「六七祝い」に関して詳細を知りたいので、知っている方よろしくお願いします。
現時点で私が知っていることは、「六七祝い」の六七は、男の厄年42歳=6×7から来ていることと、親類・縁者に何らかの贈り物(熨斗には「六七祝い」と書く)をする、すなわち「厄」を配ることにより、自分の「厄」を軽減する。
以上ですが(もしかしてこれだけ知ってれば充分?)、これより詳しいこと、例えば、由来とか、上記以外に実際に行う行事があるとか、ある地方に特化しているとか、何でもいいので情報を下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

前にもよく似たようなのがありましたのでよければ参考にしてみてください。これの検索でも-厄年-で検索しても結構でてきます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=2 …

この回答への補足

回答して頂いた参考URLは、もう既に見ています。また、ここにあった「佐野厄除け大師 http://www.sanoyakuyokedaishi.or.jp/」も見ています。いづれも六七祝いについて何も記載されていなかったから、今回の質問をした次第です。やはり、なかなか知っている人はいないかな?

補足日時:2001/02/26 09:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冠婚葬祭の「初老」(厄年)のお祝い

義姉の夫が42歳の厄年ということで、うちにお赤飯と洗剤のセットをくれました。のしには「初老」と書いて有りました。
初老についてのお祝いの会は特になく、突然赤飯等をいただき、こちらは何をしたらよいのかとまどっている次第です。
そこで質問なのですが、この場合のお祝いはどういったものをすればいいのか、またはしなくてもいいのか、ご存知の方がありましたら教えてください。
ご自信が経験されたことでも結構です。
ちなみに義姉のお宅は愛知県知多郡周辺です。
初質問ですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

再度失礼します。
ゴメンナサイ、分かり難かったですね・・・この辺りとは我が家の辺りです。
金額ですか・・・?
厄年の場合は2と言う数字を嫌います。(質問者様の所にも色々ないわれがあると思いますが)初老は違う呼び名では「厄払い」と言い、大厄を皆に分けてもらっていただくということから、こういう配り物をすると聞いています。そういう所から2という数字を嫌うのだと思います。ちなみに私は義兄には10万でした。ただ記念品も高価なものをいただきましたけど・・

Q死亡した場合のお見舞い御礼

父が亡くなり、先日四十九日法要も終えました。
入院中、お見舞いをいただいた方々に
お礼をしたいと考えています。
香典返しは、通夜・告別式の際にすでに皆さんにお渡ししています。
弔問してくださった方がかなり多かったので、
お見舞いをいただいた方とそうでない方を区別した
香典返しを用意するのは無理でした。
同様の理由で「後からの発送」を選択することはできませんでした。
お見舞い御礼をお送りする時、包装や熨斗はどうしたらよいか
教えてください。

Aベストアンサー

この度はお悔やみ申し上げます。

わたしの身内が他界した際、葬儀担当者からはこのように聞きました。
お見舞いを頂いたのに亡くなった場合、お見舞いのお返しはせずに、忌明け後の香典返しの金額 + お見舞いの金額を上乗せしたものを返すということです。
説明が分かり難くてすみません。香典返しをほかの方よりも多めに返すという意味です。
(わたしが住んでいる地域では、葬儀の際は皆、同じ返礼品を渡し、多額の香典を頂いた方は忌明け後、改めて香典返しの品物を送ります。)

質問者さまの場合は下記のご事情がありますよね。

>お見舞いをいただいた方とそうでない方を区別した
>香典返しを用意するのは無理でした。

ですから、これから「御見舞御礼」としてお返しされたらよいと思います。
掛け紙は弔事用の包装です。
水引きについては画像の方が分かりやすいので、下記サイトをご覧ください。

「病気中にお見舞いをいただいた方へのお礼」の箇所です。
ただし、これは阪急百貨店のサイトなので関西の場合です。
関西は「黄白」の水引ですが、それ以外の地域では、黒白の水引が使われることが多いです。
忌明け前と忌明け後によっても違いますし、お住まいの地域によって違いますから、店頭でお尋ねになってください。
わたしが住んでいる地域では、忌明けまでは黒白の結び切り、忌明け後は黄白の結び切りになります。

◇阪急百貨店ネット生活百科
『お見舞いのお返しはせず、お香典返しの予算に上乗せするのが一般的です。しかし、何度もお見舞いをいただいた等、お香典返しとは別にお返しをしたいという場合は、黄白のかけ紙を使います。包装紙は仏事用を使うのが無難でしょう。』
http://www.hankyu-dept.co.jp/seikatu/03tribute/39orei/index.html

◇熨斗と水引
「水引の種類」の上から四つめです。「黒白結び切り」
http://hwm7.wh.qit.ne.jp/tukudaniya/SIDEMAP/custom-noshi/top.html

※ご参考までに申し上げますと、「熨斗」は右上に貼ってあるものです。これはおもに慶事(祝儀)に付けるもので弔事には付けません。
ですから、不祝儀用の「熨斗」や「熨斗紙」はないのです。不祝儀の場合は、「水引」、「掛け紙」といいます。

この度はお悔やみ申し上げます。

わたしの身内が他界した際、葬儀担当者からはこのように聞きました。
お見舞いを頂いたのに亡くなった場合、お見舞いのお返しはせずに、忌明け後の香典返しの金額 + お見舞いの金額を上乗せしたものを返すということです。
説明が分かり難くてすみません。香典返しをほかの方よりも多めに返すという意味です。
(わたしが住んでいる地域では、葬儀の際は皆、同じ返礼品を渡し、多額の香典を頂いた方は忌明け後、改めて香典返しの品物を送ります。)

質問者さまの場合は下記のご事...続きを読む


人気Q&Aランキング