塩化第二銅エッチング液による銅の溶解反応式は
 Cu+CuCl2→2CuCl
らしいのですが、このように反応が進むのはなぜなのでしょうか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

塩化第二銅1個で1個の金属銅が酸化され、第一


銅になり、銅を第一銅に変えた第二銅も第一銅に
なるので2個の第一銅ができます。
実際のエッチング反応は、塩酸など大量の塩素イ
オン下でなりたち、銅イオンは塩素イオンと錯塩を
形成しています。 反応式を詳しく書くと、
Cu + [CuCl4]
2- + Cl- → [CuCl4]3- (溶解)
生成した第一銅は塩素イオンによって1価の錯塩
として溶解することが分かります。

詳細は参考URLのPDFに載っていました。

参考URL:http://www.echemsys.co.jp/pdf/FECL3tech_Jdoc.pdf
    • good
    • 0

 補足に対して。



 まず仮想的な
 Cu + Cu2+ -> 2Cu+
の平衡反応についてです。

 例えば、金属銅(大量)に Cu2+ の 1 M 水溶液をいれたとします。すると、系が平衡に達するまで反応が右に進みます。理論上は、[Cu+] = 10(-3) M になるところで、右向きの反応と左向きの反応の速度が等しくなり、見た目に反応は終ります(平衡)。でもこれではエッチングは終了しませんよね。

 ところが実際には
Cu + Cu2+ + 2Cl- -> 2Cu+ + 2Cl-
と塩素イオンが存在します。実は CuCl は難溶性なのです。これがみそです。

 上記の場合 1 M の Cu2+ と同時に 2 M の Cl- が存在します。反応は右に進むのですが、 [Cu+] = 1.6 x 10^(-7) M になったところで CuCl の沈殿が生じはじめます。すなわち Cu+ の濃度は 1.6 x 10^(-7) M 以上になることはありません。よって平衡には決して到達することなく、反応は右に進みつづけることになります。エッチングも終ると。ようするに Cu- を沈殿によって取り除くことが反応を右に進める原動力になっているということです。

 こういう話は、分析化学の「沈殿平衡」というところを見ると書いてあります。ただし CuCl や Cu- の安定性は考慮していません。そこは無機化学の領域です。

 ところで、この反応を左に片寄せるにはどうすればよいか。今度は逆に Cu2+ を除去すればいいです。これには、エチレンジアミン (en) が使えます。en を系に加えると、ほぼすべてが Cu2+ に配位して [Cu en2]2+ の錯体を形成するため、左辺の Cu2+ がほぼなくなります。すると左向きに反応が進行し Cu- の濃度が下がり、ついで CuCl も解けだす。

 いかがでしょうか?(ただし、これは計算上の事なので、実際には他のことも起こって複雑化しているとおもいます。でも、基本はこれでいいです。)
    • good
    • 2

(1)銅は純水中ではわずかながら溶解する。


(2)残留塩素や塩化物イオンが存在すると速やかに腐食し、比較的密着性が良く防食性のある亜酸化銅の皮膜を生成する。
(3)塩化物イオン濃度が高いと、亜酸化銅は塩基性塩化銅に変化し、防食性の無い青緑色のさびを生成する。
 とさび(緑青)の生成原理が述べられています。エッチングは腐食させること、銅では金属銅をイオンにすることです。一般に、金属は純金属のかたちより、酸化したり他のものと化合してイオンになると安定します。銅は銀や金の仲間で金属でも比較的安定な物質ですが、やはり、イオンになる=さびます。
<Cu+CuCl2→2CuCl
の式は、金属銅が塩化銅(2)と反応して、塩化銅(1)になるもでですが、物質の反応式ではわかりにくいので、イオン式にします。
 Cu + Cu2+ → 2Cu+
この反応は不均一反応の逆ですから、可逆反応です。
注意ですが、銅は、2価のイオンになりやすいのですが、1価のイオンもかなり安定なのです。
 また、最初にありましたように、CuClは耐腐食性の膜を一時的につくりますが、塩化物イオンが多いところでは
 CuCl+H2O+Cl- → Cu(OH)Cl + HCl
の反応で溶け出します。もちろん、溶液ですから、イオンになっていますが
なお、この反応で、左辺のCl-はCuCl2から多く供給されているものと考えます。つまり、この反応が右辺へ移動すると、溶液のCu2+はCu+となるわけです。

参考URL:http://www.s-iri.pref.shizuoka.jp/tech/mach/me11 …

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
かなり詳しくお答えしていただいて感謝いたします。
ところで
 Cu + Cu2+ → 2Cu+
は可逆反応ということですが、この逆の反応も同時に
起こっているという事でしょうか?。
また、同時に起こっていた場合、
CuClができる反応、つまりエッチングが進む方向に
反応が進むのはどういう理由からなのでしょうか?。

補足日時:2001/02/21 19:11
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積

塩化銅(CuCl2)の水に対する溶解度積
…が知りたいのですが、調べてもどこにも見当たりません。ある吸着剤を用いたpH依存性実験をやっているのですが、1mMの銅濃度で行おうとしたところ高pHでは沈殿が生じてしまったためpH5まででしか実験しませんでした。がやはりpH8付近までのデータを取りたいので、銅濃度を沈殿が起こらない濃度まで下げようと思い、溶解度積からその濃度を求めようと考えています。ちなみに緩衝液には0.1Mの塩酸および酢酸ナトリウムを使用しています。できるだけ高い銅濃度で実験を行いたいと考えているので、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

塩化銅の溶解度積をお尋ねですが、
ご質問の状況では、
塩化銅の溶解度積は問題では無いはずです。

pHがアルカリ性になると、
水酸化銅の沈澱が生じるはずですので、
調べるべきなのは、水酸化銅の溶解度積でしょう。

塩化銅の溶解度積の数値が見当たらないのは、
塩化銅がたいへん水に溶けやすい物質だからで、
たぶん「溶解度」を調べれば見つかると思います。

Qエッチングの腐食液、塩化第二鉄の性質について

エッチング、銅版画制作(腐食)に腐食液として、塩化第二鉄を使います。 冬、腐食液の温度が低いと腐食しづらいので、暖め、そして銅板をその中に浸けます。 今までそのようにして、だいたい塩化第二鉄液体の温度25℃、30分ほどで約0.2mmから0.3mmのきれいな線が腐食できました。それが、今日突然腐食のスピードが遅くなり、今まで30分ほどで出来ていたものが、1時間近くかかりました。化学のことはわかりません。塩化第二鉄を暖めて使い続けると、そのようになるものなのでしょうか?化学にお強い方、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エッチング液にも当然のことながら寿命があります.銅が溶けるにつれて,銅を溶かす能力は落ちます.
加えて,塩化鉄(III)水溶液は,何もせずにおいておくだけでも使えなくなってきます.これは鉄イオンが水と反応して不溶性の沈殿になってしまい,その結果,濃度が下がってしまうからです.そして,この水との反応も温度が高いほど速く進みます.
低温では肝心のエッチング時の溶解速度が落ちてしまうので,ある程度暖めるのはよいのですが,それは液の寿命も縮めるのと引き替えと理解してください.
効きの悪くなってきたエッチング液は諦めて廃棄した方がいいでしょう.処理剤も売っています.
個人で出す程度の量であれば,重曹やフレークソーダで処理してもいいでしょう.これらを加えると沈殿が生じます.重曹の場合,泡が出なくなるまで,フレークソーダなら上澄みが無色になるくらいまで加え,その後,コーヒーのフィルターペーパーでも使って濾過し,濾液は大量の水で薄めながら下水に流し,沈殿は燃えないゴミとして廃棄,あたりでしょう.エッチング液をそのまま水道に流すのはだめです.

Aベストアンサー

白色の硫酸バリウムBaSO4が沈殿する?

Q鉄、アルミ、マグネシウムと塩化第一鉄と塩化銅の水溶液

鉄、アルミ、マグネシウムを塩化第一鉄と塩化銅の水溶液に入れたときの反応式などを教えてください。

Aベストアンサー

Fe^(2+)、Al^(3+)、Mg^(2+)、Cu^(2+) のイオン化傾向を考えればわかりませんか?

たとえば、塩化銅(II)水溶液にマグネシウムを入れた場合、イオン化傾向は、
Mg^(2+) > Cu^(2+) なので
 Mg + Cu^(2+) → Mg^(2+) + Cu …(1)
よって (1) の両辺に 2Cl- を足して、
 Mg + CuCl2 → MgCl2 + Cu

上記を参考にして、同様に考えればほかの問題も解けると思いますが、いかがでしょうか。

Q塩化鉄(III)によるエッチング反応について

エッチング反応で
Cu+2Fe^(3+) →Cu^(2+) +2Fe^(2+)
とあるのですが、このときに電子軌道的に
[Ar]4s^2 3d^7(3d^9?)となるCu^(2+)の方が
[Ar]4s^2 3d^3(3d^5?)となるFe^(3+) よりも
安定となるのは何故だか分かりません。
塩化物イオン存在条件下というのが関係あるのでしょうか?
わかるかた教えてください。

Aベストアンサー

いや,その比較だめでしょ.
そんなこといったら,閉殻配置のイオンはどれも同じってことですか?
あと,こういうのは,結局生成物の安定性を比較するだけじゃだめで,もとの状態との差分がどうなってるかで考えないと.自由エネルギーでも酸化還元電位でもいいけど,Cu2+ だけとかの議論はあり得ませんって.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報