段落の始めにカギカッコがくるとき、1マスあけてからカギカッコを書くのですか?
それとも段落の始めでもカギカッコは一番上ですか?

A 回答 (2件)

学校教育においては、1マスあけないでカギカッコを書くように教えているようです。

また、内心語の「  」は改行しないということもあるようです。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://homepage1.nifty.com/s-murano/genkouyousi. …
    • good
    • 5

『原稿用紙』懐かしいですね~。



↓こんなのいかがでしょう
http://www.mori7.net/gennkou.php

忘れかけていましたが 改めて勉強になりました~。
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかぎかっこと二重かぎかっこは同じますでもいい??

私は今、夏休みの宿題で、読書感想文に取り組んでいます。

その中で、本の中の1文を書きたいのですが、「(かぎかっこ)と『(二重かぎかっこ)が続くところがあります。
例)「『生きる』っていうことは・・・・」

この場合、「(かぎかっこ)と『(二重かぎかっこ)は1つのマスに書いてしまっていいのでしょうか?
それとも、一マスずつ分けて書いた方がいいのでしょうか?


分かる方、回答お願いします。

Aベストアンサー

一マスに一記号が基本。そして、カッコなどという記号は、なるべく使用しないよう努力すること、そういうものを遣わないことが、より良い日本語になるという認識と努力が大切。カッコを遣って会話文にすることが、絶対に必要なのでしょうか。会話分を、その文脈からより短く整理し、要点のみを手短にする方が、より日本語として完成度が上がるということもある。必ずしも、会話文が分かりやすいということにもならない。自分の言葉を放棄して、他者の言葉を「」内に、そのまま遣うのは、ある意味ではモノ書きとしての逃げになる。

Q作文のカギカッコ

かぎかっこのはじまり→「  を行末に書き、
次の行から内容を書いてもいいのでしょうか

Aベストアンサー

提出先によります。

学校の課題であれば、原稿用紙の使い方に忠実に書くことが求められますので、行の最後の1マスに始まり括弧を入れるのはNGです。

出版することを目的に、出版社や印刷所に持ち込む原稿の場合は、最後の1マスに始まり括弧を入れても問題はありません。
印刷物の場合、原稿用紙と同じ字詰めになることはほとんどありませんので、最後の1マスに始まり括弧が来ても関係がなく、どちらかと言えば字数をきちんと数えるためには最後のマスを開けたりしない方が便利なためです。

Qかぎかっこは

初歩的な質問ですが かぎかっこはどうやったらでますか。

Aベストアンサー

日本語入力状態で、「かっこ」と入力し変換してみてください。

Q「 」が段落の最初にある場合は、いったい一マスをあける必要があるのでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「 」が段落の最初にある場合は、一マスをあける必要がないと思っているのですが、何か間違えているようです。

http://www.asahi.com/paper/column.html
 「パリ……凱旋門賞だというのに、寝坊しちまった」。競馬評論家としても知られた寺山修司が、日本からメジロムサシが出走した1972年の凱旋門賞のことを、「ヨーロッパ競馬日記」に書いている。「メジロムサシは人気もなかったが気合もなかった」(『競馬無宿』新書館)。この日、メジロムサシは18着だった。

 上は2006年10月21日(土曜日)の『朝日新聞』のコラム『天声人語』の第一段落からの引用です。お聞きしたいのですが、この段落の文頭、なぜ一マスをあけているのでしょうか。「 」を段落の文頭に置く場合は、一マスをあける必要がないのではないでしょうか。「 」のルールがわからなくなりました。ご存知の方、是非教えてください。

 また、質問文に不自然なところがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

段落の中間でたまたま行の第一字目が‘ 「 ’であるときと区別するためです。
 「□□□□□□□□□□」□□□□□。
「□□□□□□□」□□□□□。
は一つの段落です。
 「□□□□□□□□□□」□□□□□。
 「□□□□□□□」□□□□□。
は二つの段落です。

従来、活版印刷時代からいくつかの方式がありました。
1) 改行しても段落冒頭の字下げは一切行わない。
段落最終行の「。」が行末にあって紛らわしいときには欄外にはみ出して‘ ┛ ’のような記号をつける。
2) 段落冒頭では全角の‘ 「 ’を使い、(見た目半角下リ)、段落中間の行頭では半角の‘ 「 ’を使う (天ツキ)
3) 常に全角の‘ 「 ’を使い、段落冒頭ではさらに一字分あける (見た目1.5倍下リ)。
段落中間では見た目半角下リ。
4) 2の変形で、段落冒頭の見た目の字下がりを全角で統一する。つまり‘ 「 ’は半角として考え、その前のアキを1字分とする。

2、3は、活版の事情で、なるべく全角文字として処理し半角を混在させたくなかったのです。
とくに3では‘ ……。 「…… ’のアキを詰めて‘ ……。「…… ’とすることもしません。
“ジャスティフィケーション”をしなくても行末がでこぼこにならないようにという要請によるものです。
4は、コンピューターが発達し、人間が手作業で活字と活字の間をあける処理をしなくてもジャスティフィケーションが簡単に実現できるようになったので、
段落冒頭が通常の文字の場合も‘ 「 ’や‘ ( ’の場合も見た目の字下がりが同じ方がいいとする行き方です。

* 原稿を印刷所に渡すとき、字詰めが必ずしも最終的なものと同じとは限らない上、‘ 「 ’全角/半角の使い分けも不明確になりますので、出版社として2の方式を採る場合でも、執筆者は3の方式で書くほうが紛れがありません。
これは最終的に印刷して実現される体裁とは別の話です。

段落の中間でたまたま行の第一字目が‘ 「 ’であるときと区別するためです。
 「□□□□□□□□□□」□□□□□。
「□□□□□□□」□□□□□。
は一つの段落です。
 「□□□□□□□□□□」□□□□□。
 「□□□□□□□」□□□□□。
は二つの段落です。

従来、活版印刷時代からいくつかの方式がありました。
1) 改行しても段落冒頭の字下げは一切行わない。
段落最終行の「。」が行末にあって紛らわしいときには欄外にはみ出して‘ ┛ ’のような記号をつける。
2) 段落冒頭では全角の‘ 「 ’を使い、(見た目半角下リ)、段落中間の行頭では半...続きを読む

Q読書感想文 ~二重かぎかっこ~

読書感想文の宿題が夏休みに出ました。

私は、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら という本を
読み、感想文を書こうと思っています。

原稿用紙の書き方を見ると、二重かぎかっこは、書籍の名前につけると書いてありました。
この場合、 もし・・・ の前につき ・・・だら の後につくことになりますよね?
そして、マネジメントの前と後にも二重かぎかっこがつきます。

つまり、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』となってしまいます・・・。
書籍の名前を書くときに、二組 二重かぎかっこをつけていいものなのでしょうか?

説明が分かりにくくてスイマセン。。。
出来るだけ、早い回答 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご自分で書かれた通りでも問題はありませんが奇異に感じるのであれば、

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら』

の様に変更してしまってもかまわないでしょう。

一応定義としては『(二重カギカッコ)より下位ですぐ下のカッコは「(カギカッコ)だと定義されてますので。

Q原稿用紙に作文を書く際、行頭に句読点が来てしまうときは前の行の行末マス

原稿用紙に作文を書く際、行頭に句読点が来てしまうときは前の行の行末マスにいれますよね。

では「アメリカ・日本・中国」みたいに並列で書くときの中点が行頭に来るときはどうすればよいのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「・」は、行末に置くのが安心かと思います。

「・」も、「、」「。」と同様に、行頭にはおきません。(行頭禁則)
厳密には、行頭にも行末にも置かない方がよいのですが、行末やむなしの判断が一般的だそうです。
ただ、ものによっては行頭に置いてもいいという考えもあるようです。
(どっちやねんって感じですが)
なので、
どうしても「・」が行末か行頭に来てしまう場合、
どっちがよりいいか、というと、まずは行末が安心です。


ちなみに、
「前の文字と分割できないものは、行頭に置かない」(行頭禁則)
「後ろの文字と分割できないものは、行末に置かない」(行末禁則)
というルールです。
(ややこしいです(-_-;))
そのように考えていくと、「・」は、どっちもダメ、ということになりますよね。
「アメリカ・日本・中国」は並列で、前後どちらの文字とも関係があるので。

Qかぎかっこのつけ方について

作文を書く時、文頭は、1マスあけて書き始めますが、文頭がかぎかっこのときも、1マスあけて書き始めるのですか。教えてください。

Aベストアンサー

現役中学校教師に確認しましたら、空けるのが正しいということでした。活字は句読点などが一番上に来ないように、文字間隔を調整したりしている部分があるので、見た目で判断できないようです。また、出版物ではいろいろな書き方をされているようですが、基本的には、空けるということのようです。

Q作文用紙横書きの場合 2.3 23 230 2300 はそれぞれどうマスに入れるのが正しいですか?

作文用紙横書きの場合
2.3
23
230
2300
はそれぞれどうマスに入れるのが正しいですか?

Aベストアンサー

絶対的な基準のようなものはありません。
但し、通常は、一般的に以下のようにします。

2.3 ‥‥ それぞれの数字・小数点で1マスずつ使う(=小数点を伴うとき)
23 ‥‥ 数字2桁につき1マス使う
230 ‥‥ 数字2桁につき1マス使うが、低位(1の位)から高位に向けて2桁ずつ区切る
 (2 30 と分ける、という意味)
2300 ‥‥ 同上
 (23 00 と分ける、という意味)

レポートの書き方などで指導されている内容を参考にした書き方です。
いちばん初めにも書いたとおり、絶対的な基準のようなものはありません。ですが、第三者が見たときに判読しやすいように書くことが大事だと思います。

Q行のあたまがかぎかっこ

 恥を忍んでお聞きします。
 文章を書くとき、こういうふうに改行したら行の初めは一文字ぶん下げますよね。(原稿用紙ならひとマス空ける)
 行のあたまがかぎかっこの時も、一文字下げますか?
 なんの疑問もなくそうしていたのですが、妹が「かぎかっこは一番上から始める」と言うので。
 情けない質問ですが、どうか教えてください。

Aベストアンサー

私も一字下げるのかと思っていました。というかあまりそういう文章を書くことがありませんからね…

と、今、手許にあったエッセイを見てみたら、"「"は一番上から始まっていました。

何冊か見てみてもやはりそうです。

妹さんのおっしゃっていることが正しいようですね。

Q二重引用符とカギカッコの使い方の違いって?

二重引用符(“”)とカギカッコ(「」)の使い方って、正確に決められているのでしょうか?

どっちがどう違うのかわかりません・・・。
使い方の違いを教えてください!


回答よろしくお願いします――

Aベストアンサー

英語では“”です。更に引用などのある場合は‘’となります。
国語は本来「と」でした。「と」との中に更に引用する場合には『』となります。
処が横書きにする際に英語の引用符が用いられるやうになりました。人によっては、「と」、『と』以外に鳥渡語を囲む場合に使っているケイスも見掛けました。

文部省(当時)では「くぎり符号の使ひ方」と云うものを出しています。「国語施策情報システム」に掲げられていますが、昭和21年のもので、しかもその母体は明治39年です。然し乍基本線は今も通用するやうです。(参考URL参看)
ご参考にならば幸甚です。

なお、工業系-特にJIS規格-はこれと違う基準があります。
JIS Z 8301がそれです。工業調査会のURLを貼っておきます。ここから規格の部分は閲覧できます。
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=101421

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20080917170717


人気Q&Aランキング

おすすめ情報