夏目漱石のこころについてなんですが
①こころの主題
(上・中・下に分けてもいいですしまとめてでもいいです)

 
②先生はなぜ自殺をしなければならなかったのか

 
この2つを教えてください
m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)こころの主題(上)


こころの在り方とこころの自己依存性、そして、喪失と再生が主題になります。
(1)こころの主題(中)
(1)こころの主題(下)
こころがこころであるための苦悩として、自己保存意識に目覚めてしまったこころと、本来の自分であり続けようとするこころの葛藤が描かれます。一方のこころは、現状維持を望むこころであり、もう一つのこころに対して従属する政策を行います。しかし、もう一方のこころは、心の自治権の確立を求め、独立戦争を起こしてきます。戦線は膠着状態となり、11ヶ月が経過した頃、ある事件が起こります。


(2)先生はなぜ自殺をしなければならなかったのか
増長したこころは暗黒面に落ちてしまったため、それを破壊するための新たなこころが生まれるのは必然であり、自殺という整体活動を停止する恋により、より高い次元での心の融合を果たし、次のステージへと進んだ。
    • good
    • 0

(1)こころの主題


(上・中・下に分けてもいいですしまとめてでもいいです) 
(2)先生はなぜ自殺をしなければならなかったのか
 同じ事を疑問に思ってこころを読みました。
読んだ人にしか分からないと思います。読んでも分からなければ学校の国語の先生に聞いてください。
 貴方の読書の楽しみを奪いたくありません。
    • good
    • 0

それってどっちも、それを知るために読むわけで


いま教えちゃったら、推理小説の犯人を教えるよう
なもの。

なので、絶対教えられません。

それに、宿題は自分でやるもの。
なんでもかんでも、人に聞いて楽しようという、そ
憂い歌井戸が日本人のレベルを下げているのである。
あなたはゆとり世代でしょ。
日本も終わりですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小林麻央は知名度を利用して一体なにやってるんかわからんわ。本当に死にそうだったら、毎日ぶろぐ。なんか

小林麻央は知名度を利用して一体なにやってるんかわからんわ。本当に死にそうだったら、毎日ぶろぐ。なんか更新出来ませんよ。ゴーストライターいるのか、本人が言うほど深刻でないか。何せブログでぼろもうけだって。どこでどんな治療してるんかすべて今たいへんな大変な人に公表しないで海老蔵がそっとしてくれといいながらデレデレと応援するのはみっともないよ。
そんな麻央さんから元気もらえません。

Aベストアンサー

こころちゃんの言葉は悪いけど
私もこの件には気になっておりました

そっとしておいてくれと言いながら
連日ブログを作成

直接読んでいるわけではないが
連日報道で発表されている

ほかにも同じような病気で入院されている人もいるのに
なぜこの夫婦だけが連日
テレビのニュースまでに報道されているのも不可解

世間で読まれるのを前提に書かれたような夫婦の会話で
ふたりだけの会話ではないように思われます

それを多くの人に読ませるのも不可解

この時代、ブログを読まれていろいろと言われてもしかたがないという
前提もなければ、かけないでしょう

マスコミにも責任はあります

マスコミがあおっているようで
反発も当然出てくるでしょう

それも前提でマスコミは発表しているのかどうか

Q夏目漱石の「こころ」について

時代の背景などを取り入れながらKは先生を。
先生はKをどのように思っているかを調べることになりました。

先生はKに対するコンプレックスはあったという風に私は受けました。

Kは先生のことどう思ってるんでしょうか??
下の25章には「Kがそのために私を軽蔑していることがよく解りました」とありますが他にヒントになるようなことありませんか??

よろしくお願いします

Aベストアンサー

いきなり身も蓋もない話で恐縮ですが、「こころ」に登場するKという人物については、「先生の遺書」の中で語られている限り、われわれ読者としては、先生の「遺書」執筆の動機や目的というフィルターを介して、しかも先生の都合によって選択・再現されたKの在りし日の言動しか知ることができないのです。

となると、そもそも

>Kは先生のことどう思ってるんでしょうか??

という疑問そのものがはたして成立し得るのでしょうか?
もちろん、「先生は、「Kは先生のことどう思ってる」と考え、「遺書」中にKのことをあのように書いたのか?」という疑問なら成立し得るでしょうが。

>「Kがそのために私を軽蔑していることがよく解りました」

これも、第三者の視点からのものではなく、あくまでも先生の側の事情や都合にもとづいてKの心中を忖度した結果でしかないですよね。
とすれば、ここで「先生自らこう判断しているのだから、確かにKは先生のことを軽蔑していた、これはKの本心だ」とはとても言えないのではないでしょうか。

ですから、「遺書」中で先生がKについて書いていることの全ては、あくまでも先生の「明治の精神」に殉死せんとの決断へと収斂することで、はじめてその意味や意義を持ってくるはずで、こうした先生の視点(都合、内的必然性)から切り離して、Kの真意なり、本音なりを推察しようとするのはいかがなものでしょうか。

いきなり身も蓋もない話で恐縮ですが、「こころ」に登場するKという人物については、「先生の遺書」の中で語られている限り、われわれ読者としては、先生の「遺書」執筆の動機や目的というフィルターを介して、しかも先生の都合によって選択・再現されたKの在りし日の言動しか知ることができないのです。

となると、そもそも

>Kは先生のことどう思ってるんでしょうか??

という疑問そのものがはたして成立し得るのでしょうか?
もちろん、「先生は、「Kは先生のことどう思ってる」と考え、「遺書」中にKの...続きを読む

Q小林麻央さんも、そう長くないよね?…

小林麻央さんも、そう長くないよね?…

Aベストアンサー

神のみぞ知るです

Q夏目漱石「こころ」の解説 

夏目漱石の「こころ」の文章の解説が載っているサイトをご存知の方、URLを教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD24517/story.html
あらすじでよいのでしょうか?

Q小林麻央ちゃんが羨ましいと思ってしまった私… 私は現在 難病で闘病中の者です。 最近 ネットで小林麻

小林麻央ちゃんが羨ましいと思ってしまった私…

私は現在 難病で闘病中の者です。

最近 ネットで小林麻央さんの記事を読んで自分との格差に嫉妬を感じてしまいました。

先日まで私は麻央さんに好意的でありましたが、お仕事を頑張っていて、旦那さんである海老蔵さんが事件を起こした際も私から見ると彼女は誠実で素晴らしい人間だと思っていました。

今でもガンが見つかった際も麻央ちゃんばかり大変な思いをするのだろう❓と思ってはいますし、奇跡的に完治して欲しいと思っています。

けれども、色々なことに格差を感じてしまい…

私が病気になった時は家族に非難され、会社はクビになり、痛みで七転八倒していた時にはお風呂に一週間も入れず、体重が38キロまで落ちた時に病院から言われた言葉は「病院に来れたんだから大丈夫」等… でした。

家族には非難され、汚いモノを捨てるかのように実家を追い出され、1人で色々な機関に必死に頼み込み、渋々 治療を受けさせてもらったり、何時間も病院で待ってたかが5分の診察もままならないまま追い払おうとしていたお医者さん。

家族が助けてくれるだけ良いじゃん。
お金があるから治療も受けられるじゃん。
死んでも悲しんでくれる人が沢山いるからいいじゃん。

麻央さんは元気になってからまたブログやTVで報告してもらいたい…

と思ってしまいます。こんな私はおかしいですか❓

小林麻央ちゃんが羨ましいと思ってしまった私…

私は現在 難病で闘病中の者です。

最近 ネットで小林麻央さんの記事を読んで自分との格差に嫉妬を感じてしまいました。

先日まで私は麻央さんに好意的でありましたが、お仕事を頑張っていて、旦那さんである海老蔵さんが事件を起こした際も私から見ると彼女は誠実で素晴らしい人間だと思っていました。

今でもガンが見つかった際も麻央ちゃんばかり大変な思いをするのだろう❓と思ってはいますし、奇跡的に完治して欲しいと思っています。

けれども、色々なこと...続きを読む

Aベストアンサー

すこし似たようなことを私の知り合いも先日いいました。彼女はいい。お金があって最先端の治療を受けられるのだからと、、、、。

自分の経験してきたことや、今の境地から他人のことを「まだましだ。自分はもっと大変・苦労している、それをだれもわかってくれない。」

そのような思いになることは、実際あるのでしょうし、きれいごとではそん「なこと思っちゃいけない」なんていう人もいるかもしれませんが、実際思ってしまうのは仕方ないことだし、思うのは誰しも自由だし、うらやましいという感情は誰しも抱くことがあるものだと私も思います。

そうとうつらい思いをされているのですね、、、、。

あなたのつらい思いを理解してくれる方は、きっとたくさんいると思います。

このようなサイトでさらけ出して、たくさんの方にわかってもらうというのもいいかもしれません。

ただ、中には、批判をする方もいらっしゃるので、その点は覚悟する必要はあるもしれません、、、。

望むらくは、ぐちを吐くだけ吐いて、気が済んだあとは、少しでも自分が幸せになれるように、なにか前向きに日々を送れるといいですね、、。

ご自分の体・心を大切にされてください。

すこし似たようなことを私の知り合いも先日いいました。彼女はいい。お金があって最先端の治療を受けられるのだからと、、、、。

自分の経験してきたことや、今の境地から他人のことを「まだましだ。自分はもっと大変・苦労している、それをだれもわかってくれない。」

そのような思いになることは、実際あるのでしょうし、きれいごとではそん「なこと思っちゃいけない」なんていう人もいるかもしれませんが、実際思ってしまうのは仕方ないことだし、思うのは誰しも自由だし、うらやましいという感情は誰しも抱...続きを読む

Q夏目漱石の『こころ』  先生の責任について

夏目漱石の『こころ』についてなのですが、Kが自殺した理由として、
先生がKより先にお嬢さんに告白したために、Kが自殺してしまったのでは
ないかと思います。よって先生にはKの自殺に対する責任があると思いますか?
もしくは、「私」は自分に責任があると『思い込んでいる』だけで本当は責任はないのでしょうか?

Aベストアンサー

結果がすべて、というならば責任は「ある」と思います。しかし、それにいたる「経過」を考えると、親しい身内以外は、必ずしも断罪できるものではないでしょう。

つまり、Kが自殺する以前にも「私」は重苦しい責任を感じていたわけですが、自殺した後の責任と比べると、明らかに異なる要素が入っていると思います。表現しにくいですが、前者は「卑怯」な手を使って友人を出し抜いた(あるいは裏切った)責任、後者は友人を「死」に追い込んだ責任というふうに分けることができると思います。もちろん、両者はつながっているわけですが、それはあくまで「結果」であって、Kの自殺は予想外のことだったことは見落としてはならないと思います。

「結果的に死に追い込んだ」と言えばそれまでですが、この小説のミソはそこではないように思います。やっぱり、いろいろ考えるべきところはあるんです。

Kはお嬢さんが好きでした。「私」はそれを知っていました。でも、「私」も好きでした。客観的には、ここにおいて「男の勝負」が始まったのではないか、とすれば、「私」は正々堂々と勝負しなかった、つまり闘わなかったわけですね。闘わずして、「謀略」でものにしたことになる。ところで、これは「卑怯」の二文字で片付けられるでしょうか。

ずいぶん前になりますが、私がこの小説を読んだときは、何ともいえない罪悪感で胃が痛くなりました。客観的に見ると、やっぱり卑怯なんですよね。でも、本気で人を好きになった経験のある自分としては、自分を先生に置き換えてみると、その気持ち、理解できなくもなかった。胃が痛くなったのは、読み手の私の中でも葛藤が出てきたからです。

それと、Kの態度が煮え切らぬものだったので、「私」は明らかにイライラしていました。なおさら、こんな半端な男にお嬢さんを渡したくない、という気持ちも出てきたのかもしれません。この気持ちもよくわかります。

だから、結局、客観的には、「私」の行動は「良くない」ことだったのは明らかです。「私」にもその自覚はあった。だからこそ何度もKに自分の心を打ち明けようとしましたよね。どうせ明らかになることですし。

ところがKが自殺してしまった。もう、詫びることもできません。これによって先生は生涯その苦悩を背負って生きていくことになります。私は、この先生の「生きざま」と、それを「解き明かしていく」構成がこの小説の魅力だと考えていますが、いずれにしても、この苦悩を「責任」と考えるか、「結果」と考えについては、どちらとも言いにくい、その辺もこの小説の考えさせられるところだと思います。

結果がすべて、というならば責任は「ある」と思います。しかし、それにいたる「経過」を考えると、親しい身内以外は、必ずしも断罪できるものではないでしょう。

つまり、Kが自殺する以前にも「私」は重苦しい責任を感じていたわけですが、自殺した後の責任と比べると、明らかに異なる要素が入っていると思います。表現しにくいですが、前者は「卑怯」な手を使って友人を出し抜いた(あるいは裏切った)責任、後者は友人を「死」に追い込んだ責任というふうに分けることができると思います。もちろん、両者はつ...続きを読む

Q小林麻央さんについて、どのような印象がありますか?

小林麻央さんについて、みなさんはどのような印象がありますか?

お願いします。

Aベストアンサー

30代男性です。
さんまのから騒ぎがあの頃はとても面白くて、よくみていました。
姉が強烈なブリっこで、女性陣からのバッシングと、オタクっぽい男性からの支持のアンバランスがすごかったのですが、
その次に登場した麻央さんは姉より大人っぽくみえて、しかも男性経験がない、ということで姉とは違った男性の層から支持を受けていたような気がします。

私はひねくれているので、男性経験がないという触れ込みを信じてませんでしたが、
その後、その番組をステップに局アナの姉より収入がいいだろうフリーアナとして人気が出て
歌舞伎が好きだと言い始め、いろんな女性と問題になり子どもまでいる海老蔵さんと結婚
で結婚したって また事件、と

なんでしょうね。 スーパーマゾヒストなのか、冒険好きなのか、とにかく恐ろしいイメージです。
単なる野心家であればもっと違った道に行くでしょうからズル賢いとも思えませんし、理解できないかたですね。

Q夏目漱石のこころについて

三百二ページの三行目の『見ると、何時も立て切ってあるKと私の室との仕切りの襖が、この晩と同じくらい開いています。』という部分で、なぜKは
自殺の直前に先生の襖を開けたのでしょう?もうひとつは、Kが奥さんから先生とお嬢さんの結婚の話を聞いたときに言った、『おめでとうございます。しかしお金がないから祝ってやることができません』
この時のKはどんな気持ちだったのか心情がよく分かりません。
凄く悩んでいます。
こころを
読んだことのある方いましたら意見をください。

Aベストアンサー

襖を開けた理由

・Kが先生が寝たかどうか、前の晩と同じように確かめた。
・Kが私に最後の別れの挨拶をした。
・またこれはこの前の晩もKが死ぬ覚悟をしていたことを示している。
とサイトにありますね。
これ以外で私が知っているのは、Kは自分の自殺を一番最初に先生に見つけて欲しかった(残酷な姿を奥さんやお嬢さんには見せたくなかった)とどこかのサイトにありました。
サイト名は忘れましたm(_ _)mゴメンナサイ
私の解釈は、自殺中に先生に見つかったら大変だから、Kは先生が寝たかどうかを確かめたのではないかと思っています。

Kの心情

これは良くわかりませんでした。
でも、この時におそらくKは既に自殺を決めていて、先生に裏切られたと思ったかもしれませんが、自分は死ぬからもう関係ない。だから裏切られたにしろ、特に自分の感情を出す意味は無いと思った……と自分なりに解釈しました。

難しいですね。
ホントに「こころ」はすごく深い作品ですよね。
URLを参考にどうぞ。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~akaki/kokorokyouan.htm

襖を開けた理由

・Kが先生が寝たかどうか、前の晩と同じように確かめた。
・Kが私に最後の別れの挨拶をした。
・またこれはこの前の晩もKが死ぬ覚悟をしていたことを示している。
とサイトにありますね。
これ以外で私が知っているのは、Kは自分の自殺を一番最初に先生に見つけて欲しかった(残酷な姿を奥さんやお嬢さんには見せたくなかった)とどこかのサイトにありました。
サイト名は忘れましたm(_ _)mゴメンナサイ
私の解釈は、自殺中に先生に見つかったら大変だから、Kは先生が寝たかどうかを...続きを読む

Q小林麻央をステージ4に追い込んだ医師2人を直撃?これまでも亡くなった方がいますがこんなのはじめてです

小林麻央をステージ4に追い込んだ医師2人を直撃?これまでも亡くなった方がいますがこんなのはじめてですよね。これも彼女の隠されたひとがらですかね。恨み辛みはいい加減やめて自分にも責任があったと認められたらいかがでしょうか?私は小林麻央のウザイのは責任転嫁するところ。

Aベストアンサー

旦那の海老蔵がああなら、嫁も嫁と言う事です!医療ミスじゃああるまいし、この手の病気等は原因すら解明されてないのですから、運が悪い、しょうがないっとなるのが普通ですから、矛先を医師に向ける前に、関係者と相談していろいろな事はできるはず!していないところをみると、関係者海老蔵や親族も、今のままで良しとしているわけですから、本人の不安、良くならない現状を医師の責任と勝手に言う事で、不安不満解消しているとしか言えませんねえ!しょうがないとは思いますが、やはり取り巻きがブログもチェックしないと、これからひどくなり何を書くか判りませんし、海老蔵にも迷惑がかかりますよ!もう判断つかないのだと思います!何の因果なのでしょうか!かわいそうと言えばかわいそうですが!もう少し背筋がピーンっと伸びた女性だと思っていましたから残念ですが、厳しい状況なのだとも思い同情も少しあります!

Q夏目漱石「こころ」について・・

二つ質問があります。
1。何故漱石は登場人物をK というアルファベットで描いたのでしょうか?
2。なぜ漱石は明治が舞台の「こころ」を大正期に描いたのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.それはやはり自殺した人間の本名を出すのはまずいからだと思います。しかも恋敵だったわけだし。「先生」にとってもふれるのがつらい記憶だからでしょう。
2・『こころ』は1914年(大正3年)に書かれました。この小説は回想形式になっているので、明治時代を舞台にするのは自然ではないでしょうか。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D_%28%E5%B0%8F%E8%AA%AC%29


人気Q&Aランキング

おすすめ情報