人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

言葉が通じなくても喜怒哀楽は通じると思いますが、会話をどうやって成立させたのかが気になります。
身振り手振りで会話したんでしょうか?
例えば地球儀持ってここからこの船で来ましたみたいな感じで?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あ、朝鮮出兵は秀吉ね。

家康の時代以降の解読です。

信長は世界地図知っていたでしょう。象や黒人の宣教師にも会ったはず。
インドも天竺という言い方で知られていたし、もっと西に国があるのも知っていたでしょう(ローマまで行く予定という与太話はよく知られています(^^) 真偽不明だが)

宣教師が日本上陸したとき、僧侶は論争出来たのは確かです。信仰ないものは地獄といわれ(改宗した農民でも)知らなかった祖先が侮辱されるのには納得しなかった。

言葉は21世紀のいまでも津軽弁と薩摩弁では日本人同士でも会話成立しません! 身振りだけでは交流は無理です(^^)
文字書けば意味は通る。
中国でも韓国朝鮮でもベトナムでもモンゴル語漢字自国語の石碑など建てたから2-3か国語辞典っぽいものは各家(一門)の門外不出の秘伝書だったことでしょう。

徳川幕府は滅亡までオランダの衰退知らなかった。(祖父あたりが武士の権利買った裕福な農民の子孫)福沢諭吉はオランダ語学んだことをだまされたといい、英語に転向した。

日本に記録がなくても唐に学んだ日本人の記録は中国で発掘された。日本という表記の最も古い記録らしい。
http://chiezou.jp/word/%E3%80%8C%E4%BA%95%E7%9C% …(%E3%81%9B%E3%81%84%E3%81%97%E3%82%93%E3%81%9B%E3%81%84)%E3%80%8D%E5%A2%93%E8%AA%8C
超新星爆発(かに星雲は残骸)は夜でも昼くらい明るかったが、中国と日本(と北米先住民もそうか)に記録残るのにヨーロッパには記録がない。当時のヨーロッパ人は文字書けないし、紙はないから記録出来なかった可能性はあるが(苦しい言い訳)、教会に記録がないのは暗黒の時代(キリスト教による科学や他民族の抑圧)だったからでしょう。
    • good
    • 0

漢字があるから交流は容易だったでしょう。


初めての外国人が誰指すかも不明だが、聖徳太子は百済系って言い方もある。大化の改新の実在も怪しいが当時曽我氏(九州の王朝)と藤原氏(のちにそう呼ばれる勢力)の死闘があったのは確かでしょう。

漢の時代(成立はキリストより何100年も古い)から倭国(たぶん九州の勢力)と交流あった。倭王朝はヤマト王朝(奈良)に征服されるか滅ばされるか統合された。
倭寇は日本から朝鮮半島、中国の遼東半島にかけての海岸部に出没する海賊(=現地政権に服属しない)のこと。
遣唐使あって、朝鮮半島に高句麗百済新羅の3国があって(百済は唐新羅連合軍により滅亡、百済支配階級(貴族とエンジニア)は九州に亡命する。のちに九州から東北に鉱山技術者が移住して金掘って鎌倉と対立した義経派(奥州藤原)です)、のち高句麗も滅亡、統一新羅が半島制覇、のち高麗と改称。高麗王朝倒して朝鮮王朝成立するとき、王氏は全滅した(だから韓国に王氏は少ないはず、中国には多いが)
http://www.lifeinkorea.com/Information/history1j.
ずっとのちに鉄砲伝来(種子島ほか各地に倭寇の船(中国の船)が漂着、中国人船員とイエスズ会の宣教師が乗っていた)

漢字の輸入あったから日本人は(その支配階級は)意味理解出来た。中国の王朝(秦漢唐元)は(のち分裂した時期もあるが)アジア(ユーラシア大陸)の覇者です。ロシア沿海部、朝鮮日本、東南アジア、インド、中央アジア、東アフリカ、北アフリカ、地中海まで貿易に出かけたこともある。
漢の前、秦の時代からローマ帝国と交流あった。
ローマ帝国はゲルマニアと対立し(隣国とは交流しにくい)漢と交流です。ローマ帝国はのちにゲルマン人に征服されたが

信長の時代、キリシタン大名は若者をローマに派遣した(天正少年使節団=海外青年協力隊か) 絹の着物、刀差しラテン語はなす四人の若者はバチカンに記録残る。帰国後カトリックやめた人もいる(途中で奴隷労働の悲惨な状態や東南アジアに輸出される日本の女性見聞し記録残した)
秀吉も家康もカトリック宣教師の奴隷売買への関与禁止した(南蛮人(カトリック)の排除、紅毛人(プロテスタント)優遇のきっかけ)

家康の朝鮮出兵は大量の書物(医学書など)略奪したから江戸時代の漢方の発達はその解読です。朝鮮の王朝は王室と貴族が争ったから庶民に漢字教えなかった(ハングル作ったがのち禁止! 日本では寺小屋の発達で漢字は普及)
    • good
    • 0

追記



あくまで余談でご質問とは無関係ですが、
http://www.shamrocksigns.com/rekisi/

通詞の時代
日本における通訳の歴史は古く、
江戸時代に既に「通詞」が制度として存在していました。
江戸幕府は長崎を直轄地として長崎奉行をおきましたが、
その下に通訳・外交・貿易の実務を担当する地役人がおかれ、
それが「唐通事」「阿蘭陀通詞」などと呼ばれました。
「唐通事」は中国語を専門にする通訳者のことであり、
「阿蘭陀通詞」はオランダ語通訳者のことです。

通詞は世襲制度だった
当時の通訳者は、長崎で採用され、
長崎奉行の管轄下で職務についていた地方公務員でありました。
次に、職務内容が通訳業務にとどまらず、翻訳はもちろんのこと、
外国船来航にあたっての業務、貿易に関わる業務など多岐にわたり、
中央から赴任する長崎奉行の外交・通商上の諮問を受けたりも
しました。
さらに特筆すべきは、公的な職種として階級が設けられ、
レベルごとの定員が決まっており、昇進試験もありました。
そして通詞をつとめる家が定められ、代々、
男子がその職を継ぐ世襲制度をとっていたことです。

(宣教師による欧米諸国との接点は別論として)
中国との交流は

犬上御田鍬(いぬがみ の みたすき)、飛鳥時代の人物。外交官。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E4%B8%8A% …
鞍作福利(くらつくりのふくり)は、飛鳥時代の通事(=通訳)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%8D%E4%BD%9C% …

遣隋使関連の通訳も知られていますが、

奈良時代に遣隋使や留学僧が長安から漢音を学び持ち帰る
以前にすでに日本に定着していた漢字音、呉音(ごおん)
・・・倭の五王が朝鮮半島から儒教や仏教など多くの文物を輸入
した際に朝鮮半島(百済)経由で伝わったと言われる・・・
をベースに遣隋使の通訳も始まったのでしょう。

科学の発見&進歩もそうですが、
必ずといっていいほど、発明・発見の端緒では何か偶発的な
事象が生じます。偶発的な事象から人為的な普遍的法則を導きだし
一般的に普及するようです。

 言語の発達も同じように、ある特定人が
「漂流」といった偶発的事象によって他国に居住し
当初は原始的なボディランゲージ&絵によるコミュニケーション
でも、そこから他国の発音を模倣しイメージ化し、
自国の言語と強引にかみ合わせていったと思うのです。
そのような形で通訳の卵が誕生していった印象を受けます。
    • good
    • 0

そもそも人類に「言語の形成」がされた30万年前


以前は問題外として(猫のじゃれあいみたいな感じ^^;)、

紀元前のエジプトにおけるモーセの頃を例に出すと
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC% …

イスラエル人(ヘブライ語)とエジプト人(アラビア語)
の関係、エジプトにおける奴隷としてのイスラエル人
のような奴隷的地位の人から、(権力サイドと奴隷サイドの
意思疎通の必要性から)通訳に値する人が
生じてきたように感じますね。

 「奴隷」でなくても、「避難民」「犯罪者→国外逃亡」
「冒険者」「布教活動→宣教師」等、
特殊な人がある国に流れつき、通訳に巣立っていった例は
けっこうあります。

ヤジロウ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B8% …

ジョン万次郎
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …

ロレンソ 大永六(1526)年~文禄元(1592)年
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hiro-net/sengoku/bus …

コロンブスの第1回航海に随行した
ルイス・ド・トーレス (1453~1493)
http://www.k5.dion.ne.jp/~a-web/Gv-eTors.htm

ルイス・ド・トーレスはキリスト教に転向したユダヤ人で、
ヘブライ語などの「12の言語」を操れたため
コロンブスの航海に応募して通訳として雇われた
わけですが、やはり学び始めの当初は未知の国の言語は
既存の辞書的なものでは足りず、原始的なボディランゲージ
で始まったものと思われます。

マルコ・ポーロがと「元」の王たるフビライ・ハーン
とのコミュニケーションもペルシャ人通訳を使っていた
説もあるようですが、そのペルシャ人通訳も当初は商人等で
原始的なボディランゲージではじまったんでしょうね。
商談を成立させる基本的態度がYESorNo
つまり
「にこやかな表情で首を縦にふったり」→YES
「しぶい表情で首を横にふったり」→No
といった初歩的なボディランゲージではじまったんでしょう。

あと言語に変わるコミュニケーション手段として
人類に「言語の形成」がされた30万年前もそうですが
「絵」による造形でコミュニケーションをとっていたのでしょう。
「絵」による造形は、古墳や洞窟等 未開人の住居関連跡で
発掘されますが、やがてそれが「象形文字」となり
「現在の文字」に発展してきたわけですから。
原始的な「絵のみによるコミュニケーション」は昔から
ある程度は意思が伝達できますからね。

あくまで推測です。
    • good
    • 0

「もの」を指差して相手の言葉を書き取ります。


馬:ホース
水:ワラー(「ウォーター」ではなかった・・・ジョン万次郎の辞書から)
鼻:マウス
自分:マイネームイズ○○

>地球儀

当時わからないでしょうね。地球が丸いこと(見た目水平です)も世界があること(自国以外に2~3の隣国や近隣国があること程度しか)も。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qその昔、外交はどうやって言葉を理解していたか

日本史上、初めて外国(中国でしょうか?)と外交したのは
遣隋使なのか、他の方なのか分かりませんが、
質問は、その頃どうやって言葉のやり取りをしていたのでしょうか。
どう理解していたか

辞書も何もないのに。疑問です

Aベストアンサー

現地へ行って生活すれば、言葉は覚えられます。
そういう人が通訳したのだと思います。

現代でも、総計六千以上あるといわれる世界の言語のうち、外国語辞書のあるものは、多めに見ても一割程度でしょう。
つい100年ほど前までは、辞書どころか文字そのものさえない言語(例えばお隣のアイヌ語とか)もたくさんありました。

私も外国生活経験者ですが、辞書よりも実施習得です。
辞書を何万回見ても、正しい発音ができるようにはならないし、聞き取りができるようにもなりませんから。

Q日本人と外国人が最初に出会ったとき

小さい頃からずっと疑問に思っていた事なんですが、
一番最初に日本人と外国人が出会った時、もう既にそれぞれ使っている言語は違ったんですよね?
それならどのようにして会話をしたんですか?例えば日本語で言う「これ」は英語では「this」と言う、ということなどを、どの様にして確認したのか教えてほしいです。
アホな質問ですみません・・・汗

Aベストアンサー

この質問は奥が深いですね、
1.そもそも日本人といわれるようになったのは孝徳天皇(600頃)
  以降のことでしょう それまでは倭国といっていました
2.倭国も含めて初めて外国人に会ったのは、継体天皇の時代(400  ~500)
  朝鮮よりかなり渡来人がきましたので
  豪族たちは教養として朝鮮語 中国語は話したみたいですね
3 いわゆる日本人としては蝦夷の人が漁などで船が難破してロシアに
  たどりついたとき、(1400~1600頃とおもわれますが)ロ  シア語は話せないので、手振りで意思を図ったよういです
4 徳川後期、やはり船の難破で米国の船に助けられたジョン
  万次郎はある程度英語が話せ米国の大学をでて
  帰国後 明治維新に通訳として活躍しました(篤姫に出ています)
5 日本人は混血民族ですので、古くは弥生時代より以前南方より
  丸木舟で東南アジアからきた人種と北方よりユーラシア系人種と初  めて会ったとき  まだ正しい原語ができていなかったのでお互い  身振りで「ああー」  とか「うう」とか言っていたのではないで  しょうか
6 日本という国家意識は明治以降のことです、

お役に立ちましたでしょうか?

この質問は奥が深いですね、
1.そもそも日本人といわれるようになったのは孝徳天皇(600頃)
  以降のことでしょう それまでは倭国といっていました
2.倭国も含めて初めて外国人に会ったのは、継体天皇の時代(400  ~500)
  朝鮮よりかなり渡来人がきましたので
  豪族たちは教養として朝鮮語 中国語は話したみたいですね
3 いわゆる日本人としては蝦夷の人が漁などで船が難破してロシアに
  たどりついたとき、(1400~1600頃とおもわれますが)ロ  シア語は話せ...続きを読む

Q現代人が江戸時代以前の人と会話しても通じますか

 仮に,ごく普通の現代人がタイムスリップして,昔の人と会い,普通に会話しても通じるものなのでしょうか?
 江戸時代末期の人となら,何とか普通に会話できそうな気がするのですが,それより前の人は難しいのかなあ・・・と個人的には思っています(大正初期生まれの祖父母の話なんか聞いていると,明治時代や幕末期の人の口語は何となくイメージが湧きます。)。
 戦国時代,鎌倉時代,平安時代,奈良時代,古墳時代・・・とさかのぼるにつれ,会話は困難にいっそう困難になるとは思いますが,実際のところは,どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 日本語の最大の変化は平安期と鎌倉期のちょうど境目あたりで起っています。文法、発音、語彙がかなり変化しています。たとえば「花」を、平安時代前期にはファナ(パナ)と発音していました。「男」はウォトコです。二度目の、これよりややちいさい変化は江戸時代に入る直前、戦国末期くらいにおこりました(たとえば動詞の活用などかなり現代語に近くなってきます)。これ以降はほとんど現代語とおなじです。
 ですから、常識的にいって、江戸時代いっぱいまではたいがいの人が通じる。勘のいい人なら鎌倉時代ごろまではなんとか会話が成りたつのではないかと思います。それ以前となるとやはり専門知識が必要だろうと思いますが……。
 ちなみに言いますと、歌舞伎の台詞は多くの場合、文筆家が苦心惨憺して書いた美文であり、当時の話し言葉とはかならずしも一致しません。歌舞伎において古い江戸時代の話し言葉を残しているのは、たとえば黙阿弥をはじめとする世話物などでしょう。近松や南北、黙阿弥の世話の台詞は現代でもじゅうぶんに理解できると思いますが(役者の口跡がひじょうに悪い、というのは別にして)。

Q昔の人って

南蛮貿易とかするときって、どうやって外国の人と会話してたんですか?

Aベストアンサー

南蛮貿易ていうと、それまで無かったものが急に生まれた!
なんてイメージがありますが、実際は

東アフリカの海岸から日本や朝鮮までの広域貿易圏に、新参者であるポルトガル人が参入した。

というのが大航海時代から南蛮貿易での実態です。

アフリカ大陸の西をポルトガルが南下するのに時間がかかりましたが、
1488 バルトロメウ・ディアス 喜望峰発見
1497 ヴァスコ・ダ・ガマ インドへ
という時、喜望峰からちょっと東に行って、インド人の航海士を雇ってインドに行っています。
http://www.y-history.net/appendix/wh0201-088.html
すでに中国人も東アジア交易圏からインド洋交易圏に進出しております。

ヨーロッパの地中海商人にとっては「アラビア語」を使える人間がいるのは当たり前でしたので、アラビア人が進出していた東アフリカまで到達すれば、マレー半島までは交易の上では問題無いですし、マレー半島まで来れば、交易語は中国語でOKです。

時代は後期倭寇の時代であり、後期倭寇の主力は中国人ですから、交易の上では何ら問題ありません。


交易以上の宗教とかになるとちょっと面倒な言葉が必要になるので、ザビエルなどは「日本から東南アジアに逃げてきていた やじろう」というのを通訳で連れてきています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B8%E3%83%AD%E3%82%A6

南蛮貿易ていうと、それまで無かったものが急に生まれた!
なんてイメージがありますが、実際は

東アフリカの海岸から日本や朝鮮までの広域貿易圏に、新参者であるポルトガル人が参入した。

というのが大航海時代から南蛮貿易での実態です。

アフリカ大陸の西をポルトガルが南下するのに時間がかかりましたが、
1488 バルトロメウ・ディアス 喜望峰発見
1497 ヴァスコ・ダ・ガマ インドへ
という時、喜望峰からちょっと東に行って、インド人の航海士を雇ってインドに行っています。
http://www.y-history.n...続きを読む

Q世界で初めて通訳をした人

カテゴリが合っているかちょっと不安ですが・・・

世界で初めて通訳みたいな仕事をした人は、
どうやって普段自分が使っている以外の言葉を理解できたのでしょうか?
(いつから人が言葉を喋るようになったのか、自分はわからないですが・・・)

今の時代なら辞書などで勉強すれば
自分の国の言葉で意味が説明されているから理解する事はできると思うのですが
昔は辞書とかなかったですよね?

たぶんこうなんじゃないか、っていうようなことでもいいので答えてもらえるとありがたいです。
自分では「たぶんこうだったんだろう」みたいなことすら思い浮かばないので・・・

小さい頃から気になっていたので質問させてもらいました。

Aベストアンサー

通訳といっても何時の時代まで溯るかですね。

1)原始時代の異民族同士でも物々交換をしてたようです。交換したい商品を並べて置く。他の部族は自分が持ってきた物とほぼ価値の同じものと交換して帰る・・・通訳不要

2)もう少し時代が下ると国境の民族は片言で意志を伝えたり、アメリカインディアンのように多数の部族と交流できる國際ジェスチャー語が発達してきます。
3)近親結婚を避けるためや女性不足を補うため他部族の女性と結婚が行われ混血児が生まれます。子供は母親の言葉で幼児を過ごすのが普通です。こうしてバイリンガルが誕生します。自然に通訳が生まれたわけです。
4)大人の捕虜や漂流民が他国の言葉を覚えバイリンガルとなるケースも出てきます。メキシコを征服したコルテスはスペイン人の漂着した船乗りと他部族で育った
原住民の女性(マリンチェ)を使って三カ国語通訳を行っています。船乗りはスペイン語とマヤ語、マリンチェはマヤ語とナワツル語(アステカ帝国の国語)
5)隣国の言葉が分かれば、隣国の隣国の言葉を話せる人を見つけることが出来ます。(中国語が話せなくても韓国語が出来れば中国語の分かる韓国人を探すのは難しくないように)

このようにして、昔の人は正式な通訳がいなくても世界中を旅行したり探検が出来たのです。ギリシャとローマのように隣接する文明国ではお互いに言葉を学んだり、学識の高い捕虜を通訳として使うケースも多かったようです。

16世紀に日本へはじめて来たポルトガル人は当時フイリッピンに住んでいた日本人を見つけて、日本語少し習ってやってきたようです。中国人を供として連れてくれば日本人と筆談で意志の疎通を図る事が出来ました。ポルトガル人は日本ですぐに辞書を発行しています。

通訳といっても何時の時代まで溯るかですね。

1)原始時代の異民族同士でも物々交換をしてたようです。交換したい商品を並べて置く。他の部族は自分が持ってきた物とほぼ価値の同じものと交換して帰る・・・通訳不要

2)もう少し時代が下ると国境の民族は片言で意志を伝えたり、アメリカインディアンのように多数の部族と交流できる國際ジェスチャー語が発達してきます。
3)近親結婚を避けるためや女性不足を補うため他部族の女性と結婚が行われ混血児が生まれます。子供は母親の言葉で幼児を過ごすの...続きを読む

Q日本に最初にきたヨーロッパ人って?

だれですか?どこの国の人?

Aベストアンサー

記録に残っている限りでは、1543年に種子島にたまたま漂流してきたポルトガル人ですね。そのとき、初めて日本に鉄砲を伝えたことで有名ですね。その人の名前までは知りません。

Qパソコン検定は何級から履歴書に書けるか?

就職活動に備え、パソコン検定の資格を取ることにしたのですが、何級くらいを取っておけば、それなりに見てもらえるのでしょうか?
別に特別に専門的な技能を身に付けたいとも思いませんし、とりあえず、普通に会社に入ってパソコンでは困らない、というのを企業にアピールできる程度でいいのですが・・・。

Aベストアンサー

就職先に合わせたらどうですか?履歴書だって会社に合わせて書き込みます。大きい会社では2級、3級は書かないことを前もって決めて行くことにするとか。逆もしかり。

検定をあえて書くのは本当に自分がアピールしたい能力です。パソコンに困らないというだけの2級3級では大したアピールにはなりません。

パソコンを当たり前に使いこなせなければ業務に支障が出るこの時代です。企業は当たり前に能力を求めます。ゆえに合否にほとんど関係しないでしょう。あえて中途半端に検定を受けず、自分で自分の持つスキルを上手に説明できる方がうまくゆくかもしれません。

Q分かりますか?を敬語で言うと

お客様との電話のやり取りについて質問です。
こちらの担当名を聞く時は何て言えばいいのでしょうか?
「恐れ入りますが、担当者の名前は…お分かりでしょうか?」
とか
「恐れ入りますが、担当者の名前は…分かりますでしょうか?」
など、変な感じの敬語を使ってしまいます。。
「ご存知ですか?」なんてのがスマートかなぁとは思うのですが、担当名を聞く時に使うのは違うかなと感じます。(ご存知ですか?は知ってますか?の敬語のような気がする。)

Aベストアンサー

「恐れ入りますが、担当者の名前は、お分りになりますでしょうか?」が適切だと思います。

名前が分かるか分からないかを聞きたいので、知っているの敬語の「ご存じ」は、ニュアンスが違う気がします。

同じ「分かる」でも、こちらがお客様に何かを説明して、「(この説明で)分かりますか?」と聞きたい場合には、「お分かり頂けましたでしょうか?」となります。

日本語って複雑ですね。

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Qなぜアメリカは北朝鮮を滅ぼさない?

アメリカは世界有数の戦闘狂国家です ベトナムやイラクやクゥェートとは平気で戦争をするのに
なぜか北朝鮮だけは攻め滅ぼそうとしません
朝鮮戦争での敗北がよほどこたえているのでしょうか?
国連の制裁決議には積極的なのに軍事行動には出ませんし…

やっぱり背後の中国・ロシアが脅威なのでしょうか?
でもそんなのはイラクとか攻めたって周辺国とも戦争になりかねないだろうし…


北にだけ戦争を仕掛けないアメリカの思惑は何でしょうか?

Aベストアンサー

北朝鮮に軍事介入すれば中国が確実に出て来ます。
アメリカは今中国と戦争を行う体力がありませんので、北朝鮮へ軍事介入できないと言うのが本音でしょう。
アフガニスタンやイラクで犠牲を出しましたし、その前のベトナム戦争と言う負がありますので、腰を上げられません。
軍事介入に中国も理解出来る何かを北朝鮮が行えば、アメリカが出てくる可能性は有りますが、
その前に中国が軍事介入して事実上の併合をしてしまうかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報