お世話になります。
無筋コンクリート造の基礎は、建築基準法では現在もみとめられている
のでしょうか。
鉄筋コンクリート造の基礎が現在は一般的であり、20年ほどまえまでは無筋コンクリートが 一般的であった、というところまでは調べることができたのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

無筋コンクリートの基礎は、木造などの基礎で地耐力が70kN以上の場合などの時に認められています。


平成12年建設省告示第1347号に記載されています。

参考URL:http://d-nintei.jp/HoureiDB/jyo.asp?KIND=4&DATE= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

建設省の告示を確認してみました。
制限はあっても認められているということを確認できました。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/02 14:25

基準法にあるとはいえ、20年前とは昭和の終わり頃までは基礎が無筋コンクリートだったのが「一般的」であったとは思えませんが、ほんとうですか。



どうやって調べたのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

インターネットで語彙検索で調べたところ、記述に
「20年ほど前まではよくみられた」と、いくつかありました。
「一般的であった」というのは、何気なく言い回しとして
質問内容内で私が使ってしまいましたが、よくみられる、
と、一般的では意味が大きく違ってしまいますね。

お礼日時:2008/10/02 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q筋トレでダメージを負った、筋肉を修復するのは、線維細胞なのでしょうか?

筋トレでダメージを負った、筋肉を修復するのは、線維細胞なのでしょうか?もし、線維細胞でないとしたら何細胞ですか?
また、線維細胞でしたら分裂回数が50回ぐらいしかなので、筋トレはしない方が良い事になる???
よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

こんにちは。
筋肉を修復するのは線維細胞ではなく「サテライト細胞」です。
サテライト細胞といいますのは「筋肉細胞の幹細胞」であり、まだ筋肉細胞にならない未分化の細胞です。筋肉繊維の間にあり、普段は活動を休止していますが、筋トレなどで筋肉が痛みますと筋肉細胞に分化し、これを修復します。
筋力の強化にはこのサテライト細胞による修復と、成長ホルモンによる筋肉線維そのものの成長があります。成長ホルモンは筋肉を使って疲労したときには分泌が活発になりますので、この二つが「主な筋トレの効果」と考えて良いと思います。
良い汗を掻けばその分筋肉は鍛えられます。サテライト細胞は自己複製によって新しいものが作られますので、筋トレに使ったからといって数が減ってしまうことはありません。我々の筋肉は死ぬまで一生修復されますので、思う存分、死ぬまで筋トレに励んで下さい。

Q基礎配筋における建築基準法って・・・

いつもお世話になっております。
教えてください。
現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。

立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。

人通口付近の配筋についてです。

連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。
その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。
配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。
たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。

工事監理の方に上記の事項を報告しました。
その回答は以下のとおりです。

・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。
・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。
・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。

だそうです。
その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。
これって、普通ですか?

いつもお世話になっております。
教えてください。
現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。

立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。

人通口付近の配筋についてです。

連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど。

では、その業者は、建売専門的な業者ですかね。
土地と建売中心にやっている業者ですね。
そういう会社は、意外と仕様が厳しい場合もあって
自社チェックも実行する事もあるんですが、
その、業者は違うようですね。

悩ましいですね。
筋を考えていくと、どういう建物であろうが
ちゃんとしなければなりません。
施主的には、実際、クォリティを確実にしたい場合は
建売という選択はしない方が良いというのもあります。
値段やプロセスの不明確。とか。
大切なポイントをコントロールできない。
JIOも、やらないよりは、やった方が良いと思いますが
建築士や施主のチェックに勝るものはないと思います。
それが、今回はこういう契約状況で施主の効力が薄い。

質問にあるように、全てなのか?というのは、
全てではないと思います。
ただ、監理者は、同一会社になりますよね。
やりなおし=工事会社の損であったり、工事期間の遅れ
もまねきます。
後、建売は、厳しい値段で工事をしていたりしますので、
確立は上がってきます。

たぶん、質問者さんのような方だと、建築家+工務店という
ようなシステムでやらないと、納得ができないレベルの方と
察します。ハウスメーカーとかだといろいろ不満点はでるのでは、
とも思います。

それが、建売まで、、、という状況になっている。

前向きに考えるとすれば、
何回も書いていますが、
現状況は、たいした事ではないとも言えます。
違法部分はあっても。
確かにこのレベルをクリアできない業者はいるのです。
質問者さんが、勉強していなければ、何もトラブルもなく
購入、生活。という具合だったかもしれません。
現在の建物の基準は、かなり厳しいものですから。

ただ、本契約は今週末ですよね。
うまくいけばいいですが、これからもトラブルは
避けれないというのが、通常だと思いますが。
トラブルがある現場は、「初めから最後まで」というのが
多いのです。不思議と。経験からですが。
しかも、契約すれば、今まで、質問者さんが納得していない部分
がOKという判断にはならないでしょうか。
大丈夫ですか。
強引に言えば施主は納得するというような、雰囲気にして
はなりません。
現在の支払いが小額ならば、、、とも思います。

バランスをとる事は、素人には難しいですよね。

もう一度、書きますが、一番の問題は、なおしてください
と言って、なおさない事なのです。
業者なので失敗はありますし、かぶりがとれないケースも
あるでしょう。
ただ、チェックして、なおさなかったり、これが当たり前
です。という態度が問題なのです。

私は、そういう事に緩和措置はだしません。たぶん、そういう
会社とかは、おつきあいはなくなります。
信頼はできません。

いろいろ書きましたが、参考にしてください。優先順位を決めて
納得がいく決断を。

なるほど。

では、その業者は、建売専門的な業者ですかね。
土地と建売中心にやっている業者ですね。
そういう会社は、意外と仕様が厳しい場合もあって
自社チェックも実行する事もあるんですが、
その、業者は違うようですね。

悩ましいですね。
筋を考えていくと、どういう建物であろうが
ちゃんとしなければなりません。
施主的には、実際、クォリティを確実にしたい場合は
建売という選択はしない方が良いというのもあります。
値段やプロセスの不明確。とか。
大切なポイントをコントロール...続きを読む

Q筋トレの考え方

こんにちは。

筋トレに関する二通りの正反対の俗説というか、意見があるようなので改めて、質問させていただきます。

筋トレ後の筋肉痛がある時、、、

1.筋肉痛が残っている時に、筋トレやる事が最も効果が高い。
(もしくは、やった方が良い)

2.筋肉痛が残っているという事は、破壊された筋が修復されている時である。筋肉は修復する時にUPする。すなわち修復する前に、また破壊してしまう行為を行ってしまえば、筋力UPしないので、完全に修復=筋肉痛がほぼ無くなるまで、行わない方が良い。

どっちが本当なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

個人的には、あまりそこに拘らなくても良いと思います。
要は、十分な内容でトレーニングが出来るか、出来ないか、ではないかと・・・

あまりに筋肉痛が酷いようであれば、なかなか集中もしにくいですし、そういう時は、私は休養します。

少しぐらいの筋肉痛でも、アップをしてさほど気にならない、と思えるのなら、やる事の方が多いです。

ちなみに、筋肉痛の時に、我慢してトレーニングするから筋肉が付くんだ、という根性論や精神論は個人的には却下したいです。(笑)

Q無筋コンクリート基礎

昭和47年築の住宅に住んでいます。
基礎は無筋であるとの回答を住宅会社から言われたのですが、これは当時の
建築基準法ではそれで大丈夫だったのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

Webで調べると

建築基準法として鉄筋コンクリートの基礎が法制化されたのは平成12年~

と出ておりました。

http://www.ads-network.co.jp/taishinsei/taishin-04.htm

Q筋トレ後の栄養摂取について

筋トレおよび運動が終わってから30分以内にプロテインを摂取すると、
たんぱく質がより多く吸収されて筋肉の修復が大きいと聞いたことがあります。
筋トレの直後なら効果は大きいと思いますが、筋トレのあとに有酸素運動してその後30分以内に摂取するたんぱく質は、
筋トレのみの後に摂取する時と同じくらいに吸収されるのでしょうか?
ご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 筋トレ直後は、プロテインより吸収の早い糖質です。そうしないと、筋肉で枯渇したグリコーゲンの補充に筋肉が分解されてしまうからです。気を使う人はブドウ糖を摂取しますが、砂糖でも大丈夫のようです。もちろん、有酸素運動の前です。

Q建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを

建築構造でS造、RC造が主流ですが、RC造の場合は例えば床にアンカーを打つ場合、配筋があるので、
強度をもたせれるとか、聞きます。S造の場合は床がデッキでコンクリートを流しているだけなので、
アンカーが打てない(強度が弱い)と聞きます。

建築図を見ていると、デッキの図面に配筋がある様に思うのですが、RC造の様に強度を要するアンカー
等を打てないのは何故ですか?

Aベストアンサー

RC造における床はそれ自身で一定の強度を持ち、梁構造のゆがみを束縛する働きさえも担う重要な主要構造です。鉄筋もそれに応じて相当強度に入れられています。
これに対して、S造の床のメイン構造はデッキプレートであり、これはメイン構造にはならないものです。しかもその上に流されているコンクリートは、ただ床として平らな面を作るために入っているものです。そのため、これに入っている鉄筋は単にひび割れ防止の役割であって、それ以上の構造としての強度は一切担っていないものです。

Q筋トレの素朴な疑問

高負荷をかけ、筋組織が壊れ、その修復で筋肉が増える(太くなる)。
その程度のメカニズムを理解しています。
そして、その筋組織が壊れる状態に筋肉痛になる・・・と。

そこで素朴な疑問なんですが・・・
そういう、筋肉を増やそうと筋トレをするひとは、年がら年中筋肉痛の状態なのですか?

わたし自身、筋トレはしませんし、マッチョになろうとも思いません。
ただ、時に、非日常的な運動(2・3時間歩いたり)すると、翌日、足腰が筋肉痛で苦痛です。
筋トレする人は、恒常的にあのような状態で(しかも全身?)暮らしているのかな?と思った次第です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日々の生活に高負荷の筋トレが組まれていると大きい筋肉痛はあまり起きなくなります。(無いわけじゃない)
だから、毎日痛くてのたうちまわるわけじゃないです。

あと、有酸素運動で起きる筋肉痛は筋トレで起きる筋肉痛とは違い、足が地面に接触する時に発生する衝撃でおこるものです。

Qプレストレスコンクリート造とプレキャトコンクリート造

プレストレスコンクリート造とプレキャトコンクリート造の
違いを教えてください。お願いします。

建築について学んでいる高専1年生です。

Aベストアンサー

両者は名前は似ており、PCと表記されることから混同されることもありますが、全くの別物です(はっきり区別した場合はプレストレストをPCsとかPs、プレキャストはPCaと表記します)

プレキャストはコンクリート部材をあらかじめつくっておいて組み立てる施工法に関するもので、1種のプレハブ工法です。
プレキャスト製品は工場で生産することが多いですが、大規模な現場では現場に製作場をつくって、そこで部材をつくってから組み立てる場合もあります。

利点としては、工場製品なので品質が一定すること、作業のしやすい場所で作業できること、また通常同じ規格の部材をつくりますので、型枠が再利用しやすいなどの利点があります。

プレストレストコンクリートは、構造上の問題です。
鉄筋コンクリートは鉄筋でひびわれを負担しているとはいえ、コンクリートはひび割れに弱い部材です。そこで、鉄筋や鋼線、またはFRPなどの線材を引っ張ることにより、コンクリートにあらかじめ圧縮力を加えて引っ張り力の発生を防ぐ方法です。
引っ張り力を与えるのは、コンクリートを打つ前に与えておく方法(プレテンション)と、コンクリートが固まってから引っ張る方法(ポストテンション)があります。

大まかにまとめると、両者の違いというのは、プレキャストは施工方法上のことで、プレストレストは構造上の方法だということで、元々同じ次元で使われる用語ではないです。
だから#1さんがいわれるように両方の方法が使用されている製品もあります。

なお、高専生ということなので、専門用語に不慣れと思いますが、#1さんの回答にある用語(ボックスカルバートなど)は土木の方で使われる専門用語(プレストレスは土木の方が盛んに使われています)ですので、この用語はわからなくても気にしなくてよいと思います(建築と土木だと同じ用語に対しても意味合いが異なることもあります)。

両者は名前は似ており、PCと表記されることから混同されることもありますが、全くの別物です(はっきり区別した場合はプレストレストをPCsとかPs、プレキャストはPCaと表記します)

プレキャストはコンクリート部材をあらかじめつくっておいて組み立てる施工法に関するもので、1種のプレハブ工法です。
プレキャスト製品は工場で生産することが多いですが、大規模な現場では現場に製作場をつくって、そこで部材をつくってから組み立てる場合もあります。

利点としては、工場製品なので品質が一...続きを読む

Q筋トレと入浴について

よろしくお願いします。
ジムで筋トレを週2回行っています。トレーニング後はカラダ中の筋肉?(腕や胸、また太ももなど)かなり張った感じになります。そういう状態のまま、入浴、サウナなどで身体を温めることは肥大筋を造る上で、どういう影響がありますか?それとも有りませんか?壊れた筋組織は、直ちに修復しようと成長ホルモンの分泌が活発になるとのことのようですね…?
その時カラダを暖めるほうが有効か不利か教えてください。科学的(生理学的?)にどのような影響が有無かを、知りたいのです。よろしくお願いいたします。ちなみに、私は40代で、過去に筋トレはしていません。又、痩せ型です。

Aベストアンサー

え、誤解?そんなこと無いように見受けられる文章ですが…。

ついでですので、超回復が起こっている時期の見極めですが、個人差があるので私の場合と言う限定付きで…。基本的に筋肉痛が収まった1日後がちょうど良いようでした。見極めるにはトライアンドエラーが必要ですが、その方法は。

1,トレーニングする
このときのトレーニングの内容とそのときの筋肉の張り具合や疲れ具合、体調などを記録しておく

2,筋肉痛が収まるのを待つ

3,次の日に1,と同じトレーニングをする。
このとき、1,より楽であれば超回復期でのトレーニングが行えたことになり、もうとてもとてもダメであれば、快復前の状態でのトレーニングになっています。このときは筋肉痛が収まってから2,3日あけてトレーニングしてください。

超回復期はだいたい48~72時間くらいの期間ですので、少々遅れても問題はありませんが、回復途中でのトレーニングは体を痛めることになるのでご注意下さい。

Q木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造等というのはどの構造部分までが、木造、鉄骨、鉄筋コンクリートなのでしょうか?
主要構造部分のうち、骨組みと言われるものに限定しているのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には基礎部分はコンクリート造です。

基礎から上の土台となる部分からが木か鉄骨かによって分類されると思います。

鉄筋コンクリート造については基礎と一体で作られますね

リフォームや加重などの関係で木と鉄骨を組み合わせる場合などがありますが、質問文にあるように主要構造物に何を使うかで分けられると思います。
その場合には木造一部軽量鉄骨住宅などの表現ですね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング