤」が出てくるのであれば,MiJun さん が NO.#2 で回答されている様に「金属イオン溶液からの金属イオンの除去にキレート樹脂が利用される」んだと思います。

参考URL:http://www.tic.ne.jp/yutaka/process/prosyou.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ここでみなさんがご回答してくださったことや
他の本を読むにしたがって質問したいことが変わってきてしまいました。
そして、私のこの質問があまりにも漠然としていて答えにくいことも
わかりました。
なので、誠に勝手ながらこれにて締め切りとさせていただきます。

お礼日時:2001/02/28 20:49

 同一金属イオンに対して2つ以上の官能基が同時に配位できる化合物をキレ-トと呼び,これを利用した物をキレ-ト剤と呼びます。



 ちなみにキレ-トとは,キレ-トした形がカニやエビが2本のはさみで物を持った形に似ている事から,エビやカニなどのはさみを意味するギリシャ語にちなんで名付けられました。

 どこで利用されているかですが,上記の様に金属イオンを取り込むものですから,その様な事を必要とする場所で使われています。

 つまり,金属を一ヶ所に集めたい場合(廃液中の有害重金属をキレ-ト樹脂で捕囚するとか,溶液中の希少金属を集めるとか)です。

この回答への補足

下の回答の補足としても書きましたが
「銅キレート化剤」といった場合
銅をどのようにするものなのでしょうか?。

補足日時:2001/02/21 19:01
    • good
    • 4

以下のURL参考となるでしょうか?


さび取り剤としてキレート剤がつかわれています。塩酸や硫酸などの酸を使うと、さびを化学的に取り除くことが出来ます。しかし強酸を取り扱う場合、専門の知識とテクニックを要します。弱酸~中性で安全性の高いものです。
さび取りは還元反応です。この応用で無電解メッキができます。
http://www.cmcbooks.co.jp/books/syokyo/ISBN4-882 …
に、無電解メッキの専門書があります。
溶液中での還元反応を利用して品物の表面にめっき金属を析出させるもので、ごく一部の素材を除き、金属から非金属に至るまで広くめっき可能であり、膜厚精度もきわめて高いため、主に機能を重視した工業的用途に供されています。プラスチックめっきの下地用として不可欠です。http://www.sanno.co.jp/knowledge/link4.html
フェライトめっきですが、なぜ、キレート化するのかが以下にあります。
http://www.pe.titech.ac.jp/AbeLab/ferrite_platin …

参考URL:http://www.chelest.co.jp/products.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご紹介いただいた本およびHP参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/21 19:00

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「キレート試薬」
http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …
キレート化合物が表示されてます。

以下の成書は参考になりますでしょうか?
------------------------------
入門キレート化学  上野景平∥著
版表示 :改訂第2版
出版地 :東京
出版者 :南江堂
出版年月:1988.9
資料形態:290p  21cm  2800円
件名  : 錯化合物
内容  : 各章末:参考書
ISBN:4524430962
NDLC: PA317   PA47
NDC : 431.13
請求記号:PA317-E2
------------------------------------
さらにこれから「配位化学」・「錯体化学」・「高分子錯体」・「キレート樹脂」等が関連キーワードです。

想像ですが、半導体製造の際に「ケミカルエッチング」による溶出した金属イオン溶液からの金属イオンの除去にキレート樹脂が利用されるのではないでしょうか?

補足お願いします。

参考URL:http://www.dojindo.co.jp/wwwroot/productsj/info2 …

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
紹介いただいた本探して参考にさせていただきます。
ちなみに「銅キレート化剤」といったら
銅をどのようにするものなのでしょう?。

補足日時:2001/02/21 18:39
    • good
    • 0

いろいろ化学の基礎的なことを質問されているようですが、どのような意図で質問されているのでしょうか?



