人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

コマンドボタンのEnabledプロパティーを変更したときの挙動が良くわからず
困っており、お教えいただけると幸いです。

Excelのワークシート上にCommandButtonを作り(名前をCommandButton1とします)、
module1に以下のプロシージャを書き、Enabledプロパティーを変化させます。

Sub test()
ActiveSheet.CommandButton1.Enabled = Not ActiveSheet.CommandButton1.Enabled
MsgBox "here"
End Sub

上記のプロシージャに期待したのは、Enabeldの状態が反転した後、
hereの文字が表示されると言うものですが、
実際は先にhereの文字が表示されてしまいます。

また、不思議なことにDoEventsを二つ連続でMsgBoxの前に入れると
きちんと動きます。
(ステップ実行でもきちんと動きます。)

最終的には、もっと長いプログラムの中で使う予定なので、
全てのEnabled文の後にDoEventsを二連続で書くという対症療法以外で、
良い解決方法が無いか、お教えいただけると幸いです。

なお、環境はwindowsXP、excel2003です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

doevents」に関するQ&A: DoEventsは意味ない?

A 回答 (2件)

>良い解決方法が無いか、お教えいただけると幸いです。



VB6でもそうなんですが、VBAのコマンドボタン(いわゆるForms2.0)はこういう仕様になっています。
少し難しい話になってしまいますが
Enabledプロパティの状態が即座に反映されるようになるには、
コマンドボタンの再描画の結果を待つことが必要になります。
そしてこの現象は、再描画が完了する前にMsgBox(モーダルなフォーム)が出現してしまい、
再描画が待たされている状態なんですね。
(基本的にメッセージボックスが出てしまったら、その親は画面の再描画が出来なくなる)
で、VB6/VBAでは再描画を待つということがDoEventsでしか(ほぼ)出来ないのです。

>全てのEnabled文の後にDoEventsを二連続で書くという対症療法

ですので、これは対症療法ではありません。
もっとも、元々のコードが酷いからこのような結論になってしまうのですが(^^;

test()では、「アクティブシートのCommandButton1」の状態しか変えることが出来ませんよね。
アクティブシートにコマンドボタンが無ければ、
いや「CommnandButton1」というオブジェクトが無ければエラーになってしまいます。
このようなコードを私は書かないわけでは決してないんですが、
「全てのEnabled文の後に・・・」という愚痴は、絶対に言いません。だって、それは分かりきって書いていますから。

だったらこうするべきでしょう。

'MSForms.CommandButtonでエラーになる場合は"object"で
Sub ChangeStatus(oCmd As MSForms.CommandButton)
DoEvents
oCmd.Enabled = Not oCmd.Enabled
DoEvents
'MsgBox "here"
End Sub
Sub test()
call ChangeStatus(ActiveSheet.CommandButton1)
MsgBox "here"
End Sub
'--------------------------------
つまり、「コマンドボタンの状態を変え、Doeventsを発行する」という一連の作業を関数にしてしまえばいいんですよ。
ちなみにDoEventsは状態を変える前と後で発行してもうまく行きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
自分でも散々調べたのですが、理由がわからず困っておりました。
しかし、piyo2000様の明快な回答を拝見させていただき、スッキリいたしました!

また、作業を関数にして解決する案、目から鱗が落ちた感じです。
こういう解決方法があったんですね。大変参考になりました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/07/23 23:46

CommandButtonなどはUserFormで使うことが前提のためのように思います


ご質問と同様のことをUserForm上で実現すると
Enabledを変更した後にDoEventsを一度実行すればMsgBoxを表示する前に状態は変化するようです

Worksheet上の場合は2度の実行が必要なようですが …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

恥ずかしながらCommandButtonなどはUserFormで使うと言う前提も知らずに
使っておりました。
勉強になります。

しかし、worksheet上の場合は二回実行しないと動かないと言うのも、
面白いものですね。困ったときのDoEventsと言う感じですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/24 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

doevents」に関するQ&A: DoEvents関数って何?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエクセルVBAでオプションボタンを無効にする方法

フォームで作成したオプションボタンを一定の条件下で無効にするにはどのような記述をすればよいのでしょうか?
たとえばsheets("Sheet1").Range("A1")がFalseのときにShapes("Option Button 1")を無効にするという記述です。

Aベストアンサー

こんなのでは?

ActiveSheet.Shapes("Option Button 1").Select
Selection.Enabled = False

ボタン1と2が同グループの場合、ボタン1をTrue状態のまま操作できなくしても、
ボタン2が選択されるとボタン1はFalseになりますが。

QVBA シートのボタン名を変更したい

こんにちは。
Excelのマクロを作成しているのですが、
ユーザーフォームではなく、
シートにあるフォームのボタンの名前を変更したいのです。
どうしたら変更できるのでしょうか。
わかるかたいらっしゃいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。

> Application.callerで取得するボタン名を
> 変更したいのです。

了解です。
ボタンを選択します。そうすると、左上の「名前ボックス」に「ボタン1」とか表示されますね?
そこで名前ボックスの中を変更し、Enterキーです。

QExcel-VBA>コントロールをグレイアウトするには?

Excel-VBAでユーザーフォームのコントロールをグレイアウト(灰色にして入力不可能にする)するには、プロパティのどの項目を変更すれば良いのでしょうか?

具体的には、2つのオプションボタンの一方が選ばれたとき、その隣にあるテキストボックスをグレイアウトしたいのです。

ちなみに、グレイアウトの方法は、オプションボタンの状態を監視して、値がTrueになったときにテキストボックスのプロパティを変更させればいいのかな?・・・と考えていますが、この方法が間違っているようでしたら、それについてもアドバイスお願いします。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コマンドボタンのEnabledは、Captionが、グレーアウトになりますが、
テキストボックスでは、コードでバックカラーを変更するよりないかと思います。
こんな感じで・・・ 

Private Sub OptionButton1_Click()
Me.TextBox1.Enabled = False
Me.TextBox1.BackColor = &HC0C0C0
Me.TextBox2.Enabled = True
Me.TextBox2.BackColor = &HFFFFFF
End Sub

Private Sub OptionButton2_Click()
Me.TextBox2.Enabled = False
Me.TextBox2.BackColor = &HC0C0C0
Me.TextBox1.Enabled = True
Me.TextBox1.BackColor = &HFFFFFF
End Sub

ダメですか。

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Q【Excel VBA】マクロでExcel自体を終了させたい

環境:WindowsXP、Excel2003

マクロでエクセルを終了(ブックを閉じて、アプリケーション自体も終了)させたいのですが、以下のコードではアプリケーションが閉じてくれません。

ThisWorkbook.Close
ExcObj.Quit
Application.Quit

どこか悪いところはありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通に考えれば質問者のコードで上手くいきそうですが
hana-hana3さんの回答にもあるようにThisWorkBook.Closeでコード終了となりますので
Application.QuitをThisWorkBook.Closeの前にもってこないといけません。
Application.Quitはそれがあるプロシージャのコードが全て終わるまで
その実行を保留するちょと特別動作をします。

'-------------------------------------
 Application.Quit
 ThisWorkbook.Close
'-------------------------------------
 
 

Qエクセル VBA ユーザーフォームを閉じる

ユーザーフォームを開く時は
UserForm1.Showですが
閉じる時は?
UserForm1.Close
だとコンパイルエラーになります。
End
にするしかないですか?

Aベストアンサー

Unload Me とか Unload UserForm1 でユーザーフォームを閉じることができます。

QエクセルVBAでテキストボックスの値の取得と変更について

エクセルのVBAを使ってシート上のテキストボックスのテキストを取得・変更するマクロを作成したいと思っていますがうまく行きませんので、お知恵を拝借したいとおもいます。

環境:WindowsXPでオフィス2002
状況:
エクセルブックa.xlsのシートに「コントロールツールボックス」のテキストボックスを配置(オブジェクト名はTEXTBOX_C)
エクセルブックb.xlsにコードを書き、a.xlsのTEXTBOX_CのプロパティのValueかTextを取りだしたい

試した事:
コントロールを配置したシートに次のマクロ
TEXTBOX_C.Text = "これはコントロールのテキストボックス"
を書くとテキストボックスに文字を入れ込めますが、別のエクセルブックからだと上手く行きません。

また、オートシェイプのテキストボックスの場合は簡単に出きるのですが、コントロールツールボックスではどうしても上手く行きませんので、対象法などご存知の方いらっしゃいましたら教えてください

Aベストアンサー

エクセルを新規に開きました。
そのSheet1に(コントロールツールボックスの)TextBoxを貼りつけました。
そのBook1から、ファイル-開くで別ブックを開きました。
別ブックのMojule1側に下記を書いて
Sub test02()
MsgBox Workbooks("book1").Worksheets("sheet1").textbox1.Text
End Sub
を実行すると、Book1のTextBoxに入れた文字列が表示
されました。
がそんな質問ではないのですか。

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング