痔になりやすい生活習慣とは?

学生のころ
班田収受法→三世一身法→墾田永年私財法と
徐々に公地公民制的なものがくずれていった様な感じで習ったような覚えがあるのですが
よくよく考えてみると
墾田永年私財法が施行されているさ中も班田は行われていたんですよね。ということは班田収受法と墾田永年私財法は並立して存在していたことになると思うのですが
三世一身法はどこに行ったのでしょう?
発展的に失効させて墾田永年私財法へと変化を遂げたという認識でいいんでしょうか?
それとも三つとも並立して存在したのでしょうか?
それから
これらの法律やこれ以外の同時期の律令とかでもそうですが
いつなくなったんでしょうか?
今日からこの法律は失効します的な感じの詔がでたのでしょうか。
それとも
いつのまにかなし崩しになって
あるにはあるがみな忘れてしまったのか?
どうなんでしょうか。

A 回答 (2件)

まず、漢字の訂正を。

「収受」ではなく「収授」です。

班田は6年に1度の規定でしたが、この作業は大変な困難を伴いました。そこで、桓武天皇の時、12年1班となりましたが、平安初期にはこれも守られなくなりました。最後の班田は902年のことです。醍醐天皇が班田を励行するように命じたのですが、皮肉なことに、これが最後となってしまいました。

さて、墾田永年私財法が発せられたのは、人口の増加による口分田の不足という背景があります。また、税収の確保という目的もあります(墾田は租が課せられる輸租田です)。さらに、身分ごとに私有を認める面積に制限があり、私有を認めるというよりも、その範囲を限定しようとする法の意図が見えます。

墾田永年私財法は、765年に中断され(加墾禁止令)、772年に復活します。その後、面積の制限は撤廃されたと考えられています。

なお、723年の三世一身法(養老七年の格)は、743年の墾田永年私財法(天平十五年の格)で否定されました(「三世一身を論ずることなく」とある)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが大変勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/01 10:22

> 墾田永年私財法が施行されているさ中も班田は行われていたんですよね。

ということは班田収受法と墾田永年私財法は並立して存在していたことになると思うのですが三世一身法はどこに行ったのでしょう?

班田収授法は、国有地を強制的に耕させる法律、対して三世一身法・墾田永年私財法は原野を開拓したら国有地ではなく私有地として良い、という法律であり、三世一身法は期限付き、墾田永年私財法は無期限、という違いがある、と私は理解しています。

> いつのまにかなし崩しになってあるにはあるがみな忘れてしまったのか?

というか、
開墾地が増える→国有地は変わらないので税収は変わらないが管理費は増える→国が管理しきれなくなって、野盗・悪党大活躍→自警団が出来、その後ろ盾に貴族がなることで荘園が成立
していく、という流れになっているのだと理解しています。

まぁ、形式上は「明日から~という制度にするぞよ」という詔が出ているのかも知れませんが、政治的実権自体、天皇家からは既に失われて久しい時代ですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってしまいましたが
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/01 10:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q墾田永年私財法について

墾田永年私財法とは・・・開墾した土地は、永久私有を認めるもの。

何故、班田収授法ではだめだったのか・・・?教科書には班田収授法では、

その後の人口増加や、災害などの口分田の減少のため、とかいてありました。

では、どうして墾田永年私財法で解決できたのか。
何故、班田収授法ではだめだったのか。

この質問に答えてくれる方、大歓迎です!

Aベストアンサー

詳しく述べられているのでかみくだき的にw
班田収受法は国から土地を借りれる代償として納税の義務が課せられます。
じゃこの税はどうやって決めるの?律令に定められていました。低価格で。
税が発生するシステムは
国が種籾を貸す→借りた者は収穫から利息を足して返済する
3俵貸し出して4俵でもどればいいなぁと言うシステム
この貸し出した種籾にかける利息=国の収入(税)となりました
一見すると問題の無いシステムです
しかし、この頃は 長雨、台風、大地震と天災が続き不作の年が連続します。
国は修繕費や無理に復活させた遣唐使の費用やらで増税をします
公式の利率が5割 非公式の利率が8割くらいに高騰し、農民は納税する為だけに作物を育てるシステム。
5俵の収穫があっても5俵とられる悪循環が起こりました
京の街には地方から続々と食べ物と仕事を求めて人が詰め掛けました
辻辻ではのたれじんだ人を煮て食べる凄まじい光景となります。
国は、何も手を打てず律令の精神を守れば全てうまくいく!と無策です
結局、国が無料で食料を配る施くらいしかやりません。これは増税を招きました。
そこで藤原氏が私財を投げ打って私有地に浮浪者を連れて行き、農具や種籾を無償で支給しました。
私有地ですから藤原氏へ土地の使用料を支払えば、国への納税の義務がないのです
しかも、その使用料は低率で日本中のどこよりも安心して生活ができました。
いままでは自分たちで食料を夜盗や役人からまもっていましたが、大貴族が無償で守ってくれます
こうして、荘園ができていきました。
藤原氏としては失業対策と安定した食料生産による経済の安定によって国を安定させたかったのです
しかしこれは、律令の完全な否定でもありました
この現実を突きつけられて律令派が講じた対抗策が墾田永年私財法です。
班田収受法の一番の欠点は、国から貸し与えられる農地が毎回変わる事。
一生懸命肥料を入れて実り豊かな土地にしたのに、それを取り上げられて痩せた土地に変えられることが
よくありました。農民は萎えてしまって本気で働かなくなります。
これを、ずっと同じとこでいいよ。としたのが墾田永年私財法です。
しかし、種籾の貸付利率は下がらず、あまり効果がありませんでした。
大貴族に雇われたほうが豊かな暮らしができるからです。
こうして、全体的な食料生産量は増加し経済が安定した頃、国の財源はほとんどありませんでした。

詳しく述べられているのでかみくだき的にw
班田収受法は国から土地を借りれる代償として納税の義務が課せられます。
じゃこの税はどうやって決めるの?律令に定められていました。低価格で。
税が発生するシステムは
国が種籾を貸す→借りた者は収穫から利息を足して返済する
3俵貸し出して4俵でもどればいいなぁと言うシステム
この貸し出した種籾にかける利息=国の収入(税)となりました
一見すると問題の無いシステムです
しかし、この頃は 長雨、台風、大地震と天災が続き不作の年が連続します。
国は修繕...続きを読む


人気Q&Aランキング