「キレート剤」もどのようなところからの質問でしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

わたしは半導体の実装関係の仕事をしています。
自分なりにこの分野の本を読んだりして知識を得ようとしています。
そのなかで基板の無電解めっきに絡んで
「キレート剤」という用語がでてきたのですが
化学の知識が乏しい私にはどうも良く分かりません。
イメージ的には粘着層のようなものなのかなと想像しているのですが、、、
まったく違うかもしれませんね。
もしお分かりになりましたら教えてください。
お願い致します。

補足日時:2001/02/17 18:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。

Qキレート剤

EDTA以外のキレート剤ってあるのですか?

Aベストアンサー

キレート剤と申しましてもあまりに範囲が広すぎますので、今回のEDTAを例示しますと、
EDTAはアミノポリカルボン酸型キレート剤ですので、同類を例示しますと、ニトリロ三酢酸(NTA)、ジエチレントリアミン五酢酸(DTPA)、トリエチレンテトラアミン六酢酸(TTHA)が挙げられ、その順にキレート安定度定数(キレート力)が高くなります。
また、ホスホン酸型キレート剤としては、ヒドロキシエチリデンジホスホン酸(HEDP)、ニトリロトリスメチレンホスホン酸(NTMP)などが挙げられます。このように類別に分けると良いかもしれませんね。
ちなみに化粧品(シャンプー)に使用される場合の容器表示は、EDTAはエデト酸、HEDPはエチドロン酸と表記されていますので、一度ご覧になってください。

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

QEDTAなどのキレート剤は重金属と錯体を形成しますが、

EDTAなどのキレート剤は重金属と錯体を形成しますが、
重金属が酸化物や炭酸塩でも錯体を形成するのでしょうか?

Aベストアンサー

塩化銀や臭化銀のような難溶性塩も,適当な錯形成剤,たとえばチオ硫酸イオンとかで溶解できます.
炭酸塩,酸化物であっても,溶解度積は0ではないので,錯形成剤があれば錯体を作り,それを含めた平衡状態になるでしょう.
ただし,溶解速度が遅ければ,平衡になるのに長時間を要することもあるわけで,実際には溶けないように見えるかもしれませんが.
あと,たとえば炭酸カルシウムは,EDTA入れれば,それ自体の酸性の影響もあって溶けます.EDTA-4Na とかだと,まあべらぼうにおそいですね.溶けるのかもしれませんが.

Q高速液体クロマトグラフィー(HPLC)について

現在HPLCを勉強中なのですが、HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなどあれば教えてください。

Aベストアンサー

>>HPLCの最先端の技術または面白い機能を持ったカラムなど
昭和電工様のHPLCの入り口のページを添付しました。ニュースレターなどをご請求下さい。
他に和光純薬様、東京化成様、島津製作所様、ジーエルサイエンス様などのニュースレターをお集めになると良いと思います。
また、日本化学会、日本薬学会、日本分析化学会での発表をご覧下さい。

参考URL:http://www.shodex.com/

Q界面活性剤のちがいについて 様々な化学物質に界面活性剤の役割をするものがあると思うのですが、それぞ

界面活性剤のちがいについて

様々な化学物質に界面活性剤の役割をするものがあると思うのですが、それぞれに違いなどはあるのでしょうか?

例えばアルキルアミンオキシドやポリオキシエチレンアルキルエーテルは2つとも界面活性剤の機能を持っていますが、この2つに効能などの違いはあるのですか?

Aベストアンサー

違いはあると思いますが、具体的に答えるのはむつかしい。少なくとも前者にはN→Oという特殊な結合があり、後者には窒素は含まれて居ない。両者ともアルキルという一般名で側鎖が表わされているので、化合物群になってしまう。このアルキル基は多分直鎖でさらに長い、すると生物の脂質二重膜に潜り込み、場合によっては膜を溶かし、毒性もあるかも知れない。

Q縮合キレート環とは何ですか?

http://jp.encarta.msn.com/encyclopedia_1161542919/content.html
↑にて、『3座以上のキレート配位子は縮合キレート環を形成する』とあるんですが、
縮合キレート環とはどういったものですか。
普通のキレート環とどう違うんでしょうか。

Aベストアンサー

ナフタレンなど、1辺以上を共有した環のことを、「縮合環」或いは「縮環」という
ことがありますが、提示されたサイトでの「縮合キレート環」というのも、
これのことを言っているのだと思います。(「脱水縮合」などの縮合とは別)
参考:Wiki検索結果
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5%3A%E6%A4%9C%E7%B4%A2&search=%E7%B8%AE%E5%90%88%E7%92%B0&ns0=1&fulltext=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

つまり、二座までの配位子(エチレンジアミン)などだと、金属に(複数)配位しても
「辺の共有」はありませんが、三座以上の配位子の場合は、少なくとも1つの
「金属-配位原子」結合を共有した形の環が形成される、ということです。

二座配位子のエチレンジアミンの場合:

   / ̄\
H2N     NH2
   \  /
     M
 →複数配位しても、共有されるのは頂点(金属元素)だけ。


三座配位子のジエチレントリアミンの場合:

      NH
  / ̄| ̄\
 |   |  |
H2N - M - NH2
 →「中央の窒素-金属」の結合が、2つの環で共有される。


・・・化学的には、両者を特に区別する必要はないと思います。
(幾何学特性とかの影響を受けるような材料物性を扱うなど、
 特殊な分野なら、その必要もあるかもしれませんが)

ナフタレンなど、1辺以上を共有した環のことを、「縮合環」或いは「縮環」という
ことがありますが、提示されたサイトでの「縮合キレート環」というのも、
これのことを言っているのだと思います。(「脱水縮合」などの縮合とは別)
参考:Wiki検索結果
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%89%B9%E5%88%A5%3A%E6%A4%9C%E7%B4%A2&search=%E7%B8%AE%E5%90%88%E7%92%B0&ns0=1&fulltext=%E6%A4%9C%E7%B4%A2

つまり、二座までの配位子(エチレンジアミン)などだと、金属に(複数)配位しても
「辺の共有...続きを読む

Q水素結合が、重要な役割をしている化学反応や現象にはどのようなものがあり

水素結合が、重要な役割をしている化学反応や現象にはどのようなものがありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

 教科書なんかによくあるのに、水素結合を持つ分子は融点や沸点が高くなる、という現象があります。

http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter1/lecture10/lect1102.html
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/phys/crys/ice/lect5.html

 他の方もかかれていますが、ありふれていると思われる水という物質はかなり変わった物質なのですね。

Qキレート滴定

キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
また緩衝溶液の調製法をおしえてください。

キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?

Aベストアンサー

<注意>
何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。
…て書いてありますけど。
今朝も一件削除されたし。

>>キレート滴定で緩衝溶液を用いるのはなぜですか?
強酸性ではキレート試薬が全て酸型になり、配位できなくなる。強アルカリ性では金属イオンがOH-と結合したオルト酸型になり(鉄酸、アルミン酸、亜鉛酸…)キレート試薬と反応しない。
>>緩衝溶液の調製法
検索エンジンで調べて下さい。化学便覧も見てね。理科年表にも書いてある。まず第一にどのpHが欲しいのか決めなけりゃ…。
>>キレート滴定は酸塩基滴定とみなされるのはなぜですか?
初めて聞きました。そう言えばそう言えるかも…。キレート試薬が陰イオンで金属イオンが陽イオン、中和して塩はできるナー…。

Q硝酸アルミニウムはどのような利用方法がありますか?

硝酸アルミニウムを加熱してアルミナを生成するというのはネットで情報として得られたのですが、その他にどのようなことに使われているのでしょうか。何かと混ぜると危険とかあるのでしょうか(水やエタノールに入れても大丈夫でしょうか)。化学が素人なもので基本が分かってない質問で申し訳ないですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

硝酸の金属塩と有機物(あるいは炭素)を混ぜると爆薬が出来ます。
それ以外の使い道は知りません。
m(_ _)m


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング