(まだ高校2年なので、そのレベルで分かるように回答して頂けると喜びます)

 えっとぉ、「セントラル・ドグマに従うとDNA→RNA→タンパク質になるが、中にはエイズウィルスのように逆転写と言ってRNA→DNAになるものもある」って習ったんですけど、逆転写をするのは何によって決まるんですか?

 あやふやな質問だけど、例えば「生物の種類によって決まる」だとか「細胞次第だ」とかってわけるとどうなるんですか?
 
 参考文献なんかも紹介していただけると嬉しいです。。。

  よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 以下のURLに解説がありますが、


まず、DNA生物が普通であると考えられていましたが、遺伝子にRNAを持つ生物(RNAウイルス)が発見されました。で、こいつめは、自分単独では自己複製(細胞分裂・生殖)ができません。それで、DNA生物の細胞に入り込み、その細胞のDNAに自分の遺伝子であるRNAの情報を転写します。このとき、逆転写酵素が必要になります。宿主の細胞はDNA情報が、ウイルスのものと変わったにも関わらず、RNAを生産します。この宿主によって生産されたRNAがウイルスのRNAで、ウイルスの複製(増殖)ができるのです。
 基本的にRNA生物の増殖(自己複製)が自分自身単独でできないことに由来することによります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/8471/ …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 ありがとうございました!

 ってことは、ヒトには逆転写酵素はないってことですよね?
 
 URL参考になりました。
   
    m(_ _)m ペコペコ。

お礼日時:2001/02/19 16:26

(皆さん厳しくチェックしてますね!今後は素直に質問される事をお勧めします!!)



akiyamayaharukaさんの丁寧な回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「プロテアーゼ阻害剤」
HIV関連ですが、難しすぎるでしょうか?

http://www.at-m.or.jp/~yuhki/protein.html
(タンパク質・核酸について)
http://kodansha.cplaza.ne.jp/hot/genome/words/
(レトロウィルス)
http://www.asahi-net.or.jp/~et7t-tum/diary/diary …
(AZT)
http://www.shu-paradigm.org/dnatop1.htm
(遺伝子治療とは何か)

補足お願いします。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/dig/protease/pb/proinbk.ht …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事、遅くなりました!! 
    m(_ _)m ペコペコ。

  あのリファランス見るのに時間かかっちゃって・・・

  う~~~んやっぱ少々難しいみたいです、自分にとっては。

   上のリファランスは「お気に入りに追加」しときましたんで、また力がついたら読もうと思います。

  ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/20 22:22

あれ?法学部在籍じゃなかったっけ?



さて、御質問の件ですが、簡単にいえば「逆転写酵素(reverse transcriptase)」をもつものになります。その名の通りRNAもDNAも鋳型にする酵素です。この酵素を持つのはレトロウイルスといわれる一群のウイルスです。有名なエイズウイルスもこれにあたります。RNA腫瘍ウイルスと呼ばれる物があり何故これが感染し遺伝的変化を引き起こすかが分かっていなかったのですが、この酵素の発見により生活環が解明されたわけです。

生活環については以前、御質問された時に紹介された本にあるような気がします。少し古い本ですが、講談社ブルーバックスの「RNA学のすすめ」にあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 あ、あれは「高校2年生程度の知識です」って意味です。。。

 誤解招きましたかね・・・ (○^▽^○)⊃ アハハ・・

  リファランス、参考にさせていただきます。
     (田舎の本屋は規模が小さいからなぁ・・・)

  ども、ありがとうございました!!
   

お礼日時:2001/02/19 16:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHIVの逆転写酵素

どこで合成されるのでしょうか?宿主細胞の中ですか?自身のRNAを逆転写するときには必要なんですよね?この段階で必要となると自身のウイルス粒子内で合成しなければいけないと思うのですが・・・・??

Aベストアンサー

レトロウイルスの逆転写酵素は宿主細胞内で合成され、ウイルスが形成される際にRNAと一緒にキャプシッドの中にパッケージされます。
ウイルスの生活環としては、
感染→RNAから2本鎖DNA合成→宿主DNAに組込→転写と翻訳
→RNA+キャプシッドタンパク+逆転写酵素。。。
→部品が合体してウイルスの出来上がり→感染・・・
といった感じです。

Q高校一年生物基礎です。 RNAとDNAの違いがわかりません。 DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。 糖が

高校一年生物基礎です。
RNAとDNAの違いがわかりません。
DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。
糖がデオキシリボースと
リボース。
塩基がTとUの違いくらいしかわからず、
どういう風に違うのか具体的に
知りたいです。

