プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

前から思っていたことです。
鏡に映る自分は実際の自分とは
左右対称で、
写真にうつる自分の顔は
実際の自分と非対称ですよね?
それだけなのに写真にうつる自分は
鏡の自分より目は小さくて細く
体はとても太って見えます…。

何でですか?
あと、実際の自分を見るためには
どんなもので見るのが1番それに近いんでしょうか?

gooドクター

A 回答 (1件)

 ご存じの通り、人間の顔は左右対称ではありません。

左右が反転しただけでも印象は結構、変わりますから、鏡は現実の自身と少しずれがあります。視力が悪ければ、細かい汚れが見えない鏡の自分を過信しがちです。また鏡を見るときというのは自身の表情が解りますから、自然と顔を格好つけていることも少なくないと思います。

 次に写真は、レンズの構造やカメラの癖、撮影環境や手腕による現実とのずれがあります。また写真に撮られるときは、ぶすっと表情が堅くなりがちですし(それで目が細くなっているのでは?)、身体の立体感(凹凸)がうつりにくいですから、人や角度、カメラによっては心なしか不細工に写るかもしれません。それで身体が丸みを帯びることもあります。
 撮影のプロが角度や表情、機材に拘るのはそのためです。誰でも綺麗に撮れたら、プロはおまんま食い上げです。
 しかしそれでも写真は自身をある程度客観的に写しますから、単純に自身のイメージと違う場合もあるかもしれません。例えば写真を見て周囲が写りが悪いとでも言わないようであれば、鏡の自分より、それが元来の自分と近いのでしょう。

 実際の自分を見る道具としては、(やや高価ですが、検索すればAMAZONにもあります)左右反転しない鏡である「リバーサルミラー」というものがあります。個人的には自然な身体の動きと表情を追うため(現実では皆、常に動き回っているわけですし)、他人からのビデオ撮影で見た自分というのが現実に近いかな、と考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど…
本当の顔を見るのは
ほぼ不可能ですね。

リバーサルミラーはこの前テレビで見ました。
お返事ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/20 18:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング