【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

化粧品メーカーに勤務しています。(別のメーカーからの転職です)
スーパーマーケットやドラッグストアで売られている商品を製造販売している会社です。

実はこの会社、販売店から返品されてきた商品を、汚れていないかどうかをチェックして、ダンボール箱だけ新しくして再出荷しています。
(さすがに、ロットナンバーの打ち直しまではしていません。)

それらはまったくの正規品扱いで販売していて、販売店や卸店へ「返品商品の手直し品」であることは絶対の秘密事項になっています。
化粧品だけではなく、医薬部外品もあります。

これは薬事法違反ではないでしょうか?
詳しくご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

※私自身の認識では、製品の出荷合否判定には当然 内容物の確認も必要で、特に医薬部外品であれば薬効成分の定量試験も必要だったと思うのです。
店頭で1年以上置かれ、紫外線ダメージや熱ダメージを受けたものを内容物の確認もせずに外観検査だけで出荷していいものでしょうか?
営業の先輩社員は「返品商品のロットNoを確認して、3年以上前に生産したものは再生していない」と言うのですが、生産現場で数千本も1個づつ確認できるとも思えません。
「今まで問題になっていない」とも言いますが、人命に至っていないだけで異臭やカブレなどはおきているのだと想像します。

また、仮に薬事法違反でないとしても・・・
返品商品を正規品としてメーカー出荷することは、それを売ってくれている販売店の方々&それを使ってくれている消費者の方々への裏切り行為ではないでしょうか?

会社に見切りをつけるべきかどうかも悩んでいますので、ぜひともいろいろな皆様の回答、ご意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昨今の企業不祥事と同様ですね。



事故米の転売、牛肉偽装、消費期限改ざん、返品商品の使い回しなどなど。

一連の事件はことごとく内部告発です。その結果企業は再生できないほどの信用を無くすことも少なくありません。

早めに見切りをつけて転職しないと何の落ち度もない従業員が救われません。早めの決断をお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q処方箋薬、患者処方後に返品?!

調剤薬局関係者です。
いま、困っていることがあります。
ドクターがその患者さんに効果がなかった薬や副作用で飲めなくなった薬を薬局で返品してもらえると患者に伝えています。
回収した薬を他の患者に使い回すことは安全上問題があるので回収できないむねをドクターに伝えましたが法律で回収できないなら仕方ないがそうでなければ回収すべきだといわれてしまいました。
回収したところで他の患者にはお渡しできないので薬の廃棄がかさんで厳しい状態です。
なにか、助けとなる法律などご存知の方、
また経験された方などいましたらどうか助言をよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

 健康保険で,あるいは自費診療で
「処方箋」で交付した薬剤は,薬局が
調剤した<医薬品>です.

 医薬品ですので,医薬品販売に関する免許がなければ
流通(販売)に関わることができません.
 (薬局が調剤して医薬品を交付するのは薬事法25条による販売の一部になります)
 したがって,一般医薬品販売業(あるいは卸売販売業)の免許がない場合,
 「医薬品の交付,販売」はできません.

 一般の方が交付された医薬品を薬局にもどすのは
薬剤師1条「公衆衛生に向上および増進」にかかわること(有害事象,公衆衛生環境の保持)ですので
受け取って(廃棄して)いいでしょう.
 (再利用などもってのほか.薬はあくまで交付された患者
 さんのものです)
 金銭の返却は,薬事法25条「医薬品の販売」にかかわることなので
患者さんの廃棄を依頼してきたクスリ金銭を支払うことはできません.
 (なぜなら,普通の患者さんは個人で一般医薬品販売業の許可を,ましてや分割販売を
 できるシステムをもっているとは思えないからでう)
 
 医師が「効かない薬」を処方箋に書いた場合,
薬剤師には疑義紹介の義務が生じるかもしれません.
 あらかじめ効かない薬を医師が処方して,薬剤師が
それを調剤,交付した場合,民法上の
「共同不法行為」になります.

 副作用で飲めなかった薬がでることは,2006年の現状では
リスクのうちです.医師-薬剤師がそのその際に
適切な対応を行なうことしかありません.
 使用できなくなった薬は患者さん個人の持ち物ですので
薬局-医療機関はそれを「買い取ること:はできません.
 患者さんの変わりに「公衆衛生」のために
化学者である薬剤師が廃棄することはしかたがありません.
 廃棄費用は薬局の負担.でも患者さんに処方薬の
金額を返却することはダメです,

 医師が処方箋を一度交付した以上,(百歩柚って,薬局から疑義紹介がくるまで)薬が患者さんに
わたる,という流れができています.
 その中では医薬品販売(健康保険下でも自費でも)
という要素が中心になります.

 健康保険で,あるいは自費診療で
「処方箋」で交付した薬剤は,薬局が
調剤した<医薬品>です.

 医薬品ですので,医薬品販売に関する免許がなければ
流通(販売)に関わることができません.
 (薬局が調剤して医薬品を交付するのは薬事法25条による販売の一部になります)
 したがって,一般医薬品販売業(あるいは卸売販売業)の免許がない場合,
 「医薬品の交付,販売」はできません.

 一般の方が交付された医薬品を薬局にもどすのは
薬剤師1条「公衆衛生に向上および増進」にかかわる...続きを読む

Q何日間返品可能!の通販。返品後の商品はどうなる。

肌に触れる商品も多いですが、返品された商品って廃棄されるんでしょうか?
どういう構造になってるのか教えてください。

Aベストアンサー

物にもよるし、また傷み具合にもよるが
程度が良ければ、外装を新しいのにして
再生されまた販売されます。

通販会社にとって返品は単に商品代金の
やり取りだけでなく送料負担、返品後の処理(廃棄なら廃棄費用、
再生なら再生にかかる手間と資材費、返品したいという客からの申し出・・電話なら
その電話代など)といった企業側負担がとても大きいのです。

ものにもよりますが原価は商品代の30~50%くらいなので、
返品されるととても利益が出にくくなります。

ですので再生可能な商品と判断されれば積極的に
再販売されますね。
しかしこれは通販に限ったことではないと思いますよ。


人気Q&Aランキング