【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

病院の薬局で勤めております。
毎月の調剤数をカウントしているのですが、「調剤数」というものの
明確な定義をどなたか教えていただけないでしょうか?
具体的には水剤、粉、玉、外用で分類し、同じ分類のものが
何剤かあっても1調剤ということになるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「調剤数のカウント」というのはよくわからないのですが、1調剤の定義ということで書きます。



内服薬 
「散剤、錠剤、カプセル」については服用法ごとに1剤となります。(例)毎食後の薬なら、1種類でも5種類あっても1剤です。毎食後の薬と夕食後の薬が処方されればどちらが何種類あっても2剤です。

「液剤、滴剤」は、考え方は同じですが、上記の「散剤、錠剤、カプセル」とは別に考えます。(例)毎食後の錠剤と散剤と水剤が処方された場合、錠剤と散在で1剤、水剤が1剤、計2剤となります。

外用薬
外用薬は用法に関係なく1種類が1剤です。ただし、たとえば「何種類かの軟膏が計量混合されてできている軟膏」は1種類とします。

頓服
1種類が1剤です。(たぶん。あまり自信ないです)

説明がヘタですみません。
なお、ご存じとは思いますが、「調剤料の数え方」となるとまた別です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
このご説明で分かります。
内服に関しての基本は「用法ごと」ということですね。
液、滴剤はまた別で考える、と。

ふむふむ、これで納得できそうな雰囲気です。

お礼日時:2002/12/11 22:57

#1です。


知り合いの薬剤師に聞いてみましたら、#2さんと同じ様な答えが返ってきました。
    • good
    • 0

知り合いの薬剤師は寝ているので、はっきりした事はわかりませんが、点数表から見ると、内服、頓服、外用注射で分けているようですが。


http://www.sasakigp.co.jp/html/sub9_2.htm
http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/hoken/yakyok.htm

レスがなければ、知り合いに聞いてみます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
私の意図していた回答とはちょっとずれているようですが勉強になりました。
「調剤料」と「調剤数」は違うようです。
しかし素早い回答、ホントにありがとうございました。

お礼日時:2002/12/11 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q院内処方箋の保管期間は何年ですか?

院内処方箋と院外処方箋で保管期間が異なっていたと
記憶しています(5年、3年)。
しかし、周りの人は誰も記憶してないようです。

どなたかご存知の方教えてください。
根拠となるページがあるとありがたいです。

Aベストアンサー

医療法21条1項14号及び同法施行規則20条11号により、
診療録以外の病院日誌、処方箋、手術記録、エックス線写真等は、2年間の保存義務が課されています。

薬剤師法第27条により、
薬局開設者は、当該薬局で調剤済みとなった処方箋を、調剤済みとなった日から3年間の保存義務が課せられています。

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

Q調剤薬局の受付事務の仕事内容について

明日、小さな調剤薬局の受付事務の面接へ行きます。今まで色々な所へ履歴書を出すも、履歴書すら通らず・・・。やっと面接をしてもらえる所がありました。条件的にも私が望んでいた通りで、「未経験者も可」13時から18時(4~5時間)月15日から20日程度、日・祝日休み。
採用となった場合、まったくの未経験からとなります。私に出来るかどうか・・・不安です。もちろん、誰もが最初は未経験から始まり大変じゃない仕事は無いと思います。そこで質問なんですが、皆さんの中でこの仕事を未経験から始めた方、いらっしゃいますか?求人に、仕事内容は書かれていましたが、具体的にどんな事をするんでしょうか?また、どんな所が大変で、どの位で仕事を覚えましたか?多くの回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10年くらい前の話なのですが、
参考になればと思います。

私が勤務してたのはドラッグストア系ではなく、
病院のそばにある調剤薬局です。
当時は未経験で、医療事務の資格はなくていいという
条件でしたので、面接のときにそのことを尋ねました。

そこの薬局の見解は薬局ごとのカラーがあるので、
未経験の人のほうが(言い方は悪いのですが)
その職場のカラーになじませやすいというものです。
経験がなければ「前の会社(薬局)はこうだったのに」
と思わず、こんなもんだと思えますよね。

仕事内容は主に患者さんから持ち込まれた
処方箋を専用端末に入力し、薬袋の準備をします。
(●日分、●錠と手書きでかいたり、パソコンから
出力したり)
付随業務としては、患者さんの保険証の期限切れ、
変更の確認、それに伴う入力です。

あとつきに1度レセプト作業があります。
これはネットで検索すればすぐに出てくると
思いますが、手短にいえば、社会保険事務所や、
国民健康保険に対してお金を請求する業務です。
患者さんから頂くお金は10に対して3割。
あとの7割を請求します。
手計算ではなくすべて専用ソフト(パソコン)で
行いますので、インターネットができるくらいですから、
操作手順さえ覚えてしまえば問題ないと思います。

大変なのは人間関係です。
小さな調剤薬局ならなおさらですね。
ただどこへ行っても人間関係はあると思うので、
乗り越えていくしかないと思います。

面接いい結果がでますように。

10年くらい前の話なのですが、
参考になればと思います。

私が勤務してたのはドラッグストア系ではなく、
病院のそばにある調剤薬局です。
当時は未経験で、医療事務の資格はなくていいという
条件でしたので、面接のときにそのことを尋ねました。

そこの薬局の見解は薬局ごとのカラーがあるので、
未経験の人のほうが(言い方は悪いのですが)
その職場のカラーになじませやすいというものです。
経験がなければ「前の会社(薬局)はこうだったのに」
と思わず、こんなもんだと思えますよね。

...続きを読む

Qprintscreenを押すと印刷されてしまう

OSはwindows7を使用しています。

以前はキャプチャしてペイントに貼り付け、加工をしてから印刷していましたが、
OSがwindows7になって、printscreenを押すと加工前に印刷がかかってしまうように
なってしまいました。
以前のように、printscreenを押した時点では印刷されないよう設定がしたいです。

どなたかわかる方がいらっしゃったら教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「画面ハードコピー」⇒「出力先」を『出力しない』に変更。

「プリントスクリーンで印刷されないようにする方法」
http://tsunoda.biz/%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9/

Qホクナリンテープを1/2にし、使用しても大丈夫でしょうか?

以前私が処方してもらい、使用期限内の
「ホクナリンテープ(気管支拡張剤)2mg」があまっているので、
子供が同じ「ホクナリンテープ1mg」を使用しているので、
2mgを半分に切って使用しても大丈夫なものでしょうか?

出来ましたら、専門家の方に教えていただけると助かりますので、
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

薬剤師です。
ホクナリンテープは半分に切っても、ANo.1さんのいうような心配はありません。
子供の年齢に応じて、「2/3に切って使ってください」「1/2に切って使ってください」と医師も指示を出しています。

ただ、薬を使っていい場合なのかは医師でないとわかりません。
医師にかかるまでのつなぎとしての使用だけにしておいた方がいいです。受診時に、手持ちを半分に切って使っていいかどうか確認しておけば、堂々と?使えます。厳密には処方日数を超えて余っている薬は使ってはいけないのですが、喘息などでは常備薬を持っておくのも一般的なので……。

Q医療機関同士の医薬品や試薬等の販売(交換?)について

こんにちは皆さん。

薬剤や医療材料を病院間同士で融通しあう場合は特別な許可や資格等が必要
でしょうか?
(特別な許可や資格とは、薬剤を販売する場合は薬の販売業?の様な資格が必
 要であったり、医療機器であれば医療機器販売業の資格等の事です)

例えば、
A病院で試薬が余っている。B病院では丁度試薬が切れる。
そこで、その試薬をA病院から譲り受ける(対価としてお金を支払う)。

A病院とB病院は特に関係はない
(グループ病院や病院と診療所とかの関係でもない場合)

この様な事は可能でしょうか?
A病院は薬の販売資格等がないとB病院に譲れないのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

おそらく卸売販売業としての許可が必要になると思いますが、ひとつ問題なのは病院で使用する薬を卸売りすることになるわけで、その薬が病院という医療機関のものであるのに、病院内に開設された卸売販売業者が販売するということが果たして妥当なのかということがあります。

つまり薬が医療機関としての病院の管理下になるのか、それとも卸売販売業者の管理下にあるのかという点がたぶん問題にされるような気がします。
厚労省や都道府県の担当部署に聞かないとはっきりしませんが、実際はちょっと難しいように思います。

QCRPの適応疾患について質問です。

CRPの適応疾患について質問です。
レセプト審査の仕事をしているのですが、CRPが算定されている場合、適応疾患としてはどのようなものがあるのでしょうか。
手持ちの資料では、炎症、感染が関係しているものとあるのですが、具体的な病名が書かれていないもので・・・。
幅広く使われる検査なのでしょうが、一例で構わないので、例えば糖尿病とか何か外傷があればよいとか、挙げていただけたらと思います。
ちなみに、高血圧症のみの病名のレセプトは査定されました。

Aベストアンサー

通常は、なんらかの細菌の感染症
悪性腫瘍、虚血性心疾患、膠原病でもokだったと思います。

Qリンデロン と ゲンタシン 塗り薬の使い分けは?

リンデロン

ゲンタシン


皮膚科や外科で 傷したとき よく処方させます。

何度か処方されると 自宅に残ってしまいます。


少々の傷や化膿してしまったときに 緊急的に使用したいのですが

この使い分けの目安を 知りたいのです。



もちろん 医師に処方されたわけですから、
その傷に合った場合に限られるのは 理解しています。

しかし、同じような傷やよく似た傷に 使用できれば
早々対処できるし 治療費も掛かりません。

市販のものより 直りが早く 場合によっては 
自己判断で使用できるようになりたい、のです。

             よろしくお願いいたします。






Aベストアンサー

リンデロンは、ステロイド剤に抗生物質のゲンタマイシンを添加したもの。
ゲンタシン軟膏はゲンタマイシンが主成分でステロイド剤が入っていません。
殺菌効果の抗生物質ゲンタシン軟膏に、即効性の消炎作用をもたせたものがリンデロン-VGだと思ってください。

ステロイド剤はテキメンの効果がありますが、副作用や習慣性や後遺症など問題が多くあり、他の薬と併用の禁忌の場合もよくあります。だから長期使用に向かず、短期間で一気に完治させる必要がある。
なので、ニキビとか、慢性鼻炎とか、長期間の使用が考えられるときは、ゲンタシン軟膏が処方されます。

使い分けの目安ですが、一時的な傷や強いかゆみを抑えたい時はリンデロン-VG。虫さされや火傷、切り傷、ヘルペスなど。
あせもやとびひなど化膿や患部の拡散を抑えたいときには、ゲンタシン軟膏が殺菌力が高く効果的です。

ただし、あくまで自己責任。医師の指導のもと使ってください。

QMSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について

MSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について教えて下さい。
MRSA(+)から、MRSA(-)になり今度はMSSAが(3+)となりました。これはどういう意味合いがあるのでしょうか?
詳しくわかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

黄色ブドウ球菌は抗菌薬耐性の観点から、メチシリンやオキサシリンに耐性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus: MRSA)とメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(methicillin-sensitive Staphylococcus aureus: MSSA)に分けられるてます。

つまりMRSA陽性がMRSA陰性になり、その後MSSAの陽性がでたということでしょうが、MSSAはメシチリンという抗生物質で抑えられるので問題ないと思います。病気でもありませんし普通に常在する黄色ブドウ球菌です。

MRSA(+)ならメシチリンが効かない(耐性がある)ということで問題がありますが、MRSA(-)MSSA(3+)は問題ないです。よほど感染に注意するべき傷口に入ったりしない限り大丈夫だと思いますよ。

Q医療法における標準の医師数の計算式

“医療法における標準の医師数の計算式”を探しているのですがどうしても見つかりません。どなたかわかる方おりますでしょうか(^_^;)

Aベストアンサー

一般的に外来患者数、入院患者数とも1年平均で1日あたりの患者数です。※開院後1年未満、あるいは開院時の算定を除く。
ただし、一般病院と大学病院あるいは特定機能病院等では医師必要数の算定方法が違います。所轄の社会保険事務局(医療課)に聞くのが一番早いと思います。


人気Q&Aランキング