Aベストアンサー

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
逆に、壊れやすいというのは、そのうち壊れてくれる、ということでもあるでしょう。
メッセンジャーRNAがもの凄く頑丈だと、いつまで経っても壊れないから、もうその蛋白は要らない、というときでも作り続けてしまうかもしれない。
そんなこんなで、DNAを使っている生物では、RNAはDNAとは違う使われ方をしている、ということになります。
元本が石版で、あなたはそれをコピー機でコピーした紙で読んでいるような感じか。

後は追々、どう使われているか、全体像をしっかり捉えてください。
生物や社会は暗記科目で語句の暗記ができれば良い、なんて勉強をしている人は、語句とその意味から理解しようとして伸び止まります。
大体苦手としている奴が暗記暗記と言っていて、だから苦手なんですが。
そうではなく、教科書参考書を読み、授業を聴き、全体像をきちんと理解把握して、それで頭に入らなかった語句を丸暗記するようにして下さい。
理解把握の網に、暗記事項を引っかけていく感じ。
最初から丸暗記だと、意味の解らない言葉をただ暗記力に頼って覚えていくことになりますので、暗記力が余程優れた人で無い限り、挫折します。
また、例えばセンター試験は、丸暗記が通用しないように作られていますので、丸暗記バカは模試は良くても本番が壊滅したりします。
生物学を必要とするような専攻であれば、語句を丸暗記しただけのような人間を求めているわけでは無いのですし。

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
...続きを読む

Q逆転写酵素の阻害実験

 大学の実習でHIVの逆転写酵素の阻害の実験したのですがこの時反応液の調製を発泡スチロールの箱に氷をいれそれにアルミブロックを置いてその上で行ったのですが理由が解りません。教えてください。

Aベストアンサー

サンプル調整中の酵素活性を抑えるためです。実験は反応条件(こん場合は温度、時間)を必ず決めてやりますが、室温でサンプル調整を行うと調整中から予定外の反応が起こってしまうのです。

Q遺伝子が転写されるときにRNAヌクレオチドはどのようにしてDNAに寄ってくるのでしょうか?

遺伝子が転写されるときにRNAヌクレオチドはどのようにしてDNAに寄ってくるのでしょうか?
ウラシルとアデニン、グアニンとシトシンの間にできる水素結合の引力的な力で引き寄せられるのですか?

Aベストアンサー

DNAはスーパーソレノイド状態でタンパク質に巻き付いていますが、外部から該当するポリペプチドが必要とされる信号を受けると、ソレノイドがほどけます。ほどけたDNAの周囲にはRNAポリメラーゼとtRNA群が大きな塊になって控えているのですが、なぜRNAポリメラーゼの周りにtRNAが集まって来るのかまでは私には説明出来ません、大学の教養レベルの知識になります。ほとんど図ばかりですから、大きな書店で「ポリペプチドの合成」というような本を探して下さい。

Q逆転写後に残ったプライマーは、あとのPCRに影響する?

逆転写でRNAをcDNAに変換する時、ランダムプライマーを使用する場合があると思います。この場合、その後の実験系(PCR、定量PCR)において、残っているこれらのプライマーによって非特異的なシグナルが増幅したり、ターゲットの遺伝子のシグナルに影響を与えたりすることがあるのでしょうか?
やはり、エタノール沈殿など行なってから次のPCRなどに移行するのが普通でしょうか?

どなたかご意見いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

RTを反応液そのままPCRに持っていってますが問題なくworkしてます。ランダムプライマーはそんなに長くないのでPCRのプライマーのアニーリング温度では高すぎると思います。
一般的にはそうであってもここのケースでどうなるかは別ですから気になるのであればランダムプライマーを除けるスピンカラムを使えばいいのではないでしょうか。またPCRのプライマーのながさをより長くすればランダムプライマーのミスアニーリングをより確実にへらせます。

Q細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません! RNAは細胞内のどの場所にある

細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません!
RNAは細胞内のどの場所にあるのですか?

Aベストアンサー

おおざっぱにいえば「いろんなところ」にあります.

例えば mRNA は核 DNA をもとに合成され, そこにリボソームがついて蛋白質が作られていき, 最終的に不要になれば分解されます. そしてリボソームで蛋白質を作るためにはアミノ酸をもってくる tRNA が必要. さらにはリボソーム自身が rRNA を持っています.

Q逆転写について

論文中に
Analysis of EIN3 transcripts by PCR with reverse transcription.

という一文があり、実験ではPCRでendogenousとtansgeneを用いた転写、発現を行っているのですが、要するにこの2つの遺伝子を鋳型としてPCRしているだけですよね?with reverse transcriptionというのがよく分からないのですが、一体どういうことですか?

Aベストアンサー

前後の文とEIN3というのがどういう遺伝子か分からないので、正確な回答か分かりませんが、与えられてる情報から私なりに解釈してみました。

細胞のトータルmRNAからEIN3のアンチセンスプライマーを使って逆転写(RT)してcDNAにします。この段階ではRTでできたcDNAは非常に少ないので一旦PCRで増幅します。この時にセンスプライマーに例えばT7プロモーター等導入してあげれば試験管内で、簡単に大量にとることが出来ます。PCRの後にサブクローンして配列チェックをしているかもしれません。

文章に出てくる「EIN3 transcripts」とは上記のようにして得られたRNAのことだと思います。そのRNAを解析するという事ではないでしょうか?

ちょっと自信ありませんが私の解釈ではそういう感じです。
英語は全体の意味が理解できればOKです。
一字一句直訳するような事だけは止めてくださいね。

Qセントラルドグマについて

RNAからたんぱく質に翻訳されるのはなぜ一方通行なのですか?

Aベストアンサー

一つのアミノ酸をコードしているRNAには何種類かあるのはご存知ですよね?たとえば、アラニンにはGCA、GCC、GCG、GCUの4つのコドンが対応しています。

もしアミノ酸(タンパク質)からRNAが作られるとすると、同じアミノ酸からでも様々なRNAが作られてしまうことになります。これではある一定の配列をしたDNAを伝えていくことが難しくなってしまいます。だから現存している生物はRNAからタンパク質への一方通行の翻訳なのかもしれませんね。

Q逆転写酵素活性測定

 SYBR green1とはどうゆう物ですか。教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

SYBR greenの原理はエチジウムブロマイド(エチブロ)と同じで、DNAの間に入り込むことで蛍光を発します。
ですから、逆転写酵素により合成されたDNA量とSYBR greenの蛍光が相関するため、SYBR greenの蛍光をDNA合成量の指標として用いることができるのです。
No.2の方がおっしゃっているとおり、green1は2本鎖DNAの、green2は1本鎖DNAの検出に適しています。
測定には473nm付近の波長が適していますよ。

Qセントラルドグマについて説明せよ

「下記の語句を用いてセントラルドグマについて200字から300字程度で説明せよ。
語句(DNA、リボゾーム、複製、転写、翻訳、mRNA、スプライシング、アミノ酸、タンパク質、tRNA)」
という問題です。

セントラルドグマについては理解していますが、それをうまくまとめることができません。
どなたかうまくまとめていただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

真核生物と原核生物で違うのですが。
何が大変なのかな?と思ったら、200字~300字だとちょっと長いんですね。
高校の内容だけだと100字程度でで終わってしまうので。
基本的に高校の内容で大学の話もちょっと膨らませて書いてみます。
(逆にすべて大学の内容で書くと300字では足りないので)
あと真核生物での内容です。


DNAのプロモーター領域の上流のTATABOX付近にTFII(A、B、D、E、F、H)と
RNAポリメラーゼIIが開始前複合体を作り、転写を開始。
転写された前駆体mRNAの5’側にキャップ構造、3’側にポリAが修飾され、
その後、前駆体mRNAからイントロンを除去する過程である
スプライシングを受けRNAができる。
mRNAは核内から出て、細胞質でリボゾームが結合。
tRNAがmRNAのコドンに対応したアンチコドンのアミノ酸をリボソームまで運びタンパク質が合成される。
このmRNAにリボソームがつき、タンパク質が合成されるまでの過程を翻訳という。

214文字。
最初にも書きましたが、
セントラルドグマを100字で説明せよという概念的な事であれば関係ないですが
200字~300字となると少しだけ細かい内容を記述する必要が出てきて
そうなると真核生物と原核生物で違いが問題になるのであまり良い設問ではないです。
本来であれば、真核生物を例に、、、みたいな注釈が必要です。

複製は使いませんでした。本来セントラルドグマで複製は出てきません。

またすでに出てますが、逆転写酵素を持つレトロウィルスが出てきたり
近年ではマイクロRNAを代表する機能性RNAが出てきたりして
セントラルドグマの概念自体がかなり揺らいでいます。

正式な名称ではないですが、学会では上記の内容が古典的セントラルドグマと
呼ばれたりします。

真核生物と原核生物で違うのですが。
何が大変なのかな?と思ったら、200字~300字だとちょっと長いんですね。
高校の内容だけだと100字程度でで終わってしまうので。
基本的に高校の内容で大学の話もちょっと膨らませて書いてみます。
(逆にすべて大学の内容で書くと300字では足りないので)
あと真核生物での内容です。


DNAのプロモーター領域の上流のTATABOX付近にTFII(A、B、D、E、F、H)と
RNAポリメラーゼIIが開始前複合体を作り、転写を開始。
転写された前駆体mRNAの5’側にキャップ構造、3’側にポリA...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報